結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 年収300万円の男性でも成婚できる?結婚相談所の可能性について

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

年収300万円の男性でも成婚できる?結婚相談所の可能性について


結婚をしたいけれどなかなか出会いの機会がないという人にとって、結婚相談所は非常にありがたい存在です。結婚希望者のみが集まっているので将来のパートナーに巡り合える確率も自然と高くなります。ただ、年収の低い男性にとって、問題は自分の年収です。「結婚相談所を利用したいけれど、年収が300万円しかないので女性を紹介してもらえるかが不安だ」などと思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、そうした悩みを抱えている人のために、年収300万円の男性が結婚相談所を利用して成婚できる可能性について解説をしていきます。

世の中の男性の平均年収はいくら?

国税庁のデータによると男性が1年間に稼ぐ平均賃金は約335万円となっています。ただ、この数値にはボーナスなどの賞与が含まれておらず、それを加えると男性の平均年収は400万円を超えます。こうしたデータを見た上で、年収300万円と聞くとかなり少ないように感じてしまうでしょう。ただ、ここで重要なポイントとなるのが年齢です。たとえば、20代前半の人であれば年収300万円は決して少なくありません。むしろ多いくらいです。ところが、年齢を重ねると共に年収は増えていく傾向にあるため、30歳以上で年収300万円では平均値を下回ってしまうのです。

そのため、30代で結婚相談所に登録してプロフィールに年収300万円と記載した場合、それを見た女性が物足りなく感じる可能性は大いにあります。ちなみに、結婚相談所に登録する際には源泉徴収や給与明細書などの収入証明書の提出が必須となっており、年収を隠して婚活をすることは不可能です。したがって、結婚相談所を利用する場合、年収の多寡が婚活の成否に影響を与えるのは避けられないといえるでしょう。

年収300万円の男性は結婚相談所へ入会できる?

結婚相談所を活用して婚活をするのであれば、成婚できるかどうかを心配する前に、まず、結婚相談所に入会できるかどうかを確認する必要があります。なぜなら、入会するには一定の条件を満たさなければならないからです。その条件には年収も含まれています。ただ、具体的な年収の条件は業者によっても異なります。たとえば、年齢×10万円を目安にしているところもありますし、年齢に関係なく一律○○万円以上と定めているところもあるといった具合です。中には高所得者向けサービスや職業限定型の結婚相談所といったものも存在しています。こうしたところはステータスの高い男性と出会えることをウリにして女性客を集めているため、年収300万円では入会は困難です。

しかし、一般的には、年収300万円以上で正規雇用なら入会できる可能性は高いといえます。また、容姿端麗など、何か秀でたセールスポイントがあれば年収は不問といったところも存在します。一方で、年収が高くても定職を持っていなければ入会ができない場合もあるので注意が必要です。いくら稼いでいても契約社員や派遣社員では入会条件をクリアできないというわけです。いずれにしても、具体的な条件は結婚相談所によってさまざまなので、最初にその点について確認しておくことが重要になってきます。

年収300万円の男性が成婚する方法1.共働きを希望する

年収300万円だと成婚へのハードルは高くなりますが、そのハンデを埋める方法はいくつかあります。その一つがプロフィールに「共働き希望」と書くことです。女性の中には仕事をすることに生きがいを感じている人が多くいます。そこで、働く女性に対して理解があるところをアピールすれば、結婚後は家庭に入ってほしいと思っている男性よりも優位に立つことができるというわけです。それに加えて、「家事や育児を協力する」という点を強調すれば、より好印象を得られる可能性が高くなります。

また、共働きを前提とするならば自分の年収が300万円でも女性の年収と合わせれば500万円、600万円となり、余裕のある暮らしをすることができます。さらに、2人で一緒に暮らすと生活費が大幅に削減できる点も見逃せません。たとえば、水道料金・光熱費・食費などは一緒に暮らすことでかなり無駄を省けます。それに、結婚を機に広いマンションに引越したとしても、一人当たりの家賃を計算すれば割安になります。トータル的には、月に5、6万円の節約をすることは十分可能です。そして、そのお金を将来、生まれてくる子どもの養育費に回すのです。こうして考えると、共働きを希望する女性を探すことで、結婚を現実のものにする確率は一気に高くなるといえます。

年収300万円の男性が成婚する方法2.貯金額がある

女性が結婚相手に求める条件の中で年収と同じぐらい重要なポイントとして貯金額が挙げられます。たとえば、年収300万円で貯金600万円の男性と、年収600万円で貯金0円の男性がいたとします。一見、後者の方が条件としては有利に見えるかもしれません。しかし、いくら年収が高くても貯金のない男性というのは女性にとってば不安なものです。浪費癖があって苦労させられるのではないかと思ってしまうからです。さらに、年収が低い上に、貯金もゼロとなると、「将来一緒に暮らして大丈夫かな?」と心配になる女性が大多数を占めるでしょう。

その点、年収が多少低めでもしっかりと貯金している事実を示せば、相手の女性も安心してくれます。しかも、その額が多ければ多いほど「節約をしてくれて、一緒になっても苦労せずに済みそう」といった具合に、好印象を抱いてくれる可能性が高くなるのです。それに、貯金があるという事実は結婚する場合、すぐに必要なお金が用意できるという強みにもなります。したがって、結婚を望んでいるのであれば、なるべく早い段階から節約を心がけ、貯金をしていくのも一つの手です。

年収300万円の男性が成婚する方法3.顔が良い

婚活の際には顔の良し悪しも重要なポイントとなります。特に、年齢が20代後半~30代前半ぐらいのまだ若い間なら、容姿端麗は大きな武器となるでしょう。たとえ、年収が300万円程度でも十分な需要があるのです。むしろ、年収は高いけれど女性慣れしておらず、話が下手という人よりもモテる可能性は高いといえるでしょう。その反面、ある程度の年齢になると、見た目よりも収入や中身が重視されるようになってきます。年を取ると容姿が衰えるというのもありますし、年齢を重ねても顔しか取り柄がないのではパートナーとして選ぶにはあまりにも不安だからです。

したがって、もし収入は少ないけれど、容姿には自信があるというのであればなるべく早めに勝負をかけた方がよいでしょう。その際に、結婚相談所に入会していれば、若くてハンサムということで女性からの注目度はかなり高くなります。ただし、いくら容姿が良くてもだらしのない恰好をしていたのではその長所を殺してしまうことにもなりかねません。そこで、身だしなみを整えて清潔感のある服を着用するなどといったことが大切になってきます。それらを気を付ければイケメンという長所は婚活を行う上で大きな武器となるはずです。

年収300万円の男性が成婚する方法4.仕事を頑張っている

婚活をする際には仕事を頑張っているという点もアピールポイントとなります。なぜなら、たとえ年収が少なめでも仕事に打ち込んでいる男性を恰好いいと感じる女性は多いからです。したがって、現在の仕事が好きで一生懸命取り組んでいるのであれば、それだけ結婚できる可能性は高いといえます。そういう場合は婚活パーティーやお見合いなどで具体的にどのような仕事をしているのか、その仕事のどういった点に魅力を感じているのかといったことをさりげなくアピールするのがよいでしょう。その結果、仕事にこだわりがあって一生懸命頑張っていることが女性に伝われば、あなたに対して魅力を感じてくれるはずです。

高年収で上から目線の男性より年収300万円の優しい男性

年収が低いよりも高い方が婚活に有利なのは確かです。しかし、たとえ高年収でもそれを鼻にかけ、上から目線で接する男性は女性にとって決してよい印象を与えません。失礼だと感じ、ほとんどの女性は引いてしまいます。それならば、年収300万円でも優しく接する男性の方が女性の心を掴みやすいでしょう。よほどハイスペックな男性を狙っている女性なら話は別ですが、一般的には高収入で性格の良くない男性よりも、年収300万円でも性格が良くて優しい男性の方に女性は魅力を感じるものです。

ただ、限られた時間でどのようにして自分の優しさを印象付けるかが問題になってきます。その場合、物腰が柔らかいなどといった表面上の優しさだけでは不足です。相手の印象に残る積極的な優しさをアピールする必要があります。たとえば、レディーファーストを貫く姿勢というようなことがその代表的な例として挙げられます。男性は女性と一緒にいるとき、なんでも先に立って自分本位で物事を決めがちです。ところが、女性にとっては自分がないがしろにされていると感じて不快に思う場合があります。逆に、食事の際はメニューを先に勧める、女性のオーダーを先に伝えるなどして女性優先の姿勢を常に見せれば、男性としての優しさをアピールできます。また、女性を守ろうとする包容力も大切です。歩道を歩くときは男性が車道側に立つ、力のいる作業をする時は適切なアシストをするといった行動を意識して続けていけば、頼りがいのある優しい男性という印象を植えつけることができるでしょう。

年収300万円は平均より低い数字です。しかし、だからといって結婚ができないというわけではありません。現実には、男性の年収300万円で結婚して幸せな家庭を築いているカップルも数多くいます。それを実現するには、まず、女性に求める条件を狭め過ぎないことです。条件を広げることで結婚の可能性は大きく広がります。その上で、年収以外のアピールポイントを確立していきましょう。そうすれば、結婚への道は自然と開けてくるはずです。

貯金や優しさなど!他の魅力を磨けば年収300万円でも成婚の可能性は高くなる

男性の平均年収は30代で400万円を超えます。そうすると、同じ世代で年収300万円の人はどうしても見劣りがしてしまいます。その場合、結婚相談所に入会できるのか、入会しても女性に選んでもらえないのではないかと不安を覚えるかもしれません。

しかし、実際は定職に就いていれば、年収300万円で入会できる結婚相談所は数多くあります。それに、年収が少ないというハンデも、「貯金が多い」「仕事を頑張っている」「女性に優しい」といった他の魅力をアピールすることで挽回は可能です。むしろ、そういった魅力に欠けている高年収の男性よりも、優しい年収300万円の男性の方が結婚できる確率は高いでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 年収300万円の男性でも成婚できる?結婚相談所の可能性について