結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の利用者はどんな人が多い?実態はどうなの?

結婚相談所のすゝめ

2018年10月

結婚相談所の利用者はどんな人が多い?実態はどうなの?


結婚相談所への登録を検討している人が気になることのひとつとして、「どのような人が登録しているのか」という点が挙げられます。利用者が自分の理想とあまりにもかけ離れているような相手ばかりであると、成婚に結びつかないという問題につながります。そのため、利用者の実態を正確に把握しておかなければ、安心して結婚相談所での婚活を進めることは難しいといえるでしょう。この記事では、どんな人が結婚相談所を利用しているのかについて詳しく解説していきます。

結婚相談所の利用者はモテない人が多いのか

一般的に、「結婚相談所の利用者は、モテない人が多い」というイメージが持たれがちです。しかし、このイメージは間違いといえるでしょう。結婚相談所を利用する人には、さまざまな事情があります。利用者が個別にどのような事情を抱えているケースが多いのかを見ていきましょう。
まず、仕事が忙しくて出会いがないという場合は、結婚相談所の利用を考える人が多いようです。毎日自宅と会社の往復だけだと、異性との出会いのチャンスはそれほどありません。理想の異性に確実に出会いたい場合には、結婚相談所のシステムは適しています。
次に、利用者のなかには、長年付き合っていた人と別れたというケースも見られます。いわゆる結婚適齢期に恋人との別れを経験してしまうと、「自分はもう結婚できないのではないか」などとネガティブに考えてしまうものです。周囲の人が次々に結婚していくと、「自分も結婚したい」と思うという人も多いでしょう。結婚相談所では短期間で婚活を終えて、結婚に至る可能性が高いといわれています。
さらに、結婚相談所に登録している人の多くが、結婚相手に対していくつかの希望条件を提示するのが一般的です。そのため、「条件に合う人を見つけたい」という利用者もたくさんいます。結婚相談所では、自分が希望する条件をあらかじめ提示してマッチングを行っていきます。希望条件を満たした相手と出会う確率が高いという点も、結婚相談所を利用するメリットといえるでしょう。

結婚相談所の利用者はどのくらいいるの?

自分の周りの人から「結婚相談所に登録したことがある」などの話を聞いたことがない場合は、「結婚相談所を利用する人はごくわずかだ」と思っても仕方がないでしょう。しかし、実際には結婚相談所の利用者は、2017年で約6万人にのぼるといわれています。これは、日本結婚相談所連盟(IBJ)に登録している人の数を指しています。日本結婚相談所連盟とは、全国にある結婚相談所の1,790社が加盟している日本最大級のネットワークのことです。
ただし、現状では結婚相談所の利用者数を算出すること自体が難しいともいわれています。そのため、結婚相談所によって利用者数は異なってくるといえるでしょう。

結婚相談所で成婚するカップルはどのくらい?

結婚相談所に登録している人の多くが、結婚に対して真剣です。そのため、「カップルになって成婚しなければ意味がない」と考える人も多いでしょう。
結婚相談所に登録して婚活を進めると、比較的短期間で成婚に至る可能性が高いといわれています。ひとりで婚活を行う場合、合コンや婚活パーティーに参加して結婚相手を探すという方法が一般的です。しかし、これらの方法は、結婚相手を見つけるための方法としてはあまり効率が良いとはいえません。それは、合コンや婚活パーティーなどに参加する異性が、自分が希望する条件を満たしているとは限らないからです。したがって、婚活の仕方を吟味しなければ、婚活が長期化してしまう可能性さえあるといえるでしょう。
婚活に長期的に取り組んだからといって、良いご縁に恵まれるかといったら決してそのようなことはありません。コンシェルジュの適切なサポートを受けながら、短期間で集中して婚活を行うことで得られる成果もあるのです。結婚相談所で成婚するカップルは、多いところで1年以内に利用者の60%以上というデータがあります。このデータからもわかるように、短期間での成婚を目指すなら、結婚相談所の利用も検討してみましょう。

結婚相談所利用者の年齢層は?

実際に結婚相談所を利用している人の属性についても、ある程度把握しておくことは欠かせません。結婚相談所の利用を迷っている人が気になっていることのひとつとして、利用者の年齢層が挙げられるでしょう。結婚するときというのは、一般的に相手の年齢も気になるものです。結婚後、数年先まで見越した家族計画を立てていくうえでも、お互いの年齢というのは重要な要素になってくる可能性があるでしょう。
結婚相談所利用者の年齢層は、男女ともに36~45歳が最も多いというデータがあります。このように、年齢が理由で結婚相談所の登録をためらっているのであれば、思い切って行動に移してみると良いでしょう。

結婚相談所利用者の収入は高い!

結婚後の生活を安定的に維持していくために、結婚相談所利用者の収入も気になる事柄のひとつと考えている人はたくさんいます。特に、女性のほうが、結婚相手となる男性の収入については関心がある傾向にあります。年収があまりにも低いと、結婚生活を維持すること自体が困難となり、我慢をしなければならないような状況となるのは容易に想像できるでしょう。
経済的な理由で結婚生活に無理が生じてしまうことは、多くの人が好ましくないと考えています。そのため、結婚相手の収入は成婚するためのキーポイントになるといえます。したがって、収入に関しては、厳しい審査を設けている結婚相談所がほとんどです。結婚相談所の多くが、入会時に年収を証明する書類の提出を義務づけています。収入を証明するための書類として、具体的には、源泉徴収票や給与明細書、課税証明書などを準備しておきましょう。
実際に結婚相談所に登録している人の年収は、男性が500~600万円、女性が400~500万円の人が多いといわれています。このデータを見ると、利用者の収入は比較的高い傾向にあるということが見て取れるでしょう。結婚後に安定した生活を望んでいるなら、相手の収入を事前に把握できる結婚相談所を利用した婚活が適しています。

結婚相談所利用者は学歴が高い人が多い

結婚相談所に登録している人の属性はさまざまです。学歴に焦点をあててみていくと、学歴が高い利用者が多いことがわかります。結婚相談所利用者の実に60%以上が、大卒や大学院卒を占めるというデータがあります。もちろん、高卒や専門卒などの人も結婚相談所に登録していますが、利用者の半数以上が大卒・大学院卒です。
結婚相談所の利用を迷っている人のなかには、「学歴なんて関係ない」という人もいるでしょう。たしかに、楽しい結婚生活を送っていくうえで、相手の人柄は重要な決め手となることはいうまでもありません。ただし、高学歴であることは、婚活にも大きく影響する可能性が高いといわれています。実際に、多くの女性が結婚相手となる男性の学歴を気にしているというのが現実です。それは、最終学歴と収入は結びつきやすい傾向にあることを、多くの女性が理解しているからです。たとえば、医者や弁護士などのいわゆるハイスペックと呼ばれる職業に携わる男性は、高収入を得ている人が多い傾向にあります。加えて、高学歴であることは、知性が高いことや社会的地位の高さを証明するものと思っている女性も少なくありません。
また、なかには高学歴・高収入の人のみを対象とした結婚相談所も見られます。このようなタイプの結婚相談所を好んで利用している人は、相手の学歴を重要視していると思って良いでしょう。
しかし、学歴ばかりを重視する婚活の進め方は、あまりおすすめではありません。「どこの学校を卒業したか」ということは、その人を表すひとつの要素にしかすぎません。結婚相手を探すときには、学歴以外の要素もしっかりと見てパートナーを選びましょう。

結婚相談所を利用するのは珍しくない

結婚相談所を利用する人は多く、それほど珍しいことではありません。また、結婚相談所を利用している人の多くが、さまざまな事情を抱えています。たとえば、「忙しくて異性との出会いのチャンスがない」や「希望の条件を満たした相手に出会いたい」など、結婚相談所を利用する理由は人それぞれです。そのため、結婚相談所利用者はモテない人が多いというわけではないといえるでしょう。
結婚相談所を利用するかどうかで悩んでいるのであれば、思い切って利用してみることがおすすめです。結婚相談所を利用するメリットは、理想の相手に出会えるというだけではありません。単に相手を探すだけでなく、日程の調整やカウンセリングなどのサービスも積極的に行っている結婚相談所も多くあります。したがって、「忙しいために婚活に多くの時間をかけられない」や「異性との交際経験がない」などの場合でも、短期間で効率良く婚活を進めていくことができるというメリットもあります。加えて、結婚相談所には仲人仲介型やデータマッチング型など、いくつかのタイプがある点が特徴のひとつです。このなかから自分に合ったサービスを提供している結婚相談所を選んで利用してみましょう。

実態がわかると安心!結婚相談所を利用しよう!

結婚相談所の利用をためらう原因のひとつとして、「利用者の実態がわからない」ということが挙げられるでしょう。特に、友人や会社の同僚などで、誰も結婚相談所を利用した経験を持つ人がいなければ、話題にのぼることもない可能性があります。しかし、利用者の属性などがわかると、安心して利用することができるようになるでしょう。また、結婚の後押しをしているサービスにはいくつかの種類があります。利用者の実態がわかると、ほかの出会いよりもむしろ安心して結婚相手を選べるというメリットもあるのです。

結婚相談所利用者の実態を押さえて、スムーズな婚活を

「結婚相談所利用者イコールモテない人」というわけではありません。実際に結婚相談所に登録している人には、さまざまな人がいます。また、登録後にはコンシェルジュらのアドバイスが受けられる場合も多く、短期間で効率良く婚活を進めていくことができる点もメリットのひとつといえるでしょう。
加えて、結婚相談所で成婚するカップルは、1年以内に利用者の60%以上というデータもあります。1年以内という短期間での成婚を目指している人にも、結婚相談所はおすすめです。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の利用者はどんな人が多い?実態はどうなの?