結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で出会った人と交際を始めるには?仮交際ってどんなもの?

結婚相談所のすゝめ

2018年12月

結婚相談所で出会った人と交際を始めるには?仮交際ってどんなもの?


結婚相談所には、よい相手とのおつきあいを深めて成婚に至らせるための特別なシステムが作られています。たとえば、仮交際期間と本交際期間という交際期間の区別です。これは交際を円滑に進めるうえでとても大事なシステムですが、結婚相談所の利用がはじめての人にとっては、ややわかりにくいかもしれません。そこで、ここでは仮交際期間と本交際期間は何か違うのか、仮交際期間をトラブルなく円滑に過ごす方法などについて紹介します。

仮交際と本交際の違いとは

まず、仮交際期間と本交際期間の違いについて説明します。結婚相談所では、初対面の2人がスムーズに交際していけるように、おつきあいの各段階を慎重に設定しています。結婚相談所では、最初にヒアリングをして婚活計画のプランニングを行うのが一般的です。その後、プロフィールなどを見て気になる人がいたら紹介してもらい、お見合い(コンタクト)を申し込みます。これが最初のステップです。相手から承諾がもらえたら、お見合いです。このときが2人のはじめての対面で、30分から1時間ほど気軽な会話を楽しみます。
このときに話が弾んで、もう少し話してみてもいいと思ったら、いよいよ交際へとステップが進みます。ただし、まだ出会って日が浅いので本格交際へ進む前段階として、「仮交際」と呼ばれる期間があるのが通常です。これは、本交際前の準備的な交際期間で、2〜3時間を一緒に過ごす、2人とってははじめてのデートになります。仮交際の期間中は、他の人とのお見合いをすることも可能ですし、この期間に今後のおつきあいを断ることもできます。
気に入った人がいると、他の人とはお見合いをしてほしくないとも思いますが、相手のお見合いする権利も大事にしなければなりません。結婚相談所では、できるだけ多くの人と出会って、自分に合う人を見付ける必要があるので、仮交際期間中も有効活用することが大切です。お見合い期間を同時並行して進めることで、より自分に合う人を見付けやすくなります。
仮交際期間中にお互いの関係性を深めることができたら、「本交際」へと移ります。本交際期間は、一人の人と成婚を意識した真剣なおつきあいをする期間です。仮交際期間中とは違い、他の人とのお見合いはもうできません。本交際期間には、期限が設けられているのが一般的です。平均すると3カ月程度で、長くても6カ月程度です。短い期間ですが、この間にお互いの気持ちを育てて、成婚への意思を固めていきます。本交際期間が終わる頃になると、アドバイザーから成婚の意思を確認されます。成婚の意思が確認されたら、そのまま成婚退会です。どちらかに成婚の意思がない場合は、おつきあいは解消となり、2人ともお見合いの段階に戻ることになります。本交際期間が6カ月それ以上になった場合も、成婚とみなされることが多くなっています。

仮交際と本交際の期間

仮交際の平均的な期間は、1~2カ月程度です。ごく短い期間なので、数時間のデートが1回程度ということも少なくありません。本格的に交際するとは決めていないものの、お見合いでは時間が短すぎたので、もう少し話してみたいという段階です。お見合いは非常に短い時間で行われるもので、顔合わせ程度でしかありません。お見合いで少しでも好印象を持ったなら、ぜひ仮交際に進んでみましょう。たとえ1回でも、ゆっくり話をする機会を設けることで、本当に相性がよいのかどうかを確認することができます。
本交際の平均的な期間は、多くの結婚相談所で3カ月以内と設定されています。結婚相談所では、無期限の交際期間というものは基本的に認めていません。できるだけ出会いの機会を増やすことが成婚につながりますが、本交際期間には他の人とのお見合いができません。そのため、交際期間を指定しているのです。この期間に相手との相性を見極めて、結婚相手としてふさわしいかどうか決める必要があります。
本交際の期間はあくまで最長期間で、この間ずっとおつきあいをしなければならないわけではありません。相手と合わないとわかれば、その時点でおつきあいを解消することは可能です。ただし、本交際に入った相手とはそれなりに関係性が深まっているので、相手の結婚への期待も高まっています。早めに交際を打ち切りたい場合には、相手の気持ちを考えて丁寧に断る配慮が必要になるでしょう。

仮交際時にできることとやるべきこと

仮交際時は、まだ誰との関係も確定していないので比較的自由な状態です。そのため、この期間には交際相手のことを知るのはもちろんのこと、他の人との選択肢も広げられるようにしておくことが重要になります。交際に発展したといっても、まだ仮交際ですからどうなるかわかりません。他にも気になる人がいるなら、積極的に会うことが大切です。特に、相手から交際を申し込まれた場合には、そのまま不本意な相手と本交際に進んでしまうと、後悔することもありえます。相手からの交際に応じつつも、他にもよい相手がいないか、チェックを怠らないようにしましょう。
仮交際期間は、相手の性格が自分と合うのかどうか見極めるための期間です。言葉やメッセージの交換などをできるだけ頻繁に行って、相手とのコミュニケーションを図るようにしましょう。同じ時間を一緒に過ごすことを意識し、相手のことをよく理解すると同時に自分のこともきちんとわかってもらう努力をすることが大切です。

成婚者から学ぶ!交際期間にやっていたこととは

交際期間は、成婚するか否かを最終的に決める非常に重要な期間です。成婚へとつなげるためには、交際期間にどのようなことをやっておいたほうがよいのか、経験者の例から見てみましょう。
まず、大事なのが相手とこまめにコミュニケーションを取ることです。直接会って話ができれば一番よいですが、お互いに仕事を持っていたりすると、頻繁に会うのは難しくなります。実際に会わずに電話やメールなどのやり取りでも、お互いの気持ちを深めていくことは可能です。たったひとことでも構いません。できるだけ密に、できれば毎日、何かしらのコミュニケーションを取ることをおすすめします。
普段から、素直な気持ちを共有することも大事です。ふとしたときに感じたことや、デートでうれしかったことなどを、率直に伝え合いましょう。相手から優しい気遣いなどをしてもらったときは「ありがとう」という感謝の気持ちをきちんと言葉で伝えることも重要です。出会って間もない2人だからこそ、まめに気持ちを伝えていくことで、関係性を深めることができます。
毎回のデートを丁寧に相手と過ごすのも、大きなポイントです。交際期間は数カ月しかありませんし、顔を合わせて話ができる日は限られています。少ないデートで2人の結婚について考えなければなりませんから、1回1回のデートはとても大切な時間です。せっかくのデートなので、いろいろなところに出かけてもいいですが、ゆっくり話をする時間もきちんと設けましょう。お互いを大事にしながら、密度の濃いデートになるように心がけることが大事です。
同じ時間をできるだけ長く過ごせるよう、積極的に時間を作ることも忘れてはなりません。大人同士なので思うように時間が作れないかもしれませんが、限られた期間のことですから、優先的に時間を割く努力も必要です。2人でゆっくり時間を過ごしながら、結婚のことや家族のこと、将来のことなどをたくさん話しましょう。交際期間をいかに充実させるかで、その後の成婚率も違ってきます。

交際時の問題にはどう対処するべき?

交際となると、お互いのコミュニケーションが頻繁になるので、トラブルが生じるケースがないわけではありません。交際時の問題に対しては、どう対処すればよいのでしょうか。具体的な例を挙げながら、紹介していきましょう。
まず、交際期間に相手となかなか連絡が取れないというケースがあります。限られた期間を無駄にしないためにも、相手と連絡が取れない場合は、速やかにアドバイザーに相談しましょう。アドバイザーに仲介してもらっても連絡が取れない場合には、相手には真剣に交際する意思がないと思われます。この場合は、速やかに交際を解消して、別の人を探すほうが賢明です。
交際期間に入ったけれど、あまりうまく進んでいないと感じるときは、まず自分で原因を考えてみましょう。アドバイザーに相談するのもよいですが、交際期間は2人に委ねている部分も大きく、アドバイザーでも状況を把握しきれていないこともあります。本人間のトラブルについては、アドバイザーでも正しく把握できないことも多々あります。結局は、自分の感覚で判断しなければならないというのが現実です。
何が問題なのかをよく考えたうえで、相手に率直な気持ちを伝えてみるのもよいでしょう。何かささいなことで気持ちがすれ違っているのかもしれません。原因も考えないまま、何となくおつきあいを続けるのが一番いけないことです。自分で原因は何かをきちんと考えて、相手やアドバイザーに報告するようにしましょう。場合によってはアドバイザーも交えた3人できちんと話し合って、今後どうすべきか決めることも必要です。

成婚前の大切な時期!仮交際期間の過ごし方を知ろう

仮交際期間は、成婚前の大切な期間です。具体的な期間や活動については、結婚相談所ごとに異なります。登録をする際には、結婚相談所の規約をあらかじめ把握しておくと安心です。お見合いで実際に会ってみて、相手のことをもっとよく知りたいと感じたら、仮交際を申し込んでみるとよいでしょう。本格的に交際する前なので、他の人ともお見合いできますし、合わなそうだと思えばおつきあいを断ることもできます。この期間を上手に活用することで、よい相手と出会う可能性を高めることが可能です。
結婚相談所に登録をするなら、パートナーエージェントがおすすめです。パートナーエージェントでは、コーチングスキルを使った専任コンシェルジュが、一人ひとりの婚活を丁寧にサポートしてくれます。成婚退会した会員の実績データに基づいて婚活設計を立て、どうすればうまくいくのか試しながら、1年以内の結婚を目指していくのが特徴です。2017年4月~2018年3月の1年間の成婚退会者実績を調べた調査によれば、成婚に至った人の63.8%が、婚活スタートから1年以内で成婚を果たしています。パートナーエージェントは、豊富な実績と経験で、よりよいパートナー探しを実現できる結婚相談所といえるでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で出会った人と交際を始めるには?仮交際ってどんなもの?