結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 高学歴女子の婚活事情!ハイスペックゆえに抱える悩みとは?

結婚相談所のすゝめ

2020年6月

高学歴女子の婚活事情!ハイスペックゆえに抱える悩みとは?

婚活に確実性を求めるなら、成婚率No.1のパートナーエージェント

選ばれる3つの理由とは?

【その1】独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現 1年以内の交際率「93%」、1年以内の成婚率「65%」。
年間で30万件以上の出会いの機会が生まれています。

【その2】成婚率No.1だから出来る充実のサポート 価値観診断、成婚コンシェルジュのアドバイス、プロフィール&婚活写真の作成、コーディネートサービス等々、バリエーション豊かな出会いのサポートからあなたの希望に合う出会いが見つかります。

【その3】出会いの幅が広い。 日本最大級の会員ネットワークを活用し、紹介可能人数は最大3万人!

価値観診断をする
EQ診断はこちら
婚活のプロに話を聞く
無料来店相談はこちら


婚活市場では「高学歴女子は婚活で苦労する」という意見を聞くことがありますが、これは本当なのでしょうか。有名大学卒や大学院修了の高学歴女子の中には、自分の学歴が原因で婚活が上手くいかないのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。そこで、高学歴女子が陥りがちな婚活の悩みを分析し、婚活をスムーズに進め成婚に至りやすくするためのアドバイスをします。

1.高学歴女子がモテない理由とは?

「高学歴女子はモテない」と言われがちですが、そのように言われてしまうのには次のような理由があります。まず、高学歴だというだけで、男性から「プライドが高そう」「取っ付きにくそう」というイメージを与えがちです。親しみやすさという点が欠けてしまうため、話しかけづらいと思われてしまうこともあります。特に、自分の学歴にコンプレックスがある男性は、高学歴女子を避けがちといえるでしょう。女性自身が相手の学歴を気にしない場合でも、男性のほうがどうしても劣等感を感じてしまい、声をかけづらかったり誘いづらかったりする状況になりやすい傾向にあります。

また、男性は、相手の女性が自分より頭が良くて稼いでいることが分かると引け目を感じてしまいます。多くの男性は自分よりも学歴や収入が格下の女性を好む傾向にあることが多いのです。反対に、高学歴女子は自分よりさらに学歴や収入がハイスペックな男性を求めやすい傾向にあります。ところが、高学歴女子が自分よりスペックの高い男性を探そうとしても、そのような男性が少ないためなかなか相手が見つからない傾向にあるのも、高学歴女子がモテないと言われてしまう要因の一つです。

以上のことから、高学歴女子は、学歴が高いだけでなく職業・年収共にハイスペックであることが多いので、全ての側面で自分よりハイスペックな男性を探そうとすると出会いが限られてしまうといえるでしょう。高学歴女子自身に魅力がないからモテないというわけでは決してなく、婚活市場における需要と供給のバランスが高学歴女子の婚活を困難にしています。婚活をする高学歴女子は、この点についてきちんと押さえておく必要があります。

2.男性が求める女性像とは?

高学歴女子が男性にモテるためには、男性がどのような女性像を求めているのかを知ることが大切です。まず、男性はなんといっても若くてかわいらしい容姿の女性を好む傾向にあります。多くの男性は「結婚=子どもを持つ」という考えを持っているので、女性が若くて子どもを安全に産める年齢でないと不安に感じる男性が多いのです。男性がパートナーとして若い女性を求めるというのは、子孫を残すための人間の本能によるものといってよいでしょう。

その点、高学歴女子は社会に出てからバリバリ働いてキャリアを積み、結婚を考える頃には晩婚の年齢になっていることが多いものです。なので、少しでも安全に出産できるよう、普段から食生活や健康に気を付けて若々しい身体を保てるよう努力しましょう。そして、性格はおっとりとしていて素直で優しく、一緒にいて癒されて落ち着ける女性が人気です。したがって、高学歴で普段は企業でバリバリ働いて活躍している女子でも、男性の前では笑顔を心がけ、あまりせっかちな態度を取らないように気を付けましょう。もちろん、男性に媚びる必要はありません。優しく穏やかな態度で接するよう心がけるだけでとても印象が良くなります。

また、料理などの家事が得意で子どもが好きであるなど、家庭的な女性も人気です。男女平等が叫ばれる中にあっても、やはり男性の多くは「結婚したら家事は主に女性にやってほしい」と考える傾向にあります。実際は家事や育児を夫婦で協力し合うことになっても、家事の腕を磨いておいて損はないのです。プロ級の腕前である必要はなく、男性にさりげなく家庭的な面を見せられるようにしておくとよいでしょう。

3.高学歴女子の求める男性像とは?

男性が求める理想の女性像とは別に、高学歴女子自身が求める男性像を整理することで、婚活で求めるターゲットを絞ることができ、成婚へ向けて活動しやすくなります。まず、高学歴女子の多くは結婚相手に自分よりもハイスペックな男性を希望しがちです。「自分よりも学歴も収入も低くてよい」と考える高学歴女子もいますが、割合としては低いでしょう。そして、高学歴女子の中には、ある程度年収の高い相手がパートナーになるのなら、自分は家庭に入って専業主婦になりたいという人もいます。年齢に関しては、年下にしろ年上にしろそれほど離れていないほうがいいという高学歴女子が多いでしょう。

反対に、結婚後も仕事を頑張って続けたいと考える高学歴女子もいます。そのような女子は、自分の仕事を理解してくれる男性を求めています。共働きの場合、家事や育児は夫婦で公平に分担したいと考える高学歴女子も多いでしょう。

4.高学歴女子は相手の学歴を気にするのか?

高学歴女子は、相手の男性にも同等かそれ以上の学歴を求めやすい傾向にあります。高学歴な女性ほど、相手の男性の学歴も重視しやすいのです。これは、結婚相手として優秀なパートナーを求める意味もありますが、「自分の学歴や職業に理解を示してほしい」「子どもが出来たら自分と同じように高等教育を受けさせたいので、その点に理解がある人がいい」という高学歴女性の本音が導く結果でもあります。したがって、自分よりも学歴が格下の男性は敬遠する女性も多いのです。

中には、男性本人だけでなく、親兄弟の学歴まで気にする高学歴女子もいます。一方で、女性本人は男性の学歴を気にしていなくても、女性の両親が低学歴の男性との結婚を反対するケースもあります。また、お互いが表面上は相手の学歴を気にしなかったとしても、学歴にあまりにも差があると、一緒にいても会話や価値観が合わず上手くいかない場合も多いでしょう。学歴や職業以外にもお互いに合う趣味や価値観などがあればいいのですが、そうでない場合はやはり学歴にはあまり差がないほうが上手くいきやすくなります。

5.高学歴女子が婚活を成功に導くポイントは?

高学歴女子が婚活を成功させ無事結婚に至るためには、押さえておくべきポイントがあります。そこで、どのような点に気を付けるべきか見ていきましょう。

5-1.ハードルを下げることも大切

高学歴女子の多くは、自分よりも学歴や年収がハイスペックな男性を求めがちです。しかし、そうなると対象となる男性の母数が少なくなってしまうため、余計に婚活が厳しくなるでしょう。一方で、高学歴男子の多くは女性にそこまで高学歴や高収入を求めていません。代わりに、年齢や容姿、性格を重要視しています。このように、高学歴女子と高学歴男子とで理想の結婚相手像のズレがあるため、需要と供給のバランスが取れず出会いが少なくなってしまう傾向にあるのです。したがって、婚活で少しでも男性と出会う機会を増やしたいなら、高学歴女子自ら相手に求めるハードルを下げることが大切になってきます。

相手にある程度の学歴や社会的地位を求めるとしても、どの程度までなら譲歩できるかの最低ラインを考えておきましょう。また、学歴にこだわる場合でも、「なぜその学歴を求めるのか」「本当にその条件は必要か」についてきちんと考えておくと、条件を絞りやすくなります。中には、学歴ばかり高くても社会人としてはあまり優秀でない男性もいるものです。反対に、学歴は低くても社会に出て成功している男性もいます。「高学歴高収入かつ独身の男性」はとても少なく、出会えるチャンスはまれであることを理解し、結婚相手に求める条件を考えることが大切です。

5-2.出会いの場所を絞る

とりあえず男性との出会いを増やそうとして、ネット婚活や婚活パーティーを手当たり次第に利用するのは得策ではありません。高学歴女子の婚活は、出会いの場所を絞ることも大切なポイントです。まず、ネットの婚活サイトやアプリ、婚活パーティーでは、高学歴女子というだけで男性から敬遠されやすくなることに留意しましょう。さまざまな年齢や職業の人が参加するネット婚活や婚活パーティーでは、自然と学歴関係なく若い女性が人気を集めやすくなっています。また、高学歴女子のほうから見ても、自分の条件に見合うような男性があまり参加していない可能性が高いです。

高学歴女子の婚活において重要なのは、男女共にお互いを学歴や容姿だけで判断するのではなく、価値観や生活習慣、結婚後の展望などが合う人を探すことです。したがって、高学歴女子はネット婚活や婚活パーティーなどで多くの男性の中から選んだり選ばれたりするよりも、1対1でじっくりと話せるお見合いのほうが向いている場合も多いでしょう。したがって、登録者の身元や条件がきちんと保証されている結婚相談所でじっくりと相手を探すほうが適しているかもしれません。婚活パーティーを利用するなら、1対1で長く話せるタイプのものを選んで参加するようにしましょう。

6.自分が納得できる相手を選ぼう!

高学歴女子の婚活がいくら困難といわれても、結局は、あきらめずに自分が納得できる相手を選ぶことが大切です。納得のいかない相手と無理に結婚しても、長い結婚生活がつらく苦しいものになってしまっては意味がありません。高学歴女子であることをマイナスに考えるのではなく、自分の魅力の一つととらえて上手にアピールできるようになりましょう。まず、高学歴女子の多くは収入が安定していることが強力な武器です。老後も安定した収入が得られる予定があるなら、老後の不安で結婚を焦る必要がないので、じっくりと腰を据えて結婚相手を選ぶことができます。

また、たとえ自分よりも収入の少ない男性と結婚したとしても、妻側の収入で夫を支えていけるのも大きな強みです。多くの男性が高学歴女子に引け目を感じてしまうなら、それを逆手にとり、女性側の収入で安定した結婚生活を送り、男性を安心させることができるとアピールすればよいのです。また、その場合は、妻が仕事で高収入を得る代わりに夫に家事を多めに分担してもらうなど、バランスの取れた結婚生活を送ることもできるでしょう。

高学歴女子こそ自信をもって!

高学歴女子はモテないと言われがちですが、一方で、「将来を共にする女性は優秀な女性のほうが良い」という男性がいるのも事実です。よって、高学歴女子はあきらめずに自信をもって自分の魅力をアピールしていきましょう。パートナーエージェントでは高学歴女子が自分の条件と合う相手と出会うために、専用コンシェルジュが成婚まで手厚くサポートいたします。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

「最後の独身友達が結婚」「年齢的にもそろそろ」「親からのプレッシャーが…」等々、
様々なきっかけで始めた婚活も、現実にはすぐに結果を出すことは難しいもの。
婚活中の方もこれからの方も、様々なお悩みを感じながら結婚に向き合っています。

結婚はしたいけど… 婚活はしてるけど…

数あるお悩みの中でも、理想の相手にめぐり会えないの声が最多!

運任せの婚活では、時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えないことも。
より結婚の可能性を高める方法として今、結婚相談所を利用する人が増えています。

  • 資料請求
  • 来店予約
  • オンライン面談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 高学歴女子の婚活事情!ハイスペックゆえに抱える悩みとは?