結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 婚活がうまくいくかは相性しだい?結婚相談所のアドバイザーの役割

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

婚活がうまくいくかは相性しだい?結婚相談所のアドバイザーの役割


結婚相談所に登録すると、担当の「アドバイザー」がつくことになります。そして、そのアドバイザーと連絡を取りながら婚活を進めていくわけです。アドバイザーがどのような役割を担い、具体的に何をしてくれるのかについては、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、そうしたことを知らないまま結婚相談所を利用するのも不安なものです。そこで、結婚相談所の利用を検討している人のために、アドバイザーの役割や相性の良いアドバイザーと巡り合うためのポイントなどについて解説をしていきます。

結婚相談所のアドバイザーの役割

結婚相談所を利用して婚活を行う場合、アドバイザーは欠かせない存在です。まず、お見合いのセッティングなどをして会員の婚活をサポートしてくれます。その場合も、ただむやみにお見合いの相手を決めるのではなく、それぞれの好みや要望に基づいて、相手を見極めて紹介してくれるのです。また、会員が希望するタイプの異性では相性が悪いと判断した場合には、相談して本人も納得の上でアドバイザー自身がその会員にふさわしいと考える人物を紹介してくれる場合もあります。

そして、お見合いが終わった後に、今回のお見合いがどうだったのかを確認するのもアドバイザーの重要な仕事です。その上で、お見合いに手ごたえを感じたならこれからどういう段取りで進めていけば良いのか、上手くいかなかったなら何が悪かったのかなどについてアドバイスがあります。さらには、交際が始まってからも、どのように、どんなタイミングでプロポーズをすればよいかなど、さまざまな助言をしてくれます。

その他にも、婚活において不安なこと、わからないこと、婚活市場における自分の需要などについて、客観的な視点からアドバイスをするのがアドバイザーの役割です。特に、それが経験豊富なアドバイザーならば有益な助言を数多くもらうことができるでしょう。

ただ、以上の内容は典型例であり、すべての結婚相談所でこのようなサービスをしているわけではありません。中には一人のアドバイザーが受け持つ会員が多すぎるため、手続きに関するアドバイス程度しかしてくれないといったケースもあります。そうした状況もあることを頭に入れておいた方がよいでしょう。

結婚相談所ではアドバイザーとの相性が重要

婚活とはそれ自体が膨大なエネルギーを必要とする行為です。それなのに、アドバイザーとの相性が悪ければ大きなストレスを抱えることになり、婚活に対するモチベーションも低下してしまいます。仮に、単なる事務手続きなどの方法を助言するだけなら、どのようなアドバイザーでも大した違いにはならないでしょう。しかし、結婚相談所のアドバイザーは会員の性格や人間性などについても踏み込んだアドバイスをしなければなりません。また、結婚相手を選ぶという行為は今後の人生を大きく左右する重要な決断です。そのため、どんなに優秀なアドバイザーでも、会員との相性が悪ければ婚活に不満を抱く原因になってしまう場合もあるのです。

たとえば、相性の良くないアドバイザーに自分の欠点を指摘されたり、考え方を否定されたりすると、人によっては腹が立ってやる気をなくしてしまうこともあるでしょう。一方、相性の良いアドバイザーであれば、同じような指摘をされても「確かにその通りだな」と納得できることが多いはずです。そして、前者と後者では婚活の結果にも大きな差が出てくるでしょう。そのため、結婚相談所を利用する際には、いかにして相性の良いアドバイザーとめぐりあえるかが重要になってくるのです。

昔は女性のイメージ?今は男性アドバイザーも増えている

結婚相談所のアドバイザーは仲人と相通ずるところがあります。仲人といえば、昔は主に女性の役割とされていました。そうしたイメージもあって、結婚相談所のアドバイザーも女性が多数を占めているのです。しかし、「女性だけでなく、男性のアドバイザーも必要だ」という要望が多いこともあって、現代では男性のアドバイザーも増えています。その結果、一部の相談所では男性と女性のどちらのアドバイザーにするかを選べるようになってきました。

ただ、多くの相談所では、まだまだアドバイザーは女性だけというのが現実です。そのため、もし男性アドバイザーの方が良いというのであれば、男性アドバイザーを選択できる結婚相談所なのかを事前に確認しておいた方がよいでしょう。

男性アドバイザーが向いている人

男性アドバイザーがよいか、女性アドバイザーがよいかは婚活する人によっても変わってきます。たとえば、男性会員の中には異性に対して奥手な人もいます。そういう人は、アドバイザーであっても女性に自分の恋愛の話をするのは恥ずかしいものです。また、特に奥手ではなくても、女性に恋愛相談をするのは苦手という男性は多くいます。もし、自分もそうだという場合は、男性アドバイザーを選んだ方が気楽に話すことができるはずです。また、そうすることで、婚活の成功にも結び付きやすくなるでしょう。

一方、女性会員の場合でも男性アドバイザーの方が向いているというケースがあります。婚活を行う際には自分が相手からどのように見られているかが気になるものです。そのため、婚活中の女性からは「男性目線での婚活に関するアドバイスがほしい」という要望が少なくありません。いくらベテランであっても、女性アドバイザーでは本当の意味での男性目線になることはできません。今までの経験から男性の心理を推察するのがやっとです。それにも限界があるでしょう。一方、男性アドバイザーなら男性から見てその女性がどのように映るか、説得力を伴って説明することが可能です。したがって、男性からどのように見られているかが特に気になる女性は、男性アドバイザーの方が向いているといえます。

女性アドバイザーが向いている人

よく、男性にとって女心は難しいといわれます。それと同じで、婚活においても男性にとって相手の女性の心理が掴めなくて悩んでしまうといったケースはよくあります。また、何をすれば女性が喜ぶのか分からず、途方に暮れることもあるかもしれません。そんなときに頼りになるのはやはり女性アドバイザーです。女性アドバイザーなら女性心理に関する分析にも説得力がありますし、アドバイスを受けた場合でも納得した上で行動に移せます。したがって、女性目線で婚活に対するアドバイスがほしいと考えている男性の場合、女性アドバイザーを選択するのが賢明です。

さらに、女性同士では気軽に恋愛話を楽しめる人でも、男性にそれをするのは恥ずかしいという女性もいます。そのようなタイプの人は、男性アドバイザーが相手だと、緊張してしまって思うように相談ができないかもしれません。女性同士であれば、そのようなことにはあまりならないでしょう。女性にとって、もし、同性と気さくに話をしながら婚活を行いたいのであれば選択すべきは女性アドバイザーということになります。

以上のように、男性アドバイザーを選ぶべきか、女性アドバイザーを選ぶべきかは、自分がアドバイザーに対して何を求めているかによっても変わってくるのです。

もしアドバイザーとの相性が悪いと感じたら?

いくら、アドバイザーとの相性が大事だといっても、自分でアドバイザーを選べないのなら対処のしようがありません。ある程度規模の大きな相談所であれば、どのようなアドバイザーがよいかを事前に伝えておけば、その要望に沿って選んでくれる可能性はあります。しかし、すべての相談所がそうだというわけではありません。そのため、自分と相性の悪いアドバイザーが担当となる可能性は当然あります。問題は、その場合にどう対処できるか、ということです。ちなみに、相性が悪くても我慢するという選択肢はおすすめできません。せっかく、結婚相談所を利用するのであれば、できる限りベストに近い婚活環境を整えるべきです。そうすることが成婚への可能性を高めてくれます。

そこで、アドバイザーと相性が悪いと感じた場合は交代ができないか相談所に申し込んでみましょう。親切な相談所であれば担当を変えてくれるはずです。ちなみに、交代の申し込みは直接足を運ばなくても大抵の場合は、ホームページのお問い合わせフォームから出来るようになっています。ただ、アドバイザーを交代してもらったとしても、その相談所のアドバイザー全体の質が悪ければ同じことの繰り返しになってしまうかもしれません。そうした事態を回避するには事前に複数の相談所の無料カウンセリングを受け、その上でそれぞれの相談所を比較してみることも一つの手段です。それを行えば、一人一人のアドバイザーとの相性の良し悪しまでは把握できなくても、相談所全体のレベルに関してはおおよその見当がつけられるでしょう。

アドバイザーの質で結婚相談所を選ぶ方法

結婚相談所の価値はアドバイザーの質で決まるといっても過言ではありません。もし、アドバイザーの質が非常に高い相談所の会員になることができれば、それだけで成婚の可能性はかなり高くなるでしょう。ただ、問題は何を根拠にアドバイザーのレベルを判断するかです。そのために必要なチェックポイントは主に2つあります。

まず、アドバイザーを養成するための研修をしっかり行っているかどうかです。しっかりとした研修を受けているかどうかでアドバイザーとしての基礎能力が変わってくるため、これは見逃せないポイントとなります。そして、次に重要なことは成婚率が高いかどうかです。成婚率が高ければ、アドバイザーによるサポートがしっかりしていることの裏付けとなります。

以上の2点についてはホームページをチェックしたり、資料請求を行ったりして事前にできるだけ確認をしておきましょう。もし、両方の条件を満たしていれば、その相談所にはかなり質の高いアドバイザーが揃っているという推測ができます。

相性の良いアドバイザーと巡り合い、信頼関係を築ければそれだけ婚活もスムーズに進みます。また、婚活が長期化すれば中には婚活疲れを起こす人もいますが、信頼関係で結ばれたアドバイザーはそういう場合でも心強い味方となってくれます。まずは自分に合ったアドバイザーを見つけ、その上で、婚活に関する悩みや不安について積極的に相談していきましょう。

相性の良いアドバイザーを見つけて婚活を成功へと導こう!

結婚相談所を利用する際に、重要なカギを握るのがアドバイザーです。能力が高いことはもちろんですが、相性がよいかどうかも婚活の成否に大きな影響を及ぼします。そのため、もし、相性が悪いと感じた場合はアドバイザーを交代してもらえないか相談所に問い合わせてみることも大切です。一方で、質の高いアドバイザーが揃った相談所を選ぶためには、「アドバイザーの研修がしっかりと行われているか」「成婚率はどのくらいか」といった2点が重要なポイントとなります。

こうした点を踏まえつつ、信頼できるアドバイザーに巡り合えれば、成婚の可能性は、きっと高まることでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 婚活がうまくいくかは相性しだい?結婚相談所のアドバイザーの役割