結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所はスピード勝負!プロポーズまでにかかる期間とデート回数

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

結婚相談所はスピード勝負!プロポーズまでにかかる期間とデート回数


結婚相談所へ相談に訪れる人はみな理想のパートナーとの出会いを求め、結婚について真剣に考えています。このため、結婚相談所で出会うカップルは、明確な目的を持っていることにより、お見合いから成婚までの期間が短いのが特徴です。しかし、短いといっても実際に結婚が決まるまでにどのくらいの期間となるのか、気になる人もいることでしょう。そこで、プロポーズまでの期間について、結婚相談所を利用した場合の流れとともに詳しく解説していきます。

結婚相談所の成婚までの一般的な期間は?

結婚相談所に入会してからプロポーズに至るまでの期間は、人それぞれです。結婚はあくまでもご縁であるため、入会後すぐにパートナーが見つかる人もいれば、じっくりと相手探しを行う人もいます。結婚相談所によっては、成婚までかかる期間が1年ほどというケースもあるのです。ただし、一般的には、仮交際期間に3回のデートをし、その後真剣交際へ、もしくは3カ月でプロポーズとしている結婚相談所が多い傾向となっています。仮交際期間とは、お見合いをし、お互いに好感を持ったら連絡先を教え合い、再び会う機会を作っておく交際段階のことです。相手を1人に絞った真剣交際となる前の状態で、複数の相手の中からお互いの相性を探っている期間をいいます。どのようなケースであっても、自然恋愛での出会いと比べると、プロポーズまでの期間は割と短いのが結婚相談所での婚活の特徴です。

結婚相談所での流れ1.1回のお見合いから仮交際へ

結婚相談所に登録している会員の中から会ってみたいと思う相手が見つかったら、お見合いを行います。このお見合いが、パートナー候補となる相手とのファーストコンタクトです。ただし、お見合いに至るためには、片方だけからの希望ではなく、両者とも会うことに同意をしていなければなりません。双方のお見合いへの同意を得られたら、日程の調整に入ります。お見合い日はお見合いの申し込みをした日からできる限り日数を空けずに設定することが交際へつなげるポイントです。これは、相手への興味が覚めないうちに顔合わせをしておくためでもあります。

お見合いでは当日1日で、話したい、交際を続けたいと思える相手かどうかを見極めなければいけません。通常、1人の相手とのお見合いは1回しかできないため、男女ともに第一印象が重要となります。結婚相談所にもよりますが、お見合い場所は喫茶店やホテルのコーヒーラウンジなどに設定されることが一般的です。これは、相談所の店舗などと比べると、実際のお付き合いをイメージしやすい場所であることが理由となっています。そして、お見合いを通して、お互いに好感を持つことができたら結婚相談所を通して連絡先を交換し、仮交際に移るというのが基本的な流れです。

結婚相談所での流れ2.仮交際から真剣交際までのデート回数

お見合い後に進む仮交際は交際のお試し期間となります。お互い好きになれそうな相手か、一緒にいて心地よい相手かどうかを確認する時期です。性格的な相性だけではなく、結婚観や将来のビジョンなどについて話すことで結婚の相性もはかります。仮交際はまだ真剣交際に至る前の段階であるため、複数の人と並行して交際をしていくことが可能です。また、新たな人とお見合いをすることもできます。会う場所は自由に選ぶことができますが、お互いのことを知るための貴重な時間となるので、映画館などのような場所よりは落ち着いて話せるようなレストランやカフェなどが適した場所です。

真剣交際に進むタイミングはお互いの気持ちが結婚に前向きになったときとなります。また、仮交際から真剣交際となるまでのデートの回数は、週に1回デートをするとした場合、全部で8回くらいのデートを重ねることが一般的です。このため、真剣交際に進むべきかどうかを考えるのは、仮交際期間開始から2カ月後くらいを目安にすると良いでしょう。短い期間で真剣交際に進むべきか決めることに迷いがある場合でも、自然恋愛の出会いであれば自身で判断をしなければいけません。しかし、結婚相談所を通した出会いであれば、自分の不安や迷いを経験のあるスタッフに相談することができます。また、仮交際を経て、真剣交際に進めたいという意思が固まったら、その意思を明確にしなければいけません。プロポーズではありませんが、「結婚を前提としたお付き合いをしたい」という申し出を男女どちらかから行うことが必要となります。

結婚相談所での流れ3.プロポーズは真剣交際から成婚のタイミングで

仮交際を通して相手を特別な存在と感じるようになったら、本格的に結婚を前提としたお付き合いが始まります。真剣交際に進んだら、結婚相談所から新たな相手を紹介してもらうことはできません。また、仮交際のときに並行してデートをしていた他の相手との付き合いもすべてストップし、1対1の交際としなければいけません。1人に絞って向き合った交際をすることで、より深く相手について知ることができます。真剣交際は、お互いの家族のことやお金のこと、結婚後の生活イメージといった具体的な結婚の話などもしていく、成婚に向かう大切な時期です。また、この時期はデートを重ねていくうちに親密度も高まりやすくなります。細かい話を聞くことは相手に失礼ではないかと思う人も少なくありません。しかし、結婚後に思わぬ価値観のズレが発覚してしまうとお互いに後で後悔することになってしまいます。このため、気になることはしっかりと真剣交際のなかで確認しておくようにしましょう。直接聞きにくい場合には、結婚相談所のスタッフに相談してみるという方法もあります。

真剣交際の末、交際相手を結婚のパートナーにしたいと思ったら、ついにプロポーズです。プロポーズのタイミングは、真剣交際から成婚を決める際であることが通常となっています。結婚相談所では「成婚」は「婚約」を意味し、成婚すると退会となります。結婚を決めた2人が婚活を止めて結婚の準備を進める段階になることが、結婚相談所を退会するタイミングとなっているのです。一方、深くお付き合いをするなかで、相手との相性が合わないと感じるケースもあります。そのような場合には、真剣交際の段階に入っていてもお付き合いをやめることは可能です。ただし、自分ですぐに直接相手にお断りをするのではなく、結婚相談所のスタッフに相談してお別れをするようにします。

勘違い?仮交際でいきなりプロポーズはNG?

面談で会った相手に好感を持ち、仮交際をしている時点で強く相手に魅かれるというケースもあります。しかし、まだ本格的な交際に発展していない仮交際の段階で結婚を決意してしまうことは冷静な判断とはいえません。特に、仮交際でいきなりプロポーズをしてしまうパターンは恋愛経験の少ない男性に多くみられますが、NGな行為であることを頭に入れておきましょう。会って数回のスピード婚は自然恋愛ではあることです。ただし、仮交際期間は女性の気持ちがまだ恋愛に傾いていないケースのほうが多いのです。ステキな女性を前に結婚したいと思う気持ちが生じるのもわかりますが、相手がびっくりして交際終了となりかねないので注意しましょう。本当に縁のある相手であれば、ある程度の期間を設けても、成婚にしっかりとつながります。第一印象が良い相手でも、何度かデートを重ねてお互いを知るなかで、思っていた人ではなかった、価値観が違ったと感じるケースもあるものです。一生の大切な結婚であるため、自分自身も後悔のないように、真剣交際を経て相手を深く知ってから決断することが重要となります。

相手に伝わるプロポーズの言葉を

憧れの結婚を目前として行うプロポーズは人生の一大イベントです。そのため、プロポーズの際のセリフをどのような内容にするか頭を悩ませてしまう人は少なくありません。結婚したいという相手への思いが大きければ大きいほど、その思いをすべてプロポーズの言葉のなかに込めたいと考えてしまうものです。そして、回りくどいセリフとなってしまったり、長すぎて大切なポイントが理解しにくい内容となってしまったりするケースもあります。

ただし、どんなにさまざまな思いがあっても、一番重要なのは「結婚したい」という思い一つです。このため、「結婚してください」「あなたを一生大事にします」など、ありがちだけれどストレートな言い方がわかりやすいセリフとなります。実際に、多くの女性がストレートなプロポーズのセリフに好感をもっています。回りくどい言い方は相手に真意が伝わらない可能性があるため、シンプルな言葉で伝えることが重要となるのです。逆に、ふざけながら言っているようなプロポーズは悪い印象を与えます。たとえ、照れ隠しであっても、ふざけた言い方や冗談交じりの言葉でプロポーズをすることは絶対にやめましょう。

マストなプロポーズのシチュエーションとは?

プロポーズでセリフとともに大切となるのがシチュエーションです。プロポーズのシチュエーションは、相手がどのような雰囲気を好む人かによって異なります。ただし、どのような好みを持った相手であっても、ガヤガヤしているところは適さないでしょう。大声を出さないと相手の声が聞こえないなど、せっかくのプロポーズのセリフが台無しとなってしまうことがあります。

このため、人が多くて落ち着かない場所などは避けた方が良いでしょう。たとえば、落ち着いた雰囲気のレストランはシチュエーションとして良い場所です。食事をしながら会話を楽しむ時間の延長でなら、お互いに自然体でいられるため、落ち着いて気持ちを伝えることができます。また、夜景のキレイな海辺なども人気の場所です。ロマンチックな雰囲気のなかで、結婚への気持ちが高まりやすくなります。さらに、お互いの部屋で伝えるというのも良い方法です。周りを気にせずにいられる2人だけの空間でなら、恥ずかしがり屋の人でもストレートに気持ちを伝えやすくなります。どのようなシチュエーションであっても、静かな場所を選ぶことがプロポーズをするシチュエーション選びのポイントです。

出会いは結婚相談所でも交際は自然恋愛と同じ!結婚のチャンスを見逃すのは損

良いパートナーに巡り合うことができれば、結果として幸せな結婚を手に入れることができるのです。
結婚相談所で出会ったカップルでも交際が始まれば自然恋愛と同じように段階を踏んで距離を縮めていくことが重要となります。昔のお見合い結婚のように自分の判断よりも親や紹介者など第三者からのプレッシャーが存在するものではありません。自然恋愛を経たカップルと同じように、大切なプロポーズでは意志がハッキリと伝わるよう、言葉やシチュエーションにこだわっておこなうようにしましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所はスピード勝負!プロポーズまでにかかる期間とデート回数