結婚相談所のすゝめ

2018年9月

結婚相談所における平均的な交際期間

結婚相談所で出会い、お付き合いをすることになったカップルは、どのくらいの交際期間を経て結婚しているのでしょうか。気になる問題ではあるものの、周りで聞ける人がいない場合もありますよね。 結婚相談所で出会うということは、お互いに結婚を意識した付き合いになるとはいえ、人生の一大事である結婚を、すぐに決めるのはなかなか難しいような気もします。ここでは、結婚相談所で出会って結婚をしたカップルの平均的な交際期間について紹介していきます。

結婚相談所の基本的な仕組み

結婚相談所の基本的な仕組みについて、解説していきます。まずは、プロの担当者による婚活相談を行ったうえで、今後の婚活のプランを作成していき、いよいよマッチングです。 その中で、「会ってみたい」と思える人がいたら、お見合いとなります。お見合いの席で、「もう少し相手を知りたい」と思ったら交際スタートです。 結婚相談所の交際については、以下でさらに詳しく触れていきます。そして、交際後、特別なひとりと出会えた人は、成婚退会へと進みます。

1.仮交際と本交際の違い

結婚相談所の交際には、「仮交際」と「本交際」とがあります。まず、この2つの言葉について、解説していきましょう。前者の「仮交際」は、お見合いを終えた段階で気に入った相手と連絡先を交換し、デートをすることです。 この仮交際期間でデートを重ねて、さらにお互いが気に入ったら、後者の「本交際」へと進みます。仮交際は自分に合う異性を探す目的がある一方で、本交際では特定の相手との価値観が合うかどうかを知る目的があります。 お見合いをして、少しでも気になる相手がいた場合は多くの相手と仮交際をしていくことが婚活成功の鍵といえます。仮交際の相手の中から、本交際に進みたいと思える人を見極めていきましょう。

2.本交際後の流れ

仮交際で気に入った相手と、「価値観が合うかどうか」「結婚相手としてふさわしい人かどうか」を見極めるために本交際へ進むことになります。 その際、結婚相談所によっては、本交際を成婚とみなして退会となるところもあるでしょう。一方で、本交際から婚約までサポートしてくれるところもあり、 それぞれの結婚相談所で成婚の定義が異なりますので注意が必要です。それぞれの結婚相談所がどこまでをサポートしてくれるのかを確認しておきましょう。

3.成婚に至らないとお見合いから再スタート

本交際までいったのに、価値観が合わなかったり、結婚相手として見られなかったりすることは残念ながらないとはいえません。その際は、再度お見合いからスタートするという流れになります。 「断りづらいのでは」と不安に思う人もいるかもしれませんが、その点については心配ありません。結婚相談所の仕組みはシステム化が徹底されており、自分に合わない相手は断りやすくなっています。 そのため、無理に交際を続けたり、相手に気を使ったりする必要がないのです。これは、効率的に婚活を進めることができるメリットの1つといえます。次こそ、自分に合った相手にめぐり合えると信じて、再スタートをきりましょう。

交際期間の平均的な目安

気になる交際期間について解説しましょう。多くの結婚相談所はお見合いから成婚に至るまでの交際期間を、「仮交際」と「本交際」と区別していますが、それぞれにその期間を定めていることが一般的です。 その期間は1~3カ月と短期間なものが多いため、「そんな短期間で決められる?」と不安になる人もいるかもしれませんね。しかし、交際期間を長くすることで、婚活の集中力を失い、結婚に至らないという結果もあります。 結婚相談所での婚活はスピードもメリットの1つなのです。以下で、詳しく解説していきましょう。

1.仮交際なら1~2カ月程度

結婚相談所によって違いはありますが、仮交際の期間は1~2カ月程度と定めているところが多い傾向です。仮交際期間については、自分にどの人が1番合っているかを見極める時期であるため、複数の異性と同時に交際することが認められています。 そのため、お見合いで少しでも気になる人がいたら、連絡先を交換する仮交際を進めることをおすすめします。多くの人と仮交際をし、視野を広げることが婚活をスムーズに進めるための第一歩です。 そして、仮交際で相手と向き合うことで、考え方や価値観、自分との相性も見えてくるはずです。短い期間ではありますが、相手に対して、「もっと一緒にいたい」と思ったり、「もっとこの人のことが知りたい」と感じたりしたら、本交際に進むべき人かもしれませんね。

2.本交際では3カ月以内が多い

仮交際後の、本交際では結婚に向けての付き合いとなるため、お互いに相手を知るための真剣な交際と発展するでしょう。この本交際については、交際期間を3カ月以内としている結婚相談所がほとんどです。 この期間でお互いが結婚する決断ができなければ、交際解消となります。そのような規約があることも手伝って、ほとんどのカップルが3カ月以内に結婚をしている事実があります。 お互いが結婚を目的としているため、結婚までの期間は短いのですね。

3.人によって差がある点を理解しておく

結婚相談所が定めている交際期間は、あくまで目安です。個人差、カップル差があることを理解しておく必要があります。中には、交際1カ月で結婚を決めたカップルもいます。 しかしながら、人は人、自分は自分という信念のもと、焦らずに結婚相手にふさわしい人かどうかを見極めてください。 結婚相手を決めるということは、人生を決めるといっても過言ではありません。自分の結婚観、価値観をすり合わせることができる相手なのか、その他にも結婚するうえで必要な情報はたくさんあります。 さまざまな会話をする中で、自分の人生と相手の人生について考える時間にしてください。

交際期間を実りのあるものにするためのポイント

結婚までの道のりで、交際期間が大切であることはすべてのカップルにいえることです。しかし、中でも交際期間に限りのある結婚相談所で出会ったカップルにとっては、特に重要な時間だといえます。 交際期間はお互いのことを知ることができるうえ、楽しい期間にすることがポイントです。そのために、必要なことはなんでしょうか。詳しく紹介していきます。

1.普段から意識的にコミュニケーションを取る

交際期間をより充実したものにするためには、普段から意識的にコミュニケーションを多くとることが大切です。今の時代はメールやラインなど便利なツールが多いですが、文字ではうまく伝わらないことも多いですよね。 誤解を招いてしまったり、勘違いで怒らせてしまったりする場合もあります。その点、直接顔を合わせて話をすることは、ごまかしようがありません。しっかり思いも伝わります。 時間がなくても、なるべくデートをしたり、電話で話をしたりするような直接的なやり取りを重ねていきましょう。

2.素直な気持ちを口にすることが大切

長く付き合っているカップルや熟年夫婦でさえ、お互いの気持ちは口に出さないとわからないものです。交際期間が浅い2人ならなおさらですね。 話をしていて腑に落ちなったり、誤解をされているように感じたり、交際中は相手の気持ちがわからずに悩むことも多いでしょう。そんなときは思い切って、気持ちを聞いてみることをおすすめします。 自分の好きなことや嫌いなことなどを伝えるのもいいでしょう。同時に、相手の反応を観察してください。 良好な関係を保っていくためには、不満や思いをため込まず、素直な気持ちを伝えることが大切といえます。 目の前の人が、長い人生をともに過ごす相手になるかもしれないのです。きちんと言葉で伝えるようにしましょう。

3.デートを丁寧に行っていく

交際期間中のデートは、お互いの結婚観や、価値観を確認して、考えをすり合わせていくために有効な手段です。デートでいろいろな場所へ行ったり、 いろいろな話をしたりする中で、自分と相手の相性について考えてみてください。例えば、「混雑しているお店の待ち時間で相手がどんな対応をするか」「イライラとして店員にあたる」など、 交際を重ねていくうちにがっかりしてしまうような出来事があるかもしれません。逆に、遊園地などで迷子になった子どもに優しく声を掛ける姿を見たら、「この人はよい親になりそうだな」なんて、明るい将来が見えてきませんか。 また、何度もデートをしているからと安心せずに、1回1回のデートを大切にすることや、相手への感謝を忘れずにすることも重要なポイントです。デートのあとはお礼のメールやラインをするなども大切ですね。

期限があるからこそ集中して取り組める

結婚相談所の定める交際期間が短すぎると感じる人もいるかもしれません。しかし、期間が設けられているからこそ、「お互いが集中して真剣に婚活に取り組める」ということを忘れてはいけません。 付き合いが長くなりすぎて、結婚まで至らないカップルの話を耳にしたことはありませんか。結婚という目標を達成するためには、集中力が大切なのです。

1.交際期間を楽しむ姿勢が大事

短い交際期間で、どれだけ成果が出せるか。婚活中はどうしても焦ってしまいがちです。「このデートを成功させなければ」「どんな人なのか見極めなければ」などと、 デートのたびに意気込んでいては、必要以上に緊張していまいます。もちろん、デートで成果を出すことは大切ですが、まずはデートを楽しむことから始めてみてください。 自分が楽しまなければ、相手を楽しませることはできません。自分が気になっていたスポットに誘ってみたり、おいしそうなランチのお店を探してみたり、交際期間を楽しむ余裕をもってみてください。

2.合わないと感じたら断るのも一つの方法

交際をしていくうちに、「あれ?」と思うこともあるかもしれません。交際期間で感じた違和感は、結婚をしたらさらに膨れ上がってしまう可能性があります。 この人とは合わないと感じたら、無理に付き合いを続ける必要はありません。結婚相談所はシステム化されたところですから、断ることも難しくないのです。 結婚相談所の担当者とコミュニケーションを密にとり、自分の理想を共有していくことが婚活を成功させるコツといえるでしょう。

交際期間は短めだが、もっとも大切な期間

お見合いを終えたあとの交際期間は、仮交際なら1~2カ月程度、本交際では3カ月程度であることがわかりました。一般的な交際期間と比べると短いといえますね。 しかし、結婚相談所で出会ったカップルは結婚を目標としているため、大半の人たちがその交際期間で結婚に至ります。そのためには、交際期間は充実させるとともに、お互いのことを深く知るための努力が必要です。 さらに、結婚相談所の担当者とのコミュニケーションを多くとることも結婚への近道といえます。自分の理想の結婚について、担当者や交際相手に知ってもらうことが大切です。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所における平均的な交際期間