結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 早い?遅い?25歳の女性が結婚相談所を利用するメリットいろいろ

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

早い?遅い?25歳の女性が結婚相談所を利用するメリットいろいろ


結婚の平均年齢がますます高齢化している時代、25歳で結婚を考えるのはまだ早いと考えている女性も多いのではないでしょうか。また、もし結婚を考えていても、結婚相談所に入会してまで婚活をするのは気が引けると感じる女性も少なくないでしょう。しかし、結婚相談所は若いうちから入会しておいた方がいろいろな面でお得です。特に25歳という年齢は、結婚という節目で見てもひとつのターニングポイントとなる年齢です。ここでは、25歳という年齢が結婚にどう影響するのか、また若いうちから結婚相談所に入会しておくメリットなどについてご紹介します。

25歳女性の社会的立場とは?

高校を卒業する18歳、成人式を迎える20歳など、現代人にはそれぞれ節目となる年齢があります。そんな中で、25歳というのは、特に何かの区切りがあるわけではなく、ほとんどの人は何気なく一日一日を過ごしているかもしれません。大卒女性の場合、新卒入社してから数年がたち、ようやく社会人としても一人前になってくる年齢です。プライベートでも、合コンや婚活パーティーのお誘いなどもまだたくさんあり、仕事も私生活も充実しているという人が多いでしょう。

ただ、女性の25歳はそろそろ結婚を考えなければならない時期でもあります。確かに、結婚年齢の晩婚化はどんどん進んでおり、2016年の厚生労働省・人口動態統計を見ると、女性の初婚年齢は全国平均で29歳となっています。しかし、29歳が初婚年齢の平均だからといって、29歳から婚活をしていては20代での結婚は難しいでしょう。交際から結婚に至るまでには時間がかかるものですし、年齢が上がってくればくるほど結婚のハードルも高くなるからです。そのため、婚活は25歳くらいから始めておくのがおすすめなのです。そのくらいの年齢になってくると、周りの友達にも結婚する人が多くなり、次は自分もと考えるようになってくるでしょう。

しかし、自分で結婚相手を見つけることは決して簡単なことではありません。そこで結婚相談所を利用することをおすすめしたいのです。

25歳女性が結婚相談所を利用するメリット1.申し込みがたくさんくる

若いうちから結婚相談所を利用するメリットはたくさんあります。特に女性の場合、年齢が若い方が婚活を有利に進めることができます。これは結婚相談所を利用している男性が、自分より若い女性を好む傾向にあるからです。とりわけ25歳の女性は、結婚相談所の男性から申し込みがきやすいといえます。25歳にもなると、社会的には落ち着いてくる年齢なので、20代前半の女性よりもしっかりしているという印象を持たれやすくなります。しかも年齢的にはまだ十分に若いので、男性からの人気も必然的に高くなるというわけです。

また、そもそも結婚相談所には20代の女性が少ないという点も見逃せないところです。20代から結婚相談所を使って婚活を始める女性は、実際のところそれほど多くありません。そのため、25歳で結婚相談所に入会すると、あらゆる年齢層の男性から多くのアプローチを受けられるのです。たくさんの男性からアプローチがあれば、その分だけ結婚の選択肢も増えるので、自分にとって最適な相手を選びやすくもなるでしょう。だからこそ、申し込みがたくさんくる25歳から、結婚相談所に入会して婚活を始めておいた方が良いということです。

25歳女性が結婚相談所を利用するメリット2.自然恋愛よりリスクが少ない

結婚相談所に入会していなくても、25歳から婚活を始めている女性も少なくないでしょう。すでに恋人がいて、結婚へ向けて準備を進めているという人もいるのではないでしょうか。もちろん、相手に結婚願望があれば、自然恋愛から結婚につなげられる可能性も高いです。けれども、もし自分の恋人に結婚願望がなかったらどうでしょうか。25歳から付き合い始めているのに、29歳や30歳になっても結婚できないまま、貴重な20代を棒に振ってしまうこともあるかもしれません。つまり自然恋愛には、結婚に結びつかないというリスクがあるということです。

一方、結婚相談所に入会している男性は、そもそも結婚することを前提に女性を探しています。真剣に結婚を考えている人の集まりなので、結婚を前提に相手を探すのであれば、結婚相談所はとてもリスクの少ない手段だということです。結婚相談所では、25歳から交際を始めて30歳になるまで結婚を長引かせるということはありません。結婚に真剣な人を効率よく探せるという点は、結婚相談所の大きなメリットのひとつといえます。

25歳女性が結婚相談所を利用するメリット3.好条件の相手を見つけやすい

結婚相談所に入会すると、プロのコンシェルジュが相性の良い相手を紹介してくれるようになります。婚活中はたくさんの異性と出会うことができますが、中には自分からどうアプローチすれば良いかわからないという人もいるでしょう。プロのコンシェルジュは、異性からの印象が良くなるようなアドバイスをくれるのはもちろん、お見合いの際の会話のポイントや身だしなみ、ファッションなどさまざまな面から的確に助言をしてくれます。

また、自分がどんな人と結婚したいのか、結婚までどのように進めていくべきかといったことは、自分1人でじっくり考えてみても答えがみつからない場合が多々あります。結婚相談所では、入会の際にコンシェルジュと面談し、自分の結婚観についてきちんと整理する機会が設けられます。自分がどんな人と結婚したいのか、その理想や目標を明確に設定することができ、本当の理想の相手や自分にとって条件の良い異性を見つけやすくなるのです。結婚相談所のコンシェルジュは、第三者の視点から客観的な助言をくれるので、自分では気づかなかったことにも気づけるようになります。また、ときには婚活に疲れて、あきらめたくなってしまうこともあるかもしれません。結婚相談所のコンシェルジュは、そんなときも悩みの相談に乗ってくれます。結婚へ向けてさまざまな困難に直面しても、コンシェルジュが強い味方になってくれるので安心して婚活を進められるのです。

25歳女性が結婚相談所を利用するメリット4.身元が確かな相手と知り合える

特に有料の結婚相談所では、入会する条件が厳しく設定されていることが多いです。そうした結婚相談所では、身元の確かな人しか登録できないようになっています。自然恋愛は確かに素敵なことかもしれませんが、付き合っていた相手が実は既婚者だったり、多額の借金を抱えていたりといったこともあるかもしれません。しかし、入会条件の厳しい結婚相談所であれば、そうした心配をする必要は、まずないといえます。結婚相談所が街コンやマッチングアプリと違うのは、結婚に本気な人しか入会できないという点です。入会条件はそれぞれの結婚相談所によって異なりますが、入会に際しては「独身証明書」の提出を義務づけている相談所がほとんどです。そのため、既婚者が浮気目的で入会することはできません。また、有料の結婚相談所では、入会するための費用が当然かかってきます。借金を抱えているような人が、わざわざ高額の費用を払って、結婚相談所に入会してくることもないでしょう。もちろん、入会には身分証明などの提出も必須なので、職業や身分を偽って入会することもできません。つまり、結婚相談所では、身元の確かな相手と知り合える可能性がとても高いということです。

30歳になると申し込み数は一気に減る傾向に

女性の場合、30歳になると、結婚相談所での男性からの申し込み数は一気に減る傾向にあります。29歳と30歳はたった1歳の違いに過ぎませんが、婚活市場においては非常に大きな差があると考えておいてください。これはやはり、結婚相談所の男性が20代の女性を好む傾向が強いからだと考えられます。男性にとって若い女性と結婚することは一種のステータスです。また、将来的に子どもが欲しいと考えている男性も、自然妊娠の確率が高い20代の女性を選ぶ傾向が強いということもあります。

こうしたことからいえるのは、女性にとって若さは大きな武器になるということです。20代で結婚相談所に登録している女性は多くはいません。だからこそ、若いうちから結婚相談所に入会しておけば、同じ20代のライバルが少ない状況で若さを武器に婚活戦線を戦うことができるのです。もし25歳で結婚願望があり、なるべく早いうちに結婚したいと考えているなら、遅くとも30歳になる前に結婚相談所への入会を検討することをおすすめします。20代で結婚しておくことは、自然妊娠の確率が高まったり、余裕のあるライフプランを立てられたりと、女性にとってもメリットが大きいといえるでしょう。

30代でも婚活はできるが20代のほうが有利

婚活市場では30代よりも20代の方が圧倒的に有利だといえます。もちろん、30代でも理想的な相手を見つけ、成婚にいたるカップルは少なくありません。しかし、結婚への道のりでいえば、20代に比べて30代は長い時間がかかってしまう傾向にあります。30代になると、男性からのアプローチが減ってくるので、条件の良い相手を探すことにまず苦労をします。また、年齢を重ねると慎重に物事を考えるクセがついてしまうので、良い条件の相手がいたとしてもなかなか結婚への一歩が踏み出せないという女性も少なくありません。その結果、お付き合いから結婚にいたるまでの時間がどうしても長くなってしまうというわけです。

だからこそ、婚活は20代のうちから始めておくべきなのです。若いうちから婚活を始めておくことで、成婚への道のりもスムーズに進んでいける可能性が大きく広がります。何より「若さ」という武器を使えることと、何もしなくても男性がたくさん寄って来てくれるので、多くの選択肢の中から理想の相手を探しやすいのです。20代からの婚活は成婚率が高くなるだけでなく、競争率の高い男性と結婚できるチャンスも生まれます。成婚だけでなく、結婚生活で失敗するリスクも抑えられるので、婚活は有利に進められる20代のうちから始めておきましょう。

25歳は結婚適齢期!思い立ったらすぐに行動しよう

婚活市場では、若い女性の方が圧倒的に高い人気を誇っています。それだけに、20代から結婚相談所に入会しておくことで、たとえ自分に自信がなかったとしても若さを武器に婚活戦線を戦うことができます。特に25歳という年齢は、若すぎるということはなく、結婚相談所での需要も一段と多い年齢です。出産やその後の人生設計から見ても、25歳は結婚適齢期といってもいいすぎではありません。

25歳なら、出産までのタイムリミットにも余裕があるため、焦らずじっくりと理想の結婚相手を探すことができます。30歳までに結婚がしたい、理想の相手を探したいなら、すぐにでも結婚相談所選びを始めましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 早い?遅い?25歳の女性が結婚相談所を利用するメリットいろいろ