結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 異性との出会いを周囲にどう話す?結婚相談所にまつわるエピソード

結婚相談所のすゝめ

2018年9月

異性との出会いを周囲にどう話す?結婚相談所にまつわるエピソード

結婚相談所で出会ったエピソードをどのように伝えるのかは人によって考え方がさまざまです。率直に伝える人もいれば、出会いの話題をあまり出さないようにする人もいるでしょう。 結婚相談所は普通の恋愛とは少し異なる出会いですので、隠してしまう人も少なくはありません。考え方次第では結婚相談所で出会ったことが悩みの種になる可能性もあるでしょう。 ここでは、複数のケースを紹介し、結婚相談所で出会ったことを周囲に話す際の基本的な心構えについて解説していきます。

遠まわしに伝えるケース

結婚相談所での出会いについて、少しオブラートに包んだ伝え方をするのもひとつの方法です。完全な嘘はやめた方が良いですが、パーティーなどに置き換えるなど、大筋に問題がない方向で伝える人も多いでしょう。 ここでは、遠まわしに伝えるケースについて解説していきます。

1.そのまま周囲に伝えることへのためらい

異性との出会いはさまざまなパターンがありますが、結婚相談所での出会いに対してためらいを感じる人は一定数います。結婚相談所の利用は決して珍しいものではありませんが、自然な出会いで結婚するのが一番と考えてしまうと、コンプレックスになるでしょう。 特に年齢が若い人だと恋愛至上主義な人もいますので、お見合いを馬鹿にする人も中にはいるかもしれません。 また、自分は気にしていなくても相手や相手の家族が友人に知られることを気にする可能性があります。そのようなときはストレートに周りへ伝えるのではなく、少し遠まわしな表現を考えた方が良いでしょう。

2.パーティーなどに置き換えて伝える

結婚相談所で出会ったことをそのまま周囲に伝えるのに抵抗がある場合は、他の表現に置き換える方法が有効です。たとえば、「パーティーで出会った」といった表現がよく使われます。 そうはいっても「パーティーに参加したことなどない」と思う人は事実を作れば良いでしょう。結婚相談所で出会った後、どこかのパーティーに2人で参加するのがおすすめです。 初めての出会いのエピソードを聞かれたら、そのときの話をすれば問題ないでしょう。パーティーに限らず、夏フェスや街コンなど出会いエピソードのきっかけになりそうなところなら、なんでも良いと思います。 「友人の紹介で出会った」という表現も無難な感じですので、よく使われます。結婚相談所の担当者を友人に置き換えれば、話的にもそこまで矛盾は出ません。もちろん、あまり深いところまで突っ込まれると、不自然な点が出てきますので、そこはサラッと流したいところです。

3.それほど気後れしなくても大丈夫

本来、結婚は出会い方を問われるものではありません。良い人に巡りあえたのであれば、それでOKなのです。出会えた事実が大切ですので、どのような出会い方であっても、気後れする必要はありません。 結婚相談所での出会いが不自然だと思い込むと、出会いについて聞かれた際にぎこちない雰囲気が隠せなくなります。 普通の恋愛で出会った人たちも、そこまでドラマチックなエピソードを持っているかというとそうではないでしょう。両者にそこまでの違いはありません。 出会い方は極論をいうと、どうでもよいのです。肝心なのは今、どういう付き合いをしているかでしょう。出会い方はあえて自分から語るようなことではないので、尋ねられたらそれとなく答えるようなスタンスで十分です。

包み隠さずに伝えるケース

結婚相談所で出会ったことをそのまま伝える人はたくさんいます。わざわざ隠すようなことではないと感じるのであればオープンにする方が健全です。今の時代、結婚相談所を利用している人はたくさんいますので、驚かれたり、批判されたりするケースは少ないでしょう。 ただ、結婚が絡んでいる以上、自分だけの考えで突っ走るのは危険です。ここでは、包み隠さず伝えるケースについて解説していきます。

1.出会いのきっかけを堂々と話す

結婚相談所での出会いも正当なひとつの縁です。どのような出会い方であっても結婚するのは本人達ですので、気後れする必要はありません。親世代は結婚相談所とお見合いを同じようなものとして考えている人も多い傾向です。 親世代にとってお見合いは普通のことですので、マイナスの印象になることは少ないでしょう。結婚相談所での出会いを隠さず伝えておけば、馴れ初めの話を聞かれたときもスムーズに対応できます。 結婚相談所で出会ったことを堂々と話す人は意外と多い傾向なので気後れしないよう覚えておいてください。

2.結婚式で参列者に理解してもらう

結婚相談所で出会ったことを正直に話そうとしても、ひとりひとりに伝えるのは骨の折れる作業です。また、聞かれる分には答えやすいですが、自分の方からは伝えにくいと感じる人も多いでしょう。 そのようなときは、結婚式で伝える方法がおすすめです。結婚式で伝えば1回ですむため、あれこれと難しく考えなくてもすむでしょう。 しかし、ひとつ注意点があります。結婚式では通常、「結婚相談所で出会った」などと直接的な表現はしない傾向があることを覚えておいてください。なぜなら、結婚相談所の仕組みについて知識がない人には偏見を与える可能性があるからです。 結婚式で結婚相談所での出会いを伝える際には、その意思を明確にする必要があるでしょう。また、結婚式に参加する人たちとの信頼関係も考慮すべきです。

3.2人の門出で隠し事はしたくない

結婚は新たな人生のスタートを2人で切るイベントです。結婚生活はこの先何十年も続きます。できるだけ、隠し事はせずクリーンなスタートを切りたいと考える人もいるでしょう。そうなると、結婚相談所で結婚したこともすべてオープンにしたくなります。 ただし、「結婚相談所で結婚した」と伝えた際に、あれこれ聞いてきそうな人がまわりにたくさんいるなら少し面倒なことになるかもしれません。それらの対応が手間と感じるなら正直には伝えないという手もあります。 必ずしも本当のことを100%話す必要はありません。自分達が納得できる形でまわりに伝える方法を検討しましょう。

出会いの話題には触れないケース

最後に、出会いの話題には触れないケースを紹介します。結婚相談所での出会いは遠まわしに触れると追及されてボロが出る可能性がありますし、正直に話すと思わぬ批判を浴びる可能性もなくはありません。 そういったリスクを考慮すると「出会いの話題には一切触れない」というのは悪くないアプローチといえます。ここでは、出会いの話題には触れないケースについて説明しましょう。

1.相手の親族に対する遠慮

結婚相談所で出会ったことを遠まわしに表現してしまう人が多い理由は、結婚が絡む以上、自分だけの問題ではないからです。自分は何も気にしていなくても、相手の親族などがどう考えているのかはわかりません。 そのあたりの信頼関係があいまいなうちにはストレートな表現は遠慮した方が良いでしょう。自分はありのままを伝えたくても、親族との兼ね合いでそれが難しいケースがあることを忘れないようにしてください。 親族の考えがわからないのであれば、結婚相談所で出会ったことをまわりに伝えるのは控えるようにしましょう。

2.プライベートなことなので話さない

結婚はあくまでプライベートなことと割り切るのであれば出会いについて話さないのもひとつの方法です。このアプローチでいくならば、自分の姿勢を明確に示す必要があります。 出会いについて聞かれたときに嫌そうな態度をとるのではなく、言葉でしっかりと「プライベートなことは話さない」と伝えるようにしましょう。一貫したスタンスを取り続ければ、周りの人もそれほど聞いてこなくなるはずです。 このアプローチをとることで、出会いについてだけでなく、自分の話したくない内容をすべてシャットアウトできます。人に根掘り葉掘り聞かれるのが嫌いな人にはおすすめの手段でしょう。ただ、やり過ぎると堅い人間だと思われてしまうので、時には妥協も必要かもしれません。 プライベートなことを話したくなくても、結婚式では馴れ初めを聞かれるケースが多いです。しかし、結婚式で馴れ初めを話すことは必須事項ではありません。 馴れ初めの話をしなくても、初めて会ったときの印象や、どんなところが好きなのかなど、別の切り口で式を盛り上げることは可能です。自分の伝えたいことだけを話すようにしましょう。

どのように伝えるかは当事者や親族で相談することが大切

2人の出会いをまわりにどう伝えるかは、人によってさまざまですので明確な答えはありません。ただし、自分の考えだけですべてを決めてしまうのはNGです。 当事者同士でよく話し合い、状況に応じて親族とも相談することが大事になります。幸せな結婚をするためには周囲の理解を得るようにしましょう。

1.周囲が納得する形が何よりも大切

結婚はお祝いの出来事ですので、出会いのエピソードをどう伝えるかはそれほど重要ではありません。サラッと流しても良いですし、正直に話しても良いでしょう。 何より、重要なポイントは関わる人たちが納得する形を模索することです。結婚相談所に対してネガティブなイメージや恥ずかしい印象を持っている人が関係者にいるならば、当事者同士で話し合い、その後その人にも話を聞くべきです。 話し合いの結果、理解を得られるのであれば結婚式でオープンにしても問題ないでしょう。納得してもらえないようであれば、諦める展開も仕方ないかもしれません。皆から祝福される結婚式を目指すのが第一と心得ましょう。

2.あまり深く考えすぎない

出会いのエピソードをどう伝えるのかという点だけに気を取られ過ぎてしまうと、気持ちが落ち着かなくなってしまいます。どのように出会ったのかはそこまで重要な問題ではありませんので、あまり難しく考えすぎないようにしましょう。 結婚がうまくいくかどうかに、出会い方は関係ありません。友人の紹介、合コン、ナンパ、結婚相談所、なんでもかまいません。幸せな結婚生活が送れればそれで良いのです。 結婚相談所で出会って幸せになっている夫婦は山ほどいますので、前向きに捉えていくことが大切でしょう。

結婚相談所での出会いを話すかどうかはみんなで決めよう

結婚相談所での出会いをまわりに話すかどうかは少し悩ましい問題です。遠まわしに伝える人もいれば、ストレートに伝える人もいるでしょう。馴れ初めはプライベートなことなので一切話さないスタンスでも特に問題ありません。 結婚相談所に対するイメージは人によってさまざまですので、まわりに話すかどうかは自分だけでは決められません。どうすべきか迷ったときは当事者や関係者で話し合うことが大切です。周囲が納得する形を作ることができれば、それに従うのが一番良いでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 異性との出会いを周囲にどう話す?結婚相談所にまつわるエピソード