結婚相談所のすゝめ

2018年10月

既婚者の結婚相談所の利用率は意外と高い!


結婚をしたいけど出会いが少ないという人は結婚相談所を利用してみるという方法があります。結婚相談所にはたくさんの人たちが登録しているので、普段の生活を送っているだけでは出会えないような人と巡り合える可能性が高くなります。しかし、結婚相談所は有料なので、せっかく登録してもパートナーに出会えなければ無駄な出費が発生するのも事実です。そのため、これから結婚相談所の利用を検討している人のなかには、結婚相談所を利用した人がどれくらいの割合で結婚しているか気になっている人もいるでしょう。そこで、この記事では既婚者の結婚相談所の利用率はどれくらいなのかを紹介します。

既婚者100人のうち8人が婚活サービスで相手を見つけている

2016年にリクルートマーケティングパートナーズのブライダル総研が行った調査によると、既婚者のうち8.3%の人が婚活サービスを利用したと答えています。およそ1割に近い人が婚活サービスを利用して実際に結婚しているという事実は無視できない数字ではないでしょうか。もちろん、婚活サービスを利用しても必ず結婚に繋がるとは限りません。とくに今回の調査結果に含まれている婚活サービスとは「有料で結婚に繋がるサービスを受けたこと」が定義です。
そのため、結婚相談所だけでなく、婚活パーティーや街コン・イベントなどを利用したケースも含まれています。結婚相談所はコンシェルジュのサポートやお見合い相手の紹介などを積極的に行ってくれますが、それ以外のサービスは利用者自らが行動しなければいけません。婚活パーティーや街コン・イベントなどから結婚に繋がるケースも実際にありますが、結婚相談所を利用するのに比べるとその割合は低くなるでしょう。また、結婚相談所ならではのメリットには、性格や年収といった条件面をあらかじめ設定して好みの人を紹介してもらえるというものもあります。
街コンやイベントでよくある「感じのよさそうな人だけど、仕事面には問題あり」というようなミスマッチを事前に防ぐことが可能です。ミスマッチを起こしてしまうと、それまでにかかった時間や労力はすべて無駄になってしまうので、多少費用はかかっても結婚相談所を利用するほうがよい場合もあるでしょう。

独身者のうち4人に1人が婚活サービスの利用を希望

ブライダル総研が行った調査によると、独身者の約25%もの人たちが婚活サービスを利用してみたいと答えていました。ひと昔前までの婚活というと、親族間や職場の上司などが紹介してくれるお見合いのパターンが多かったのですが、現代ではSNSの発達によってもっと身近なものになっています。親族や上司が紹介する昔のお見合いでは、紹介してくれた人の手前断りにくいケースもあったでしょう。しかし、昔と比べて出会いの機会が多い現代では、ずっと気軽に利用できます。また、単独で婚活をしていると断るときにトラブルになるケースもありますが、結婚相談所であれば運営会社が間に入っていますので断る場合もスムーズです。
実際に婚活サービスを利用したいと考える人の割合は年々増加しています。この理由としては、SNSなどの他人とコミュニケーションをとれる手段が多様化していて、その利用者数が増えていることが原因だと考えられます。つまり、将来的に婚活サービスを利用する人は増えていくことが予想されるので、早めに登録しておくことでアドバンテージが得られる可能性が高いです。迷っている人はとりあえず、自分に合った婚活サービスを探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

複数の婚活サービスを利用することもある

ブライダル総研が行った調査では、婚活サービスの定義は有料のものということでした。しかし、実際の婚活サービスには無料で手軽に始められるものもあります。とくに女性は無料で利用できるケースが非常に多いのも特徴です。街コンやイベントなどでもそうですが、登録者数は女性よりも男性のほうが多い可能性が高く、そういうケースでは男性だけ料金が課されるケースもよくあります。男性陣は仕方ないと思ってあきらめましょう。
女性が無料で利用できる婚活サービスとしてよく使われるのは、婚活アプリです。男性の利用料が数千円であるのに対して女性は無料というアプリも多くあります。アプリのメリットは「スキマ時間に婚活ができる」です。街コンやイベントでは現地に赴かないと婚活ができません。それに比べて、スマホさえあればいつでもどこでも簡単に希望条件に合った男性を調べることができます。ただし、自分から行動しなければいけないので、モチベーションを高く持ち続けることが難しく、すぐに飽きてしまうという点はデメリットです。
そうした観点から考えると、結婚相談所と併用してみると効果的でしょう。結婚相談所からは定期的に希望条件に合致した人を紹介してもらえるので、アプリでのデメリットを相殺することを期待できます。婚活サービスの利用のハードルが下がってきた現代では、実際に2つ以上のサービスを利用して婚活を行っている人も珍しくありません。

結婚相談所を利用するきっかけとは?

婚活サービスを利用する人は増加傾向にありますが、利用したいと思ったきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。よくある事例としては「独身でいることに不安を感じた」というものです。周囲の知人が次々に結婚して子供ができ、家族を作っている姿を見ると焦る気持ちも湧いてくるでしょう。また、不幸にも自分の親が亡くなるようなことがあると、自分の老後の面倒を見てくれる人はいるのだろうかという不安に襲われることもあるかもしれません。そのような危機感から「結婚したい」という気持ちが高まり、結婚相談所などの婚活サービスを利用する人が多いです。
また、「長く付き合っていた人と別れた」「よい出会いは待っていてもこないと感じた」という理由で婚活サービスを利用する人もいます。長く付き合っていた人と別れるとしばらくは婚活について考えられない気持ちにもなるでしょう。しかし、そのようなときこそさまざまなサポートをしてくれる結婚相談所を利用するのがおすすめです。また、長年にわたってよい出会いがない人というのは、自分の交友関係のなかではよいパートナーと出会えない可能性が高いといえます。結婚相談所にはさまざまな人が登録しており、普段の日常では巡り合えない人にも出会えるチャンスがあるので利用してみるとよいでしょう。

結婚相談所を利用するメリット

さまざまな婚活サービスのなかでも結婚相談所の利用をおすすめする理由は「出会いのチャンスが多くなる」からです。街コンやイベントなどでも普段出会えない人と知り合える可能性はありますが、結局は自分の生活圏の範囲内であることが多いでしょう。しかし、結婚相談所にはさまざまな地域の人が登録しているので、「近くだけど今まであまり行ったことがない地域」の人とも知り合えるチャンスがあります。思いがけないような地域の人と意気投合するなんていうことがあるのも、結婚相談所に登録するメリットです。
結婚相談所に登録するその他のメリットとしては「条件を絞って相手を選べる」「短期間で結婚に結びつく交際ができる」というものがあります。結婚相談所は年収や趣味などの条件を絞って相手を紹介してもらえるものがほとんどです。条件をクリアしていることがあらかじめわかっているので、後は相手との相性を考えることだけに集中できます。無駄なお見合いを省略できて効率的に婚活が行えるのがメリットです。また、相手も結婚を前提にして利用しているので、婚約までスムーズに物事が運びやすいというのもメリットとして挙げられます。合コンなどでは彼氏彼女が欲しいだけという人も多いので、結婚前提のお付き合いだと相手にひかれてしまうケースもありますが、そのような心配はいりません。

結婚相談所を利用して成婚する人の割合

ブライダル総研が行った調査で婚活サービスを利用して実際に成婚した人の割合は27.6%となりました。これは、婚活サービスを利用した人のおよそ4人に1人が成婚まで至ったということです。婚活を行っている人の多くは結婚相談所を利用しながら、アプリや街コンなどに参加するといった複数の婚活サービスを併用しています。そのため、婚活サービス単体での成婚率の調査というのは非常に難しくなっているのが現状です。一般的な結婚相談所が公表している成婚率は20~30%程度であることが多く、ブライダル総研が行った調査結果とほぼ一致しています。つまり、婚活サービスのなかでも結婚相談所に登録すれば、他の方法を併用しなくても平均的な成婚率は確保できるというわけです。
また、結婚相談所によっては28%以上の成婚率を誇るサイトもありますので、利用してみるとよいでしょう。理想のパートナーに巡り合えるかどうかというのは、運の要素も絡んでくるので残念ながら確実に保証できるものではありません。しかし、実際に積極的に活動したほうが結婚に繋がる確率は高いという調査結果がでていることは覚えておきましょう。

どのくらいの期間で成婚しているのか

結婚相談所の業界内でも屈指の成婚率を誇るパートナーエージェントによると、登録をしてから成婚退会するまでの期間で最も多いのは「1年以内」です。これは、結婚を前提として利用する結婚相談所ならではのメリットであるといえるでしょう。結婚相談所を仲介に挟むことによって条件面や身元などの問題がクリアになっているため、スムーズに婚約へとつながるのです。1年以内に成婚退会している人の割合は、成婚者のうち65.6%にも及びます。
また、2番目に多いのは「1年半以内(14.8%)」、3番目に多いのは「2年以上(11.9%)」となっていることからもわかるように、基本的には成婚までの期間は短い傾向にあるといえます。これは、条件面に合致して人を的確に紹介してくれる結婚相談所のメリットが活かされているといえます。また、結婚相談所によっては婚活コンシェルジュによるアドバイスが受けられる点もメリットで、スムーズな成婚に繋がっていると考えられます。

結婚相談所は本気で結婚したい人の出会いの場

婚活サービスの利用率は年々増加傾向にあり、その理由としては「男女ともに晩婚化が進行している」「スマホなどにより手軽に利用できるようになった」ことが挙げられます。婚活サービスはスマホアプリなどの台頭によって多様化していて、さまざまなサービスを併用している人も少なくありません。しかし、結婚相談所の成婚率だけで婚活サービスを利用して成婚した人の割合とほぼ同等です。つまり、結婚相談所にさえ登録しておけば、他の婚活サービスを併用したときとほぼ同様の成婚率をキープできるといえます。少しでも可能性を高めるために複数の婚活サービスを併用することは決して悪いことではありません。ただし、本気で結婚したいのであれば、出会いの場を提供してくれる結婚相談所にまずは登録するべきでしょう。

まずは結婚相談所に登録してみよう!

結婚をしたいという人は婚活サービスを利用してみるとよいでしょう。婚活サービスはSNSなどの発達によって多様化しており、さまざまなサービスを併用することで成婚確率は高まります。ただし、忘れてはいけないのが結婚相談所の成婚率です。結婚相談所の成婚率だけで婚活サービスを利用した人の成婚率とほぼ同等の数値となっています。結婚相談所には結婚を前提とした人が集まっているので、スムーズに婚約まで運びやすいという点もメリットです。
本気で婚活をしたいのであれば、まずは結婚相談所に登録してそのほかのサービスを併用するという方法がよいでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP