結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 待ちの姿勢はダメ?結婚相談所では女性から申し込みをするべし

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

待ちの姿勢はダメ?結婚相談所では女性から申し込みをするべし


せっかく結婚相談所に入会したにもかかわらず、成果が出なくて焦っている女性もいるでしょう。ただ、そうした人の中には、男性からの申し込みをひたすら待っているだけ、という人もいるかもしれません。申し込みは、何も男性からするだけのものと決まっているわけではないのです。そこで、今回は結婚相談所に入会したものの、なかなかお見合いできずに困っている女性を対象に、女性から申し込みをするメリットについて解説します。

なければ出会いもない!結婚相談所での「申し込み」とは?

結婚相談所での「申し込み」とは、最初のお見合いの申し込みのことを指します。結婚相談所に入会すると、まずはプロフィールの登録などを行うでしょう。このときに、あなたの写真を提出したり、どんな人がタイプかなどを、専任コンシェルジュと一緒に話し合ったりします。そして、その後はそれに基づいて作られたプランによって、婚活が進んでいくのです。

あなたのプロフィールは、コンシェルジュを通して紹介されたりデータマッチングに用いられたりして、男性のもとに届きます。そのプロフィールを見て、あなたのことが良いなと思った男性は、お見合いを申し込みます。つまり、結婚相談所は入会しただけで出会いが始まるというものではないのです。お見合いを申し込まれた時点で出会いが発生するのだと考えましょう。よって、プロフィールを登録してもお見合いの申し込みがなければ、あなたはただ待っているだけの状態です。お見合いを申し込まれる女性と同じお金を結婚相談所に払っていることを考えると、もったいないという気がしてくるのではないでしょうか。

待っていたらNG!女性から申し込みをしたほうが良い理由

ただお見合いの申し込みを待っていても、時間の無駄です。申し込みがひっきりなしに来るというのであれば話は別ですが、そうでなければ、女性からも積極的に申し込みをするべきでしょう。なぜなら、多くの結婚相談所では男性不足の傾向にあるからです。そのため、容姿がある程度整っている男性は、それだけで人気が高くなります。人気のある男性は当然女性からの申し込みが殺到するので、自分から申し込みをしている余裕がない、若しくはする必要もないのが現状です。つまり、スペックが高いと言われる男性から申し込まれる可能性は、かなり低いと思ったほうが良いでしょう。

本気で結婚したいのであれば、ステキな男性から申し込みが来ないかと待っている余裕はないのです。そして、さらに条件の良い男性と結婚したいのであれば、自分から申し込む貪欲さも、ある程度は兼ね備えていないといけません。つまり、申し込みが来ないというのであれば、あなたは自分で努力しなくてはならないのです。結婚相談所に入会さえすれば、待っていたら出会いが向こうからやって来るというのは数少ないパターンです。せっかくお金を払って結婚相談所に入会したのであれば、自分でやれることをやりましょう。婚活を成功させるには、自らの努力も必要だということを忘れないでください。

申し込みを受けてもらうコツ1.プロフィール写真はプロのカメラマンに

申し込みを受けてもらうコツとして、プロフィール写真はプロのカメラマンに撮影してもらうべきですしょう。なぜなら、申し込みを受けるかどうかは、写真の第一印象が大きいからです。人は見た目がすべてではありませんが、少ない情報の中から相手を判断する材料として、写真は大きなウエイトを占めます。そのため、写真が適当なものであれば、あなたの結婚への熱意はその程度ととられてしまっても仕方ありません。逆に、正装してきちんとした写真を用意している人は、それだけ結婚したいという誠意が感じられるということもあります。なので、写真はできるだけ良いものを用意すべきでしょう。証明写真機やスナップ写真をプロフィール写真として使っている人もいますが、あまりおすすめしません。やはり、スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらった方が、仕上がりは良いです。お金はかかってしまうかもしれませんが、照明やカメラマンの撮影技術で、写真写りがかなり違うのです。スタジオによっては、メイクや髪のセットを行ってくれるところもあります。また、せっかくプロにとってもらうのであれば、服装にもこだわりを持つべきです。清潔感のあるワンピースやスーツスタイル、着物というのもありでしょう。

たかが写真、されど写真です。その写真で、あなたの人生が決まるかもしれません。多少お金がかかったとしても、未来への自己投資と考え、写真はきちんとしたものを用意しましょう。

申し込みを受けてもらうコツ2.料理ができることをアピール

申し込みを受けてもらうコツとして、料理ができることをアピールするのがおすすめです。ベタな手法だと思う人もいるかもしれませんが、女性の条件に「料理好き」を掲げる男性は一定の割合で存在します。そのため、嘘は良くないですが、料理ができることをアピールするのは有効な手段であるといえるでしょう。例えば、職場へは毎日手作りのお弁当を持っていっている、ホームパーティーに招かれたので手料理を作ったなどの話は、男性を惹きつけるのにもってこいです。

確かに、料理や家事がまったくできない女性より、料理が好きな家庭的な女性の方が男性には好かれる傾向にあるでしょう。婚活中の女性の中には、結婚のために料理教室に通う人もいるくらいです。ライバルにはそうした人もいるのだということを頭に入れておきましょう。そこまでできないという人でも、自炊を頑張ってみたり、お菓子を作ってみたりと、自分でできる努力はたくさんあります。本気で結婚したいと思っているのであれば、結婚のために料理の腕を磨くくらいの意気込みを持つことも大事でしょう。

申し込みを受けてもらうコツ3.共通点のある相手を探そう

申し込みを受けてもらうコツとして、共通点のある相手を探すと良いでしょう。これは、自分が申し込みされることを想像してみると分かりやすいかもしれません。男性があなたのプロフィール写真に心惹かれたとしても、あまりにも自分とはかけ離れた人だと認識されたら、申し込むのにも気が引けてしまうのではないでしょうか。しかし、実家が近い、趣味が似ているなど、何か少しでも共通点を見出すことができれば、そこから会話の糸口が見つかりますし、興味を持ってもらいやすいでしょう。そのため、婚活において無趣味というのはあまりよくありません。逆に、ちょっとでも興味のあるものがあれば、趣味に入れてみても良いでしょう。趣味の数が多いほど共通点となりやすいため、その分男性の目にも留まりやすくなります。逆に、気になる男性がいれば、その男性の趣味に寄せていくぐらいの意気込みがあっても良いかもしれません。

共通の何かというのは、結婚後の生活にも影響します。例えば、実家が近ければ、実は共通の友人がいるかもしれません。また、趣味が同じなら、休日は一緒にその趣味の時間に費やすことができる可能性もあります。趣味はこれからでも作ることのできるものです。もしも特に趣味がないというのであれば、婚活のためにも、これから何か楽しめる趣味を見つけてみるのも良いでしょう。

申し込みを受けてもらえないときは条件を広げてみて

申し込みを受けてもらえないときは、条件を広げてみるという手もあります。例えば、あなたの年齢が、男性側からすればネックになっているというケースもあるでしょう。そうしたときは、年齢上限5歳までを10歳年上までOKにしてみるなどの方法があります。他にも、年収や身長にはこだわらないなど、相手に求める条件の幅を広げると、申し込みを受けてもらえる可能性が上がります。

自身の年収が高かったり、今まで男性にモテてきた経験が豊富だったりする女性は、どうしてもさまざまな条件を男性に求めがちです。しかし、それによって見逃してしまっていることもあるでしょう。確かに、多くの条件に合致した男性の方が、良い相手だと思われがちです。しかし、条件だけでは男性の内面まで見抜くことはできません。仮に、すべての条件に合致したとしても、価値観が全く合わない相手だとしたら、結婚したとしてもその後うまくいくとは限らないでしょう。逆に、条件に合致しなくとも、あなたと相性の良い人はいるかもしれないのです。条件ばかりにこだわっていると、本当に自分に合った人を見落としてしまう可能性もあります。そうした人たちを見逃すことのないよう、ある程度条件は広げておくのが、婚活で成功する秘訣であるともいえるでしょう。

断られてもめげない!次の男性に申し込もう

申し込みを断られたとしても、そこでいちいち落ち込んでいては前に進めません。断られた場合には、その男性とは縁がなかったと潔く諦め、次の男性に申し込みをしたほうがあなたのためになるでしょう。

もちろん、申し込みはたくさんすればするほど、当然断られるケースも多くなります。断られると精神的に落ち込んでしまう人もいるかもしれません。しかし、最終的に結婚をゴールとしているのであれば、その過程は仕方のないことです。いくら申し込みを断られ続けたとしても、結果的に結婚できれば、それは笑い話になってしまうことでしょう。断られるのは確かに残念なことではありますが、1つ1つを引きずらず、割り切っていくことが大切です。そうすれば、すぐ次の男性に申し込みができますし、その方が出会いの確率も上がります。

婚活というのは、人生で考えればほんのわずかな期間のことに過ぎません。1~2回の申し込みを断られただけで心が折れてしまっているのでは、せっかくの結婚の機会をみすみす逃してしまっているようなものです。本気で結婚を考えているのなら、ポジティブな思考を忘れず、積極的に申し込んでいく姿勢を忘れないようにしましょう。

女性から申し込みをするのは恥ずかしいことではない!

男性からの申し込みがないと嘆いている女性は、自分から申し込みをすることも大切です。女性からの申し込みは、決して恥ずかしいことではありません。なぜなら、人気のある男性は引く手数多ですし、待っているだけでそういった男性から申し込んでもらえる可能性は低いからです。また、待ちの姿勢だけでは、せっかく結婚相談所に入会しても、お金だけかかってもったいないでしょう。

申し込みを受けてもらえないときは、申し込みを受けてもらうコツを駆使して、数多く積極的に申し込みをしていきましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 待ちの姿勢はダメ?結婚相談所では女性から申し込みをするべし