結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 婚活デートの告白のタイミングっていつ?告白を成功させる秘訣を紹介!

結婚相談所のすゝめ

2020年2月

婚活デートの告白のタイミングっていつ?告白を成功させる秘訣を紹介!


「なかなか結婚できない」「そろそろ結婚したい」と思って、婚活を始めている人は少なくないのではないでしょうか。しかし、婚活で出会った相手にどのようなタイミングで告白すればよいのか、わからないという人も多いかもしれません。そこで、告白するタイミングをはじめ、告白を成功させるために重要なことを紹介していきましょう。

1.何回目のデートで告白するべきか

相手のことを気に入って仮交際から本交際に進みたいとき、一般的には3回目のデートの際に告白するのがベストだといわれています。デートは回数を重ねるごとに相手との距離を縮めていくようにします。1回目のデートで相手の雰囲気や話し方を見て、2回目のデートで相手の趣味や関心事などを知りましょう。そして、3回目のデートで相手の価値観や考え方などを深く知り、自分と合うかどうかを検討したうえで告白をするのです。

とはいえ、告白して相手に断られてしまうのはつらいものです。相手のことを気に入っているのであれば、なおさらでしょう。そのため、断られるのが怖いあまり、なかなか告白しない人がいます。しかし、それでは相手に脈なしだと思われ、逃げられてしまいます。相手もあなたのことを気に入っている場合、もったいないことになるでしょう。そもそも婚活中は、相手も早く結婚したいと思っているものです。それにもかかわらず、だらだらと仮交際を続けるのは、相手にとっても失礼なことではないでしょうか。

その一方で、1回目のデートで焦ってしまい、告白してしまう人もいます。遠距離でなかなか相手と会えなかったり、恋愛に慣れていなかったり、理由はさまざまです。しかし、まだお互いのことをよく知らないうちから、告白するのはおすすめできません。相手も告白を受け入れていいのか判断がつきません。好意を持たれているのにもかかわらず、告白が早すぎるため、相手から断られてしまうケースもあるのです。3回目のデートで告白することを目途にして、お互いのことを知ったうえで、早めに本交際をスタートさせるようにしましょう。

2.告白するタイミングの見極め方

自分だけでなく相手のほうも仮交際から本交際に移りたいと思っていないと、告白は成功しません。相手から好意を持たれているかどうか見極めてから告白するようにしましょう。たとえば、メッセージのやり取りで、相手から好意を持ってもらえているかどうかがわかります。「次も会いたい」という思いが、相手からのメッセージに込められていれば、あなたのことを気に入っている証拠です。また、デート中に手を差し出して、相手が握り返してくれるようであれば、脈ありの可能性があります。

また、婚活中の場合、お互いに結婚相手を探しているのですから、仮交際の最終的なゴールは本交際ではなく結婚です。結婚となると、お互いが自然体で過ごせることが重要になります。そのため、デート中に気詰まりだったり、退屈だったり、緊張しすぎたりするのはよくありません。過ごしている時間が居心地いいものかどうかが、告白してもいいかどうかの基準になるでしょう。さらに、自分のマイナス面も受け入れてくれる相手でないと、結婚を前提に交際を続けることは難しいと言えるでしょう。

3.告白を成功させるためのデートの運び方

婚活中の人のなかには、異性と一対一で出かけるのが久しぶりで、どのようなデートをすれば相手に気に入ってもらえるのか、わからないという人もいるでしょう。そこで、1回目と2回目以降に分けて、告白を成功させるためのデートの仕方を紹介します。

3-1. 1回目のデート

1回目のデートはかなり重要です。ここでマイナス点がついてしまうと、2回目以降のデートはないからです。1回目のデートは、相手のことがあまりわかっていません。情報がない状態で接していると、相手が苦手な話題を出してしまったり、会話が思うように弾まなかったりといった失敗をしてしまうことがあります。そのため、長くても2時間以内にデートを終わらせるようにしましょう。「もう少し話をしたかったな」と相手になごり惜しい気持ちになってもらえたほうが、2回目のデートがうまくいくでしょう。また、1回目のデート中に次の予定を決めてしまえば、2回目のデートにうまくつなげることができます。

3-2. 2回目以降のデート

基本的に、2回目のデートはゆっくりくつろいで話せるディナーがおすすめです。夜景の美しいレストランでお酒を飲みながら話せば、盛り上がります。3回目のデートは、公園でピクニック、遊園地、バーベキューなどで半日をアクティブに過ごすデートがいいでしょう。

ただし、例外もあります。1回目のデートの時点で、共通の趣味がわかり、次のデートで行こうという流れになれば、無理してディナーデートをする必要はありません。また、一般的には3回目のデートで告白するものですが、2回目のデートで盛り上がり、仮交際から本交際に進みたいと思ったのであれば、その場で告白してもいいでしょう。ただし、自分だけが盛り上がっていて、相手はそれほど思っていないようであれば告白は見送り、3回目のデートにつなげましょう。3回目のデートで相手の熱を高めるようにするのです。

基本的には、3回デートをすれば、本交際に進むかどうかの答えは出ています。もし相手に好意がなければ、4回目のデートは断るはずです。通常のデートとは違い、婚活中のデートはお互いに早く結婚したいと思っているものだからです。にもかかわらず、4回以上デートしても相手の態度がどっちつかずのようであれば、ほかの異性と両天秤にかけている可能性があります。相手に自分のことをどう思っているのか聞いてみるようにしましょう。

4.告白に向いているシチュエーション

女性はいくつになってもロマンチックな告白を求めているものです。そのため、告白するときの場所やシチュエーションは重要です。たとえば、告白の場所がにぎやかなカフェや居酒屋では、テンションが下がってしまいます。また、相手から「真面目に結婚を考えていない」と受け止められかねません。場合によっては、それだけで告白を断られてしまうこともあります。さらに、告白をするデートのときは、ワリカンではなく、おごるようにしましょう。告白を断られたからといって、ワリカンにしてはいけません。

おすすめなのは、静かで照明が暗い場所です。例として、夜景が美しいレストランをはじめ、個室のおしゃれな居酒屋、シックなバー、ドライブ中の車内などが挙げられます。また、時間帯は夕方がいいでしょう。それは、だんだん暗くなっていくと相手の気持ちも不安になり、ドキドキしてくるからです。人は、このドキドキを恋だと錯覚しやすいのです。これは「吊り橋効果」といわれる恋愛テクニックのひとつです。たとえば、吊り橋などの足元が不安定で高い場所に人は不安や恐怖を感じ、脈拍が上がります。そのため、この状態を恋と勘違いし、そこで出会った人を好きになりやすい傾向があるのです。

このほか、服装は告白する場所に合ったものを心がけましょう。服装だけでなく、ヘアスタイルや爪など、身だしなみを整えることも重要です。だらしない格好をしていては、せっかく雰囲気のいい場所で告白してもムードが半減してしまうからです。たとえ断られたとしても、相手にその理由をしつこく尋ねたり、悪態をついたりするのはもってのほかです。

5.婚活で告白を成功させるために重要なこと

告白するときの場所やシチュエーションは整えても、中身が伴っていなければ、告白はうまくいきません。そこで、告白を成功に導く2つのポイントを紹介します。このポイントを押さえておけば、告白を成功させて仮交際から本交際に進める確率を上げることができるでしょう。

5-1.告白をあまり重要視しすぎない

婚活は真面目なものです。遊び相手を探すためのものではありません。だからと言って、真剣になり過ぎて思いつめないようにしましょう。深く考えすぎてしまうと一向に前に進めないからです。告白してもすぐさま結婚をしなければならないわけではありません。仮交際から本交際に進むだけ、つまり真面目に一対一で向き合いたいという意思表示を行うだけなのです。気持ちを楽にして、告白するようにしましょう。そのほうがリラックスして、いい結果を出すことかできるでしょう。

一方、告白して断られるのが怖いと思い前に進めない人もいます。しかし、婚活を始めた以上は、そういう気持ちは捨てて積極的に動くようにしましょう。お互いに大勢いる婚活所の会員のなかから紹介された一人に過ぎません。一度失敗したからといって結婚ができなくなるわけではないのです。告白が失敗したら次の人を紹介してもらえばいいと考えるようにしましょう。異性は大勢います。あなたに合う人は必ずいるはずです。しかし、怖がっていては、その相手を見つけることができません。

5-2.告白の言葉はシンプルに

告白するときは回りくどい言い方をせずに、シンプルに自分自身の思いを伝えるようにしましょう。実際、うれしかった告白の言葉とされるのは共通していて「好きです。付き合ってください」といったストレートなフレーズです。ドラマの告白シーンで使われるような、きざな言葉を使う必要はないのです。

また、告白の際に自分の都合を持ち出すのはよくありません。相手には全く関係のないことです。例としては「そろそろ結婚したい」「田舎にいる親を安心させたい」「職場の同僚や友人みんなが結婚しているから」「一人暮らしは寂しいし、不自由だから」などといった言葉が挙げられます。相手にこのようなことを話すと「結婚できさえすれば、誰でもいいのではないか」と思われてしまい嫌われます。シンプルながらも「あなただからこそ交際したい」という思いがしっかりと伝わる告白にしましょう。

告白を成功させよう

何回目のデートで告白したほうがいいという決まりはありません。デートを通して「この人なら結婚を前提に付き合える」と思ったタイミングで告白を行うようにしましょう。ただし、相手も婚活中のため、早めに結婚したいと思っています。だらだらとデートを重ねてはけません。積極的に動いて、告白を成功させるためのデートを行いましょう。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

「最後の独身友達が結婚」「年齢的にもそろそろ」「親からのプレッシャーが…」等々、
様々なきっかけで始めた婚活も、現実にはすぐに結果を出すことは難しいもの。
婚活中の方もこれからの方も、様々なお悩みを感じながら結婚に向き合っています。

結婚はしたいけど… 婚活はしてるけど…

数あるお悩みの中でも、理想の相手にめぐり会えないの声が最多!

運任せの婚活では、時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えないことも。
より結婚の可能性を高める方法として今、結婚相談所を利用する人が増えています。

  • 資料請求
  • 来店予約
  • オンライン面談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 婚活デートの告白のタイミングっていつ?告白を成功させる秘訣を紹介!