結婚相談所のすゝめ

2018年9月

結婚相談所を併用するメリットとデメリット

結婚につながる出会いを探すためのツールにはさまざまなものがあります。より早く自分に合うパートナーを探したいと考える人の中には、出会いを探すツールと結婚相談所を併用したいと考える人もいるのではないでしょうか。 婚活ツールと結婚相談所を併用することでさまざまなメリットを得られる反面、デメリットもあります。今回は、結婚相談所と婚活ツールを併用するときに知っておきたい、メリットとデメリットについてご紹介します。

結婚相談所の併用は可能

結婚相談所を併用することについて「ルールなどが厳しいと聞くけど、2つ同時に登録ができるものなの?」と疑問を抱く人は少なくありません。 しかし、結論から述べると結婚相談所を併用することはできます。結婚相談所に登録をするメリットとして挙げられるのが「出会いの幅が広がる点」が挙げられます。 一方で、婚活に使うお金や時間が増えやすいという点もあります。これらのメリットとデメリットについて考慮したうえで、結婚相談所を併用するのか否かを判断することが必要です。

1.結婚相談所を併用するメリット

結婚相談所を併用するメリットとして挙げられるのが、「出会いの幅が広がる」という点です。結婚相談所やその他の婚活サービスを利用する人の中には、「そもそも異性との出会いが少ない」という人もいるのではないでしょうか。 婚活サービスと結婚相談所を併用する場合は、より多くの異性と出会えるようになるため、効率よく自分に合う人を探しやすくなるのです。異性との出会いは少ないが、早期に結婚することを望んでいる場合、結婚相談所と婚活サービスの併用は有効な策といえるでしょう。

2.ほかの婚活サービスとの併用

結婚相談所とその他の婚活ツールをするときには、婚活ツールの種類について知っておくとよいでしょう。婚活ツールには、インターネットを介して相手を見付ける「ネット婚活」や「婚活アプリ」などもあります。 結婚相談所には、細かな規定がある場合も多いです。一方、ネット婚活や婚活アプリは結婚相談所のような細かな規約がなくより、手軽に登録しやすいことが特徴です。 ただし、登録する場合は身分証明書の提出が義務付けられているケースが多く、利用者が安全に利用できるような工夫がされています。 一方で、ネットを通じた婚活サービスには、コンシェルジュやアドバイザーがいません。そのため、婚活に関するアドバイスがもらえないことも多いため注意しましょう。

金銭面や時間面でしっかり検討してみる

「自分に合う異性を見付けるためにも、出会いの間口を広くしておきたい」と考える人は多いです。しかし、「婚活のためにどれくらいの時間とお金を費やせるのか考えておく必要がある」という点について考えておくことも大切でしょう。 その他の婚活サービスと結婚相談所を併用する場合、出会いの間口は広くなりやすいですが、登録やサービスを利用するためにはお金が必要になるケースも多い傾向です。 また、婚活サービスと結婚相談所の両方に登録をしたとしても、異性を探すために時間を割かなければ自分に合う相手に出会うことはできません。仮に、気になる異性を見付けた場合は複数人になるとお見合いのスケジュール調整が難しくなります。

併用をするときに注意しておきたい点

結婚相談所と婚活サービスを併用するときに注意すべき点は3つあり、「同じ連盟に加盟しているところを避ける」「結婚情報サービスは会員数や安全性に注意する」「結婚観をしっかりと見定めておく」などです。 これらの注意点をきちんと把握できていないと、思わぬトラブルに発展したり、良縁を遠ざけてしまう原因になったりしてしまう場合もあるため注意しましょう。

1.同じ連盟に加盟しているところを避ける

まず、1つ目の注意点として挙げられるのが「同じ連盟に加入している結婚相談所や婚活サービスへの登録を避ける」ということが挙げられます。特に、仲人型結婚相談所と大手結婚相談所を併用するときには注意が必要です。 それぞれの結婚相談所は連盟に加入している場合が多く、それぞれの相談所が会員のデータを共有しています。同じ会員データを共有している2つの結婚相談所に登録をしてしまうと、紹介できる人が同じになってしまいます。この場合、2つの相談所に加入するメリットが得られなくなるため注意が必要です。

2.結婚情報サービスは会員数と安全性に注目する

結婚情報サービスに加入するときは、会員数の多さがサービスを選ぶ1つの指針になります。ただし、インターネットを通じて異性と出会うシステムである場合、身分証明の提出が必要ないサービスも多い傾向です。 既婚者やパートナーがいる状態で登録をすることもできるため、せっかく自分に合う異性を見付けても結婚につながらないケースもあります。結果的に、婚活にかける時間とお金を無駄にしてしまうことにもなりかねません。 結婚情報サービスを選ぶときは安全性と会員数の両方の要素を踏まえたうえで判断するのがよいでしょう。

3.結婚観をしっかりと見定めておくことが大切

結婚相談所や婚活サービスの併用をする前に、自分の結婚観を見つめ直しておくことが大切です。結婚観があいまいなままだと、「本当にこの人でよいのか」と重要な局面で決断ができないケースもあります。 しかし、婚活をするためには時間とお金が必要です。結婚観が定まっていないと、時間とお金を無駄にしてしまい婚活に疲れてしまう原因にもなります。 そのため、婚活を始める前に「どのような結婚生活を望んでいるのか」「どんな人をパートナーに選びたいのか」など結婚観について整理しておくことが必要です。 結婚相談所のプロフィールには、「どのような結婚観を持っているのか」を記載する欄が設けられている場合も多いでしょう。プロフィールをチェックするときは、「相手が自分と似た結婚観を持っているのかどうか」もチェックしておくとよいです。

併用する前に考えておきたいポイント

結婚相談所と婚活サービスを併用する前に考えておくべきポイントは5つあります。まず、結婚相談所と婚活サービスを併用するときには、「1つに絞ることはできないのか考える」「1つのサービスで努力をしてみる」ということが大切です。 なぜなら、結婚相談所を併用することには金銭的なリスクもあるからです。また、併用する場合は「しばらく併用してから利用を考える」「期限を決めて利用してみる」「マナーはきちんと守る」などについて考えておくことが大切です。 ひとつひとつのポイントにフォーカスしてみましょう。

1.ほかの結婚相談所を利用してみるのもアリ

結婚相談所を併用するよりも、思い切ってほかの結婚相談所に移ってしまうことも方法といえます。結婚相談所に登録をするには、数万円から数十万円程度の費用が必要になる場合が多い傾向です。 2つの結婚相談所に登録をすると、婚活にかかる費用は大幅に増してしまいます。自分に合った結婚相談所を見極め、1つに絞るのも方法といえるでしょう。しかし、結婚相談所には中途解約に関するルールなどが定められています。 違反すると別途違約金を支払わなくてはならなくなるケースもあるため注意が必要です。中途解約する際には、あらかじめ契約内容を確認しておきましょう。

2.1つの場所で努力してみることも大切

「1つの結婚相談所で思うような人と出会えないから掛け持ちをしたい」と考える人は、2つの相談所に登録をする前に自分に合った結婚相談所を探してみましょう。思うように婚活が進まないと、 結婚相談所を併用し出会いの数を増やしたいと考え得るのは自然です。早く結婚を望んでいる人の中には、焦りを感じてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、婚活がうまく行かないときに利用者の相談に乗ってくれる場所が結婚相談所でもあります。 まずは、自分の悩みにきちんと答えてくれる優良な結婚相談所を探すところから始めてみることがおすすめです。

3.条件を見直してみるのも良い

思うような相手が見つからないときには、自分の希望条件を見直してみるのもおすすめといえます。自分の結婚相手を探すとなると、相手の年収や年齢などの条件に厳しくなってしまう人も多い傾向です。 年収や年齢の幅を狭く設定してしまうと、異性と出会える数は当然減ってしまいます。出会いの間口を狭くしてしまうと、思うように婚活が進まなくなってしまうケースもあるでしょう。自分の希望条件を見直し、 年収や年齢などの条件に幅を持たせることで、これまで出会わなかったタイプの異性とも出会うチャンスが生まれます。まずは、相手と会ったうえで、相性について考えてみるのもよいでしょう。

しばらく利用してから併用を考える

2つの結婚相談所(もしくは婚活サービス)に登録したからといって、安心するのは早計です。結婚相談所を併用したからといって、必ず結婚相手が見つかるというものでもありません。 結婚相談所の併用を考えた際には、まず1つの結婚相談所に登録しある程度利用した後で考えるようにしましょう。 1つの結婚相談所を利用することによって、「異性との出会いのプロセス」「結婚相談所で設けられている決まり」などについて体感的に知ることができ安心です。

1.期限を決めて利用してみる

婚活を続けるうえでストレスになってしまうのが「婚活疲れ」です。婚活疲れとは、気になる異性がいたもののうまくいかなかったり、理想とする相手がなかなか見つからなかったりすることで、婚活そのものに疲れを感じることを指します。 婚活を成功させるためには、決めた期間で相手を見定めてスピーディーに結婚まで運ぶことが重要なポイントです。そのため、結婚相談所を利用する場合も利用する期間をある程度決めておくことがおすすめ。 「1年後には結婚したい」など目標を掲げることで、「自分は結婚相談所を併用するべきなのかどうか」も判断しやすくなります。

2.マナーはきちんと守る

結婚相談所を利用する際には「社会人としてマナーを守る」ことが大切です。結婚相談所に登録をし、異性を紹介してもらう場合は、中間に立って仲人をするのは相談所の仕事です。 結婚相談所を介して知り合った人の迷惑になる行動をしたり、トラブルを起こしてしまったりした場合は結婚相談所も責任を負うことになります。登録をしている本人が謝罪をして解決をするものではありません。 自分に合うパートナーを探すために、社会人としてふさわしい行動をとることは必要不可欠です。「お見合いやデートのスケジュールをしっかり調整しておく」「実際に異性と合う時は身だしなみを整える」など最低限のマナーを守るように心がけましょう。

結婚相談所を併用する期間は短く設定しよう

結婚相談所を併用するメリットは、「異性との出会いが増える」「理想の相手が探しやすくなる」ことなどが挙げられます。一方で、婚活にかかる費用や時間が増えるため、負担になってしまう場合もあるようです。 負担が積み重なると、婚活疲れをしてしまう原因にもなるため注意しましょう。結婚相談所を併用するときは、「短期間で結婚を決める」と決意をして登録をすることが大切です。 結婚相談所や婚活サービスを賢く併用して、素敵な出会いを見付けましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所を併用するメリットとデメリット