結婚相談所のすゝめ

2021年1月

私はこれで結婚した!おすすめの出会いと良縁を掴む方法を解説

婚活に確実性を求めるなら、成婚率No.1のパートナーエージェント

選ばれる3つの理由とは?

【その1】独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現 1年以内の交際率「93%」、1年以内の成婚率「65%」。
年間で30万件以上の出会いの機会が生まれています。

【その2】成婚率No.1だから出来る充実のサポート 価値観診断、成婚コンシェルジュのアドバイス、プロフィール&婚活写真の作成、コーディネートサービス等々、バリエーション豊かな出会いのサポートからあなたの希望に合う出会いが見つかります。

【その3】出会いの幅が広い。 日本最大級の会員ネットワークを活用し、紹介可能人数は最大3万人!

価値観診断をする
EQ診断はこちら
婚活のプロに話を聞く
無料来店相談はこちら

婚活をしている人にとって、出会いはもちろん重要。
けれど、ただ出会えばよいというわけではありませんよね。
出会って意気投合し、なんらかの形で関係を深めて、結婚につながらなければ出会いの意味は半減してしまうのではないでしょうか。

婚活に励む人にとって必要な出会いは、「結婚につながる出会い」です。
こちらでは、既婚者に聞いた配偶者との出会いを中心に、おすすめの結婚につながる出会いについて詳しく解説しています。

結婚相手との出会いのきっかけは?

既婚者の方々が配偶者と出会ったきっかけはそれぞれですが、ある程度は限られている印象があります。

人口問題研究所の調査によると、1982年から2015年にかけて、配偶者と出会ったきっかけでもっとも多いのは「職場や仕事」だそうです。
次に友人や家族を通じて、その次が学校で…と続いていき、旅先や習い事、アルバイトなどをきっかけに出会ったという人もいます。

ちなみに見合い結婚については、1985年時点では約30%とかなり多かったようですが、2015年は6.5%とかなり低くなっているのが印象的です。
近年は結婚相談所やマッチングアプリでの出会いもメジャーになってきていますので、そういったものの割合が増えているように思います。

参考:http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/gaiyou15html/NFS15G_html11.html

安心して結婚できるおすすめの出会いの場は「職場」

配偶者との出会いにおいて、もっとも多かった「職場」での出会いは、出会いの中でもっとも安全であり、信頼できるきっかけではないかと思います。

特に同じ職場であれば、自分が信頼されて雇用されている会社に所属する人なので、相手のことも信頼できますよね。
また1日の中でもっとも長い時間を一緒に過ごす人ですから、相手の人となりを理解しやすい点も職場で出会うメリットです。

職場で配偶者と出会った人の体験談
・今の主人は同期入社の同僚です。
私は契約社員、相手は正社員だったので雇用は異なりますが、毎日一緒に新人研修を受けて仲が深まりました。
当時の職場は社内恋愛で結婚した人が割と多く、私が在籍していた間に2組のカップルが結婚されました。
同期入社でしたが配属された場所は違ったので、顔を合わせすぎてケンカになることもなく、よい交際の末ゴールインできたと思います。(35歳:女性)

・当時働いていた職場の上司と結婚しました。
特に憧れの上司というわけではありませんでしたが、休憩中などに話すことが多く、自然と2人で食事に行くような関係になった感じです。
お互いの評価を周囲から聞くことができるので、相手を知る上で職場での出会いはよいかなと思います。
プライベートでも仕事の話になってしまうことは多かったかもしれませんね。(33歳:女性)

・仕事の取引先の人と結婚しました。
美容師です。
シャンプーなどを購入しているディーラーをしていたのが妻です。
商品のことなどで話す時間が長いので、自然と仲良くなりました。
仕事の上での距離感が交際する上でちょうどよかったと思います。(33歳:男性)

結婚を前提とした交際につながりやすい
職場での出会いがきっかけで交際を始めるカップルは、ほかの出会いと比較すると結婚につながりやすい印象があります。
安易に付き合ってすぐに別れてしまうと、その後お互いが働きづらくなってしまうという点が理由のひとつです。

きちんとお付き合いができる人かと見極めてから交際に踏み切る人が多いからか、交際後結婚に発展する率も高いように思われます。
結婚した人と別れてしまった人の数を比べたら、別れた人の数のほうが多いかもしれません。
けれど意外と結婚した人の割合も多いように思いませんか?

結婚後も同じ職場で働いている?
結婚後も配偶者と同じ職場で働いているかどうかについては、その会社の方針などによるところも大きいです。
夫婦ともに同じ職場で働くことがNGとされている会社の場合は、だいたい妻が退職をして家に入るか、転職をするケースが多いと思われます。

夫婦で働くことを許可している会社でも、妻の妊娠をきっかけに退職したり、家に入るもしくは働き方を変えるというケースが多いようです。
まれに定年退職するまで同じ職場で働き続ける夫婦もいますが、それはかなりレアなケースだと考えてよいでしょう。

職場に出会いがない人は「紹介」がおすすめ

職場が同性ばかり、人数が少ないなど、仕事を通じた出会いが期待できない場合に、出会いのきっかけとしてよく聞かれるのが「紹介」です。

友人から恋人候補におすすめの異性を紹介してもらうパターンが断トツで多いですが、まれに兄弟姉妹や親、職場の上司などから紹介を受けるケースもあります。

「紹介」で出会った人の体験談
・友人からの紹介で夫と出会いました。
私というよりも夫が「恋人がほしいから誰か紹介して」と共通の友人に頼み、そこで彼氏がいなかった私を紹介したという感じです。
最初は男女2人ずつボーリングに行くなど、カジュアルな出会い方だったのでとても自然にコミュニケーションが取れました。
紹介はいたって一般的な出会い方ですよね。(40歳:女性)

・ちょっと珍しいケースだと思うのですが、親の地元(出身地)の知り合いを通じて妻を紹介されました。
研究職で出会いがなく、友人も限られていたことを心配した親が、見合い感覚で知り合いに頼み、紹介してもらうに至りました。
親同士の故郷が同じなので里帰りが楽ですし、信頼できる相手と出会えて幸せを感じています。(37歳:男性)

・知り合いが開催した食事会で妻と出会いました。
それまで10年付き合っていた人と別れたばかりで、とても新しい恋人を作る気分ではなかったのですが、驚くほどに意気投合。1年ほど交際をして結婚しました。
自分の周りでは食事会で知り合って結婚する人が多いように思います。(35歳:男性)

知人を介した合コンが出会いの場だった人も多い
紹介に続いて出会いの場として多いのが「合コン」ではないでしょうか。
合コンという名前を変えて、「飲み会」だったり「食事会」などということもありますが、総じて合コンだと考えてよいと思います。

合コンにはいろいろなパターンがあり、街コンなど企業や団体が主催するイベントに参加することもあれば、友人知人が主催した合コンに参加する場合もあります。
街コンは最近メジャーになってきましたが、どちらかというと知人同士で集まる合コンのほうが、参加経験がある人は多いようです。

合コンは紹介と違って数人対数人で会うので、必ずしも相手を恋愛対象として見なければならないというわけではありません。
いいなと思える人がいなくても、主催者に断りを入れる必要がない気軽さは、合コンのメリットだといえます。

紹介者や主催者を介することで信頼性が高まる
紹介でも合コンでも、友人知人を介して相手と出会うことで、安心して出会いを受け入れることができます。
特に紹介の場合は、あまりにも問題のある人を紹介することはないでしょうし、合コンも誰もが初対面というわけでなければ多少なりとも安心感がありますよね。

合コンの場合、いいなと思う人に対してはある程度積極的なアプローチが必要なので、人見知りだと出会いをモノにできないこともありますが、それでもポピュラーな出会い方ですし、実際にこれらの出会いをきっかけとして交際が始まり、結婚に至ったカップルもたくさんいます。

1人で出会いたい人は「婚活アプリ」がおすすめ

紹介や合コンのチャンスがない人、人がたくさんいる場だとうまく自分をアピールできない人は、最近かなりメジャーになってきた「婚活アプリ」がおすすめです。

知らない人と出会うということに抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、婚活アプリで出会って結婚したカップルは思いの外たくさんいます。

「婚活アプリ」で出会った人の体験談
・出会いがほしいけれど、人見知りで街コンやお見合いパーティーには自信がなかったので、婚活アプリを活用しました。
友人が使っていたので、自分も使ってみようと思ったのがきっかけです。
あまりにたくさんの人のプロフィールがあって最初は驚いてしまいましたが、ほどなくして今の妻と出会い、1年ほど交際を経て結婚しました。(28歳:男性)

・友人が婚活アプリで結婚したので、期待できるかな?と思い気軽な気持ちで始めました。
その時すごく結婚願望が強いわけではなかったのですが、縁があり今の夫と出会い、交際半年というスピード婚。
結婚後1年もしないうちに子どもができるなど、縁ってすごいなと思わずにはいられませんでした。(26歳:女性)

・婚約していた彼と別れて、半ばヤケになって婚活サイトに登録しました。
プロフィールを見ていると、皆さん真剣に出会いを求めている様子が伝わってきて、「リアルな出会いよりも誠実な人がたくさんいる」と思いました。
夫に会うまでに10人以上の人とお会いして、「なかなか縁がないな…」と落ち込むこともありましたが、夫に出会い結婚。
婚活アプリでの出会いは全然アリだと思います。(29歳:女性)

とにかく効率的に異性と出会える!
体験談にもありましたが、婚活アプリは非常に効率的です。
スマホにインストールをして、必要事項を入力したら、すぐに見きれないほどの異性のプロフィールが表示されます。

たくさんのプロフィールの中から年齢や趣味など、自分に合っている人を探してコンタクトを取るのですが、その方法もとても手軽です。
忙しくて街コンやお見合いパーティーに行けない人、1人の人とたくさん会話をしながら相手への理解を深めたい人は、婚活アプリにチャレンジしてみましょう。

複数人だと自分をアピールできない人にもおすすめ
婚活アプリは、効率的だということ以外にもたくさんのメリットがあります。
そのひとつとして、先にも触れた「1人の人とじっくりやり取りできる」という点が挙げられます。
街コンやお見合いパーティーでは、1人の人と会話できる時間が限られていて、「もっと話したかったのに…」と思っても話せないまま、どの人を選ぶかを決めなければなりません。

合コンでは、自分から話を振らないとムードメーカーに雰囲気を持っていかれてしまいますし、必ずしも自分に合った相手が参加するとは限りません。

結婚願望が強く、合コンに出会いを求めて何回も主催した人がいますが、結局これという出会いがないままあきらめてしまった人もいます。

婚活アプリは知らない人と出会うというリスクがありますが、安全なサービスを選んで慎重に利用すれば、真面目な出会いを得ることも十分可能です。

信頼性の高いアプリを使うことは、よい出会いを得るための重要なポイントだといえるかもしれません。

結婚相談所を介した出会いもおすすめ

より本気で婚活したいという人には、結婚相談所の利用をおすすめします。

結婚相談所は婚活に特化している上に、カウンセラーがついて婚活をサポートしてくれるので、先に紹介した出会い方よりも結婚につながる率が高いです。

結婚相談所で出会った人の体験談
・私は実家が商売をしていて、跡継ぎを探すことが絶対条件でした。
特殊な商売な上に婿養子に入っていただかなければならなかったので、最初からそれでもいいという人を探すために、早い段階で結婚相談所に入会しました。
結婚相談所にはたくさんの男性が入会していて、遠方の人も紹介していただけます。
その甲斐あって良縁に恵まれ、夫婦で商売の勉強をしています。(29歳:女性)

・私は子どもがいませんがバツ1です。
それがとてもコンプレックスで、普通の出会いだとバツ1だということが辛くてたまりませんでした。
そのため結婚相談所でカウンセラーを介して伝えてもらおうと、入会したんです。
今の時代はバツ1だということは決して珍しいことではないとカウンセラーに言ってもらえて、すごく心が明るくなりました。
無事よい方を紹介していただき、幸せな再婚ができました。(34歳:女性)

費用はかかるが信頼性が高く婚活の相談ができる
結婚相談所を利用するデメリットとして、「費用がかかる」と考える人がほとんどだと思います。
もちろんすべての結婚相談所は入会費用や月会費がかかりますし、結婚が決まったら成約料がかかるところも多いです。
それこそ昔は、それらの費用に数10万円かかることも珍しくありませんでした。

しかし今は、入会金が無料のところもありますし、月会費がかなり安価な結婚相談所も増えています。
また成約料は高いけれど、結婚が決まるまではほとんど費用がかからないという結婚相談所もあるようです。
費用のことを気にして結婚相談所を利用しないのは、出会いのチャンスを逃してしまっているように思います。

結婚相談所のメリットは、なんといっても婚活のサポーターがついてくれることです。
入会すると自分に合った人を探して紹介してくれますし、お見合いをしたときに断りを入れる際も、カウンセラーが対応してくれるので気まずい思いをすることもありません。

婚活をサポートしてくれる人がいることは、かなり心強いものです。

結婚したいけれど婚活に積極的になれない人におすすめ
いろいろなタイプの人に、結婚相談所はおすすめです。
例えば、結婚願望はあるけれどなかなか重い腰が上がらない…という人は、入会すればカウンセラーがお相手を見繕ってくれるので、自分が動かなくても結婚相手に出会えます。

これはとても大きなメリットです。

次に、体験談にもあった「条件付きの結婚」が必須の人にも、結婚相談所の利用はおすすめです。
婿養子に入ってもらわなければならない、離婚歴がある、親と同居が必須など、結婚にネックとなる条件が避けられない人も少なくありません。
そんなとき、結婚相談所ならそれでもいいという人をカウンセラーが探してくれますし、お互いを紹介する際にしっかりフォローを入れてくれます。
自分では状況をうまく伝えられないというときにも、カウンセラーは大活躍してくれるのです。

婚活において、自分の理想や条件などがハッキリしている人ほど、結婚相談所の利用をおすすめします。

まとめ

結婚につながる出会い方にはさまざまなパターンがあり、決してそれは珍しいものではありません。
けれど、昔と比べてどんどん形を変えつつあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
婚活はできるだけ早いうちに、前向きに取り組むことが成功の秘訣です。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、あなたが良縁を掴めそうな出会い方を見つけてくださいね。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

「最後の独身友達が結婚」「年齢的にもそろそろ」「親からのプレッシャーが…」等々、
様々なきっかけで始めた婚活も、現実にはすぐに結果を出すことは難しいもの。
婚活中の方もこれからの方も、様々なお悩みを感じながら結婚に向き合っています。

結婚はしたいけど… 婚活はしてるけど…

数あるお悩みの中でも、理想の相手にめぐり会えないの声が最多!

運任せの婚活では、時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えないことも。
より結婚の可能性を高める方法として今、結婚相談所を利用する人が増えています。

  • 資料請求
  • 来店予約
  • オンライン面談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP