結婚相談所のすゝめ

2018年9月

28歳独身者が結婚相談所を活用するコツ

28歳という年齢は、若いようで実は30歳を目前にしています。「ある程度の交際期間を経てから結婚したい」と思っているのであれば、婚活に残された時間はあまりないと考えて良いでしょう。 さらに、仕事もまだまだがんばりたいのであれば、より婚活の時間は削られます。つまり、28歳というのは結婚について改めてしっかりと考えなくてはならない年齢でもあるのです。そこで、今回は28歳が婚活を行うときのポイントについて解説していきます。

人生のライフプランニングを見つめ直す

30歳という節目の年を目前に控えた28歳という年齢は、仕事や結婚など、今後の人生について見つめ直す時期です。20代のうちに結婚したいと考えているのであれば、動き出さなくてはいけないでしょう。「面倒なことは先延ばしにしよう」ともいっていられない年齢なのです。

1.仕事と結婚のバランスを考える

28歳で独身者だと、仕事に対してやりがいを持っていることも多いでしょう。会社によっては中堅どころとして頼りにされたり、大きな仕事を任されたりするようになってきているかもしれません。 そのようになってくると、仕事が楽しくて、結婚したいけれど婚活はどうしても後回しにと考える人もいるでしょう。しかし、結婚について先送りをしていると、仕事の責任はさらに大きくなっていきます。 そして、いざ結婚したいというときには、仕事が忙しくて婚活なんてしている暇もないという状況に追い込まれているかもしれません。もし結婚願望があるならば、現在の仕事が大切であっても、平行して早めに婚活も始めた方が良いでしょう。

2.結婚について真剣に向き合う

結婚は誰かのためにするのではなく、自分のために行うものです。「周囲が結婚しだしたから自分もそろそろ」といった心構えでは、なかなかうまくいきません。「本当に自分が結婚したいのか」「結婚したいのであればなぜしたいのか」をしっかりと考えてみましょう。 「どういった相手と一緒になりたいのか」「結婚に何を望んでいるのか」など、自身についてもきちんと見つめ直すことで、自分の結婚へのスタンスというものがわかってきます。28歳という年齢を考え、改めて自分にとって結婚が何かをよく見つめていく必要があるでしょう。

3.20代は若さで勝負できる年齢

20代は若さで勝負できる年齢であるとしても、20代後半になってくると年齢的な焦りを感じ始めるものでしょう。ただ、実際に30歳になってからでは気付いても遅い部分があります。 つまり、28歳はまだ20代であるということから、若さでも勝負ができる年齢といえるでしょう。20代前半の人から比べると若干不利な部分がありますが、今からしっかりと婚活に励めば、十分20代ということを武器にできます。その意識を忘れずに、婚活を行っていくことが重要です。

自分の結婚観をしっかり持って婚活をする

28歳で婚活を行っていくには、自分の結婚観をしっかり持つことが重要です。他人に流されず、自分がどういう結婚をしたいのかを常に問い続けることを忘れないでください。 ここがぶれてしまうと、せっかく婚活をしていても成果が表れなかったり、自分がどういう方向に進んで行けばいいのかがわからなくなったりしてしまいます。

1.既婚率と未婚率の関係

20代女性の場合であれば、既婚率は26歳で33%ほどですが、28歳になると47%と2人に1人は既婚者となります。このことから、未婚率は年齢を重ねるほど低下していく傾向にあることがわかるでしょう。 多くの女性が30歳という年齢を前に、結婚に対し勇み足になっていることがうかがえます。

2.自分らしさを見失わないことが大切

28歳くらいになると、年齢的な焦りを感じてしまう部分もあるかもしれません。しかし、焦りすぎてしまうと、自分の結婚観がブレてしまうため注意が必要です。結婚願望がない異性とズルズルと付き合ってしまっては、貴重な時間が奪われるだけでしょう。 好意がない相手に対しては、毅然とした態度で断るくらいの気持ちがないと婚活は成功しません。婚活するにあたり、自分が相手に対し何を求めているのかをしっかり見定めましょう。

3.結婚生活がイメージできる異性を選ぶ

恋愛相手として求める異性と結婚相手として求める異性には、おのずと違いも出てくるものです。恋愛においてはルックスやおしゃれ度を重要視していたとしても、いざ結婚を考えたらそういったことは気にならなくなるかもしれません。 それよりも、「経済力はあるのか」「家事はできるのか」など、現実的な条件が気になりだすでしょう。恋愛感情はもちろん大切ですし、相手にときめきを抱くかを条件に入れる人もいます。ただ、実際問題生活をしていくことを考えると、現実的な面もしっかりと見極めることが大切です。

なかなか結婚に結びつかない人の特徴

いざ婚活を始めたとしても、なかなか結婚に結びつかない人がいます。そういう人は、何らかの特徴を持っている可能性があるでしょう。 がんばって婚活しているのに成果が見えずに焦っている人は、一度自分の性格なども見直してみることもおすすめです。案外、自分の中に問題があるケースもあります。

1.出会いの形にこだわりすぎてしまう

ドラマや映画のような理想的な出会いの形を求めすぎている人は、一度その考えを捨ててしまった方が良いでしょう。ドラマや映画は作り物であるということを認識することが大切です。 それに、いくら素敵な出会いであったとしても、相手が素敵な人とは限りません。大切なのは、相手が結婚にふさわしい相手であるかどうかです。この先の生涯を共にすることを考えたら、出会いは一瞬のできごとに過ぎません。 そして、素敵な出会いを求めるがあまり、出会いそのものの機会を失ってしまってはもったいないです。 出会いの形にはさまざまなものがあります。街コンや合コン、婚活パーティー、結婚相談所など、「どのような媒体であっても素敵な相手と巡り会えた人はいる」ということをしっかりと把握しておきましょう。

2.異性に対して上から目線で接してしまう

「いい異性がいない」「異性が誘ってくれないから婚活をしていない」といった考えを持ちすぎてしまうと、無意識のうちに異性を遠ざけてしまいます。自分にはそれだけの魅力があるのかと、自身に問い正すことも大切です。 また、外見的な魅力があるとしても、それに伴う内面の美しさもあるでしょうか。自分で思っているほど、異性は自分のことを魅力的に見てくれていないかもしれません。したがって、いつまでも上から目線の態度でいては、せっかくの出会いの機会も逃してしまう可能性があります。 謙虚な姿勢でいることを忘れず、自分からも出会いを求めるというスタンスを持つようにしましょう。そして、異性に対しては先入観を持たずに接することが大切です。

3.異性に甘えるのが苦手

「自分は1人でやっていける」と考えすぎてしまうと、異性に対して素直に甘えられなくなってしまうこともあるでしょう。あまりにもそういった態度を見せていると、異性は「自分がいなくてもこの人は大丈夫だ」と思い、離れていってしまうケースがあります。 自立していることは素晴らしいですが、婚活中は異性に弱い自分を見せることも大切です。普段は毅然としている人がふいに見せる甘えというのはギャップがあり、異性をドキッとさせることができるでしょう。

少し年上の異性を狙ってみる

28歳で同じくらいの年齢の人を狙ってもうまくいかない場合には、少し年上の異性を狙ってみるというのもおすすめです。+3~5歳の年齢差であったとしても、話を合わせることはできますし、逆に年上ならではの包容力であなたを受け入れてくれるかもしれません。

1.年上だからこそ背伸びをせずに向き合える

結婚相談所に入会している男性は30~40代が多いので、28歳女性であれば5歳程度年上の人を狙ってみるのも良いでしょう。20代というだけで、あなたの価値は格段に上がります。 一般的に女性の方が男性よりも精神的に成熟しているといわれているので、5歳程度の年上であれば、話も合うでしょう。また、同年代の男性よりも収入も良い人が多い傾向です。 そのため、年上であったとしても、結婚を真剣に考えられる相手として、背伸びをせずに向き合うことができるでしょう。

2.弱い自分を見せていくことも大切

自分の弱さを素直に見せることが苦手な人であっても、年上の異性と交際をしてみると新たな発見が得られるかもしれません。同年代や年下の異性が相手であれば「自分がしっかりしないといけない」と 思ってしまう人であっても、年上の相手であれば、素直に甘えられることもあるでしょう。甘えられるというのは、すなわち隙がある状態ともいえます。完璧な人というのは隙がなく、どこか近寄りがたい雰囲気で出てしまうものです。 しかし、隙を見せることで異性は守ってあげたいと思ったり、自分が側にいなくてはと思ったりするかもしれません。結婚のための手段として、時には隙を見せるというのも意識してみてはいかがでしょうか。

3.弱点があってもプラスに変えていける

例えば、年収が少なくて結婚にためらいを感じている人こそ、結婚相談所を利用するメリットがあります。なぜなら、結婚相談所に入会している男性のなかには高収入や社会的な信用が高い職業に就いている人もいるからです。 そういった男性は、自分が弱点だと感じている点を補ってくれることができるでしょう。

早く結婚したいと感じるなら結婚相談所がおすすめ

結婚に対して真剣に考えるのであれば、結婚相談所を利用するメリットがあります。なぜなら、入会している異性はすべて結婚願望がある相手なので、早期にパートナーを見つけやすいからです。 互いの目的が一致しているため、無駄な交際期間を過ごすこともないでしょう。

2.自分に合った結婚相談所を選ぶ

一口に結婚相談所といっても、さまざまな会社があります。大切なのは、そういった数多くの会社の中から、自分に合ったところを選ぶことでしょう。例えば、年上の相手を望んでいるのに、若い人ばかりしかいないようなところを選んでしまっては意味がありません。 出会いの方法やどういった人が入会しているのかなど、自分の結婚観に合った結婚相談所に入会するようにしましょう。

28歳で真剣に結婚を考えるなら結婚相談所へ

28歳という年齢は30代を目前に控え、婚活を始めるにはふさわしい年齢です。仕事が楽しい時期かもしれませんが、真剣に結婚したいと考えているのであれば、人生のライフプランについて考え直してみましょう。 28歳という年齢を考えるのであれば、結婚観をしっかりと持ち婚活をすることが大切です。 婚活がなかなかうまくいかないという人は、結婚相談所を利用してみると良いでしょう。結婚相談所には真剣に結婚を考えている人たちが集まるため、効率よく婚活を進めることができます。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 28歳独身者が結婚相談所を活用するコツ