結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 婚活を成功させたい!結婚相談所を利用する際の注意点

結婚相談所のすゝめ

2018年10月

婚活を成功させたい!結婚相談所を利用する際の注意点


婚活には婚活パーティーや街コンなど、さまざまな種類があります。なかでも、婚活をする人にとって頼りになるのが「結婚相談所」です。結婚相談所には結婚を本気で視野に入れている人が多く登録しているため、効率的に未来のパートナーを探すことができます。ただし、結婚相談所の利用を検討しているものの、サービスの選び方や登録後の流れがわからず、不安という人もいるのではないでしょうか。サービス選びのポイントや登録後の一般的な流れなど、利用時の注意点を押さえておきましょう。ここでは、結婚相談所で婚活をするときのさまざまな注意点について紹介します。

結婚相談所はどういうときに利用すべきか

結婚相談所に興味はあるものの、いざ入会をするとなると、なかなか1歩が踏み出せないという人もいるかもしれません。結婚相談所への登録に踏み切れないときは、「利用すべきタイミング」をチェックしてみるのも良い手です。結婚相談所を利用すべきタイミングには、以下の4つが挙げられます。1つ目は「出会いがない」ときです。社会人として働いていると、自宅と会社の往復ばかりで出会いがないという人も少なくありません。職場で好きな人ができなかったり、友人に異性の紹介をしてもらうのが難しかったりする場合は、結婚相談所を利用してパートナー探しをするのも良い方法といえます。
2つ目は「なるべく早く結婚したい」ときが挙げられます。数ある婚活サービスのなかでも、結婚相談所は結婚に対する真剣度が高い人が集まりやすい傾向です。そのため、結婚を前提に考えた人との交際をスムーズに始められます。3つ目に「理想の相手が見つからない」ときも利用すべきタイミングです。普段通りの生活を送っていても、自分が理想とする相手に出会うのは、なかなか難しいことといえます。結婚相談所なら、自分がパートナーに求める条件を細かく設定したうえで、相手の絞り込みを行えるのがメリットです。
4つ目は「婚活で悩んでいる」ときです。婚活パーティーや街コンなどで活動をしていると、なかなか相手が見つからなかったり、交際にうまくつなげられなかったりして、悩んでしまう人もいるでしょう。結婚相談所なら悩みをプロのコンシェルジュに相談できるため、婚活における不安やストレスを解消しやすいのが魅力です。婚活についての悩みが多い人は、結婚相談所を利用すると、活動がよりスムーズになる可能性があります。

結婚相談所を選ぶ際の注意点とは?

結婚相談所にはいくつかの種類があり、サービス内容も大きく異なります。きちんとそれぞれの特徴を把握し、比較したうえで自分に合う結婚相談所を選ぶのが大切です。結婚相談所は、「インターネット型」「データマッチング型」「仲介型」の3つに大きく分けられます。
インターネット型は、結婚を意識したユーザーが登録しており、相手選びからお見合いまでをすべてネットで行うのが特徴です。基本的に自ら相手探しやアプローチを行う必要があり、自分から積極的に行動したい人におすすめのサービスです。インターネット型はコンシェルジュによるサポートを受けられない場合があり、そのぶん入会費や利用料が安価であるケースが多くみられます。また、スキマ時間を活用して手軽にパートナー探しができるため、自分のライフスタイルに合わせて無理なく婚活をしたいという人に向いています。
データマッチング型は、登録してある会員データを基に、マッチングを行うのが特徴です。年収や学歴など、相手に求める条件を絞り込んで効率的にパートナーを探せます。データマッチング型は登録や利用が手軽なことから、会員数が多い傾向にあるのが特徴です。そのため、多くの会員のなかから、自分に合ったパートナーと効率的に巡り合えるのが魅力といえます。ただし、データマッチング型はコンシェルジュによるサポートを受けられるとは限らないため、要注意です。気になった相手への連絡やデートの約束などを自分で行える人や、恋愛に関して第三者にあまり介入してほしくないという人に向いています。
仲介型は、専任のコンシェルジュが相手選びからお見合い、交際までサポートしてくれるのが特徴です。コンシェルジュがプロの目線で相手選びやアドバイスをしてくれるため、二人三脚で婚活を進められるというメリットがあります。それに、結婚相談所への登録は審査や各種書類の提出などが設けられているケースが多く、詳しいプロフィールを知ったうえで、安心して相手探しを行えるのが魅力です。自分から行動するのが苦手な人や、婚活をどうやって進めたら良いのかわからない人におすすめのサービスです。

プロフィールや写真を掲載する際の注意点

婚活において重要な役割を果たすのが「プロフィールや写真」です。プロフィールや写真は仕上がりによって、出会いのチャンスを増やす大きな武器になります。まず、プロフィールは経歴だけではなく、「人柄が伝わるような文章」を載せるのが肝心です。学歴や職業など、過去の経歴を掲載するのはもちろん大切なことです。しかし、それだけの情報では、「自分がどういう人間なのか」を伝えるのが難しくなってしまいます。プロフィールを見た相手に「会ってみたい」と思わせるには、趣味や休日の過ごし方など、自分の人柄が伝わる情報を盛り込む必要があるのです。
たとえば、アウトドア派の人は「旅行が好き」「休日はヨガやジョギングをしている」など、インドア派の人は「読書が趣味」「自宅でDVD鑑賞をするのが好き」などの情報を盛り込むと、人柄が伝わりやすくなります。また、自分の性格について触れておくのも大切です。プロフィール欄を活用して自分をうまくアピールするのが、お見合いを成功させるための重要なポイントとなります。
写真は「清潔感があり好感が持てる」ものを掲載するのが重要です。結婚相談所における写真は、自分の第一印象を決める大きな要素となります。写真を見た相手に好印象を与えるためにも、身だしなみをきちんと整えて、清潔感のある装いを心がけましょう。女性の場合は、明るくやさしい印象を与えられる、白色やパステルカラーなどの服装を選ぶのがおすすめです。気合いを入れすぎた派手な服装やメイクなどは、男性を遠ざけてしまう原因につながります。男性の場合は、誠実さを感じさせるシャツやジャケットなどの服装を選ぶのも良い手です。Tシャツや短パンなどの服装はラフすぎる印象を与えてしまうおそれがあるため、避けたほうが無難です。これらのポイントを押さえた写真を載せることで、異性と出会う間口を広げられます。

結婚相談所で相手選びをするときの注意点

結婚相談所で相手選びをするときは、以下の3つの点に注意するのが肝心です。1つ目は「多少条件が合わなくても会ってみる」という点です。パートナーに求める条件を細かく設定しすぎたり、こだわりが強すぎたりすると、出会いの間口を狭めてしまう原因につながります。多少条件が合わないと感じる人とも実際に会ってみることで、恋のチャンスをぐっとつかみやすくなるのです。
2つ目には「第一印象だけで判断しない」ことが挙げられます。プロフィールや写真などの第一印象だけで、「この人は自分と合わない」と早々に結論を出してしまうのはもったいないことです。第一印象があまり良くなかったとしても、相手を深く知るうちに、パートナー候補になる可能性もあります。結婚相談所で相手選びをする際は、第一印象だけで決めつけず、相手を積極的に理解しようとする姿勢が重要になります。3つ目は「お見合いで断られても婚活を続ける」ことです。お見合いを続けていると、相手からお断りの連絡を受けるときもあるでしょう。相手から断られると気持ちが落ちてしまいがちですが、そこで活動を辞めてしまうと、結婚という目標から遠ざかってしまいます。お見合いで断られたとしても「その人とは縁がなかった」と割り切り、前向きに婚活を続けることで、幸せな未来に近づけます。

お見合いで相手に会ったときの注意点

お見合いを通じて相手に会うときは、いくつかのポイントを意識しておく必要があります。まず、注意したいのが「言葉遣い」です。言葉遣いが荒いと、相手に与える印象が悪くなったり、パートナー候補から外れてしまったりするリスクが高まります。相手と会うときは、なるべく丁寧な言葉を使うことを心がけましょう。また、「相手に対する思いやりの気持ちを示す」のも大切です。自慢話をしたり相手の話をきかなかったりするなど、自分本位な行動ばかり取ると、印象が悪くなってしまう原因につながります。相手を思いやった言動を心がけるのが、出会いから交際につなげるコツです。
さらに、「服装や清潔感に気を配る」のもポイントです。服装がだらしなかったり清潔感に欠けていたりすると、相手に好印象を与えるのが難しくなってしまいます。相手に会うときは、お見合いにふさわしい装いと清潔感を意識するのが大切です。派手だったり奇抜だったりする服装は避けて、きちんと洗濯をしてある、シワや汚れのない洋服を選びましょう。

交際がスタートしたあとの注意点

意中の相手と交際がスタートすると、うれしい気持ちになる反面、どのようなアクションを取ればいいのか悩んでしまう人もいるかもしれません。交際がスタートしたあとは、以下の3つのポイントを意識するのが重要です。1つ目は「なるべくマメに連絡を取り合う」ことです。マメに電話やメールなどで連絡を取り合うと、心の距離を縮めやすくなります。お互いについてより深く理解するためにも、電話やメールなどのコミュニケーションツールを用いて、マメにやり取りを行いましょう。
2つ目は「相手が仕事やプライベートで忙しいときは配慮する」のが大切です。人それぞれ生活リズムは異なります。相手が仕事やプライベートで忙しいときは、無理に連絡を入れたりデートの約束を取り付けたりするのは、避けたほうが無難です。相手の生活リズムをきちんと把握し、思いやりを持って交際を続けると、信頼関係を築き上げることができます。3つ目は「交際中に別の人とお見合いをするのは避ける」という点です。特定の人との交際中に、ほかの異性を紹介してもらったりお見合いをしたりするのは、マナー違反になる場合があるので要注意です。交際中にほかの人からお見合いを申し込まれた場合は、コンシェルジュを通してきちんとお断りをする必要があります。

交際から成婚につなぐための注意点

結婚相談所で出会った相手と交際を始め、スムーズに成婚につなげるには、以下の3つの点を意識するのが肝心です。1つ目は「結婚の意志を伝える」ことです。どんなにすてきな人であっても、相手に結婚の意志がなければ成婚につなげることができません。スムーズに成婚を目指すには、相手に結婚の意志をしっかり伝えておく必要があります。お互いに意見のすり合わせや、結婚に対する考え方の確認をきちんとしておくのが肝心です。
2つ目には「家族のことを話しておく」という項目が挙げられます。結婚は家と家を結ぶことであり、お互いの家族との関わりも深くなるのです。家族との付き合い方は家庭ごとに異なり、ひんぱんに会って話す人もいれば、用事があるときにだけ話すという人もいます。家族との関わり方がお互いに大きく異なる場合、結婚後にさまざまなトラブルが生まれる原因になり得ます。後悔のない結婚をするためにも、きちんとお互いの家族のことを話しておくのが大切です。
3つ目に「結婚後までのプランを話し合う」という点です。結婚後のビジョンは人それぞれであり、思い描く理想の家庭像も異なります。結婚後の理想のライフプランに大きな差があると、不満が生まれたりトラブルに発展したりする可能性があります。交際中の段階で結婚後のプランについてしっかり話し合いをしておき、納得のいく結婚を目指しましょう。

結婚相談所を利用する際の注意点を知っておこう!

結婚相談所を利用する前に、どのような注意点があるのかを知っておくと、婚活中の活動がよりスムーズなものになります。紹介したポイントを頭に入れておくのに加えて、実際に利用した人の体験談も参考にしながら、自分に合った婚活を行いましょう。

自分に合う活動方法で幸せな結婚を目指そう!

結婚相談所といっても、種類は多岐にわたります。結婚相談所への登録を検討する際は、利用すべきタイミングや結婚相談所ごとの特徴を知っておくのが肝心です。自分でパートナーを探したりアプローチを行ったりするのに不安がある人は、婚活のプロであるコンシェルジュが在籍するサービスを選ぶのがおすすめです。専任のコンシェルジュがいるサービスなら、婚活における不安や疑問を相談しながら、安心して成婚を目指せます。
また、結婚相談所を利用する際は、活動時の注意点や交際から成婚につなげるポイントを把握しておくのが大切です。自分のライフスタイルや性格に合った結婚相談所を選んで活動を行い、幸せな結婚を目指しましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 婚活を成功させたい!結婚相談所を利用する際の注意点