結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2019年の記事 > スカートを履かない心理とは?女性ならではの理由を理解しよう!

結婚相談所のすゝめ

2019年7月

スカートを履かない心理とは?女性ならではの理由を理解しよう!

婚活に確実性を求めるなら、成婚率No.1のパートナーエージェント

選ばれる3つの理由とは?

【その1】独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現 1年以内の交際率「93%」、1年以内の成婚率「65%」。
年間で30万件以上の出会いの機会が生まれています。

【その2】成婚率No.1だから出来る充実のサポート 価値観診断、成婚コンシェルジュのアドバイス、プロフィール&婚活写真の作成、コーディネートサービス等々、バリエーション豊かな出会いのサポートからあなたの希望に合う出会いが見つかります。

【その3】出会いの幅が広い。 日本最大級の会員ネットワークを活用し、紹介可能人数は最大3万人!

価値観診断をする
EQ診断はこちら
婚活のプロに話を聞く
無料来店相談はこちら


スカートは女性らしさの象徴ともいえるでしょう。デートの際にスカートを履いてきてほしいと望む男性もいます。しかし、実際にはスカートを履く日はほとんどないという女性も少なくありません。この記事では、スカートを履かない女性の心理について解説します。女性ならではの理由を汲み取り、よりよい関係をもてるように努めましょう。デートを成功させるコツも紹介するので参考にしてください。

スカートを履かない女性の心理

スカートを履かない女性の心理について説明します。女性の好みや機能性、コンプレックスなどあらゆる理由が考えられます。

心理1:足を見せたくない

スカートを履くことで、足が見えてしまうことを嫌う女性もいます。足の形や太さ、長さなどは人それぞれですが、理想のスタイルへの憧れが強い人にとっては、なるべく自分の足を見せたくないものです。なお、スリムなジーンズやショートパンツでは、いくらパンツだといっても足のラインを隠しきれません。したがって、足のコンプレックスがある人は、下半身を全体的に隠せるパンツを選ぶ傾向にあります。足を長く見せ、すらっとした印象を与えるテーパードパンツなどがよく着用されています。

一方、足を隠す服を選びたいのであれば、わざわざパンツを履かなくてもロングスカートで代用できるのではという意見もあるでしょう。男性からはわかりにくいかもしれませんが、実は、ロングスカートを履きこなすのは大変です。仮に背が小さい人、足の長さが気になる人がボリュームのあるロングスカートを履くと、足に視線を集めてしまいがちです。隠したいはずの足のコンプレックスを、かえって際立たせてしまうでしょう。特に、視線を上に集めるようなコーデを選んでいたり、ヒールの高い靴をよく履いていたりする女性ならば、足やスタイルにコンプレックスがあるのかもしれません。

心理2:活動的でいたい

活動しやすさを優先してスカートを履かない女性もいます。スカートを履いていると、どうしても行動に制限がかかります。たとえば、ロングスカートを履いていれば、足に絡まりかねません。車を運転する際に、スカートが長いとうまくアクセルやブレーキを操作できない可能性があります。自転車をこぐときに、ロングスカートが邪魔になって危険を感じたという女性もいます。また、椅子に座る際に、スカートにシワがつかないか気になる場合もあるでしょう。特に、ロング丈のプリーツスカートなどはエレガントに見せてくれる一方で、アクティブに動けない不自由さも持ち合わせています。

また、短い丈のスカートにも問題があります。まず、足をさらすことによって、ケガなどのリスクが高まります。たとえば、アウトドアに足を出す短いスカートを履いていくと、草で足を切ってしまったり、虫にさされやすかったりするでしょう。一般的に、アウトドアでは体を覆って動きやすいパンツスタイルのほうが向いているといえます。このように、スカートの丈にかかわらず、アクティブに行動したい場合には、スカートは不向きです。さらに、「かわいい」よりも「活発」なイメージを演出したいという理由で、パンツスタイルを選んでいる人もいます。特に、オフィスではパンツスタイルの女性が多く、パンツを選ぶことで、意識的に活動的なイメージをもたれるよう計画している可能性があります。

心理3:女性らしい服装が苦手

好みの問題も考えて見ましょう。女性だからといってスカートが好きとは限りません。服装の好みは人それぞれなので、ボーイッシュなスタイルを好む女性も少なくないでしょう。なかには、女性らしくみえるスカートを嫌厭している人もいます。また、本当は女性らしい服装に憧れるけれども、ファッションに自信がないからとスカートを遠慮する女性もいます。日頃ボーイッシュな服やスタイリッシュな服を着る機会が多いと、スカートを履いたときに違和感があるのかもしれません。なお、男性ばかりの環境では、スカートを履くことで居心地悪く感じる場合があります。周囲に溶け込むため、パンツスタイルをチョイスする女性もいるでしょう。

スカートを履くことで、ファッションのバランスが崩れるのではと心配する人もいます。トップスやバッグ、アクセサリーが女性らしいものが多いと、ボトムはシンプルなものや、ボーイッシュなものを選んだほうがバランスがとれます。もし全身を女性らしいファッションで埋めつくすと、雰囲気が甘くなりすぎるかもしれません。このように、気になる女性がスカートを履いていなくても、ほかのアイテムにかわいいものなどがあれば、あえてファッションのメリハリがつくように調整している可能性があります。

心理4:足元を気にしたくない

足元を気にしたくないためにスカートを履きたくない女性もいます。まず、スカートを履くと、風などでスカートがめくれないように気をつけねばなりません。しゃがんだときにもスカートを押さえないと下着が見えてしまい、椅子に座った際も、足の配置に注意しないと行儀が悪くみえてしまいます。日頃からスカートを履いていなければ、足を見せるだけでも落ち着かない人もいるでしょう。また、下半身は自分で確認することが難しいです。他人からどう見えているか気になるくらいなら、はじめからパンツスタイルを選ぶという人もいます。ほかにも、階段やエスカレーターを利用するときなど、日常生活で足元を気にするシーンは非常に多いといえるでしょう。

スカートと合わせてストッキングを履くという女性も多いでしょう。ストッキングは少し引っかかっただけでも伝線する可能性があるため、油断できません。また、スタイルよく見せてくれるヒールの高い靴を、スカートと合わせて履きたい人もいるでしょう。ここでも足元に注意する必要があります。歩きにくいヒールの靴を履いて道の凸凹につまずいたり、マンホールの穴などにヒールがはまったりすると、ヒールが削れるだけでなく、足も痛めかねません。このように、スカートを履いていると注意すべきことが盛りだくさんなのです。

心理5:男性に負けたくない

男性に負けたくない、強い女性に見られたいという気持ちから、スカートを履かない女性もいます。特に職場では、「仕事ができる」ことをアピールしたいという心理から、パンツスタイルを選ぶ女性が多いでしょう。実際は、スカートとパンツどちらを選んでも、本人の実力は同じです。それでも、スカートを履いているだけで、男性にアピールしているのではないか、女性だから優遇されているのではないかと陰口をたたく人が現れるかもしれません。スカートを履かない理由には、外見的な魅力にたよらなくても実力を発揮できるという女性の自信の現れでもあります。また、パンツスタイルは、女性らしさより仕事を武器にしていることの象徴とも捉えられます。

デートでスカートを履かない女性の心理とは?

基本的に、デートで存分に魅力をアピールするならば、女性らしさを発揮しやすいスカートを選ぶ人が多いでしょう。あえてデートでスカートを選ばない女性は、男性に対して警戒心を持っている可能性があります。日頃はファッションの好みや動きやすさといった点からスカートを履かない女性でも、デートともなればスカートを履いてくる可能性が高いでしょう。とはいえ、毎日スカートを履いている女性はごく限られます。デートのタイミングによってはパンツスタイルといったこともあります。たとえば、仕事終わりのデートならば、オフィスファッションのままパンツスタイルでデートをすることもあるでしょう。なお、スカートを履かない理由が警戒心の強さだとすれば、デート相手との付き合いに、かなり慎重であると考えられます。

男性のなかには、スカートを履いていない女性をデートに誘うのはハードルが高いと考える人もいます。女性側もそういった男性心理を利用して、誘いにくいような雰囲気を意識的に演出しているかもしれません。男性を警戒するとともに、今はそれほど恋愛に乗り気ではないとアピールしている可能性もあるでしょう。また、パンツスタイルといっても、ナチュラルなものもあれば、モード系のようにエッジが効いていたり、トップスに露出が多かったりと個性的なスタイルもあります。ファッショナブルなパンツスタイルの場合は、一概に警戒心が高いとは言い切れません。女性なりに、デートに向けて気合を入れてきた場合もあります。デートにのぞむ女性の気持ちを考える際には、スカートを履いているかということだけでなく、本人の態度や雰囲気も見るようにしましょう。

スカートを履かない女性とのデートを成功させるコツを紹介!

スカートを履かない女性とデートする際には、信頼関係を作っていくことが大切です。デートだからといっていきなり馴れ馴れしくするのは避け、焦らずに打ち解けていきましょう。まずは、紳士的な態度を徹底します。紳士的な人とは、女性だけではなく誰にでもやさしく接したり、外見や所作がしっかりしていたりするなど、人間性に魅力がある男性のことを指します。不安を感じさせる男性が相手では、女性は心を許してくれないでしょう。

当然、体の関係を迫るような振舞いは避けるべきであり、キスもきちんと付き合ってからにしたほうが無難でしょう。デートだからと喜ぶあまり、「オシャレしてきて」「スカートを履いてきて」などとお願いするのもよくありません。また、ようやくデートにこぎつけたといっても、いきなりベタベタすると多くの女性は引いてしまうことでしょう。ましてや、警戒心が強い女性とデートをするなら、なおさら慎重に接することをおすすめします。相手の話をしっかり聞くようにして、徐々に警戒心を解いていきましょう。外見ばかりでなく、内面までしっかりしている人であるとわかってもらい、信頼を得ることがデートを成功させるコツです。

女性の心理を知って理解者になろう!

スカートを履かないというささいなことにも、女性ならではの心理が隠されています。相手の心理をよく考え、気持ちを汲み取ることが大切です。スカートは女性らしいファッションではありますが、一方的にスカートを履いてほしいというのでは相手の信頼を得られません。相手の気持ちを理解するよう努めることで、恋愛関係にもつながっていくのではないでしょうか。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

「最後の独身友達が結婚」「年齢的にもそろそろ」「親からのプレッシャーが…」等々、
様々なきっかけで始めた婚活も、現実にはすぐに結果を出すことは難しいもの。
婚活中の方もこれからの方も、様々なお悩みを感じながら結婚に向き合っています。

結婚はしたいけど… 婚活はしてるけど…

数あるお悩みの中でも、理想の相手にめぐり会えないの声が最多!

運任せの婚活では、時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えないことも。
より結婚の可能性を高める方法として今、結婚相談所を利用する人が増えています。

  • 資料請求
  • 来店予約
  • オンライン面談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2019年の記事 > スカートを履かない心理とは?女性ならではの理由を理解しよう!