結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の平均的な在籍期間はどれくらい?実は意外と短いって知ってた?

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

結婚相談所の平均的な在籍期間はどれくらい?実は意外と短いって知ってた?

結婚相談所は、今すぐにでも結婚したい人がたくさん集まってくる場所です。そのため、普通に婚活するよりも、結婚相談所に登録して活動したほうがより早く結婚に向かうことができます。 ところで、結婚相談所に登録してから、実際に成婚にいたるまで、具体的にどのくらいの期間がかかるのでしょうか。結婚相談所で成婚するまでの平均期間を知っておくことは、自分が結婚相談所を利用する際の目安にもなるはずです。 そこで今回は、結婚相談所の平均的な在籍期間について解説し、成婚までの期間をなるべく短くするコツについてまとめてみます。

在籍期間は1年未満が多い

結婚相談所の在籍期間とは、要するに成婚までどれくらい要したのかという指標になる期間です。この在籍期間が短ければ、より早く成婚できたということを意味し、結婚相談所を利用するうえで意識しておきたい数字でもあります。在籍期間の短い結婚相談所ほど、より多くの会員を短い期間で結婚させたことを意味するため、各結婚相談所は自社の在籍期間を大々的に公表しています。その数字を平均してみると、だいたい1年未満が在籍期間の目安になるといえそうです。つまり、結婚相談所を利用する人の多くが、1年未満で良い相手を見つけて成婚退会しているということです。 もちろん、この数字はあくまで平均に過ぎません。中には、在籍期間が2年程度になる人もいますが、2年が決して長いということではありません。むしろ結婚相談所に在籍すれば、平均して1年未満、長くても2年ほどで結婚できるとすれば、これはかなり短い数字だといえるのではないでしょうか。結婚相談所の在籍期間は男女でも多少の違いはありますが、一般に女性より成婚までの期間が長いといわれる男性の場合でも、1年未満で成婚退会する人が多いです。今すぐにでも結婚したい人は、やはり結婚相談所を利用するのが一番の近道だといえるでしょう。

長ければいいということではない

結婚相手をじっくり探すことは、もちろん悪いことではありません。結婚は決して安易に決めるべきことではなく、時間をかけて相手をしっかり見極めることも必要なことでしょう。とはいえ、結婚までの期間が長ければいいというわけではありません。とりわけ自由恋愛の場合、出会いから交際、そして結婚にいたるまで、何年もの時間を要することがむしろ通常です。しかし、時間をかけたからといって、相手が本当に自分の結婚相手としてふさわしいかどうか正確に見極められるわけではありません。交際期間の長いカップルでも、結婚後にお互いうまくやっていけるかどうかはわからないことなのです。 そもそも、恋愛と結婚は同じではありません。それは、恋愛相手に求める条件と結婚相手に求める条件が、往々にして異なりがちなことからもわかるはずです。結婚相談所で成婚にいたる期間は、自由恋愛で結婚するまでの期間に比べてかなり短いといえます。しかし、それは決して結婚相手を安易に探しているからではありません。結婚相談所には結婚を真剣に考えている人がたくさん集まってきます。お互い結婚を前提にして相手を探しているからこそ、成婚までの期間を短くすることができているのです。そして、結婚を前提にした相手探しだからこそ、その人が自分の結婚相手にふさわしいかどうかもしっかり見極めることができるのです。

中には数カ月で結婚する人も

結婚相談所を利用している人の中には、入会してから数カ月で成婚退会してしまう人も少なくありません。そこまで短いと逆に不安になるという人もいるかもしれませんが、そもそも結婚というのは縁であるとよくいわれます。どんなに好き合っている相手同士でも、縁がなければうまくいかないこともよくあることです。それだけに、縁を感じたらすぐにでも結婚するという人が結婚相談所には少なくありません。お互い結婚に本気な人同士が婚活しているので、数カ月で結婚が決まってしまうことも決して不思議なことではないのです。 また、結婚にはタイミングも重要だといわれます。たとえば、入会して最初にお見合いした人を良い人だと感じていても、まだ結婚するのは早いと考えて交際を見送ってしまうケースがあります。しかし、そのあと何人とお見合いしてみても、最初の人に抱いた印象を超えることがなく、あとになって後悔してしまうといったパターンです。逆に最初はタイプだと感じて交際してみても、結婚をイメージすることができず、プロポーズに踏み切れないということもあります。このように、結婚には縁やタイミングがつきものです。結婚相談所を利用している人の中で、早く結婚できる人もいればそうでない人もいるのは、そうした縁やタイミングがいたずらをしているからなのかもしれません。

在籍期間が長い人の特徴は?

結婚には縁やタイミングがとても重要です。しかし、結婚相談所の在籍期間が長くなってしまう人の中には、縁やタイミングに関係なく、その人自身に原因がある場合も少なくありません。たとえば、見た目など条件重視で探し続けてしまう人は、成婚退会までの期間が長引いてしまう傾向にあるといえます。結婚相談所では、入会の際に学歴や年収を証明する書類の提出が義務付けられるのが通常です。つまり、結婚相談所ではそうした情報を元に相手のスペックを簡単に知ることができるわけです。しかし、条件重視で相手探しをすると、どうしても高望みしてしまいがちになります。「身長は良いけど年収がダメ」「収入は良いけど年齢が合わない」など、結婚相手を探すはずがほとんど粗探しのようになってしまうことがあります。そのような探し方をしていると、せっかく良い相手がいてもみすみす見逃してしまうことになるでしょう。 また、仕事など多忙で時間が取れないことも、結婚相談所の在籍期間が長い人の特徴です。結婚相談所に在籍していても、勝手に向こうから結婚相手がやってくるわけではありません。自分でも積極的にアプローチするなど、結婚するためには努力が欠かせないのです。結婚相談所に登録しておけば、面倒なことをせずに結婚できるわけではなく、しっかり相手とデートや交際を通じて結婚するかどうかを見極めていきます。そうした時間を取れない人は、やはりどうしても在籍期間が長くなってしまうでしょう。

短い在籍期間で成婚できるコツは?

結婚相談所を短い在籍期間で成婚退会するためには、まず自分が結婚相手に求めるイメージをしっかり作っておくことが重要です。漠然と結婚したいと思っているだけでは、良い相手と巡り合うことはできません。試験に対策が必要なように、結婚にも攻略のための対策が必要です。その点、結婚相談所には専門のコンシェルジュがついてくれています。結婚相手に求めるイメージをコンシェルジュにしっかり伝えられれば、成婚にいたるまでの対策をコンシェルジュがきっちり考えてくれます。そのイメージがきちんと固まれば、相手探しも円滑に進行でき、婚活をより有利に進めることも可能になるでしょう。 もちろん、イメージが固まっているだけでなく、そもそも結婚に対して意欲的でなければ婚活はうまくいきません。結婚は縁ですから、自分が良いと思っていても、相手から断られてしまえばそこで終わりです。断られれば落ち込みますし、結婚への意欲が減退してしまうこともあるかもしれませんが、いつまでも落ち込んでいては結婚することなど夢のまた夢です。断られてもすぐに切り替えて、積極的にアプローチすることが成婚への近道になります。また、断れることも結婚への大切な糧になります。なぜ断られたのか、何が悪かったかを考え、理想が高すぎたのであれば改善すべきですし、外見ばかり重視していたなら内面も見てみるなど、その後の婚活に活かすことが何より重要だといえるでしょう。

結婚相談所=費用がかかるわけではない

結婚相談所は費用が高いという印象を持っている人もいるでしょう。ただ、結婚相談所=費用がかかるというわけではありません。それぞれの結婚相談所によって、かかる費用はさまざまです。一般的な結婚相談所の費用は、入会費に月会費、成婚料にお見合い料といった費用が中心です。ただ、入会したからといって、そのすべての費用がかかるわけではありません。成婚料やお見合い料がかからない結婚相談所もあり、費用を安く抑えながら婚活を進めることもできるのです。 そもそも、自由恋愛だったとしても、異性との交際にはお金がかかるものです。デートをすればその代金が、食事をしてもお金を払うことになるでしょう。相手にプレゼントを贈る場合もそうです。結婚相談所で婚活するからお金がかかるのではなく、交際や婚活にある程度のお金がかかるのは当然のことなのです。 また、結婚相談所には、返金制度をとっているところもあります。結婚相談所への登録は、基本的に1年契約であることが多いです。その場合、入会費や月会費を最初に全額納入することになります。しかし、たとえば入会してから半年で中途解約した場合、返金制度をとっている結婚相談所なら、残り半年の月会費を退会後に返してもらうことができます。もちろん、早く成婚退会できれば、その分費用を安く抑えることもできるでしょう。ですから、結婚相談所だからといって、必ずしも費用が高いというわけではないといえるのです。

なかなか相手が見つからない場合は?

結婚相手のイメージをしっかり固め、意欲的に婚活に取り組んでいたとしても、なかなか良い相手に巡り合えないということもないとはいえません。結婚相談所に登録していれば必ず結婚できるわけではなく、入会した結婚相談所が自分に合わずにうまくいかないという人もいます。そのような場合は、思い切って結婚相談所を退会してみるのもひとつの手です。返金制度を利用すれば、途中で退会しても大部分の料金は戻ってきます。しかも、ほかの結婚相談所から入会した人を対象にした乗り換え割引を設けている結婚相談所もあるため、損をせずに結婚相談所を変えることも可能です。 結婚相談所を退会することは、決して後ろめたいことではありません。さまざまな結婚相談所がある中で、人によって合う合わないがあるのは当然のことです。むしろ退会することが自分を前向きにするきっかけになることもあります。別の結婚相談所に移ったらすぐに結婚が決まったということもあるので、なかなか良い相手が見つからない場合は思い切って結婚相談所を変えてみることを検討してみましょう。

結婚相談所の特徴を最大限に利用しよう

結婚相談所にはさまざまなタイプがあります。たとえば、とりわけ入会条件が厳しく、一定以上の年収を持った人しか登録できないような結婚相談所などもあります。そのような結婚相談所なら、特に収入を結婚の条件にしている人はより効率的に良い相手を探し出せるかもしれません。また、ある職業の人に特化した結婚相談所などもあります。早く相手を見つけるためには、そのように収入や職業など自分が求めている会員に特化した結婚相談所であるかどうかも大切です。結婚相談所の特徴はそれぞれ異なります。自分に合った結婚相談所に入会することが、結婚を早く決める決め手にもなるでしょう。 それぞれの結婚相談所によって在籍期間の目安も変わってきます。在籍期間の平均が短いからといって、それだけで結婚相談所を決めてしまうのではなく、その結婚相談所の特徴をしっかりと理解して、自分に合った結婚相談所を見つけられるように心がけましょう。

早さだけが目安じゃない!焦らず結婚相手を探そう

結婚相談所を利用する人の中には、とにかく早く結婚したいと考えている人もいます。もちろん、早く結婚できれば、それに越したことはないかもしれません。しかし、焦って結婚相手を見つけることは決して良いことではありません。なぜなら、早く結婚することと、焦って結婚することはまったく意味が異なるからです。 結婚で大切なのは早さではありません。早さばかりを求めてしまえば、焦りが生じ、大事なことが見えなくなってしまうでしょう。本当の運命の相手と巡り合うためにも、在籍期間だけにこだわらず、焦らずに良い相手を探せる結婚相談所を見極めましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の平均的な在籍期間はどれくらい?実は意外と短いって知ってた?