結婚相談所のすゝめ

2018年9月

30代男性が結婚相談所を選ぶときの注意点

30代男性は結婚適齢期です。そろそろ身を固めたいと考える人が増えてくる年代といえるでしょう。そんなときは結婚相談所を利用するのもひとつの方法です。ただ、やみくもに結婚相談所に駆け込むのはあまりおすすめできません。 結婚相談所は、当然お金がかかりますし、結婚に対して本気の人だけが集まる場所です。まずは、結婚相談所の基本的な仕組みを理解しましょう。ここでは、結婚相談所についての解説を幅広く行い、うまく利用するためのコツを紹介していきます。

結婚相談所の特徴を理解しておく

結婚相談所に行く前にその特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。結婚相談所といえばお見合い形式が主流ですが、それだけではありません。 インターネットを利用したものや、気軽に参加しやすいパーティー形式のものもあります。まずは、結婚相談所の基本的な特徴について解説していきます。

1.結婚願望が強いなら結婚相談所を利用する方法も有効な手段

結婚相談所を利用するメリットは入会している異性の結婚願望が強いところです。30代を過ぎ、結婚を意識した付き合いをしたい男性にとっては絶好の場所といえます。 私生活では彼氏彼女ができても、結婚に対する考えはなかなか聞きにくいものです。「初めから結婚を前提にしたい」と本気で結婚を考えている男性にとって、結婚相談所の活用は有効な手段となるでしょう。

2.結婚について真剣に向き合う

結婚は誰かのためにするのではなく、自分のために行うものです。「周囲が結婚しだしたから自分もそろそろ」といった心構えでは、なかなかうまくいきません。「本当に自分が結婚したいのか」「結婚したいのであればなぜしたいのか」をしっかりと考えてみましょう。 「どういった相手と一緒になりたいのか」「結婚に何を望んでいるのか」など、自身についてもきちんと見つめ直すことで、自分の結婚へのスタンスというものがわかってきます。28歳という年齢を考え、改めて自分にとって結婚が何かをよく見つめていく必要があるでしょう。

2.結婚相談所の基本的な仕組み

結婚相談所は結婚を前提として女性を紹介してくれます。最初はお見合い形式で対面し、そこでお互いにGOサインがでれば交際開始という流れです。結婚相談所は数多くあり、サービスの内容はさまざまです。 しかし、相手が紹介され、お見合いを実施するスタイルはほぼどこでも共通といえるでしょう。お見合いは緊張する場面もあるかもしれませんが、結婚相談所によってはお見合いのときにエージェントがフォローしてくれることもあります。

3.結婚情報サービスや婚活パーティーとの違い

結婚相談所は結婚情報サービスや婚活パーティーとは一線を画す存在です。結婚情報サービスや婚活パーティーでもある程度、自分に合った相手とマッチングすることが可能ですが、結婚相談所ではより綿密なヒアリングが行われます。 エージェントがしっかりとしたヒアリングをあなたに実施しますので、条件にあった女性にマッチングしやすくなるでしょう。自分の理想に近い女性が紹介され、お見合いの場所をセッティングしてもらえる点が、他にはない結婚相談所のメリットです。

良い結婚相談所の見極め方

結婚相談所はお金がかかります。結婚のための投資を無駄にしないためにも、できるだけ自分に合った相談所を選びたいものですね。より良い結婚相談所を選ぶためのポイントをここでは紹介していきますので、チェックしてみてください。

1.結婚相談所の実績に注目する

結婚相談所を比較するときに、まず気をつけるべき点は「どのぐらいの実績があるのか」ということです。行こうと思っている結婚相談所の実績をインターネットやパンフレットで事前に調べてみましょう。 そこに具体的な数字が書かれていないような結婚相談所は避けた方が無難かもしれません。実績が豊富な相談所は数多くのノウハウを持っていると考えられます。ノウハウがある相談所ほど、希望する相手とマッチしやすくなることが期待できそうです。 また、実績を残している相談所はエージェントから的確なアドバイスを受けられるメリットもあります。

2.サポートの充実度を比較する

結婚相談所によってサービス内容は異なります。結婚相談所というと、婚約が成立するまで面倒をみてくれるイメージがあるかもしれませんが、それは結婚相談所次第です。なかには交際が成立した時点で成婚とみなして退会するところもあります。 もちろん、婚約の段階までサポートしてくれるところもありますが、前者に比べると料金は高くなる傾向です。サポートの充実度と利用料金を天秤にかけ、自分のニーズにあった結婚相談所を探すようにしましょう。

3.入会している年齢層を把握する

利用しようとしている結婚相談所の年齢層を把握するのも重要なポイントのひとつです。登録者がたくさんいる相談所だとしても、自分の希望する年齢層が少ないようであれば、結婚まで到達する確率は下がってしまうでしょう。 「何歳ぐらいの人と結婚したいか」については、ある程度決めておくことをおすすめします。30代の男性であれば20代後半から30代前半ぐらいの女性会員とマッチしやすいといわれていますので、参考にしてみてください。

1.入会している男性の平均年収

結婚を目指す以上、年収はそれなりに意識すべきポイントでしょう。結婚相談所に入会している男性の平均年収は、400万~500万円が中心です。女性会員が希望する年収は、450~500万円となっています。 30代前半の男性だと年収が400万円前後の場合も多いですが、若い分、これから年収が上がることが期待できるので、さほど気にする必要はないでしょう。平均年収に近い数字であれば婚活で足を引っ張られることは少ないはずです。

2.最低限の生活力を備えていることが大切

結婚生活では生活力が一定程度、求められます。生活力がある男性は女性会員から人気です。一人暮らしの経験があり、自炊や掃除に自信があるのであれば、その点をアピールすると良いでしょう。 家事を女性にすべて任せるのではなく、身の回りのことは自分でできる男性が求められています。「家事は女性がするもの」という固定概念にとらわれている人は注意しましょう。現代において亭主関白な男性は通用しなくなってきています。

3.安定した職業に就いている

婚活において年収は大事ですが、年収が高ければそれで良いというものでもありません。毎月安定した年収を得ることができる、固めの職業が女性からは人気です。 その月によって大幅に給料が変わるような職業は不安と感じる人が多いのが現実でしょう。「1カ月でこれだけ稼いだ!」というアピールはあまり有効ではないかもしれません。年収のアピール方法はよく考え、相手に安心感を与えることが最優先です。

婚活を始める前に自分のアピールポイントを整理しておく

結婚したい気持ちが強いだけでは、婚活が空回りする可能性が高くなります。自分のアピールポイントをしっかりと把握しておくようにしましょう。異性に魅力を感じてもらうにはどうすれば良いのか、そこを突き詰めていくアプローチが婚活成功の鍵を握っています。

1.強みとなる部分を探る

結婚相談所を利用することで異性との出会いのチャンスを広げられるのは間違いありません。しかし、同時にライバルが増えてしまうのも事実です。ライバル達から一歩抜け出て、相手から感心をもってもらうためにも、自分の強みはよく分析しておく必要があるでしょう。 30代の男性であれば、大人の余裕が出てきて仕事も充実し出す年代です。そこまで若くもなく、歳よりでもない非常にバランスの良い年代ですので、女性からも人気です。 仕事面をアピールするのも良いですし、スポーツをやっているなら爽やかな印象を与えることができるでしょう。30代ならではの魅力を考えてみてください。

2.弱点に対する捉え方を押さえる

自分の弱点に目を向けるのも忘れてはいけないポイントです。たとえば、年収といった面では30代前半だと少し自信がない人もいるでしょう。そのようなときは「仕事だけでなく家庭を大事にしたい」とアピールするなど、捉え方を変えてみるのがおすすめです。 一人暮らしが長い人であれば、家事のスキルを示すのも良いでしょう。共働きの世代が増えてきていますので、片側の年収が低くても世帯として必要な年収を超えていれば問題ありません。弱点をコンプレックスにせず、できるだけ前向きに捉えるようにしましょう。

3.結婚したいという強い意志を持つ

結婚したい気持ちをアピールするのも、当たり前のことですが、ないがしろにはしないでください。結婚相談所に来ているぐらいですから、それなりに結婚願望はあるはずですが、その本気度については相手からすると気になるところです。 結婚に対する意思を強くアピールして、相手を安心させてあげるようにしましょう。

出会いの場を広げることが大切

結婚するために大事なことは出会いの場を広げていくことです。出会いが自然に発生するのを待っているだけでは、そのままチャンスがなく終わってしまう恐れもあります。出会いの場を自ら広げ、自分にあった異性を見つけやすい環境を作ることを心がけましょう。 結婚に向けて何か行動を起こそうと考えたとき、結婚相談所は有効な手段となります。

1.等身大の自分で向き合える相手を見つける

結婚は恋愛とは違い、より現実を見なくてはなりません。若くて、可愛くて、スタイルも良い相手を追い求めるのも恋愛ならば問題ではないでしょう。しかし、結婚生活では自分の趣向よりも、等身大で向き合えるかどうかがより重要なポイントとなります。 結婚生活は何十年と続くもののため、性格が合わなければ継続するのは難しいです。少し極論をいうと、容姿はほとんど関係ないといっても過言ではありません。背伸びしなければ付き合えないような相手ではなく、ありのままの自分を見せられる相手かどうかを見極めるのがなによりも大切です。

2.結婚生活に対するイメージを持つ

結婚生活をどういった人と送りたいのか、イメージをはっきりさせておくと結婚に対する不安を解消することができます。性格的な問題だけでなく、専業主婦になって欲しいのか、それとも共働きかなど、ライフスタイルも想像しておくと良いでしょう。 いざ結婚となってから、自分の考えを相手にいうのはタイミング的にやや遅い場合があります。結婚相談所を利用する際にはエージェントにあらかじめ、自分の目指す結婚生活を説明しておくようにしましょう。 同じ価値観を持つ人とマッチングしてもらえれば、お見合いもスムーズになります。意識的に結婚について考えを深めておくことが大事なのです。

結婚相談所を上手く利用して結婚をぐっと近づけよう

結婚相談所は結婚をめざす人にとってメリットの大きいものです。結婚相談所の特徴をよく理解し、自分にあったサービスを実施しているところを見つけるようにしましょう。 結婚相談所をうまく利用するには、年収や職業も関係してきますが、それだけではありません。家庭を大事にするアピールをしたり、家事に自信があることを示したりすれば、そこを魅力的に感じる女性もいます。 結婚相談所に自分のめざす結婚生活を具体的に説明し、価値観の近い人をマッチングしてもらうようにしましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 30代男性が結婚相談所を選ぶときの注意点