結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ご縁を呼ぶってどういうこと?結婚相談所なら叶う?

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

ご縁を呼ぶってどういうこと?結婚相談所なら叶う?

人との出会いと同様に、結婚もご縁であるといわれています。しかし、身近なところに出会いがない場合には焦りや不安を感じてしまうものでしょう。まずは、ご縁が何であるかを理解したうえで結婚に対する考え方を整理しておく必要があります。結婚は人生の大事なイベントであるため、慎重に考えを深めることは大切です。また、出会いを広げる1つの方法として、結婚相談所の利用を検討してみるのも良いでしょう。結婚相談所がご縁を呼び込むことにつながるのかを解説します。

結婚には「ご縁」が必要って本当?

「結婚をしたい!」という強い気持ちを抱いていても、結婚は相手のあることなので自分の希望通りに動くものとはかぎりません。相手と巡り会えても、その人の気持ちや取り巻く環境などさまざまな要素によって決まる部分があります。また、必ずしも自分の好きなタイプの人と結婚する場合だけではないものです。最初はそれほどピンとこなかった相手と結ばれることもあります。結婚しようと思っていないときに結婚する場合もあるため、「結婚はご縁が大切」といわれることもあるのです。一度は結婚が決まりかけた相手でも、思いがけない事情によって叶わないこともあるため、結婚に対する難しさを感じてしまうのも無理はないといえます。 ただ、本当に結婚するべき相手とはスムーズに結婚まで進むことも多いため、そのような状況を「ご縁があった」と考える人は多いものです。素直な気持ちで相手の存在を受け止められたなら、お互いにとってその出会いは大きな意味を持つものだと考えられるでしょう。大切なポイントは、自分自身が結婚に対する意志を明確に持っておくことにあるといえます。いくら良いご縁があったとしても、結婚に対して消極的すぎてしまうと、せっかくの出会いも遠ざかってしまうものです。結婚をしたいという気持ちがあるのなら、どんなときでもその気持ちを見失わないように心がけてみてください。

結婚している人は「ご縁」があったから?

実際に結婚をしている人は、何らかの形でパートナーとの出会いがあったということになるため、ご縁があったと考えられるでしょう。出会い方も人それぞれであり、1つのパターンに縛られるものでもありません。転勤や旅行など、普段とは異なる環境の変化がきっかけとなってパートナーとの出会いにつながることもあります。また、一般的には遠距離恋愛は続かないといわれる面もあるものの、あまり会えなくても結婚につながる人もいるものです。大切な点は、先入観にとらわれることなく、1つ1つの出会いを大事にしていく部分にあります。 どのような形の出会いであれ、その後のかかわりがどうなっていくかは、ある程度時間をかけてみなければ分からない部分もあります。初めから「この人とはご縁がない」と決め込んでしまうよりも、どうして2人が出会ったのかを考え続けていく姿勢をとることも大切だといえます。お互いが出会った意味を考える状況が生まれてくれば、次のステップまで関係が深まる可能性もあるでしょう。

「ご縁」を呼び込む方法とはどんなもの?

結婚を真剣に捉えるのならば、自らご縁を呼び込む方法についても意識をしておく必要があります。何もせずに、ただじっと待っていてもご縁はなかなか訪れてこないものです。日々の生活のなかで異性との関係を深めるチャンスを見つけたら、意識的に行動していくことも大切になります。ただし、異性との出会いをすぐに結婚と結びつけてしまっては、相手が敬遠してしまう要因にもなってしまうので注意が必要です。あくまでも、相手との気持ちのやりとりがあるからこそ、結婚に結びついていくと捉えておきましょう。 その一方で、最初から結婚を前提とした出会いを求める方法もあります。結婚相談所を利用すれば、そこに参加している人は何らかの形で結婚を意識しているため、積極的なアプローチをしても敬遠されてしまう可能性は低いでしょう。環境に応じて、異性へのアプローチの仕方を変えていけば、ご縁を呼び込むきっかけを自ら生み出していくこともできます。結婚を進めるうえで、どのような環境が自分に合っているのかをよく見極めてみましょう。

「ご縁がなかった」と言われたとき

結婚相談所を利用することで、これまでになかった出会いを得る可能性は高まります。しかし、結婚相談所で紹介された相手やお見合いをした相手から、「今回はご縁がなかった」と言われるときもあるでしょう。相手のことを好きであれば、ご縁がなかったと言われるのはショックでもあります。ただ、相手にとっては結婚相手とは感じられなかったということでもあるため、新しい出会いに期待をするほうが良いでしょう。「自分にはもっとふさわしい人がいる」といった心持ちで、前向きに気持ちを切り替えていくことが大切です。 1つの出会いだけにこだわらずに、気持ちを切り替えていけば新しいご縁を引き寄せてくれることにもつながります。明るく、前向きな気持ちを抱いていれば自然と笑顔も出てくるものです。そうした良い流れを作っていけば、より良い出会いを招いていけるでしょう。

既婚者の多くがご縁を感じている

すでに結婚している人のなかには、結婚相手に会ったときに「この人と結婚するかも」「一緒にいて楽しい」「初めて会った気がしない」と感じている人も多くいます。何らかの不思議な「ご縁」を感じたという人は多い傾向にあるため、自分の直感を大切にする姿勢も意識してみてください。実際に結婚をすれば、それから先の将来は相手と一緒に過ごすことになります。結婚はあくまでも、1つの通過点であることを忘れないようにしましょう。だからこそ、相手と出会ったときに感じた気持ちは重要な意味を持つものです。 結婚はあくまでも自分と相手とのためのものですから、周りの人たちと比べてしまう必要はありません。相手と接したときに感じた素直な気持ちを突き詰めていけば、ご縁をさらに広げていく良い環境を生み出せるでしょう。

何も感じないのは「ご縁」がなかったから?

結婚相談所で紹介をされた人やお見合いをした相手に対して、特に何も感じないということもあります。ただ、初対面のときには何も感じなくても、何度か会っているうちに結婚相手として意識する場合もあるものです。必ずしも、最初の印象だけですべてのことが分かるわけではありません。初対面のときにピンとこないからといって、早々に見切りをつけるのは避けたほうがよいともいえます。結婚といっても、通常の人間関係を築くのと同様に時間をかけて接していく姿勢が大切になるのです。 自分にとって、特に苦手なタイプの相手でなければ、何度か会ってみて判断するのも良いといえます。一緒に過ごす時間を重ねていくうちに、最初は気がつかなかった相手の魅力に気づくこともあるでしょう。それは相手にとっても同じであるため、自分の魅力を知ってもらうためにも、少し時間をかけて相手と向き合う姿勢を忘れないようにしてみてください。

「ご縁」はタイミングに関係ない

結婚について考えるときには、自分の年齢を意識してしまうこともあるでしょう。しかし、ご縁にタイミングは関係がないものです。それまでは何のつながりもなかった場所で、運命の相手と巡り会うこともあります。思い立ったときに行動を起こしてみると、何らかの出会いに恵まれる可能性もあるのです。異性との出会いを求めるときには、「今何ができるか」といった視点を持つことも大切だといえます。何も行動を起こさないのは、結果的にご縁を遠ざけてしまうかもしれないからです。これまでの自分にとらわれてしまうのではなく、まっさらな気持ちで出会いを求めるのも、結婚を考えていくうえでは重要だといえます。 将来のことを真剣に考えれば考えるほど、あれこれと難しく考えてしまいがちです。しかし、結婚を求めている異性も何らかの形で不安や焦りを感じているため、それほど深刻に捉える必要もありません。「異性と向き合ったときに何を話せばいいか分からない」といった不安があるときには、趣味をきっかけとした話題作りを考えてみてもいいでしょう。自分がどういうものを好んでいるのか相手に知ってもらえますし、異性との会話の糸口を自然に見つけることにもつながります。いずれにしても、背伸びをせずに等身大の自分で向き合っていく点を心がけていれば、異性との適切な距離感を少しずつつかめるはずです。

結婚相談所の利用も「ご縁」の一つ

身近なところでなかなか異性との出会いを見つけられないと感じるときには、結婚相談所を利用してみるのも「ご縁」の始まりをつかむきっかけとなるでしょう。結婚相談所を利用するメリットは、そこに参加している人たちが何らかの形で、結婚を真剣に考えているという点です。せっかく異性との出会いがあっても、相手が結婚に対して熱心でなければ、もどかしい気持ちを抱えてしまうかもしれません。そうした不安を結婚相談所では感じる必要がないため、安心してパートナーを探していくことができます。 また、結婚を真剣に考えられる相手を見つけたとしても、関係を深めていくためにはそれなりに時間を必要とする面もあるものです。すべての問題を自分一人で解決しようとすれば、ストレスやプレッシャーを感じてしまうかもしれません。結婚相談所にはさまざまなカップルを見てきたベテランのコンシェルジュがいるため、細かな相談にも応じてもらえます。婚活をスムーズに進めるためにも、協力してくれる味方がいるのは心強いものです。一人で活動することに行き詰まりを感じたときには、まずは気軽な気持ちで相談をしてみるといいでしょう。出会いのきっかけを自ら求めていくことで、新たな出会いを引き寄せられるはずです。

真剣に結婚したいという気持ちを維持することがカギとなる

異性との出会いはあくまできっかけであるため、その後の関係を深めていくためにはお互いの気持ちのやりとりがカギとなってきます。焦りや不安から、無意識のうちに自分の要求ばかりを相手に押しつけてしまわないように注意しましょう。ただ、「真剣に結婚したい」という気持ちだけは常に自分のなかに抱いておく必要があります。相手から熱心なアプローチがあったときに、真剣に向き合うことは出会いを深めるうえでも大切なことです。 お互いの距離感をうまく探っていきながら、良い出会いを形にしてみてください。素直な気持ちで相手と向き合う姿勢を忘れないようにしましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ご縁を呼ぶってどういうこと?結婚相談所なら叶う?