結婚相談所のすゝめ

2018年9月

結婚相談所の利用に年齢制限がある理由

婚活に励む男女をサポートする結婚相談所では、ほとんどのところで年齢制限を設けています。たとえ、法律上結婚が許される年齢の人であっても結婚相談所で決められた年齢に達していない場合、会員登録はできません。 なぜ、結婚相談所では入会希望者に年齢制限を設けているのか疑問に思っている人もいることでしょう。そして、どの年齢層が多く登録して人気なのかも気になると思います。今回は、結婚相談所に年齢制限がある理由、どの年齢層が多く登録しているのかなどを詳しく解説します。

結婚相談所の登録にかかる料金の種類

結婚相談所では、入会をご希望される方に対して入会審査が行われます。その審査の条件となっているのが入会希望者の方の年齢です。審査の段階で、結婚相談所が定めた年齢制限の対象外であれば、この時点で入会はできません。 いくら、入会を希望される方が高収入など良い条件を持っている方でも、年齢制限という条件を満たしていない場合は、結婚相談所に入会できないのです。結婚相談所における年齢制限の下限年齢は、ほとんどのところで20歳と設定されています。 大手でない結婚相談所では20歳より若い18歳以上と設定されているところもありますが、10代という若過ぎる年齢では結婚対象者として不安を抱いてしまう方がほとんどです。
そのため、ほとんどの結婚相談所では、男性女性ともに成人である20〜25歳ぐらいが下限と設定されています。年齢制限は下限だけでなく上限も決められています。年齢制限の上限は男性65歳、女性60歳という設定が多くの結婚相談所の目安です。 結婚相談所のなかには、年齢制限の上限を80〜90歳でも入会可能としているところもあります。しかし、あまりにも高齢の方の場合は、下限が年下過ぎるときと同様に結婚対象者として見られません。 そのため、ほとんどの結婚相談所では年齢制限の上限も設定されているのです。このように、結婚相談所は、どの世代の方も入会対象ではなく年齢制限によって対象がある程度決められています。
結婚相談所が行っている紹介システムは主に2種類で、このシステムでは会員の方々の年齢も重要な要素です。結婚紹介所の紹介システムのひとつは、担当者が会員と会員の間に入り、どちらの方にとっても最適なパートナーを紹介する仲人タイプがあります。 これは、昔ながらのお見合い形式のシステムです。もうひとつは、会員が入会時に登録したデータをもとに、会員の希望条件に近い異性を紹介するデータマッチングタイプがあります。インターネットによる結婚相談所のサイトを使った、主流ともいえるシステムです。
この2つのパートナー紹介システムは、ご自身の条件に近い異性の方としか知り合う可能性がないという共通項があります。自分の希望しているパートナーに10代、あるいは80〜90歳という世代を挙げる方はほとんどいません。 そして、10代、80〜90歳の方が入会したとしても、そのような世代の方に交際を希望される方はほとんどないでしょう。ご紹介が可能なパートナーがいないために、結婚相談所は最初から年齢制限を設けて、年齢対象外の方は入会を断らざるを得ないという方法をとっているのです。

結婚相談所を利用する具体的な年齢層

結婚相談所を利用する年齢層で最も多いのが男性女性ともに30代です。特に女性の方は出産を考慮して、30代までに結婚を真剣に希望している方が多いといえます。続いて多い世代は、40代、50代という世代が続き、その次にくるのが20代です。 20代のご利用者が他の世代に比べて少ないのは、まだ結婚を真剣に考えてない方が多いためといえます。また、20代のような若い世代は、他の手段である婚活パーティーや婚活サイト、スマホがあればどこでもできる婚活専用アプリなどを利用されているケースが多い傾向です。 そのため、積極的に結婚相談所を利用している方は少ない世代といえるでしょう。
20代の若い世代は結婚前提というより、恋人や遊び友達をつくるカジュアルな気分でパーティーなどに参加している方もいます。しかし、20代に比べて他の世代、特に30代は結婚のためのパートナーと出会いたいと真剣に考えている方が多い世代です。 そのような20代以上の世代の方々が、結婚相談所を多く利用していると見られています。全体的な年齢層は30代が多いといわれていますが、結婚相談所によって40〜50代を主な対象とした相談所もあります。

年齢層による人気の違い

結婚相談所に登録している年齢層はさまざまですが、どの年齢層が人気があるのでしょうか。女性が希望しているパートナーの年齢は「自分より年上」という条件が多く見られます。
なぜなら、男性が年上であることにより、男性女性の精神年齢のバランスが取れるからです。男性は精神年齢が女性より低いといわれ、さらに実年齢が女性より年下の場合は、男性のほうが子ども過ぎてうまくいかないケースがあります。 そのため、男性が年上で年齢差があったほうが、ある程度は精神年齢のバランスが取れるという考えです。
しかし、あまりにも男性の実年齢が年上過ぎることも問題となるケースがあります。なぜなら、子どもができた場合、子どもが成人する前に年金生活を送るようになったのでは、生活に不安が出てくると思う方が多いからです。
したがって、女性が希望する男性の年齢は30〜40代前半が人気の年齢層となっています。男性は、自分より若い年齢の女性を希望することが多い傾向です。なぜなら、子どもが欲しい男性にとっては、パートナーが若いほど子どもができる可能性が高くなるからです。 したがって、女性の年齢層は男性より若い20〜30代が男性に人気となっています。

年齢制限以外のポイント

結婚相談所に入会するには、 年齢制限以外にもいくつか条件を設けています。まずは、独身であることです。これは、当然ながら絶対条件で結婚したいために結婚相談所に入会するのですから、独身であることは絶対に守ってほしいといえます。 独身であることを証明するためには、役所などで独身証明書を発行してもらい提出する必要があります。また、過去に離婚歴があったり子どもがいたりする場合でも、独身であれば入会申し込みは可能です。ただし、離婚予定が決まっていて、まだ正式に離婚していない方は入会できません。
一定の安定した収入の方であることも入会申し込みの条件です。定職に就いていて一定の収入があることが望まれています。結婚相談所によっては年収の数字が決まっているところもあり、なかには「年収1000万円以上が条件」という高収入者を対象とした相談所もあります。 また、結婚相談所のなかには年収の目安として決まりを設けているところもあり、その年収の目安とは「自分の実年齢×10万円」という計算方法です。 例えば、会員が30歳の方の場合は「30歳×10万円=年収300万円」42歳の方の場合は「42歳×10万円=年収420万円」という計算になります。この計算で出た年収を下回った場合は入会できません。
このように、具体的に年収の数字が設定されている結婚相談所もありますが、ほとんどの相談所では、収入の具体的な数字の提示は必要ありません。ご自身が入会を希望されている結婚相談所が、年収に条件があるかどうか事前の確認が必要です。 また、結婚相談所が収入に関する審査で求めているのは「利用料金を遅れることなくしっかりと支払ってくれるか」という確認でもあります。毎月の料金が延滞することのない程度の収入が必要です。 ご自身の収入を証明するには、収入証明書類である給与明細書や源泉徴収票の提出が必要となるので、事前の準備が必要となります。女性の方の場合は、無職やパート・アルバイトでも入会が可能です。 そして、心身ともに健康であり、結婚した際に結婚生活に支障のない方というのも条件に挙げられます。また、入会希望者ご本人およびその2親等以内の親族の方々が反社会的勢力、反社会的活動を行う団体に所属していないことも条件です。 もちろん、所属していなくてもこのような勢力や団体と密室な関係を持っている方も、入会申し込みは不可能となっています。結婚相談所では、入会手続きの際にこのような勢力・団体に関する規約の記述があるところがほとんどです。 これらに関する規約の記述がある結婚相談所は、安心して利用できるので入会時には規約を確認することが大事といえます。
結婚相談所では、年齢制限などある程度の条件さえクリアできれば、基本的に学歴は関係ありません。ただし、結婚相談所によっては男性の場合は大学卒業以上、女性は短大卒業以上などという条件もあるのでチェックが必要です。 なかには、ある一定の職業のみを条件として提示している結婚相談所もあります。そのような相談所が挙げている職業の条件は、弁護士・医師・公務員などです。パートナーの性格などではなく職業や収入に特化したセレブ向きの結婚相談所といえるでしょう。
男性女性ともに、喫煙者はNGという条件を出している結婚相談所もあります。喫煙者の方は入会申し込み前にそのような条件が提示されているかどうか確認しましょう。結婚相談所は数多く存在し、ポリシーやコースによって入会資格もさまざまです。 最低限の条件は年齢と収入証明なので、それらの条件をクリアして証明できる必要書類をそろえることが、結婚相談所入会では必須といえます。

イメージでとらわれすぎないことが重要

結婚に対する考え方は、時代の変化とともに変化しています。そして、結婚観も多様化して婚活に励む方、独身を貫く方など、価値観もさまざまです。大事なのは、結婚というものに対して、ひとつの価値観にとらわれてはいけないということです。 「前の世代の人たちはこうだったから」と一方向の考えをすると視野が狭くなります。ご自身にとってどのような異性の方と一緒になるのが最良であるか、その異性の方が求めていることはどのようなことか、素直に考えることが大切といえるでしょう。

年齢制限など、結婚相談所の規約や詳細はしっかりとチェック!

結婚相談所には入会するために年齢制限などの条件があります。自分が気に入った結婚相談所を見つけた場合、すぐに入会申し込みをするのではなく年齢制限など規約や詳細をしっかりとチェックすることが大事です。 また、同じ結婚願望のある人間とはいえ、それぞれの世代によってパートナーに求めている年齢は異なります。どの結婚相談所に自分の求めている世代が多く集まるか、しっかりと各結婚相談所の特徴を調べることが婚活においては大切です。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の利用に年齢制限がある理由