結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 在籍証明書の役割ともらい方は?結婚相談所ではどう使う?

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

在籍証明書の役割ともらい方は?結婚相談所ではどう使う?

結婚相談所に入会をするためには、いくつかの書類を提出する必要があります。そのなかの1つに「在籍証明書」があるので、どんなものであるのかを押さえておくことが大切です。 在籍証明書のもらい方や結婚相談所でどのように使われるのかについて理解をしておけば、スムーズに入会手続きを進められるでしょう。また、在籍証明書以外にも必要となる書類についても触れていきます。ポイントや注意点をきちんと把握して、結婚相談所を利用してみましょう。

在籍証明書の役割ともらい方は?

在籍証明書は本人の勤務先や職業を示す書類のことを指します。収入の裏付けを客観的に示すものであり、勤務先から発行されるものです。就業証明書・就労証明書・雇用証明書など、勤務先によって名称は異なるものの、どれも一般的には在籍証明書と呼ばれています。書類の請求をするための書式に決まりはないものの、文例やテンプレートをダウンロードできるサイトもあるので参考にしてみましょう。書類の発行には時間がかかってしまう場合もあるため、必要なときには早めに勤務先に連絡をしておくほうが無難です。 ただ、どのような場合であっても在籍証明書が必要というわけではありません。勤め先の所在が確認できるものであれば、社員証や源泉徴収票などでも代用してくれる結婚相談所も増えています。提出する書類に困ってしまったときには、一人で悩まずに相談をしてみましょう。

結婚相談所ではどう使われる?

結婚相談所に在籍証明書を提出すると、職業や収入の裏付けとして使われます。在籍証明書の提出によって、職業の虚偽報告を防止する役割があり、結婚相談所としては会員の質を担保することにもなるのです。在籍証明書は客観的な事実に基づいた書類であるため、社会的な信用のある人を入会させるという目的が結婚相談所にはあるといえるでしょう。結婚相談所では、結婚に対して真剣な気持ちがある人だけに入会が認められているので、書類の提出はほとんどの結婚相談所で必須となっています。また、在籍証明書は結婚相談所の入会目的以外にも、ローンを組むときなどにも使われるので覚えておくといいでしょう。 在籍証明書の提出は、「男性のみ」としている結婚相談所が多いのも特徴です。これは、男性側の職業や収入といった社会的なステータスを女性側が重視している傾向にあるからでしょう。経済的な部分で不安がある場合には、なかなか結婚に踏み切ることができない場面も多いものです。女性側に安心感を抱いてもらうためにも、男性側は必要な書類の提出を心がけておきましょう。 入会時に多くの書類を取りそろえるのが面倒に感じてしまう場合もあるものの、それだけ自分の情報を事前に知ってもらうチャンスでもあります。より良い出会いにつなげていくためのきっかけ作りとして、必要な書類をそろえてみましょう。

退職後は退職証明書というのもある

結婚相談所に入会を考えるタイミングで勤務先を退職してしまっているときには、「退職証明書」を提出することになります。退職してから2年間までは以前の勤務先から発行してもらえるので、必要に応じて請求をしましょう。退職証明書であっても、結婚相談所では在籍証明書の取り扱いとなります。ただ、結婚相談所の入会は収入のある職業に就いていることを前提としているため、退職証明書を利用する機会はほとんどないと考えていいでしょう。 また、お見合いをする相手から退職した理由を聞かれる可能性も高いため、あらかじめ自分の考えを整理しておくのも大切だといえます。転職活動中であれば、どのような仕事に就こうとしているのかをしっかりと話せるようにしておきましょう。ただ、仕事や収入の面で背伸びをしてしまう必要はありません。現状をありのまま話したうえで、お互いに納得できる関係を得ようとするのが大切だといえます。

結婚相談所でほかに必要な書類は?

結婚相談所では、在籍証明書以外でも必要となる書類がいくつかあります。まず、入会者が本人であることを確認できる本人確認書類です。一般的には、運転免許証やパスポート、各種保険証などのことを指します。そして、源泉徴収票・所得証明書・確定申告書などの収入を示す書類の提出も必要です。さらに、現住所を示す住民票や家族関係・婚姻歴を示す戸籍謄本の提出も求められるので、あらかじめ準備をしておくと入会審査をスムーズに行えるでしょう。 また、結婚相談所に入会をするときには「独身証明書」も必要となります。独身証明書はその名称の通り、独身であることを公的に示す書類のことです。本籍地の市区町村役場で入手でき、窓口で直接受け取る場合には本人確認書類を提示すれば発行してもらえます。遠方に住んでいる場合には、郵送で申請することも可能です。郵送の場合では、本人確認書類のコピーと発行手数料としての定額小為替、返信用封筒と申請書が必要になります。手数料や申請書の入手方法は市区町村によって異なるため、ホームページや電話で確認してみましょう。また、住民票や独身証明書などの公的な書類は、発行日から3カ月以内のものが有効であるため、書類の有効期限についても注意をしておくようにしてください。

結婚相談所によって必要な書類は違う

結婚相談所によっては、在籍証明書や独身証明書以外にも必要となる書類があります。たとえば、医師や弁護士といった特殊な職業に特化した結婚相談所の場合では、その資格を証明できる書類を提出する必要があるでしょう。学歴の面で一定の基準を設けているところでは、卒業証明書なども提出が求められます。また、住宅ローンなどを組んでいるときには、それらの事実を証明する書類の提出も必要となるのです。どの書類が必要となるかは結婚相談所ごとに違ってくるため、入会手続きの際にしっかりと確認しておきましょう。 結婚相談所を初めて利用するときには、どの相談所も同じように感じてしまうかもしれません。しかし、相談所ごとに特徴も異なるため、求められる書類が違う点には注意をしておく必要があります。逆にいえば、提出を求められる書類の違いから、結婚相談所の特徴を探っていけるものでもあるでしょう。自分に合ったところを見つけるためにも、事前に必要な書類を確認しておくことは大切なのです。

書類をそろえるときの注意点

必要な書類をそろえるときや提出するときには、書類に記載されている内容をよく確認しておくことが大切です。有効期限がすぎた書類を提出しても受け付けてもらえないため、古すぎる書類を使わずに最新のものをそろえるようにしましょう。また、ほかの目的のために取得しておいた書類を流用するのも避けたほうが無難です。役所から発行された書類であっても、人為的なミスやデータの処理漏れなどもあるため、氏名などが間違っていないか確認をしておきましょう。記載内容に誤りがないことを確認したうえで、不明点や不審点があれば問い合わせることが大切です。 公的な書類だけではなく、自分で書くプロフィール書などはできるだけ丁寧に書くように心がけましょう。「文字で書かなくても、実際に会えば分かる」と思っていても、自分の印象というものは最初の段階では書類や写真でしか分からないものです。そのため、プロフィールで書かれている情報量が少なくては、相手に自分と会いたくなる気持ちを湧き起こさせるのが難しくなってしまいます。些細なきっかけから出会いが生まれてくる場合もあるので、時間をかけて丁寧に書いてみましょう。

写真はどんなものが好ましい?

結婚相談所に提出をするもののなかには、プロフィール画像や各種資料用として写真の提出を求められることもあります。写真は自分のことを知ってもらう最初のきっかけであり、写真の仕上がり具合で出会いを左右するといっても過言ではないでしょう。より良い印象を相手に与えるためには、できるだけ清潔感のある爽やかな写真を選ぶように心がけてみてください。はっきりと自分が写っていないものや、ほかの人が写り込んでいる写真は使わないようにしましょう。また、写真はできるだけ3カ月以内に撮ったものを使うほうが良いといえます。体型や髪型に変化のない写真を選んでおいたほうが、実際にお見合い相手に会ったときに慌てなくて済むはずです。 手元になかなか納得できる写真がない場合には、写真スタジオで撮ってもらうのも1つの方法だといえます。プロに撮ってもらうことで、自分の写真に自信が持てるようになるでしょう。結婚相談所が写真スタジオを紹介してくれる場合もあるので、利用してみることも検討してみてください。プロに頼めば、納得がいくまで撮り直してもらえますし、自分の魅力を最大限に引き出してもらえるはずです。

必要性を理解して書類をそろえよう

結婚相談所を初めて利用するときには、提出するものの多さに少々面倒を感じてしまうかもしれません。しかし、自分の身分を証明する書類を出すことによって、相手に安心してもらえるといったメリットがあります。また、紹介を受ける前に自分のことをある程度相手に理解してもらっておいたほうが、スムーズに関係を進展させるきっかけにもなるでしょう。結婚相談所を利用するときには、相手の立場に立って物事を考える視点も必要です。お見合い相手の情報がほとんど分からない状態では、「実際に会ってみよう」という気持ちはなかなか湧いてこないものでしょう。 書類はこれまでの自分の歩みを示すものであるため、何も背伸びをする必要はありません。ありのままの自分を見せるつもりで、必要な書類を提出してみてください。あらかじめ必要な書類を準備しておけば、スムーズに手続きを進められるはずです。

書類や写真から伝わる印象を大事にする

結婚相談所を通じた出会いを得るためには、書類や写真の印象というものは大切です。「この人となら会ってもいいかも」と思ってもらえれば、相手との関係も次のステップに進めていくことができます。 ただ、相手の反応を気にするあまり、無理をして背伸びをする必要はありません。無理に自分を演じてみても、実際に会ったときとの差が大きければ逆効果になってしまうときもあります。あくまでも誠実な姿勢で、自分の魅力をアピールしていくように心がけましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 在籍証明書の役割ともらい方は?結婚相談所ではどう使う?