結婚相談所のすゝめ

2018年01月

結婚相談所のカウンセラーの役割と付き合い方とは?担当者の見るべきポイントをご紹介

結婚相談所のカウンセラーに対して、どのようなことを望むかというのは人それぞれ。実際に入会されている方からよく耳にするのは、自分の性格なども考慮しながら、成婚という結果が出るまで寄り添ったサポートをしてほしいということです。

もしも担当してくれるのが、自分の希望になかなか耳を貸してくれない、質問に対しても誠実に対応してくれないカウンセラーだったら……婚活に対するモチベーションが下がってしまうだけでなく、理想のお相手と巡り会う機会も少なくなってしまうかもしれません。

結婚相談所を利用するとき、カウンセラーの存在は非常に大きいものです。そのため、カウンセラーの役割、カウンセラーとの付き合い方、選ぶときに見るべきポイントなどについて事前に把握しておくことが、結婚相談所を選ぶ際に重要になってきます。

今回はこれらのことを踏まえて、自分と相性のよいカウンセラーを見つけるためのノウハウをご紹介します。

結婚相談所でのカウンセラーの役割と付き合い方とは?担当者の見るべきポイントをご紹介

結婚相談所の中でも特に「仲介・仲人型」と呼ばれる相談所には、必ずカウンセラー、コンシェルジュなどと呼ばれる専任スタッフがいます。まずは、カウンセラーなどの専任スタッフが担っている役割から見ていきましょう。

カウンセラーって何をしてくれる人?成婚までの道のりをコーチングしてくれる存在

カウンセラーとは、たとえていうなら、マラソンなどで伴走してくれるコーチのようなもの。コーチングを行いながらともに走り、お客様を成婚というゴールまで導く存在です。

コーチングというと、厳しいイメージがあるかもしれません。たしかに、活動を進めていく中で、時には叱咤激励することもあります。しかし、常にそばに寄り添って、お客様が迷われたときは的確なアドバイスをし、 一緒にゴールを目指すことがカウンセラーのもっとも大きな役割です。その意味では、コーチよりもパートナーと呼ぶほうがふさわしいでしょう。そんなカウンセラーが担当する仕事は、主に次の2つです。

【コーチング】

まず、インタビューやカウンセリングを通して、理想の相手像や結婚観を明確にする手助けをします。自分の好みのタイプなどがよくわからない方の場合でも、さまざまな角度から質問をしたり、心理学的なアプローチを用いたりすることで、 潜在的に抱いているものを引き出すことが可能です。たとえば、「“やさしい人”とは、どのようなときにどのような行動をとる人なのか」といったディテールを掘り下げていくことで、自分の考えや価値観が明確になります。

理想像や結婚観が明らかになれば、相手とのマッチングに活かせるだけでなく、どのような考え方で婚活をしていくべきかといった今後の方針も固まってきます。自分自身の結婚に対する気持ちに関して、「気づき」を得ることが、婚活の第一歩になるのです。

また、お見合いに臨む際にはマナーや服装、相手との接し方、心構えなどについてもアドバイスを行います。交際中も同様で、何か疑問点があったときには、いつでも気軽に質問や相談ができます。

【アクションプランの策定】

インタビューやカウンセリングなどを通してお相手の理想像や結婚観が明確になったら、次に1人1人に合った「アクションプラン」を設計します。アクションプランとは、婚活プランや婚活設計ともいわれるもので、どのような方針で、どれくらいの期間を目標とし、 どのような方法で成婚を目指すのか、といった婚活のプランニングを指します。

ただし、アクションプランはただ計画し、そのとおりに実行していくだけでは意味がありません。活動開始後、3ヶ月後、10ヶ月後といったタイミングで得られた結果に応じた見直しや軌道修正を行い、常に最善の方法を探りながら進めていくことで、確実に成婚へとつなげます。

カウンセラーとはどのように付き合うのがよい?悩みは極力共有するようにしたほうがよい

せっかくマンツーマンでカウンセラーに担当してもらえるならば、プロのサポートを最大限に活かして、成婚率をアップしましょう。そのためには、カウンセラーになるべく多くの情報を提供する必要があります。インタビューやカウンセリングでは、結婚や活動に関わる悩みなどをできる限り共有するよう心がけましょう。

男性・女性を問わず、日頃から結婚について考えていること、自分の性格、これまでの恋愛経験、結婚歴、再婚に対する考え方、お相手や自分の仕事についてなど、ささいな悩みや疑問であってもぶつけてみてください。情報が多いほど、カウンセラーのアドバイスはより的確なものになります。

また、お客様が抱いている懸案事項をカウンセラーが把握できるので、アクションプランの再検討やその後のサポートに活かすことも可能です。 最初のうちは、カウンセラーとの距離感をつかむのが難しいと感じる方もいるかもしれません。しかし、自らいろいろと相談することで、距離感をなるべく近づけるよう努力してみましょう。カウンセラーとの間に確固とした信頼関係を構築することが、成婚への近道になります。

担当のカウンセラーについて見るべきポイントと、相性が合わないときの対処法について

カウンセラーと信頼関係を築くには、前提として、「“あなたにとって”ベストなカウンセラー」を探し出す必要があります。自分にとって最良のカウンセラーはどのように見きわめるべきなのか、そのポイントをご紹介します。

どのようなカウンセラーに担当してもらうのがよい?自分との相性が重要

カウンセラーを見るときにもっとも注目すべきなのは、自分との「相性」です。婚活に関する豊富な知識やコーチングスキルがあることはもちろん重要です。しかし、たとえそれらを備えているカウンセラーであっても、お互いの相性が悪ければ、上手くいくはずの活動もスムーズに進みません。

それぞれのカウンセラーには、婚活の進め方やコーチングの方法にスタイルの違いがあります。また、会員としてアドバイスを受ける側にも、性格や好みの違いがあります。

カウンセラーはこの先数ヶ月、あなたと一緒にゴールに向かって進んでいくパートナーです。コミュニケーションをとる中で、自分と価値観や考え方が合っているか、サポートのやり方が適しているか、またもっと単純に、話しやすく安心していつでも相談に乗ってもらえそうか、などを考えてみてください。

カウンセラーとの相性はどのように判断する?複数の相談所で無料カウンセリングを受けるとよい

カウンセラーと実際に話してコミュニケーションをとるには、結婚相談所の無料カウンセリングを活用する方法があります。その際、自分と相性がよいかを判断する基準は、それほど難しく考える必要はありません。何となく話しやすい、 相談に乗ってもらえそうな気がする、話していて励まされる、といった感覚があれば、自分と相性がよいと判断できるでしょう。

ただし、1つの結婚相談所のみを見てそこに決めてしまうのは、やや早計かもしれません。なぜなら、1つだけでは比較検討する対象がないために、相性の良し悪しを正しく判断できないためです。

そこでおすすめしたいのが、入会する結婚相談所を決定する前に、複数の結婚相談所の無料カウンセリングを受けてみて、いろいろなカウンセラーと接することです。いろいろな結婚相談所に足を運べば、それぞれスタッフの雰囲気の違いもわかるでしょう。 気さくでフレンドリーなところもあれば、落ち着いた居心地のよさがあるところ、多少ビジネスライクながらテキパキとした応対のところもあります。

面倒でもいくつかの店舗に足を運んでみれば、「こちらのほうが自分に合っている」と判断できる材料が増えるので、より最適なカウンセラーのいる結婚相談所を選べます。店舗、カウンセラー、カウンセラー以外のスタッフの対応も含めて、自分との相性を探ってみましょう。

相性のよいカウンセラーに担当してもらうには?希望は事前に伝え、必要に応じて変更を申し出る

複数の結婚相談所で無料カウンセリングを受け、慎重に結婚相談所を選んだのなら、きちんと相性のよいカウンセラーに担当してもらいたいですよね。ここで、自分と相性のよいカウンセラーに婚活をサポートしてもらうためのポイントをお教えします。

【ポイント1】事前に希望を伝える

入会を決める前や入会時などに、結婚相談所へカウンセラーの希望を伝えておくと、「想像していたカウンセラーと違った、相性が合わなかった」といった入会後のギャップを減らすことができます。結婚に関することは非常にプライベートな問題ですから、 同性であったり年齢が自分と近かったりするほうが、相談しやすい場合もあるでしょう。また、そもそも結婚に対する価値観が合わないと、ともに婚活を進めていくことは難しいかもしれません。

カウンセラーの性別や年齢、これまで積んできた実績、コーチングのやり方などで希望があれば、事前に結婚相談所へ共有しておきましょう。希望のカウンセラーに関して具体的なイメージがあるのなら、もちろんそのイメージを伝えてもかまいません。

【変更の申し出をする】

カウンセラーとの相性がよくないと感じた場合、一度担当になった後でもカウンセラーの変更を申し出ることが可能です。その際、「コミュニケーションがとりづらい」「こちらの希望が通りづらいと感じる」といった率直な理由とともに、 次に担当してもらうカウンセラーに対する希望もしっかりと伝えてください。これは、担当カウンセラーの変更後も相性が合わないという結果になることを避けるためです。

ただし、あまりに何度も担当カウンセラーの変更を申し出ると、結婚相談所側も快く思わない可能性があります。担当カウンセラーの変更を申し出る前に、もっとこうしてほしいなどの要望があれば直接担当カウンセラーへ伝えて、改善してもらえるようにすることも考えてみましょう。

もっともスムーズなのは、無料カウンセリングの段階で相性のよいカウンセラーを見つけ、入会後もそのカウンセラーに担当してもらうことです。結婚相談所によっては難しい場合もありますが、事前にできるだけ詳しく希望のカウンセラーについて相談しておくことが、相性のよいカウンセラーと巡り会うためのポイントになります。

ここまで、カウンセラーの役割と付き合い方、よいカウンセラーの探し方などについて見てきました。改めてポイントをおさらいしておきましょう。

  • カウンセラーは、成婚というゴールまで伴走してくれる存在。悩みなどは極力共有するのがよい
  • カウンセラーとパートナーとしての信頼関係を築くには、お互いの「相性」が重要。複数の結婚相談所に足を運べば、よりよい相性のカウンセラーが見つかる
  • カウンセラーとの相性がよくないと判断した場合は、結婚相談所に担当の変更を申し出ることも可能

私たちパートナーエージェントでは、「あなたと一緒に1年以内の結婚を目指す」をコンセプトに掲げ、お客様が成婚を実現するために、「コンシェルジュ」という名称の専任カウンセラーがきめ細やかなサポートを行っています。私たちがご提供するサービスの特色は次のとおりです。

  • 200時間以上の研修を受けた、質の高い専任のコンシェルジュによる徹底したサポート
  • 豊富な実績データに裏打ちされた、ユーザー1人1人に合わせて設計される婚活プランの構築
  • 「活動の見える化」と細かなフィードバックによる改善で、マッチ率や成婚率が確実にアップ

また、コンシェルジュと店舗の雰囲気を知っていただくために、「無料個別相談会(所要時間約90分)」もご用意しております。詳しくはこちらをご覧ください。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP