結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 何歳から婚活を始める?結婚相談所を利用する人の年齢層とは

結婚相談所のすゝめ

2018年4月

何歳から婚活を始める?結婚相談所を利用する人の年齢層とは

結婚相談所を利用するにあたって、希望の年齢層の人に出会えるのか、自分は年齢が高すぎるのではないかと不安に思うこともあるのではないでしょうか。 これからの人生を共にする相手と出会う場所である以上、どのような人が登録しているのか気になるのは当然のことです。
それでは、結婚相談所に登録しているのは男女ともにどのような年齢層の人なのでしょうか。登録者の年齢データと人気のある年齢層をご紹介します。 希望の年齢層が実際に登録しているのか、自身の年齢がどのあたりに位置するのかを確認して参考にしてみてください。

結婚相談所に登録をしている人たちはどんな人?

結婚相談所に登録をしている人のデータを具体的に見ていきましょう。 結婚相談所の登録者は、20代~50代までと幅広い年齢層に分かれています。ボリュームゾーンは男女ともに36~45歳です。 性別で見ると、女性は30歳という年齢をきっかけにした入会が多い傾向にあります。そのため、相談所を活動的に利用している人は30代が多くなります。最も登録者が多いのは36~45歳ですが、次いで多いのは20代~30代前半です。20代~30代前半で全体の約40%を占めています。 男性の場合は、20代~30代前半は全体の約20%と女性より少なめです。この年齢層は、まだ仕事が忙しい時期なのかもしれません。実際に、収入が安定してくる36~45歳の登録者は全体の約半数です。 46歳以降の登録者も女性より男性の方が多く、男性が70代で登録されたというケースもあるようです。
全体的には女性より男性の方が年齢層は高めです。これは、女性の出産適齢期が大きく影響しています。女性は出産を見越して婚活をスタートさせることが多いため、出産適齢期を意識した20代での登録も多くなります。 対して男性の登録は収入によるところが大きくなります。収入が安定しない20代~30代前半よりも、仕事が安定する36~45歳の登録者が多いのがわかりやすい例だといえるでしょう。 46歳以降の男性登録者は、定年後を視野に入れて婚活をスタートさせる場合が多いようです。
結婚相談所に登録している人の男女比はサービスによって異なります。サービスによっては男性の登録者の方が多いけれど、違うサービスだと女性の方が多いというように、男女比が逆転する場合もあります。 異性の登録者が多い方がこの先のパートナーに出会える可能性が高いような気がしますが、実際には登録している全ての人に出会えるわけではありません。自分に合う人を紹介してもらえるのが結婚相談所なので、男女比についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

年齢別に解説!結婚相談所に登録をしている人

結婚相談所に登録するのはどのような人なのか、年齢別に見てみましょう。 20代の人は、男女ともに恋愛に奥手な人が多い傾向があります。恋愛に対して積極的に振る舞うことが苦手な場合、友人や知人の紹介、コンパや婚活パーティーといったコミュニケーションを重視した出会いの場ではうまく自分を出せないことがあります。 そのため、コンシェルジュのサポートを受けられる結婚相談所の方が、安心して相手を探すことができると判断されています。
また、出会いの場が少ない人も結婚相談所で確実な出会いを求める傾向にあります。女性の場合は、アパレルショップの店員がそれにあたります。仕事上で異性に会う機会もなく、休みが平日になるため出会いの場自体が少ないという悩みがあるようです。 30代になると、ふと気付いたら周りが既婚者ばかりになってしまった人が、結婚相談所を多く利用しています。独身者と既婚者では生活のペースが変わってきます。よく遊んでいた友人が結婚して疎遠になったという経験がある人も多いのではないでしょうか。 周りが既婚者ばかりになると、これまでと同じようなペースで遊べる友人が減り、それをきっかけに結婚相談所に登録しようと思うようです。結婚した友人の話を羨ましいと思ったというのも、相談所に登録するきっかけのひとつです。 40代になると、離婚経験者の割合が増えてきます。離婚を経て独身となり、新たなパートナーを探したくて結婚相談所に登録するようです。また、これまでは結婚しなくていいと思っていたけれど気が変わった、家族を養う年収があるから結婚したいというケースもあります。 40代になって次のライフステージが見えてきたときに、考え方や働き方が変わったことをきっかけに結婚を意識するパターンです。

結婚相談所で人気が高い年齢層とは

結婚相談所で人気の年齢層について紹介します。 女性で人気のある年齢層は20代~30代前半です。男性は年上よりも年下の女性を選ぶ傾向が強くあります。そして、35歳頃からは同年代以上を選ぶことが極端に少なくなります。結果として、20代~30代前半に人気が集中することになります。 逆に、女性は自分より年上の男性を選ぶことが多いといえるでしょう。ですが、男性の人気は年齢よりも年収が重視される傾向にあります。
結婚相談所で人気のある年齢層には、子どもに対する意識が反映されています。結婚相談所を利用する人は、結婚とこの先の人生についてしっかり考えています。 ライフプランに子どもが含まれている人も多いため、子どもの産みやすさや育てやすさも人気の基準に含まれているのではないでしょうか。その結果、出産適齢期の女性や、きちんと子どもを育てることができる年収の高い男性に人気が集まります。 ただし、これはあくまで統計的なデータでしかありません。最初に相手に求める条件として提示されることは多いのですが、実際に婚活を進める中で変わる場合もあります。

年齢制限以外の制限もある

結婚相談所には、実は年齢以外の制限もいろいろとあります。 まずは、絶対条件として独身であることです。その証明のために、独身証明書の堤出が必要です。独身証明書は、公的機関から3カ月以内に発行されたものに限ります。
次に、職業や年収です。男性の場合は一定以上の収入があることが条件となります。定職に就いている場合は前年度の源泉徴収票、個人事業主・フリーランスの場合は確定申告書の提出が必要です。 その他、心身の健康の状態など、サービス独自の入会審査を行う場合がほとんどです。 コンパや婚活パーティーなど出会いの場はいろいろありますが、結婚相談所では身元のしっかりした人の紹介を行っています。それは、結婚相談所が入会の段階できちんと審査しているため、自信を持って紹介できる人しか登録していないからです。 お互いが真剣に結婚というゴールを目指しているという前提があるからこそ、結婚相談所は婚活中の男女の強い味方であることができます。そのため、年齢以外にも制限を設けることで、登録者が安心して利用できるようにしています。

年齢にとらわれ過ぎるのは良くない

これから婚活を進める上で、あまり年齢にとらわれすぎないようにしましょう。 女性の人気のある年齢層は20代~30代前半ですが、そこに当てはまらないからといって気にしすぎる必要はありません。年齢にとらわれると自分に自信がない印象を人に与えてしまいます。 誰しもが、結婚して楽しい生活を夢見ています。ネガティブなイメージを持たれてしまうのは、とてももったいないことです。
実年齢を変えることはできません。それならば、年齢を気にしすぎるよりも自分自身の魅力をもっと磨くことに専念しましょう。いつも笑顔を心掛けるようにしたり、料理の腕を磨いたり、年齢以外のアピールポイントを増やすことを意識しながら婚活してみてください。 アピールポイントを増やすことが大切なのは、男性も同じです。男性の場合は、年齢よりも年収が重視される傾向にあるため、年齢についてはあまり気にする必要がありません。しかし、年収が低いからと自信がない様子を見せてしまうことは避けた方が良いでしょう。 積極的に家事や育児を担当するだけのスキルを身に付けたり、年収アップを目指したり、自分を磨くことで人は魅力的になっていきます。 また、男性の場合は女性の年齢にこだわり過ぎないようにしましょう。人気のある年齢層にこだわることで、かえって出会いの幅を狭めてしまうこともあります。 出産適齢期を意識して若い女性を選びたがる男性が多いのですが、晩婚化が進む昨今では35歳以上の出産も珍しいことではありません。若い頃に結婚、出産するよりも、高齢出産の方が生活に余裕があって子育てしやすいという考え方もあります。 年齢にこだわらずに婚活を進めることで、本当だったら出会えなかった人との恋が実るかもしれません。年齢よりも「気が合う」「一緒にいて楽しい」というフィーリングの方が、婚活する上では大切なことです。

婚活を始めたいと感じたときがはじめどき!

結婚相談所に登録している人の年齢はさまざまです。20代もいれば40代もいます。その中で、人気の年齢層が存在することは確かですが、いくつであったとしても結婚したいという気持ちは登録者すべてが共通です。 婚活は、始めたいと思ったときが始めどきです。年齢のことでためらうよりも、一歩踏み出してみましょう。年齢だけでは相手のことは何もわからないし、自分のことも何もわかってもらえません。 自分1人で続けることが難しいのが婚活です。パートナーエージェントは、登録すると専任のコンシェルジュが付きます。良き相談者として理解者として、婚活を支えます。そして、専任コンシェルジュをリーダーとしたチーム体制で婚活をゴールまでしっかりサポートします。 これが、パートナーエージェントの「チーム婚活」です。
パートナーエージェントは、成婚率No.1の実績データによるアビリティ診断で婚活力を数値化します。そこから今後の婚活についてのアドバイスを受け、紹介から交際までの婚活PDCAサイクルで成婚を目指します。これが、「スマート婚活プログラム」です。 パートナーエージェントは、チーム婚活とスマート婚活プログラムでチーム戦での婚活を行うことができます。 紹介された相手の気持ちが気になったとしても、何もわからないまま不安になる必要はありません。コンシェルジュ同士が情報を共有してくれます。 年齢のこと、相手に求める条件のこと、いろいろなことをコンシェルジュに相談してみましょう。良き理解者からの親身なアドバイスで、婚活もきっと良い方向に進みます。

大切なのは、年齢よりも一歩踏み出す勇気

結婚相談所に登録するときは、結婚できるかどうかや年齢について悩んでしまいがちです。しかし、婚活に適齢期はありません、何歳であっても、始めたいと思ったときが始めどきです。婚活で成功するために何より大切なのは、一歩踏み出す勇気です。 結婚相談所は、個人間での紹介や婚活パーティーなどよりも、確実に結婚に結びつきやすい結婚活動です。そのため、登録する勇気を持つだけで、まずは結婚に一歩近付くことになるでしょう。
登録の後は、パートナーエージェントの専任コンシェルジュと一緒に結婚というゴールを目指しましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 何歳から婚活を始める?結婚相談所を利用する人の年齢層とは