結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 20歳でも結婚相談所を使って大丈夫?婚活を有利に進めるポイント

結婚相談所のすゝめ

2018年9月

20歳でも結婚相談所を使って大丈夫?婚活を有利に進めるポイント

結婚相談所を利用しようと思っている人の中には、「何歳なら入会できるのかよくわからない」という人もいるでしょう。特に、若い年代の場合には、いくつから利用可能なのか知りたい人も多いかもしれません。 結婚相談所の利用は20歳からと設定しているところも多いので、早めに婚活をしたいなら利用を検討してみるのもよいでしょう。今回は、20代で結婚相談所を利用するメリットや、利用するにあたって注意しておきたい点などを解説していきます。

20代で結婚相談所を利用する人は意外と多い

結婚相談所は、ある程度年齢がいった人が利用する場所と思っている人もいるかもしれません。しかし、実際には20代で結婚相談所に入会している人も意外とたくさんいます。 年上の男性を希望する場合などに出会いのチャンスを広げる1つの方法としては、結婚相談所を利用するのもよい方法です。

1.20代女性で結婚相談所を利用している人の割合

20代女性で結婚相談所を利用している人の割合は、10~15%だといわれています。また、20代前半で利用している人の割合は、全体の5%程度となっています。結婚年齢が上がりつつある中、意外にも結婚相談所を利用している若い年代は少なくありません。 20代前半で結婚相談所を利用する女性は増えており、婚活に向けて早めに行動している女性が多いことがわかります。

2.年上の男性を求めるときにチャンスが多い

20代でも年上の男性をパートナーとして求めるのであれば、結婚相談所を早めに利用するメリットがあります。なぜなら、結婚相談所を利用している男性は30~40代の層が多いので、自分が求める年代の人を探しやすいからです。 年上の男性は仕事のキャリアも積んでいて、経済力がある人が多くいます。また、年上の男性ならではの包容力も魅力の1つです。

3.焦らずに自分のビジョンと照らし合わせてみる

結婚相談所を20代で利用するのは、あくまでよい結婚相手を見つけるための一つの方法です。利用するなら早めに「結婚相談所を利用することが本当に自分に合っているのか」について、よく考えておく必要はあるでしょう。 20歳を入会年齢の下限としている結婚相談所が多いものの、あくまでも自分が思い描くビジョンと合っているのかをよく検討するのが大切です。

20代が結婚相談所を使うメリット

20代で結婚相談所を使うことには、いくつものメリットがあります。まず、求められやすい年代なので多くの出会いを期待できる点です。自分の周りにはいないようなステータスのある人と出会えたり、お得に婚活できたりする場合もあります。20代だからこそ感じられるメリットはいろいろあるのです。

1.男性の理想とマッチしやすい

20代で結婚相談所を利用することは、男性側の理想とマッチしやすいという面があります。結婚相談所に入会している男性には、年下の女性を求める傾向があり、20代の女性は人気です。特に、子どもがほしいと思っている男性であれば、 パートナーにしたいと思う女性の年齢を気にする傾向が強いといえるでしょう。男性の理想とマッチしやすいということは、興味を持ってくれる男性が多いということなので、出会いのチャンスが広がります。

2.ハイステータスな異性との出会いがある

結婚相談所を通じて早めに婚活を始めることは、自分の周りにはいないタイプの異性を見つけられるという点がメリットです。たとえば、結婚相談所に入会している男性には、医師や弁護士など、社会的にステータスが高いといわれている職業の人も多くいます。 20代の若い女性の場合は、普段の生活で年上かつ高収入の男性になかなか出会えないかもしれません。結婚相談所では、相手のプロフィールを事前に把握してから付き合うことができますから、ハイステータスな異性と出会える確率も高いといえるでしょう。

3.あまりお金をかけずに婚活できる

若い会員が増えることは結婚相談所にとっても好ましいので、結婚相談所によっては20代前半の利用者に対して割安のプランを用意していることがあります。そのようなプランを利用すれば、 お金をかけずに婚活ができるチャンスといえるでしょう。結婚相談所のメリットをお得に利用できるので、活用してみることをおすすめします。

妊娠適齢期について考えてみることも大切

20代で結婚相談所を利用する場合には、子どもを持つこともしっかり考えておきたいものです。女性には妊娠適齢期というものがあるので、どんな家庭を築いていきたいのか、婚活するならぜひ考えておくようにしましょう。 「子どもは何人欲しいのか」「何歳までに欲しいのか」「どうやって育てていきたいのか」というイメージを持つことは、お互いが持つ家族のイメージをすり合わせるという意味でも重要です。

1.妊娠適齢期を把握しておくことが大事

結婚して子どもが欲しいと思う人はたくさんいます。女性の場合は、生物学的に妊娠しやすいといわれている妊娠適齢期があるので、子どもが欲しい場合は知っておかなければなりません。 妊娠適齢期は20代といわれており、20代半ばくらいから30代にかけて、徐々に妊娠しにくくなっていきます。また、妊娠・出産には体力も必要なので、できるだけ若いうちに子どもを産むほうが楽です。 子どもを2人以上欲しい場合も、若いほうが産める可能性が高くなります。特に20代前半なら、妊娠適齢期として向いているといえるでしょう。

2.どのような家庭を築きたいかを考える

婚活をするなら、どんな家庭を築きたいのかよく考えることが必要です。パートナーとの2人暮らしだけでなく、子どもに囲まれた結婚生活を送りたいなら、子どもを無理なく産んで育てていくためにも、婚活時期が早いほうがよいでしょう。 子どもが一人前になるには、長い年月がかかります。子どもの成長期に親が高齢だと、体力的や精神的、経済的にも大変になる可能性もあるため、若いうちに結婚して子どもを持つことは大きなメリットといえるでしょう。

3.早めに行動することで焦らずに婚活できる

20歳から結婚相手を真剣に探して結婚相談所を利用すると、よい相手との出会いのチャンスがそれだけ広がることになります。「早く結婚しなくては」と焦る年齢になる前に早めに行動することで、気持ちにも余裕ができて自分らしい婚活ができるでしょう。 結婚を焦ってしまうと、自分にふさわしくない相手を選んでしまうリスクが出てくるので、若いうちに婚活を始めるのはよいことです。

婚活を成功させるためのポイント

20代から婚活を始めるなら、柔軟な気持ちで婚活するとうまくいきます。「理想の結婚はこうであるべき」「結婚相手はこういう人であるべき」という考えにとらわれ過ぎてしまうと、よい出会いがあっても気づけないかもしれません。 いろいろな人に積極的に会いながら、よい相手をじっくり選んでいくのが成功のポイントです。

1.世間的なイメージに縛られすぎない

婚活を早く行うことには、さまざまなメリットがあります。ただし、一般的な結婚観にとらわれ過ぎないことも大切です。何歳までに結婚して、何歳までに子どもを産んでと決めつけてしまうと、かえってよい出会いを逃すことにもなりかねません。 その人ごとに、よい結婚のあり方は異なるものです。ただ、まだ若いので、どのような婚活をすればよいのか、自分1人ではなかなか考えがまとまらないこともあるでしょう。 そんなときには、結婚相談所を利用してみるのもよいかもしれません。経験豊富なコンシェルジュが、ふさわしい婚活を教えてくれるはずです。

2.自分に合った異性かどうかを見極める

婚活というと、自分の理想に合った異性を見つけることだと思いがちです。理想の相手像を持つことは大切ですが、その理想が本当に自分の結婚相手としてふさわしい人なのかどうかはきちんと見極めなくてはなりません。 もしかしたら、理想と思っている相手が、自分には合わない人の場合もあるのです。「結婚に対して何を求めるのか」「どんな点が譲れないポイントなのか」をよく考えて婚活することが大事です。

3.趣味が合うかも把握しておく

結婚相談所では、相手のプロフィールを見ることができます。どうしても年齢や見た目、職業といった部分に目がいきがちですが、結婚相手を選ぶならそのほかの部分もしっかり見るようにしましょう。 性格はもちろんですが、趣味などの話題が合う相手かどうかも見極めておく必要があります。一つ屋根の下で生活し、長い間連れ添うわけですから、「話が合うか」「休日の過ごし方が合うか」などは重要なポイントです。

自分に合った婚活を心がけてみる

婚活を考えるときには、結婚相談所の利用を検討してみることも一つの選択肢です。20歳から婚活するために結婚相談所に入会しても、決して早すぎるわけではありません。 婚活を成功させるには、早くから婚活することのメリットをきちんと理解して、真剣に相手を探すことです。コンシェルジュなどをうまく利用して、自分らしい婚活を心がけましょう。

1.早めに婚活する意味を理解することが大切

20代から結婚相談所を利用して相手を探すなら、早めに婚活をスタートさせることで得られるメリットをしっかり頭に入れておきましょう。若いからこそたくさんの人と出会うチャンスがあり、妊娠して子どもを産みやすくなるわけです。 こういったメリットを理解しておかないと、まだ若いから大丈夫といっているうちに、メリットを享受できない年齢になってしまうおそれも出てきます。自分が求めているものがあいまいなままだと、婚活が長引いてしまう可能性があるので、くれぐれも注意しましょう。

2.結婚相談所のコンシェルジュに相談してみる

せっかく結婚相談所を利用するなら、経験豊富なコンシェルジュに相談してみることが大切です。若いうちに婚活を始めると、いろいろとわからないことや不安なことが出てきます。自分にふさわしい結婚相手はどんな人なのか、まだよくわからないという人も少なくないでしょう。 しかし、同世代の友人などにはなかなか相談できない問題でもあります。そんなときは、結婚相談所のコンシェルジュに相談してみることをおすすめします。たくさんのカップルを見てきたコンシェルジュなら、きっと最適なアドバイスをくれるはずです。 必要以上に悩まないで、婚活で困った際は気軽にコンシェルジュへ相談してみましょう。

20歳だからこそ余裕を持って婚活できるというメリットがある!

20歳から結婚相談所を利用して婚活するのは、早すぎるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、若いときから真剣に婚活をすることで得られるメリットはたくさんあります。 結婚して子どものいる家庭を築きたいと思うなら、20歳から結婚相談所に入会するのもよい選択肢です。 若いからこそお得に利用できる場合もありますし、結婚相談所にはベテランのコンシェルジュもいるので、気軽に相談もできます。上手に利用してよい相手を探していきましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 20歳でも結婚相談所を使って大丈夫?婚活を有利に進めるポイント