結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ありがちな結婚相談所に対するイメージと実際のところ

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

ありがちな結婚相談所に対するイメージと実際のところ


結婚相談所は、結婚したい男女に異性を紹介し、結婚まで導くサービスです。結婚は自然恋愛を通してするものと思っている人からは、残念ながら、あまり良いイメージを持たれていません。そこでここでは、結婚相談所に対してマイナスイメージを持っている人を対象に、ありがちな結婚相談所に対するイメージと実際はどうなのかについて解説します。果たしてそのイメージは正しいものなのでしょうか。この記事を読んだら、結婚相談所に対するイメージが変わるかもしれませんよ。

結婚相談所のありがちなイメージ1.モテない男女が集まる場所

結婚相談所に登録する人は、みな結婚を望みながらも、日常の生活の中でパートナーを見つけることができていない人たちです。モテる人であれば周囲に異性がたくさん集まり、パートナー探しには困らないため、結婚相談所はモテない男女が集まる場所というイメージを抱かれているかもしれません。

しかしながら、結婚相談所の会員には、容姿端麗な男女や自然恋愛経験のある男女がたくさんいます。モテる人であっても、身近なところにいる異性が自分の理想に合った人であるとは限りません。そのため、一生を共にしたいと思える人を見つけるために登録している人もいるのです。こうした人たちは、恋愛経験が豊富なので、お見合いや交際中のデートでも、しっかりコミュニケーションを取れる大人の男女であることが多いのです。

また、昔はインターネットがなく、男女の出会いの場も限られていたので、仲人が男女の仲を取り持つのが一般的でした。インターネットが普及した今、結婚相談所はお互いを紹介するという意味でこの仲人に当たる存在ともいえます。実際、結婚相談所の中には、担当者がマッチングから結婚までトータルサポートしてくれる、仲人型の相談所もあるのです。このように、結婚相談所は現代において多様な男女が出会う場であり、モテない男女が集まる場所というのは間違いです。

結婚相談所のありがちなイメージ2.結婚できない男女が集まる場所

また、結婚相談所に対して、結婚できない男女が集まる場所というイメージを持つ人もいます。確かに、登録時点では全員パートナーがいない状態であり、実生活の中でもなかなかパートナーを見つけることのできない人が多いため、半分正解だといえるでしょう。しかしながら、決してモテないために結婚できない人ばかりではありません。男性の場合、仕事が忙しくてなかなか私生活を充実させることのできない人や、休日も趣味に打ち込んでいて婚活をする暇がなかった人などが多くいます。女性の場合も同様で、職場と家との往復で出会いがないと悩む人が多いのです。

このように、やむを得ない事情によってパートナーを見つけることのできなかった人たちが、結婚に対して真剣に考え、パートナーと出会うために登録するのが結婚相談所ということです。しかも、結婚相談所に登録している人は、みなさん結婚という共通の目標を持っているので、普通に出会う場合よりも話が進みやすいというメリットがあります。結婚相談所を利用して婚活を行いながら、仕事や家事にも打ち込めるので、時間を効率的に使うこともできるでしょう。結婚できない男女の中でも、結婚の意欲のある人が集まるのが結婚相談所だといえます。

結婚相談所のありがちなイメージ3.変な人しかいない

結婚相談所では、まずは条件や顔写真を見て相手と出会うのが一般的です。どういう人なのかという情報は書いてあっても、実際に会ってみないと分からないことが多く、その点は実生活の中で出会う場合と異なるところです。よく知らない人と会うことになるため、変な人がいたらどうしよう、と結婚相談所の利用に関して不安を抱く人もいるでしょう。

しかしながら、実際は心配いりません。有料の結婚相談所では、男女ともに入会条件があり、それをクリアしないと入会できない仕組みになっています。具体的な条件は結婚相談所によって異なりますが、一般的には健康状態や学歴、年収などによって判断されます。単純に学歴がどれくらい、年収がいくら以上とボーダーが決められているわけではなく、総合的に見て結婚に導くことが可能かどうか、判断されるのです。入会時には各種証明書を提出したりアンケートを記入したりしながら適正を見るため、変な人しかいないというイメージは大きな誤解です。逆に、入会条件が厳しいところに登録すれば、それだけ条件がそろった人と出会う確率も高まるでしょう。入会している人はみなさん結婚相談所が設ける条件をクリアしている人ということになるので、安心して婚活に望めるはずです。

結婚相談所のありがちなイメージ4.条件のみが大事で恋愛感情は後回し

結婚相談所では、登録している人の性格や趣味だけではなく、年収や身長などの条件で相手を決めることもできます。そのため、条件のみが大事で恋愛感情は後回しというイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。確かに、会うかどうかは最初は、相手の条件と顔写真のみを見て決めることになります。しかし、お見合い、仮交際と進めばあとは自然恋愛と変わりません。交際をしていく中で、お互いにどんな人なのかを知っていくことができます。そこでなんらかの不一致があれば別れることもありますし、お互いに納得がいけば結婚することもあります。最初の条件は、あくまでも出会う人を選別するためのものでしかありません。基本的な条件に合った人の中から、さらに自分に合う人を見つけることができるため、結婚相談所を利用している人は、効率的に段階を踏みながら恋愛をしているといえるのです。

また、結婚を真剣に考えるなら、長い期間を一緒に過ごす相手として条件を気にするのは当然のことです。結婚相談所に登録されている情報には確実性があるため、相手に嘘をつかれてだまされる心配がありません。その点、重視したい条件がある人にとってはメリットが大きいといえるでしょう。

結婚相談所のありがちなイメージ5.料金は高いのに結婚できない

結婚相談所は有料のものが多く、サポートが充実している相談所であればそれだけ料金も高くなります。残念ながら、一部の人からは、結婚相談所に対して、料金は高いのに結婚できないというイメージが持たれています。

確かに、結婚相談所を利用した100%すべての会員が結婚できるとは限らないのが現状です。結婚相談所では、登録してから成婚するまでの平均期間は半年から1年といわれています。その期間を過ぎても良い相手が見つからなかった場合、一度婚活をやめる人もいるのです。また、仕事や家庭の事情などが変化し、婚活の時間を確保できなくなって退会する人もいます。

このように、結婚できなかった人も中にはいますが、それは結果だけを見ているにすぎません。すべての人が結婚できなかったことを後ろ向きに感じているわけではないのです。結婚相談所を利用して成婚せずに退会する人のなかには、成婚に至らなかったことで、自分は結婚に向いていないとハッキリ自覚し、新たな道を歩むために退会する人もいます。結婚相談所は結婚をするための場ではありますが、結婚についてだけではなく、自分自身を前向きに見つめ直す場になる場合もあるのです。

結婚相談所のありがちなイメージ6.入会すればすぐ結婚できる

結婚相談所に対して抱かれがちなイメージは、ネガティブなものだけではありません。逆に、入会すればすぐ結婚できると思っている人もいます。しかしながら、現実はそんなに甘くはありません。確かに、結婚相談所は結婚できるようにサポートしてくれますが、それだけではなく、本人の努力も必要です。入会しても何も努力しなければ、成婚は難しいでしょう。

ここで必要な努力とは、印象を良くする努力です。お見合いの場は設けられても、そのあとの交際がうまくいかなければ結婚できません。そのため、相手に良い印象を持ってもらえるように、外見と内面の両方に対して磨きをかける努力が必要になるのです。例えば、外見であれば、清潔感のある髪形や服装に身なりを整えることが大切です。顔の良し悪しではありません。身の振る舞いや笑顔なども印象を左右します。また、内面であれば、話の内容や話し方が大切です。自慢話ばかりしていると嫌われてしまいますし、自分の話をきちんと聞いてくれるかどうかも、相手はチェックしています。結婚相談所のサポートだけに頼るのではなく、自分自身でもより良い印象を相手に与える人間となれるよう、努力する必要があるので、入会すれば必ずすぐに結婚できるというのは間違いなのです。

結婚相談所のありがちなイメージ7.若くないと売れ残る

結婚相談所に登録している人の年齢はさまざまですが、若くないと売れ残るという話を聞いたことのある人が多いのではないでしょうか。実は、この話は半分正解で、特に女性に当てはまることなのです。女性は男性とは違い、出産年齢があります。結婚相談所の会員の男性は子どもを望む人が多いため、35歳以上になると条件に合った男性を紹介してもらえるケースは少なくなるのです。

そのため、年齢が高くなってから婚活する場合は、若い人とは異なる婚活方法をとる必要があります。まずは、条件に完全に合った相手を紹介してもらうことが困難なことを認識し、少しずつ条件を下げていくことが大切です。年収や身長など、可能な限り条件をなくし、候補となる相手を増やしましょう。また、相手からの申し込みを待っているだけではなく、自分から積極的にアタックしていく必要があります。できるだけ多くの人と出会うことで、チャンスをつかむようにしてください。

また、中には、30代後半以上の男女がしっかりとしたアドバイスのもとで結ばれるケースもあります。30代になるまで婚活をしてこなかった人もいますし、年の離れた相手を希望する人もいます。年齢が高くなっても結婚は十分可能なので、あきらめることなく、前向きに婚活に取り組みましょう。

今はポジティブに結婚相談所を利用する時代

結婚相談所に対して持たれているイメージには、マイナスなものが多くあります。しかしながら、そのイメージはすでに過去のもの。今は結婚相談所をポジティブに利用する時代に入っています。実生活では出会うことのできない相手と出会うことができる、自分の希望する条件に合った人と出会うことができるなど、メリットもたくさんあります。

男女ともに仕事をすることが一般的になった現在、結婚相談所は忙しい大人が効率的に結婚するために必要な場所なのです。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ありがちな結婚相談所に対するイメージと実際のところ