結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ローンが必要な結婚相談所とは?後悔しないためのポイント

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

ローンが必要な結婚相談所とは?後悔しないためのポイント

結婚したいが、よい出会いがなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。男女問わず、周りがどんどん結婚して焦っているという人もいるでしょう。そんなとき、活用すべきなのが結婚相談所です。 結婚相談所なら、お金がなくてもローンを組むことで出会いを探すことができます。しかし、結婚相談所でローンを組むことには、メリットとデメリットがあるのです。今回は、結婚相談所でローンを利用する際の注意点やポイントを解説します。

結婚相談所でローンが必要な場合とは?

結婚相談所の利用料金は入会時に一括で支払うのが一般的です。そのため、まとまったお金がないとそもそも入会ができない可能性があります。そんなときに活躍するのがローンです。ローンを組むことで、結婚相談所の初期費用を一括で払うのが難しい人でも婚活をスタートさせることができます。ただし、ローンをすすめてくる結婚相談所は入会費や月々の会費が高額な場合が多いです。また、ローンを利用すると、後々支払いが生活の負担になる可能性があります。婚活がいつ終わるかは人それぞれです。よい出会いに恵まれない場合は、長期的に結婚相談所を利用することになるでしょう。そのため、ローンの支払いが長引いてしまい、経済的な負担が大きくなってしまう可能性があります。 ローンを利用することで元手が少なくても婚活ができるのは非常に魅力的です。しかし、借りたお金は必ず返済しなければならないということを頭に入れておきましょう。

ローンをすすめられた場合の対処法

ローンをすすめられたら、内訳や総額をまず出してもらいましょう。内訳や総額をしっかり確認せずローンを組んでしまうと、予想以上の返済額になってしまい戸惑ってしまったり、最悪返済できなくなってしまう場合があります。ローンは月々の返済が生活の負担にならない範囲で組むようにしましょう。また、内訳や総額をはっきりと出してくれない結婚相談所を利用するのは避けるのが無難です。内訳や総額が明確に示されない場合は、月々の返済が相場よりも高くなる可能性があります。ローンを組んで結婚相談所を利用する場合は、まず、内訳や総額を明確に提示してくれるかどうかを判断基準にするとよいでしょう。 ローンを組んで結婚相談所を利用する際は、その場で判断せず資料をもらってゆっくりと決断することも大切です。一旦家に帰って落ち着くことで、冷静にローンを組むべきかどうか判断することができます。また、じっくりと資料を確認することで、結婚相談所で説明されたことと異なる点が見つかるかもしれません。より正確な判断を下せるように、一旦気持ちを落ち着けて資料を確認するようにしましょう。 その場の雰囲気に飲まれやすい人は、自分だけで判断せず周囲の友人や家族に相談してみましょう。人の意見を聞くことで、より広い視野をもって判断できます。また、インターネットで利用を検討している結婚相談所に関しての口コミを確認してもよいでしょう。実際に利用した人の意見を知ることで、信用に値するかどうか判断する一助になります。結婚相談所でローンを組む際は自分だけで判断せず、周囲の人の意見や実際利用した人の口コミなどを確認してください。

利用するか決めるのは納得がいくかどうか

サービス内容や金額が納得のいくものであれば、結婚相談所でローンを組むのは自由です。婚活は年齢やタイミングも重要な要素になってきます。思い立ったときにまとまったお金がなくても婚活ができるという意味では、ローンの利用は非常に魅力的といえるでしょう。お金が原因でせっかくの出会いのチャンスを潰してしまうのはもったいないです。自分が納得できるのであれば、ローンを積極的に利用して出会いの機会を増やしていきましょう。 ただし、クーリングオフの説明はしっかりと受けてください。クーリングオフとは、一定期間内であれば業者と結んだ契約を消費者側が一方的に解除できる制度のことです。ローンを組む際や訪問販売の際など、業者側の口車に乗せられてよくわからないまま契約をしてしまうというケースがあります。クーリングオフは、契約内容を十分に理解しないまま契約を結んでしまった消費者を救済するための制度なのです。結婚相談所のローンでも、当然クーリングオフは適用されます。 クーリングオフの説明がなかったり説明を求めてもはっきり説明してくれなかったりした場合は、ローンに加入するのは避けましょう。サービス内容や総額が納得のいくものでも、クーリングオフの説明をはっきりしてくれない業者は信用できません。後々追加で想定外の料金を請求してくる可能性があります。自分の身を守るためにも、クーリングオフについてしっかり確認するようにしましょう。

強引に入会をすすめるのは考えるべき

ローンを組むかどうかにかかわらず、強引に入会をすすめてくる結婚相談所は利用しないほうがよいでしょう。消費者側の事情を考えてくれない業者は、入会した後にトラブルが発生する可能性が高いです。費用の話を優先する業者はお金が手に入ればそれでよいので、相談者が結婚できるかどうかは二の次になります。そのため、求める相手を紹介してくれない可能性があるのです。理想の相手が見つかってしまえば退会されてしまうので、最悪の場合あえてマッチしない相手を紹介されることもあります。結婚相手としてふさわしい人を見つけるためにも、強引に入会をすすめてくる結婚相談所は避けましょう。 また、強引に入会をすすめてくる結婚相談所は、会員同士のトラブルにも対応してくれない場合があります。会員同士のトラブルとして代表的なのは、プロフィールの虚偽記載です。結婚相談所においては、経歴や職歴、収入などがプロフィールと異なっていたというトラブルが多々あります。いいかげんな結婚相談所の場合は、そういったプロフィールの虚偽記載をしっかりとチェックしない場合があるでしょう。また、実際に相手と会った際にビジネスの勧誘や宗教の話を持ちかけられたというケースもあります。通常は、婚活目的ではない人が結婚相談所を利用していた場合は結婚相談所が注意勧告をしなければなりません。しかし、体制がしっかりしていない結婚相談所は、注意をしてくれない場合があるのです。 婚活を充実させるためにも、強引に入会させようとする結婚相談所には注意しましょう。

費用はwebサイトや資料でも確認する

結婚相談所の費用に関しては、webや資料でも確認しましょう。webサイトや紙媒体の資料で費用に関して相違があった場合は、業者に確認してください。費用に関して曖昧なまま入会してしまうと、予想と異なる料金を請求される可能性があります。また、webサイトや資料で分からないところがあった場合に関しても、業者に説明を求めましょう。不明瞭な部分をそのままにしておくと、後々大きなトラブルが発生する場合があります。例えば、追加料金が発生しないかどうかは、しっかりと確認する必要があるでしょう。初期費用が納得のいく額でも、追加料金によって総合的な費用が高額になるケースがあります。後々のトラブルを避けるためにも、不明瞭な費用がないかどうか、事前に確認してください。

無料相談がある結婚相談所で話を聞く

婚活をしようかどうか悩んでいる人は、無料相談を受け付けている結婚相談所で話を聞いてみましょう。入会する前に無料で相談ができるので、婚活に対する悩みや不安を解消できます。また、親身になって話を聞いてくれるかどうかで、しっかりした結婚相談所かどうかを判断することもある程度可能です。また、無料相談では悩みや不安だけでなく、サポート内容や費用に関しても聞くことができます。結婚相談所を利用する際は、まず、無料相談を利用してみましょう。 また、無料相談を利用することで、複数の結婚相談所を吟味することができます。いろいろな結婚相談所でサービス内容や費用に関して相談をすれば、自分に合った結婚相談所が見つかるでしょう。一生を左右する結婚相手を見つけるための結婚相談所ですから、妥協せず納得がいくまで調べてください。

出会い方やサポート内容を重視

結婚相談所を選ぶ基準としては、出会い方やサポート内容を重視することが大切です。例えば、会員の個人情報の取り扱い方はしっかりしているかは、確認する必要があるでしょう。個人情報が保護されていなければ、安心して婚活することはできません。また、住所などの情報が守られていない場合、ストーカー被害にあうなど、会員同士のトラブルにつながる可能性もあります。個人情報が保護されているかどうかは、結婚相談所を利用するうえでとても大切です。 会員の身元確認はできているかも重要になります。職業確認や独身証明の確認がない結婚相談所では、プロフィールを偽って活動する会員がいる可能性が高いです。さらに、正しく活動をしていない会員に対しての対処もしっかり行ってくれない場合もあります。相手の情報を完全に知ることは不可能です。そのため、できる限り身元確認をしっかり行っている結婚相談所を選びましょう。 また、休会制度が整っているかどうかも確認してください。体調や仕事の都合で一旦利用を中止したい場合に、休会制度は重要です。事情があって婚活を一旦辞める場合、入会したままだと月々の会費が無駄になってしまいます。自分のペースで婚活が行えるように、休会制度がある結婚相談所を利用しましょう。なお、休会制度のない結婚相談所は、「期間を決めて結婚を目指すなら、逃げ道である休会制度はないほうがいい」という考え方を持っています。そのため、婚活の覚悟がブレてしまいそうで不安な人は、休会制度がない結婚相談所を利用してもよいかもしれません。休会制度がある場合でもない場合でも、利用規約やサポート内容に納得でき、かつ、無理なく利用できる費用の結婚相談所を探してください。

疑問を解決できる相談所にする

本気で婚活したいなら、自分の疑問に対して真剣に向き合ってくれる結婚相談所を見つけましょう。曖昧な部分を残したまま入会させようとする結婚相談所を利用すると、後々トラブルが起こるかもしれません。無料で相談を行っている結婚相談所も多くあるので、積極的に利用して理想の結婚相談所を見つけましょう。

自分に合った結婚相談所で充実の婚活を!

結婚相談所を選ぶ際は、サポート内容が自分に合っているかどうかをまず確認しましょう。そのあと、月々の会費が無理なく払っていけるかどうかで最終的な判断を下してください。また、お金がないが婚活を始めたいという場合は、ローンを組むという方法もあります。婚活はタイミングや年齢も重要なので、ローンを組んで早め早めに行動するというのも立派な選択といえるでしょう。しかし、ローンは返済しなければならないということを忘れないことが大切です。 結婚相談所を計画的に利用して、理想の相手を見つけましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ローンが必要な結婚相談所とは?後悔しないためのポイント