結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 変な女だと思われないために結婚相談所を利用するポイント

結婚相談所のすゝめ

2018年9月

変な女だと思われないために結婚相談所を利用するポイント

婚活では、相手の男性にはできるだけよい印象を持ってもらいたいものです。しかし、男性から変な女だと思われてしまうと、なかなか思うようにパートナーを見つけられないという状況に陥ってしまいます。 せっかく結婚相談所に入会しても、いつまでもよい相手に巡り会えないままということになってしまうかもしれません。ここでは、結婚相談所を利用するうえで変な女だと思われないようにするために、ぜひ心がけておきたいことについて解説していきます。

結婚相談所での婚活がうまくいかない理由

結婚したいと意気込んで結婚相談所に入会したのに、どういうわけだかよい相手になかなか巡り会えないというケースがあります。そんな場合に考えられる原因はいくつかありますが、女性の側に原因があることも少なくありません。 無愛想で笑顔が少なかったり、態度が横柄だったり、消極的だったりと態度に何らかの問題があって相手が見つかりにくくなっている可能性があります。

1.笑顔が少なくて暗い雰囲気

女性の大きな魅力の1つが、笑顔です。明るく笑っている女性の顔には、人の気持ちをほっと和ませる力があります。婚活をしているのになかなか相手に恵まれない女性の中には、無意識のうちに笑顔が少なくなってしまっている人がいます。 笑顔が少なく表情が乏しい顔をしていると、何となく暗い雰囲気を身にまとってしまうので、男性の目に魅力的に映りません。本当はよい人なのに、顔の印象で性格まで暗いのかと思われてしまうのは損ですので笑顔の重要性は押さえておきましょう。

2.男性に対して上から目線で接してしまう

バリバリ仕事をしてキャリアを積んでいる女性の中には、男性に対してつい上から目線で話してしまう人がいます。自分に対して自信を持つのはよいことではありますが、上から目線で見られてよい気持ちがする男性はいません。 男性に対して無意識にそのような態度を取っていないか、チェックしてみましょう。男性に対して謙虚でありすぎる必要はありませんが、相手と対等に向き合おうとする姿勢は大切です。

3.受け身の姿勢を取りすぎてしまう

控えめでおとなしく、男性に対して消極的な女性もいます。婚活では、ある程度積極的に行動する勇気も必要です。自分から行動をしないでいると、つい受け身の姿勢をとってしまいがちで男性と対等の立場でおつきあいすることができません。 結婚生活は夫婦2人で作り上げていくもので、お互いに支え合ってこそ成り立つものです。普段からおとなしい感じの人は、婚活で消極的になりすぎていないかをチェックすることが大事です。

変な女だと思われないための改善点

婚活で変な女だと思われてしまうと、男性から声をかけてもらえなくなってしまいます。よい相手から選ばれるためにも、改善すべきところはきちんと直しましょう。大事なのは、相手を大切に思う気持ちです。 笑顔で思いやりを持って接し、お互いに尊重し合えるようなよい関係を築くことが、よい結婚への第一歩でしょう。

1.できるだけ笑顔でいることを心がける

笑顔が素敵な女性は、男性の心を和ませるので好印象を抱かれやすくなります。楽しいことがあるときだけ笑顔になるわけではありません。笑顔でいられるかどうかは心がけの問題でもあるので、意識することで笑顔の数を増やすことは可能です。 笑顔でいることは相手に心地よくいてもらうための心配りでもありますから、普段から気をつけておきましょう。たとえ、話し下手でも笑顔が素敵なだけで十分魅力をアピールできます。

2.相手を尊重する姿勢を持つ

婚活をする際は、男性とは対等の立場で接することが大事です。結婚を考える相手とは対等な立場でいたいと思うものなので、どちらかが上だとか下だとかといった考えは捨てましょう。 一緒によい家庭を作ろうとすることが非常に大事です。女性として男性に対し、上から目線でもいけませんし、控えめすぎてもいけません。相手を尊重しつつ、対等な関係を築こうとする姿勢が大切です。

3.思いやりを持って接することが大切

人に対しては、常に優しく思いやりを持って接することが大切です。何となく冷たい態度を取ったり、適当に相手のことをあしらったりしていると、男性からよく思われません。 自分がされてうれしいと感じることをさり気なく行うことができれば、男性からは好印象を持たれやすくなるはずです。結婚相談所から紹介された男性には思いやりや優しさを持って接するようにして、よいご縁を結んでいくよう努力していきましょう。

婚活をする前に自分を見つめ直す

結婚相談所を利用していて、変な女だと思われないようにするためには、自分がどんな人間なのか把握することも大事です。「どんな結婚をしたいのか」「どんな人が自分に合うのか」「相手にはどんなことを求めるのか」など、一度しっかり考えておくことで、よい婚活ができます。 相手にあれこれ条件をつける前に、まず自分のことをきちんと見つめ直すことがとても重要なのです。

1.何に幸せを一番感じるかを突き詰めて考えてみる

本当に自分にふさわしい結婚相手を見つけるためには、まずは自分のことをよく理解しておくことが重要です。「自分は何に一番幸せを感じるのか」「どんな人と結婚すると幸せになれるのか」など、婚活を始める前に一度は突き詰めて考えてみましょう。 幸せを感じることや好きなこと、心地よいと感じることが似ている人とは相性がよいものです。婚活のときに相手の男性から聞かれることもあるので、婚活を始める前によく考えておくことをおすすめします。

2.結婚相手に求めることの数を絞る

相手につける条件の数が多ければ多いほど、それをみたす相手の数は減っていきます。一生添い遂げる相手なので、理想を求める気持ちは分からないでもありません。しかし、結婚相手にあれもこれもと求めていては、なかなか相手が見つからないといった状態に陥ってしまう可能性が出てきます。 よい相手に出会うためには、許容範囲を広げて、いろいろな人と出会う可能性を高めておくことも大事です。本当に譲れない条件が何かを深く考えて、条件の数をできるだけ絞り込むようにしましょう。

3.自分に合った異性がどんなタイプかを見極める

結婚相手として、理想の異性を追い求めるのも悪いことではありません。しかし、その一方で、果たしてそうした異性が本当に自分に合った人なのかどうかを見極めることも重要です。たとえば、高収入の人を求めると仕事がとても忙しくて一緒に過ごす時間がなかなか取れないという場合があります。 そのような人が自分や、自分の思い描く結婚生活にふさわしい人なのか考えておかなくてはなりません。結婚生活のイメージを描きやすい異性を選ぶ1つのポイントは、価値観が同じかどうかです。生きていくうえで大事だと考えていること共通している人とは、きっとうまくいくでしょう。

結婚相談所を有効に活用してみる

結婚相談所を上手に利用するのも、変な女だと思われずに婚活するのに役立ちます。自分ひとりで何でもやろうとしても、なかなかうまくいかないものです。結婚に関するノウハウを持っている人の手を借りてアドバイスをもらいながら、よい相手を探していこうとする姿勢が大事です。 結婚相談所なら、ベテランのコンシェルジュがサポートしてくれます。

1.何度も自力で解決しようとしない

結婚は自分の人生に関わることですが、何でも自分一人で解決しようとしてはいけません。がんばり屋さんの女性には、何でも自分で何とかしようとする人が多い傾向があります。 しかし、自分のことは意外と自分でも分からないことがありますし、周りの人のほうが客観的に見てふさわしい相手を見つけられることもあります。そのため、必要に応じて友人や知人、家族の意見などを聞いてみるようにしましょう。

2.気軽にコンシェルジュに相談してみる

せっかく結婚相談所を利用するのなら、コンシェルジュに相談してみる姿勢を持つことも大切です。さまざまな異性やカップルを見てきている結婚相談所のコンシェルジュは、良き相談相手となってくれるはずです。 仕事として多くの事例を見てきているので、第三者の立場から冷静に、かつ親身にアドバイスをしてくれるでしょう。経験豊富なコンシェルジュは、スムーズに婚活を進めるうえで、とても心強い味方になってくれます。

3.素直な気持ちで意見を聞く

人の話は、素直に聞くという姿勢も大事です。婚活となると真剣になるあまり、どうしても自分の我が出やすくなります。時には周りの人の意見が耳に入らなくなることもあるかもしれません。しかし、周りの人からのアドバイスはきちんと聞くべきです。 どんなに良いアドバイスも、素直に耳を傾けることができなければ活かすことができません。これまでの考えに縛られることなく、まっさらな気持ちで意見を聞く姿勢を持つように心がけましょう。

自分に対して過小評価も過大評価もしない

結婚相談所を利用するにあたっては、自分のことを等身大で見つめていく姿勢が大切になります。なぜなら、結婚はありのままの自分を好きになってくれる人とするものだからです。自分を過小評価も過大評価もしないで自然体で婚活し、その中で出会った人とのご縁を大事にするようにしましょう。

1.ありのままの自分を受け入れてみる

よい相手を見つけるためには、周りの意見や世間の評価に左右されずに、ありのままの自分を受け入れていくことが大切です。自分を大きくみせようとすると、必ずどこかでほころびが出ます。 そうだからといって、あまりへりくだっていてもよい相手には巡り会えません。あくまで等身大の自分で婚活をすることが大事です。背伸びをせずに婚活に取り組んでいくことによって、変な女と思われる要素も減っていくでしょう。

2.落ち着いてパートナーを探す

結婚は、誰にとっても人生における大切なライフイベントです。一生をともにする相手は新調に選ばなければなりませんから、婚活には落ち着いて取り組んでいきましょう。 すぐによい相手が見つからなくても、慌てたりがっかりしたりしないでください。自分に合ったパートナーを見つけるためには、腰を据えてじっくり婚活に取り組んでいくことが重要です。 焦ったり慌てたりすると、よい相手との出会いを見逃してしまうかもしれません。心の余裕を持つことが、よい相手とよい結婚を引き寄せます。

思いやりと優しさを持って、幸せな結婚を目指そう!

結婚は、誰にとっても人生における大切なライフイベントです。一生をともにする相手は新調に選ばなければなりませんから、婚活には落ち着いて取り組んでいきましょう。 すぐに、よい相手が見つからなくても慌てたりがっかりしたりしないでください。自分に合ったパートナーを見つけるためには、腰を据えてじっくり婚活に取り組んでいくことが重要です。
焦ったり慌てたりしすぎると、よい相手との出会いを見逃してしまうかもしれません。心の余裕を持つことが、よい相手とよい結婚を引き寄せることにつながるでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 変な女だと思われないために結婚相談所を利用するポイント