結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所もいろいろ!大手から行政、国際結婚専門まで

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

結婚相談所もいろいろ!大手から行政、国際結婚専門まで

結婚相談所は結婚相手を探すためのノウハウを持っているため、自分に合った相手を効率よく探してもらえる可能性が高いでしょう。ただ、結婚相談所といってもすべて同じようなシステムというわけではなく、対象にしている人も同じというわけではありません。 全国規模でネットワークを持つ大手から、中小規模のところ、行政主導のものまでさまざまです。さらに、グローバル化が進む現代では国際結婚を専門としている結婚相談所もあります。そこで、今回は結婚相談所の種類について詳しく説明します。

結婚相談所にもいろいろなタイプがある

結婚相談所のなかで一般的だといえるのは、大手や中小の結婚相談所です。大手の結婚相談所は多角経営をしている企業が手がけていることが多く、全国にいくつも拠点を持っていることもあります。一方、中小の場合は結婚相談所のある場所を中心とした地元に根ざしたところが多い傾向です。ほかにも、行政が運営している結婚相談所やハイスペックな結婚相談所、国際結婚を目的としている結婚相談所など、同じ結婚相談所といってもいろいろなタイプがあります。

大手結婚相談所のメリットと特徴

大手の結婚相談所は国内でも屈指の大企業が運営していることもあるため、全国展開していることが多いです。大企業が運営している大手結婚相談所の場合は、雑誌に広告を掲載したり、テレビCMを放映したりなど、宣伝に費用を割くことができます。そのぶん、結婚相手を探している人の目にとまりやすく、会員も集まりやすいのです。そのため、登録している会員数が多いという点が大きなメリットでしょう。会員数が多いということは、それだけ自分に合う相手が見つかる可能性も広がります。もちろん、結婚相談所としての運営そのものは支店ごとに行われていることもあります。ただ、会員のデータは系列支店で共有されているケースもあるため、マッチングの選択肢は多くなるのです。 宣伝に力を入れている大手結婚相談所の場合は知名度があるほか、大手企業が運営しているということで安心感もあります。また、長年にわたって結婚相談所としての運営をしていれば、当然実績やノウハウも蓄積されていくため、効率よく早い段階でいい相手に巡り会える可能性が高まるでしょう。さらに、婚活に役立つセミナーを開いていたり、気軽に参加できるようなイベントを開催していたりするところもあります。大手結婚相談所では結婚式場などと提携を結んでいることもあるため、後々割引を利用することができるというのもメリットです。

中小の結婚相談所のメリットと特徴

大手結婚相談所が全国展開しているケースが多いのに比べ、中小の結婚相談所は地域に密着した相談所が多いというのが特徴です。登録している会員も結婚相談所のある地元中心であることが多く、主にチラシや地元の情報誌などで会員を集めています。会員数という点では大手の結婚相談所にはかないませんが、地元周辺で結婚相手を見つけたいという人にはメリットです。もちろん、自宅から近い場所に結婚相談所があるということも多いため、登録や相談などに出かけるのにも通いやすいでしょう。ただ、中小の結婚相談所は日本仲人連盟という全国の結婚相談所が集まる連盟に加入していることがあり、ネットワークを通してマッチする相手を探すことも可能です。 中小規模の結婚相談所は大規模な事業展開をしていないため、スタッフの人数も大手結婚相談所に比べると少なめです。しかし、規模が大きくないぶん、アットホームな雰囲気の結婚相談所も多くみられます。スタッフが登録している会員のことを詳しく把握してくれているケースもあります。世話好きな担当者が多い傾向もあり、親身になって結婚相手探しをしてくれるところが多いというのも中小の結婚相談所のメリットだといえるでしょう。さらに、交際に至った場合、結婚までの間もサポートを期待できます。 大手結婚相談所などの場合、入会金のような初期費用や年会費は必要であるものの、結婚に至っても成婚料のような成功報酬を取らないところも多いです。一方、中小の結婚相談所は成功報酬として成婚料の支払いが必要なケースがあります。成婚料は結婚相談所にとっては貴重な収入になるため、相手探しに力を入れるモチベーションにつながります。結婚相談所のモチベーションが上がってくれれば、相手が早く見つかる可能性も高まるでしょう。つまり、会員にとって成婚料は単に費用面での負担になるというだけではなく、結婚相手探しや手厚いサポートを受けられるメリットにもなるのです。

行政で運営している結婚相談所の特徴

少子高齢化対策という観点から、婚活支援に力を入れている行政も全国にはあります。行政それぞれに趣向を凝らしていたり、独自の取り組みを取り入れたりしているため、どんなシステムか、どんなサポートが受けられるかは行政によって異なるという点が特徴です。たとえば、富山県では「とやまマリッジサポートセンター」という会員制で1対1のお見合いができるシステムを運営しています。イベントやセミナーの開催も行っており、民間の結婚相談所と同じようなサービスを受けることが可能です。 また、滋賀県では「ハグナビしが」というシステムを運営しており、県内各地の婚活支援事業を確認することができるほか、妊娠から出産、子育てまでを広くサポートしています。さらに、結婚相談所事業ではなくても、各地で自治体がなんらかの婚活支援事業を実施していることも多いです。東京都港区でも「出会い応援プロジェクト」として、セミナーや交流イベントを実施しています。 行政で運営している結婚相談所の場合、地元の自治体が運営しているということで詐欺などの心配がありません。また、民間企業の事業のように利益を求めているわけではないため、入会金や登録料などの費用が低めという点がメリットです。費用面でリーズナブルであるぶん、サポート面では民間の結婚相談所に比べると薄い傾向はあります。ただ、費用を抑えて安心した出会いの場が欲しいという場合は、行政が運営しているシステムはメリットが多いでしょう。

ハイスペックな結婚相談所とは?

結婚相談所のなかには、会員になれる人を限定したハイスペックな結婚相談所も存在します。たとえば、年収が最低でも700~800万円、1000万円以上の人も珍しくないというところや、卒業大学で分けているところ、高学歴の人だけを集めているところもあるのです。また、職業も医師やキャリア官僚、パイロットなど、高収入といわれる職業の人を専門としている結婚相談所もあります。そうしたハイスペックな結婚相談所の会員になるためには、源泉徴収票など収入がどれだけあるかを示す書類を提出する必要があるなど、審査も厳格です。 女性にとってはセレブな生活がしたい、周囲に自慢できるような相手と結婚したいと望む人もいるでしょう。そんな女性ならハイスペックな結婚相談所で、条件に合う結婚相手を見つけやすいといえます。ただ、ハイスペックな結婚相談所の場合は、女性会員に対しても職業や容姿などの条件で高いハードルを設けている傾向があるのです。たとえば、学歴が高いハイクラスな男性の相手として、女性にもある程度の教養が求められることも多いです。実際に高学歴や高収入の人と結婚したあと、その結婚相手や周囲の人々と全く話が合わない、住む世界が違ったというのであれば、結婚生活が続かない可能性もあるでしょう。そのため、少なくとも短大卒以上の学歴がないと登録できないところもあります。 ハイスペックな結婚相談所では、容姿の優れた女性を求めるケースもあります。容姿だけで人を判断しないでほしいと考える人もいるかもしれません。しかし、ハイクラスな男性のなかには結婚相手として優れた容姿の女性を求めることもあるのです。もちろん、容姿の優れた女性といっても、どんな容姿が好きなのかは人によってさまざまでしょうから、明確な基準があるわけではありません。

国際結婚を叶えてくれる結婚相談所

結婚相談所のなかには、外国人と結婚したいという人向けに国際結婚をマッチングするところもあります。国際結婚を目的としているため、当然マッチングの相手に日本人はいません。ただ、国際結婚といってもニーズはさまざまであり、日本人の男性との恋愛や結婚がうまくいかなかったという女性が国際結婚の相手を探す場合があります。また、外国人と結婚して海外で生活したいという希望を持っている人が国際結婚を望むこともあるでしょう。一方で、嫁不足で地元では結婚相手が見つからない地方の農業従事者などが、国際結婚でお嫁さんを探したいというケースもあります。 同じ国際結婚でも、どんな国の人と結婚したいかも違ってくるため、国別で特化した結婚相談所もあります。また、国際結婚を紹介する結婚相談所の場合、国際結婚に関する知識やノウハウを豊富に持っている担当者が在籍していることが多いです。ただ、一般の結婚相談所に比べると登録料や年会費などの費用は高めの傾向です。また、海外在住の相手と日本でお見合いをする場合や、自分が現地に出向いてお見合いする場合は、さらに費用がかかることもあります。

自分が求める結婚の形を見つける

フィーリングの合う人と結婚したい、ハイスペックな人と結婚したいなど、どんな結婚をしたいかは人によって違います。また、親の老後のことを考えると、実家のある地域からそれほど遠く離れたくないという人もいるかもしれません。国内には大手から中小まで数多くの結婚相談所があります。また、ハイスペックな相手探しができるところや、国際結婚を専門としているところなど種類も豊富です。そのため、やみくもにただ会員登録すればいいというわけではなく、どの結婚相談所にするかを決める前に、まずは自分が求める結婚の形を考えておくことが大切です。

いろいろな結婚相談所を探してみよう

結婚相談所によって入会金や年会費などがどのくらいかかるかが違うほか、オプション料金が発生する場合や、同じ結婚相談所内でも複数のコースを設けている場合もあります。もちろん、入会資格があったり、入会にあたって審査があったりすることもあります。さらに、インターネットを使って簡単に相手を検索できるところもあれば、専属のカウンセラーが付いてくれるところもあり、システムもさまざまです。そのため、まずは入会を決める前に、いろいろな結婚相談所を探してみて、自分の要望やライフスタイルに合うところを探してみましょう。

どんな結婚をしたいかをよく考えて希望を叶えられる結婚相談所探しを!

どんな相手と結婚したいか、どんな結婚生活を送りたいのかなど、人それぞれで思い描く将来の夢は異なるでしょう。どんな結婚相談所でも希望を聞いたうえで結婚相手を探してくれることに違いはありません。ただ、得意とする専門分野を持っているところや、マッチングの方法など、結婚相談所のシステムやサービス内容は千差万別です。 そのため、どの結婚相談所に登録するかで望むような相手が見つかるかどうか、いつ見つかるかも違ってくる可能性があります。たくさんある結婚相談所のなかから、自分の状況や要望にあった結婚相手探しができるところを選ぶようにしましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所もいろいろ!大手から行政、国際結婚専門まで