結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所には若い時に登録をしておくと良い!若い内に登録するメリットを紹介

結婚相談所のすゝめ

2018年12月

結婚相談所には若い時に登録をしておくと良い!若い内に登録するメリットを紹介


結婚相談所というと、結婚をしたくてもできない30代以上の人が登録するところというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、結婚相談所は30歳を超えてからではなく20代の若い時に登録しておくのがおすすめです。なぜなら、若いうちに登録するからこそ得られるメリットがたくさんあるからです。ここでは、若い時に結婚相談所に登録しておく方がいい理由やどのようなメリットが得られるのかなどについて紹介していきます。

若い時に結婚相談所へ登録をする人が増えている

20代で結婚相談所に登録をする人が増えています。その理由として、30代に入ってから婚活に焦っている人を見て早めに登録しておいた方が良いと考える人が多いことが挙げられるでしょう。また、20代のうちに結婚をし、「今後の人生を充実させたい」と考えて登録する人もいます。
それでは、実際のところ結婚を焦る30代の男女はどのくらいいるものなのでしょうか。2015年の出生動向調査によると、人々が希望する結婚年齢の平均値は18~34歳の未婚の男性で30.4歳、女性で28.6歳です。つまり、多くの人が30歳ごろまでに結婚したいと考えています。ところが、平成30年版少子化社会対策白書によれば、30~34歳の未婚率は男性で47.1%にもおよび、女性も34.6%と高い数値を示しています。結婚を希望しながら30代半ばで未婚の男性はおよそ2人に1人、女性はおよそ3人に1人もいることになるのです。
また、同じ出生動向調査には、出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年であることが示されています。出会ってすぐに結婚するという人もなかにはいるでしょう。しかし、一般的には、30歳までに結婚したいのであれば20代半ばまでに相手を見つけておく必要があるといえます。ところが、20代半ばで交際相手がいれば結婚できるかというと、必ずしもそうではありません。なぜなら、交際相手にはその気がないということもあるからです。その点、結婚相談所は真剣に結婚を望んでいる人ばかりが登録しています。そのため、結婚したいのであれば、結婚相談所で相手を見つけるのがもっとも効率的な手段となるのです。

若い時に結婚相談所へ登録をするメリット

若いうちに結婚相談所に登録すると、さまざまなメリットが得られます。そのなかでも大きなメリットは、「若いゆえにモテる」「人気が集中する」ということでしょう。特に、子どもがほしくて結婚を考えている男性は、どの年代であってもできるだけ若い女性を望む傾向があります。そのため、20代の女性会員にはあらゆる年代の男性会員から人気が集中するのです。ふだんの生活では出会えないような高収入の相手や容姿の良い相手から交際を申し込まれることもあるでしょう。さらに、こちらから申し込んだ場合に断られる確率も低いため、マッチングがしやすいのです。多くの異性との出会いのチャンスがありますので、自分の望む条件を満たす人に会える可能性も高く、結婚もしやすくなります。事実、20代の会員は成婚率が高い傾向です。
20代の会員の場合、容姿や性格、収入といった条件面で自信がなかったとしても、あまり気にする必要はありません。20代というだけで、多くの場合不問となります。それほど、結婚相談所では20代の会員は希少価値があり、若さが大きな武器となるのです。ところが、特に女性において30代に入ったとたんに申し込みの数が減る傾向が見られます。そして、30代半ばともなると男女ともに申し込み数はがくんと落ちてしまうのです。
結婚相談所も、20代の男女にはできるだけ登録してほしいと考えています。なぜなら、20代の会員がたくさん登録していることはその結婚相談所にとって大きなアピールポイントとなるからです。そのため、結婚相談所によっては20代割引プランなどを設定して集客に努めているところもあります。登録料などが安くなり婚活費用を抑えることができるのも、20代だからこそ得られるメリットといえるでしょう。結婚相談所で良い相手に出会えて成婚が成立すれば、結婚や出産といった人生の大きなイベントを若いうちに経験することも可能です。すると、今後の人生がゆとりを持って生活をしやすくなります。それも大きなメリットといえるでしょう。

自分に合った結婚相談所を選ぶ!

結婚相談所に登録する際は、自分に合ったところを選ぶことが大事です。結婚相談所は大きく分けて「仲人・結婚相談室型サービス」「データマッチング型サービス」「インターネット型サービス」などの種類があり、それぞれ特徴が異なります。自分に合っているところを見つけるためにも違いを知っておきましょう。
「仲介・結婚相談型サービス」は、コンシェルジュなどと呼ばれる専任の担当者がつくタイプです。担当者はプロフィールの作成から相手の紹介、お見合いのセッティングまで幅広くサポートを行います。交際の進め方や異性との会話のコツといったことも相談できます。このタイプは、「恋愛に慣れていない」「これまでに異性との交際経験がない」といった人に向いているでしょう。サポートが手厚いため、ほかのタイプより成婚率が高い傾向があります。
「データマッチング型サービス」は、登録データから希望条件に合致する相手が選ばれ、紹介を受けられるというサービスです。基本的に仲介者のサポートはなく、マッチングが成立した後は自分で連絡を取り合って交際を進めて行く必要があります。このタイプの結婚相談所は、「相手の紹介さえ受けられれば自分で活動できる」「ある程度恋愛に慣れている」という人に良いでしょう。
「インターネット型サービス」は、インターネット上のサイトに登録し、自分で条件検索をして合いそうな相手を探すというものです。マッチングが成功すれば、自身で相手に連絡を取って話を進めていく必要があります。ほかの2つに比べて利用料金はかなり安くなりますが、サポートを期待することはほとんどできないでしょう。異性にどんどん声をかけることができ、積極的に行動できる人に向いているサービスです。このように、結婚相談所はいくつかのタイプに分かれますので、自分の性格を見極めて合うところを選ぶ必要があります。
結婚相談所選びは、適切な料金設定であるかどうかということも重要なポイントです。結婚相談所での活動にかかる費用は、登録料や月会費のほかに、お見合い料や成婚料などがあります。お見合い料とは紹介を受けて相手に会うごとに支払う料金です。成婚料とは成婚したら納める料金です。ただし、どの結婚相談所でもすべての項目の料金が必要になるわけではありません。登録料は安くお見合い料は高いというところ、月会費は高いもののお見合い料は支払わなくて良いところなど、さまざまです。料金の内訳や受けられるサービスの質をよく吟味して、適切だと思うところを選ぶようにしましょう。

若さだけでなく自分磨きも忘れずに

若いうちに婚活をすることで得られるメリットはたくさんあります。しかし、周りの年齢層と話が合わず、成婚が遠のいてしまうというケースがあることも事実です。若さは強いアピールポイントになりますが、それしかなければ「年上の人とは話が合わない」といった問題に発展する場合があるのです。結婚を決めるためには、相手と話や趣味、感性などが合うかどうかも大切なポイントとなります。高収入や高学歴などのハイスペックな異性を求めるなら、同じ程度の知性が求められることもあるでしょう。
自分が求める条件の人と結婚するためには、仕事や趣味の話についていけるように勉強することも必要です。若さだけを武器にするのではなく、自分磨きもきちんと行うようにしましょう。もちろん、外見だけを磨くのではなく内面も充実させることが大切です。自分磨きというと難しく考える人もいますが、そう悩むことはありません。
たとえば、今やっている仕事に打ちこみ、関連資格の取得を目指して勉強をするのも1つの方法です。趣味を極めたり、さまざまなジャンルの本を読んだりして視野や世界を広げるのも良いでしょう。そういった経験を通して人間的に成長できれば、相手が年上であっても話が合うようになってきます。

若さは大きなアピールポイントになる!早めの登録がおすすめ

婚活市場において若さが大きなアピールポイントになることは間違いありません。若いうちは、焦らずにゆとりを持って婚活を進められますので、良い相手に巡り会える率も高まります。「将来は幸せな結婚がしたい」「ゆとりある人生を送りたい」と考えているのであれば、早めに結婚相談所に登録すると良いでしょう。パートナーエージェントではさまざまなサービスを提供し、若い世代が婚活を進めやすいようにサポートをしています。
たとえば、活動に関してアドバイスを行うのは1人の担当者だけではありません。専任コンシェルジュを中心としてサポートチームを組み、適宜サポートやフォローを行って成婚までしっかり導きます。また、パートナーエージェントの強みの1つに、スマート婚活プログラムがあります。これは、プロフィールや結婚相手に求める条件などを分析して「婚活力」を数値化し、その数値に基づいて最適な婚活プランを提案するというものです。このプログラムによって、無駄なく効率的に婚活を進めることができます。
希望条件に合致する相手を見つけるためは、たくさんの異性に出会うことが必要です。そこで、パートナーエージェントでは豊富な出会いの場をさまざまな形で提供しています。たとえば、チームサポートコースでは8種類もの出会いシステムを利用することが可能です。出会いシステムにはコンシェルジュによる紹介やデータマッチング、パーティなどがありますので、積極的に活用するといいでしょう。さらに、交際を進めていくうえで迷いや不安がある時は、サポートチームに相談することもできます。
若い人が婚活をしようという時、ネックとなるのが費用でしょう。パートナーエージェントでは、U28バリューという特別な割引プランも設定しています。これは、男性は22~28歳、女性は20~28歳を対象としたプランです。チームサポートコースで1年間活動した場合、年間での費用がエリアによって通常料金より8万~10万円以上安くなり、お得な費用で婚活ができます。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所には若い時に登録をしておくと良い!若い内に登録するメリットを紹介