結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で相手を見付けたい!バツイチ子持ちの婚活でのポイントとは

結婚相談所のすゝめ

2018年12月

結婚相談所で相手を見付けたい!バツイチ子持ちの婚活でのポイントとは


結婚相談所を利用する人として、増えてきているのが再婚相手を探すバツイチの人です。「今度こそ自分にふさわしい相手を選びたい」と、いろいろな人と出会える結婚相談所に登録する人が多くなってきています。初婚同士だけでなく、再婚同士というカップルも年々多くなってきている傾向です。ここでは、これから再婚相手を真剣に探していきたいと思っている人に向けて、バツイチが結婚相談所で相手を見つけるときのポイントについて紹介します。

バツイチ子持ちも結婚相談所に登録をしている?

結婚相談所に登録しているのは、初婚の人ばかりではありません。バツイチの人も結婚相談所にたくさん登録をしており、その数は年々増加傾向にあります。バツイチの人は一度離婚を経験していますが、再婚を望んでいる人は少なくありません。残念ながら初めての結婚ではうまくいかなかったけれど、その経験をいかして「今度こそ良い人と巡り会いたい」と真剣に希望している人がたくさんいるのです。
しかし、一般的な出会い方では相手がバツイチに対して偏見を持っている可能性もあります。せっかく良い相手に巡り会えたのに、バツイチだと告げたら、おつきあいがうまくいかなくなってしまったというケースも考えられます。子どもがいる場合は、特にどのように新しい家族を作っていけばよいのか悩むことも多いでしょう。また、再婚の場合は年齢が上のことが多いので、できるだけ早く再婚したいと思っている人も多い傾向です。しかし、個人的に相手を探す場合は相手の気持ちがわかるのに時間がかかるので、成婚にいたるのはなかなか難しく効率的ではありません。
この点、結婚相談所に登録をすることには、大きなメリットがあります。結婚相談所では、最初からバツイチであることをプロフィールで公にして婚活します。相手もそのプロフィールを見たうえでお見合いやおつきあいを考えるので、「バツイチでも結婚相手として考えられるかどうか」が出会う前からお互いにわかっているのです。そのため、バツイチであることに気をつかわず、相手と良い関係を築きやすいのがメリットです。
子どもがいる場合でも、そのことも含めて自分を結婚相手として考えてくれる人を探せる可能性が高くなります。バツイチであることを隠さず、むしろそれを1つの個性にして、自分を受け止めてくれる人を効率的に探せるのが、結婚相談所のメリットです。

バツイチ子持ちの人への印象と再婚率

バツイチは、一度結婚して離婚を経験した人です。いわば結婚に一度失敗していることになるので、「相手にマイナスの印象を与えてしまうのではないか」と不安になる人は少なくありません。再婚したいと思っても、相手が自分のことをどう思うか心配だという人は多くいます。確かに、バツイチの人への印象としてはマイナスの要素があることは否めません。しかし、バツイチの人に良い印象を抱いている人も多いのです。
たとえば、一度結婚していて結婚の現実が見えているので、安心感があるという人がいます。「いろいろな経験をしてきているので、包容力があり信頼できそうだ」という声もあります。精神的にも経済的にも自立しているので、一緒に暮らしていきやすいという人も少なくありません。バツイチであることは、自分が思っているよりもマイナスには働かないものなので安心して大丈夫です。むしろ、真剣に再婚を望んでいる人は再婚への意思が固く、婚活にも対しても積極的なので、成婚しやすい傾向があります。
再婚率を見てみても、一般的に増加傾向です。実際のデータを見てみると、夫婦とも初婚という人が減少する一方で、「夫妻とも再婚」「どちらか一方が再婚」というカップルの割合が増えており、結婚した人全体の約27%となっています。3割近い人が再婚で幸せを手にしている計算です。再婚を前向きに考えて幸せになっている人がこれだけ多いということには、とても勇気づけられるでしょう。
一般的に、離婚した妻よりも夫の方が再婚をしている割合が高く、若い年代で離婚した人ほど再婚する人も増える傾向があります。2016年の厚生労働省の「人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況」によると、男性の場合は、30歳代前半までに離婚した人の約35%が、離婚後5年以内に再婚しています。女性の場合は、20歳代に離婚した人の約30%、30歳代前半で離婚した人の約30%の人が、離婚後5年以内に再婚しているというデータがあります。初婚でも再婚でも、大事なのは結婚に対する真剣度です。遊び半分で婚活していては、良い相手に巡り会えないのは、初婚でも再婚でも一緒です。

バツイチが結婚相談所に登録をするメリット

バツイチの人が結婚相談所に登録をすることには、いろいろなメリットがあります。まず、結婚相談所には専属のアドバイザーがついていることが多いので、場面に応じて適切なアドバイスをもらえます。バツイチに対しては世間一般のネガティブなイメージもあり、再婚相手を探すことに対して不安を感じる人は少なくありません。実際には、バツイチがデメリットになることは少ないですし、バツイチの人と結婚をしたいと考える人はたくさんいます。しかし、いざ婚活するとなるとバツイチであることへの不安がなかなか拭えないという人もいるでしょう。
バツイチは、1つのアピールポイントでもあるので、そのことを知りつつうまく自己アピールして婚活に挑む必要があります。そのために「どうアピールすれば良いのか」は、素人が考えて判断するのはなかなか難しいものです。この点、結婚相談所には、バツイチの成婚について経験豊富なアドバイザーがいます。必要なときにしっかりアドバイスをし、サポートしてくれるので、心強い味方になることでしょう。
他の婚活サービスより成婚率が高いのも、バツイチが結婚相談所を利用するメリットです。婚活をする方法としては、ネットやアプリ、婚活パーティなどいろいろな方法がありますが、中でも結婚相談所には真剣に結婚相手を探したい人が多く登録しています。再婚の場合は、できるだけ早く良い相手に巡り会いたいと思う人が多いので、結婚を真剣に考えている人が多いサービスを利用することがポイントです。結婚相談所なら、お互い真面目にお見合い・おつきあいする相手に巡り会えるでしょう。
条件に合った人と出会いやすいことも、結婚相談所のメリットです。再婚の場合は、最初の結婚の経験から、再婚相手に対して譲れない条件を持つ人も多くいます。結婚相談所なら、最初に希望条件をみたす人を検索して絞り込めるので、自分の条件に合う人を効率的に探して、素早くアピールすることが可能です。仕事などで忙しい人でも、良い相手を探しやすくなります。

バツイチ子持ちが結婚相談所で相手選び・見極めのポイント

バツイチが結婚相談所で相手を見つけるときには、いくつか心がけたいことがあります。これから登録して婚活するなら、ぜひ知っておきましょう。まず、「バツイチは不利」「子持ちは不利」という考えを払しょくすることが大事です。バツイチだからと思っていると、良い相手に巡り会えませんし、せっかく紹介してもらっても卑屈になってしまって良い関係を築くことが難しくなります。バツイチだからこそ、結婚の現実を知っていて良い再婚ができるのです。バツイチであることは自分の個性の一部であると考えて、あまりネガティブに考えすぎないようにしましょう。
再婚したいという強い意志を持つことも、非常に大事です。バツイチの人の中には、すでに一度結婚しているので、もう一度良い相手がいれば再婚してもいいかなというくらいの気持ちの人も少なくありません。あまり力みすぎるのも良くありませんが、何となく婚活しても、成婚にいたるのは難しくなります。絶対に次は良い人を見つけて幸せになるという強い意志を持って、粘り強く婚活をしていくことが大切です。
離婚の失敗を反省して、次につなげていこうとする姿勢も重要になります。誰にでもうまくいかないことはありますが、大事なのはそれを次に活かせるかどうかです。離婚の経験をきちんと自分なりに理解して反省しておかなければ、再婚してもまた同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。幸せな再婚をするためには、婚活する前に、離婚経験をしっかり見つめ直しておくことをおすすめします。
また、再婚の場合は年収などのスペックよりも価値観が合うかどうかを見極めることが大事です。長い間一緒に暮らすには、スペックも大事ですが、それ以上に価値観が共有できることがポイントになります。人生で大事にしたいことや、お金の使い方、時間の過ごし方などの価値観が違っていると、一緒に生活するのが苦痛になってしまいかねません。ともに楽しく暮らしていけるような価値観が同じ人を選ぶようにしましょう。

パートナーエージェントなら安心して婚活ができる

バツイチであるという事実は、決してデメリットにはなりません。一度結婚しているからこそ、結婚の現実を知っていて、良い再婚ができるのもバツイチだからこそといえます。現実に、多くのバツイチの人が、結婚相談所で良い再婚相手と巡り会って幸せをつかんでいます。バツイチだからといって過剰にネガティブにならず、次の出会いを前向きに探していけば、きっと良い相手に巡り会えることでしょう。
バツイチの人が再婚相手を選ぶなら、パートナーエージェントがおすすめです。パートナーエージェントでは、成婚コンシェルジュが専属となり、二人三脚で婚活を1からしっかりサポートします。初婚を含めて2017年4月~2018年3月の1年間の成婚退会者実績を調査したところ、63.8%が入会から1年以内の成婚を実現しており、再婚の実績も多数あります。また、2017年1月~2018年12月の1年間の入会者実績を調査したところ、入会から3カ月以内のお見合い実施率も99.4%と、非常に高い割合です。
流れとしては、最初にしっかり婚活設計をし、経験豊富なコンシェルジュが伴走しながら、その人に最もふさわしい相手を見つけていきます。再婚の場合は、仕事や家族、子どものことなどで不安や心配を抱えるケースも少なくありません。パートナーエージェントなら、コンシェルジュに相談しながら効率的に婚活でき、再婚相手を見つけるための万全のサポートを受けられます。どの結婚相談所にすれば良いのか迷ったら、パートナーエージェントを検討してみてはいかがでしょうか。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で相手を見付けたい!バツイチ子持ちの婚活でのポイントとは