結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > もしかして放置されている?結婚相談所との向き合い方

結婚相談所のすゝめ

2018年9月

もしかして放置されている?結婚相談所との向き合い方

結婚相談所に入会したものの、サポートが不十分と感じる人たちが少なからずいます。その原因はさまざまで、どちらが悪いとははっきり言えないケースも多いでしょう。一つ注意したいのは、結婚相談所がなんでもしてくれると思い込こまないことです。 結婚相談所はいろいろなサポートをしてくれますが、そこに頼り切ってしまうと誤解を生む原因となってしまいます。結婚相談所に登録した後、自分自身がどのような心構えで行動をするのかがとても大切です。ここでは、結婚相談所との向き合い方について解説していきます。

結婚相談所に対する捉え方

まず、結婚相談所に対する捉え方について説明していきます。結婚相談所はなんでもやってくれるわけではありません。結婚相談所はあくまで「出会いのチャンス」を提供してくれる場所であり、 そのチャンスをどう活かすかについては自分しだいと考えましょう。あなたがコンシェルジュとどのようなコミュニケーションをとるかが大事になります。

1.結婚相談所は出会いを提供する場所

結婚相談所のサポート内容は事業所によってさまざまです。しかし、基本的なスタンスとしては「あくまで出会いを提供してくれる場所」と考えると間違いがないでしょう。結婚まであなたを導いてくれる場所ではありません。 出会った異性とどのような関係を築いていけるかは本人の努力しだいなのです。結婚相談所に登録して安心するのではなく、自分磨きはより一層しなくてはなりません。せっかくの出会いのチャンスを逃さないように自分の魅力を高めておく意識を持ちましょう。 結婚相談所に過度な期待をするのではなく、結局は自分の努力しだいと考えれば、結婚相談所にギャップを感じることはなくなります。

2.積極的に動いていくことも大切

結婚相談所に登録すると、あなた専任のコンシェルジュがつきます。コンシェルジュは婚活のプロですが、コンシェルジュはあくまで結婚をサポートしてくれる存在です。 「コンシェルジュにすべてを任し、あとは待つだけ」という態度だと婚活がなかなか進まないケースが多くなるでしょう。婚活を進めるためには自ら積極的に行動していくことも大切なのです。 結婚相談所によっては、ひとりのコンシェルジュが何十人ものクライアントを請け負っている場合もあるので、そういうところはサポートも不十分になりがちです。 そんなときはこちらからどんどん連絡をとり、「どのようなサポートをして欲しいのか」について伝えるようにしましょう。また、自分から積極的に気に入った会員にお見合いの申し込みをしてみるのもOKです。 結婚相談所に登録したとしても、自分から動かなければ何年経っても出会いがないと考えましょう。

3.コンシェルジュとのコミュニケーションをしっかり取る

婚活をしていると、いろいろな悩みが出てきますが、その悩みを1人で抱え込むことはありません。そんなとき、結婚相談所は強い味方になってくれます。コンシェルジュとは綿密にコミュニケーションを取るようにしましょう。 コンシェルジュと話すときは自分の思いを遠慮せずストレートにぶつけるのがおすすめです。どうしても譲れない条件があれば必ず伝えるようにしましょう。 あなたからの具体的な希望を伝えることで、コンシェルジュは的確なアドバイスができるようになります。こちらからの要望があいまいだと、いくらプロでもアドバイスのしようがありません。 あなたとコンシェルジュとの意思疎通が不十分だと、それが原因でいつになっても希望した相手と出会えないこともあり得ます。 ただし、自分の希望が明確であっても、あまりに条件が高過ぎると出会いのチャンスが減ることには注意してください。理想が高くなるほど、それに比例してマッチングする確率は低くなります。

結婚相談所とうまく向き合っていくためのポイント

結婚相談所とうまく付き合っていくにはいくつかポイントがあります。結婚相談所は「頑張る人」を応援してくれますので、結婚に対して真剣に取り組めば良い関係を築ける場合が多いです。結婚相談所との付き合い方について、ここでは説明していきます。

1.仲人業を行う人は基本的に意欲的

結婚相談所などで仲人業を行うような人は、基本的に婚活をフォローしたい気持ちが強い人です。したがって、自分の関わり方しだいで対応が変わってくることがあります。 しかし、だからといってコンシェルジュに過剰に取り入ることはしなくても大丈夫です。あなたが諦めず地道な努力さえしていれば、コンシェルジュはそれを見てくれています。 良いところまでいって失敗してしまったとしても、やる気のある人に対しては次のチャンスをあげたいと考えてくれるでしょう。 コンシェルジュはできるだけ会員全員に平等にチャンスを与えるべく仕事をしていますが、それは理想論です。結局のところ、やる気のある会員に力の比重が偏るのは仕方のないことといえます。

2.自分のことだからこそ真剣に考える

結婚をするのはあくまで自分自身の問題です。結婚相談所とうまく付き合っていくのは大事ですが、すべてを任せるのは間違いです。 コンシェルジュにおんぶにだっこではいけませんし、言われたことを考えなしになんでも受け入れるのはやめましょう。 コンシェルジュと自分の考え方にずれを感じたら、率直に伝えることが大事です。言い方にもよりますが、コンシェルジュは反論されたからといって気分を害したりはしません。 むしろ、結婚に対して真剣に考えている印象を受けるでしょう。結婚に対して真剣な姿勢をみせていれば、コンシェルジュも真摯な対応であなたと向き合ってくれるはずです。

3.社会人としてのマナーは守る

結婚相談所はたくさんありますので、いろいろなコンシェルジュがいます。場合によっては、コンシェルジュの対応が気に入らない場面も出てくるかもしれません。 しかし、そんなときでも投げやりな態度をとるのはNGです。社会人としてのマナーは守るようにしましょう。疑いの気持ちが強くなるあまりクレームばかり入れていると、 結婚相談所との関係は悪くなる一方です。コンシェルジュは会員の結婚をフォローしたいと考えていますが、これではその願いはかないません。 確かに、コンシェルジュの対応が間違っているときもあるかもしれませんが、一度冷静に考えてみましょう。コンシェルジュはさまざまな成功事例をもとに行動しています。 アドバイスの内容が気に食わないときでも、試しに従ってみるとうまくいくことも多いでしょう。

自分に合った結婚相談所なのかを検討してみる

結婚相談所はいろいろなところがあります。大手もあれば、少人数でアットホームにやっているところもあるでしょう。サービスの内容も異なります。自分に合った結婚相談所はどういったものなのか、常に検討するようにしましょう。

1.ほかの相談所に変えてみるのも一つの方法

結婚相談所を利用して見て、自分に合わないと感じたら結婚相談所を変えるのも一つの方法です。場所を変えることで婚活のやり方が変化し、うまくいくケースもあるでしょう。大手の結婚相談所だと成功事例が多く、 たくさんのノウハウがあるため安心に思えるかもしれませんが、メリットだけではありません。会員が多ければ多いほど、コンシェルジュは忙しくなるので会員ひとりひとりのフォローが難しくなる場合があります。 手厚いフォローを受けたいのであれば、20人、多くても30人程度の少人数制の相談所を検討してみましょう。人数が少ない分、手取り足取りのサポートが期待できます。 また、結婚相談所によっては交際が成立した時点でサービスを終了するところもあります。成婚までサポートをしてもらいたい場合は、サービスの幅が広いところを選ぶようにしましょう。

2.条件面を再構成することも大切

思うように出会いの回数が増えないときは、条件面を見直してみるのも必要です。結婚相談所の会員数が少ない可能性もありますが、条件が高過ぎると、どこの相談所に登録してもマッチングする可能性は低くなります。 理想を追い求めるのも良いですが、出会いのチャンスを広げるのも婚活では必要です。条件的にいまいちと思っていても「実際に会ってみると、すごくフィーリングが合う相手だった」ということはよくあります。 あなたにとって、譲れないところは変えなくても良いのです。年収や年齢の幅など、少しでも妥協できるところはハードルを下げてみてください。それだけで出会いの機会が飛躍的に増えるケースがあります。

3.自分の結婚観について改めて考えてみる

自分の結婚について明確なビジョンを持っておくことも重要です。結婚相談所を利用すればさまざまな出会いがありますが、 ただ気の合う相手を探すだけでは結婚の条件として不十分でしょう。「子どもは何人欲しいのか」「仕事はお互い続けるのか」「持ち家に住むのか」「マンションに住むのか」など、 結婚する前に決めておいた方が良いことはたくさんあります。自分の結婚観が定まっていなければ、出会いのチャンスがあっても活かすのは難しくなるでしょう。 また、「自分の結婚観に応じた紹介を結婚相談所がしてくれているか」といったことも常にチェックすることが大切です。

行動しだいで結婚相談所の対応も変わる

自分がどのように行動するのかによって結婚相談所のアクションも変わってきます。結婚相談所をうまく活用できるかどうかは自分しだいと心得ましょう。 結婚はとても大事なイベントですが、楽しむ気持ちを忘れてはいけません。気軽な気持ちで取り組むほうが肩の力が抜けてうまくいきやすい場合も多いです。

1.婚活を楽しむくらいの余裕を持っておく

婚活についてあれこれ考えすぎると、いろいろな異性に目移りしてしまい、相手を絞り込めない事態に陥ることがあります。あまり固く考えすぎるのはやめましょう。 深刻になると表情も悪くなるので、異性からみて魅力が半減することにもなりかねません。婚活そのものを楽しむ心の余裕があった方が、結婚相談所とのやり取りもスムーズになります。

2.気軽に相談をしてみることを心がける

婚活の悩みを解消するために結婚相談所はあります。なにか不安があればコンシェルジュに気軽に相談するようにしましょう。 コンシェルジュとコミュニケーションを重ねることで信頼関係がだんだんと生まれてきます。アドバイスには真摯に耳を傾け、実践するようにしましょう。

結婚相談所を活かせるかどうかは自分しだい!

結婚相談所は登録すればそれだけでOKというものではありません。自分から積極的に行動を起こすことが重要です。あなたが努力をすればするほど、結婚相談所はその頑張りに応えたフォローをしてくれます。 結婚相談所の対応がいまいちだと思っても、まずは自分のアクションに問題がないかを振り返ってみましょう。結婚に対するイメージを明確にしなければコンシェルジュは的確なアドバイスができません。 結婚は大事なイベントですが、婚活を楽しむ心の余裕も必要です。なにか悩みがあったら結婚相談所に気軽に相談するようにしましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > もしかして放置されている?結婚相談所との向き合い方