結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ピアノ講師は出会いが少ない?婚活を考えるなら結婚相談所へ

結婚相談所のすゝめ

2018年11月

ピアノ講師は出会いが少ない?婚活を考えるなら結婚相談所へ

生涯をともにする伴侶と出会うためには、異性と接する機会が多いことが理想的です。交友関係が広いと、友人・知人を通じて新たな出会いが期待できます。そのためには、自分から積極的に友好の輪を広げることも大切です。 しかし、職業によっては、人と出会う機会が少ないかもしれません。ピアノ講師の場合も例外ではないでしょう。ここでは、ピアノ講師が異性との出会いが少ない理由について考えてみました。そのうえで、ピアノ講師の魅力や、婚活の場として結婚相談所を利用するメリットについて紹介していきます。

ピアノ講師はなぜ出会いが少ないの?

ピアノ講師になるためには、まず、ピアノを演奏できることが大前提です。ピアノの技術習得は一朝一夕ではできません。毎日、地道な練習が必要なほか、それを継続できる精神力も求められます。また、習得した技術を落とさないためには、日々の練習を欠かすこともできません。 ピアノ講師のなかには、音楽大学を卒業した人も少なくないでしょう。音楽大学への進学を果たすには、少しでも早く本格的なピアノ練習を始めることが望まれます。中学や高校に進むと、さらにピアノの練習時間が増えます。そのため、音楽漬けの日々を送るといっても過言ではないでしょう。また、受験に必要なほかの勉強も並行して行うことから、受験勉強で精一杯になるのも無理からぬことです。このような理由から、ピアノ以外の趣味が少ない人もめずらしくありません。 音楽大学へ入ると、さらにピアノの練習漬けの日々が続きます。そのため、ほかの大学生のように、学生生活を謳歌する機会が少ないかもしれません。自分が通う大学以外で友人を見つけることも難しいでしょう。また、社会人になってからも新たな出会いが少ない傾向があります。会社員とは異なり、ピアノ講師は自宅で開業する人も多く、外出の機会が少ないことも原因のひとつです。平日の夕方から仕事があるほか、土日も仕事が入るなど、ピアノ講師の生活のリズムにも特徴がみられます。

ピアノ講師は婚活するのも難しい?

まず、ピアノ講師の日常について、補足していきましょう。ピアノ講師の仕事は、生徒とのマンツーマンのレッスンが基本です。特に、自宅でピアノ教室を開いている人は、このパターンが少なくありません。また、レッスン時間が固定されることも一般的です。しかも、ピアノ講師で収入を得るためには、1人でも多くの生徒に教える必要があります。必然的に、レッスンに当てる時間が多くなり、よほどのことがない限り仕事を休むこともできません。そのため、自分の都合は後回しになりがちです。 主婦やシニア世代の人など、生徒によっては昼間のレッスンが可能です。しかし、子ども相手に教える場合は、平日の放課後などを利用する形になります。そのため、最後のレッスンが終わる時間が遅くなる場合も少なくないでしょう。また、土日に仕事を入れている人も多く、土日祝日が休みの人とは生活サイクルが異なることもでてきます。 もちろん、ピアノ講師をしていても出会いの場はあります。ただし、通常の会社勤務とは異なり、出会う相手は生徒や保護者などに限られてきます。保護者から結婚相手を紹介してもらう場合もありますが、あまり期待しないほうがよいかもしれませんね。

男性の場合は収入が不安定になりがち

ピアノ講師の収入は生徒数と比例して決まります。生徒のレベル別に月謝の額を設定することも可能ですが、生徒側の反応もあるため難しいところです。しかし、それ以上に大変なことは、生徒が定着するかどうかではないでしょうか。ピアノ講師のほとんどは自営業のため、収入の安定が大きな課題になります。 結婚後の生活スタイルは夫婦によっても異なります。仕事はもちろん、生活費の負担をどうするかは、当事者同士で話し合うことが大切です。しかし、現実問題として、男性に安定した収入を求める人が多いのではないでしょうか。そのため、結婚したい気持ちはあっても、自分の経済力を心配するあまり、婚活を躊躇する男性もでてきます。男性にこのような思いがあることは、女性のほうも理解しておきたいところです。

女性の場合は新居に制限が出やすい

一方、女性が結婚に踏み切るときも、いろいろな障壁が出てきます。結婚後も同じ場所に住み続ける人はともかく、そうでない場合はピアノ講師の仕事ができる環境が必要になるからです。 まず、ピアノを置ける専用のスペースが不可欠です。アップライトピアノだけでなく、グランドピアノを持っている人もいるでしょう。ピアノ本体を置くだけでなく、イスに座ってピアノを弾くためには、ある程度の広さが求められます。これは、自分が演奏するだけでなく、落ち着いてレッスンするにも見逃せない課題です。 また、ピアノの重さもあるため、2階以上の部屋へは入れられないかもしれません。集合住宅のなかには「ピアノ不可」もあります。営業行為禁止の物件も存在するため、新居探しが難航することも覚悟しておきましょう。 隣近所がない一軒家に暮らす方法もありますが、交通アクセスが不便な場所だと、生徒を集めるのが難しいかもしれません。また、これまでの生徒が通えない場所でピアノ教室を始める場合は、ゼロからスタートする必要性が出てきます。ピアノ教室を自宅で開業する人が多いだけに、心得ておきたい課題といえるでしょう。 近隣への配慮も見逃すことができません。自宅でピアノ教室を開くと、生徒や保護者の出入りがあります。また、夜間にレッスンすることもあるため、防音対策は不可欠です。新しい土地で生活を始めるためには、なにかと気を使うことが出てきます。しかし、近隣との関係を良好に保ててこそピアノ教室が開けることや、末永く続けられることも知っておきたいですね。

ピアノ講師の仕事はメリットが多い

ピアノ講師になるには、生徒を見つける必要がある、レッスン場所を確保するなど、いろいろな課題が出てきます。収入は出来高制のため、生徒数の増減が収入にストレートに反映してくるなど、デメリット面も避けられないでしょう。しかし、ピアノ講師になると、それ以上のメリットが期待されます。 自分で教室を開いているピアノ講師には、定年がないことが大きな魅力です。また、自宅で仕事ができることも大きなメリットといえるでしょう。通勤する必要がないため、朝の時間をゆっくり過ごせます。また、化粧品や衣料品の購入費用を節約できるかもしれません。もちろん、ピアノレッスンは人相手の仕事のため、身だしなみを整える必要があるのは、いうまでもないでしょう。 家を空けることが多いと、家族が帰宅したとき不安な思いをしますが、在宅で仕事をすることにより、常に家族を身近に感じられます。子どもを産み育てられる環境づくりが大きな課題ですが、自宅で仕事をすることにより、そのような心配も少なくなります。もちろん、ピアノレッスン中は公私のけじめを付ける必要があります。そのためには、家族の協力が不可欠といえるでしょう。しかし、生徒や保護者の了解を得ることで、ピアノ講師の仕事を続けることも可能です。

結婚後は音楽のある家庭が築ける

自分の好きなことができる環境づくりは、精神衛生上も大切です。特に、生活の基盤になる家庭の役割は大きいですよね。在宅での働き方を選ぶことで、仕事を身近に感じることができます。ピアノ講師も例外ではないでしょう。しかも、ピアノの音色に触れられるため、結婚後も音楽にあふれた生活を続けることが可能です。 子どもにピアノへの興味を持たせるためには、ピアノが身近にある生活が望まれます。ピアノが自宅にあっても、誰も弾かないのでは子どもに興味を持たせるのは難しいかもしれません。しかし、ピアノ教室を自宅で開くことで、子どもはピアノの音を聞きながら育ちます。また、ピアノ演奏ができる人は、自分の子どもに教えられることも大きなメリットではないでしょうか。 ピアノ演奏の技術があると、思わぬ場面で役立つこともあります。友人の結婚式やパーティーなどでピアノ演奏すると喜ばれます。結婚式では、1曲だけの演奏もよいですが、披露宴を通じて演奏する方法も検討しましょう。また、自分が弾いた曲をCDに収録してプレゼントするなど、ピアノ演奏ができると自分の可能性が大きく開けます。それによって、まわりの人が幸せな気分になれるのが嬉しいですよね。もちろん、生涯を通じて音楽を楽しめることが大きなメリットです。

結婚相談所なら理想の相手に会える

一昔前は、結婚相手と出会う方法として「お見合い」が一般的でした。そのため、婚活に消極的な人も、まわりのサポートによって結婚できていました。いまは、お見合い自体が少なくなっています。しかし、お見合いスタイルを取り入れた「結婚相談所」を利用する方法があり、新しい婚活の場として注目されています。もちろん、結婚相談所を介しての婚活は、ピアノ講師のみなさんにもおすすめです。 結婚相談所は数多くあるため、自分の生活スタイルに合った結婚相談所を探すことが可能です。結婚相談所のサービスには、お見合いだけでなく、イベントやパーティーなどもあるため、理想の相手と出会えることも夢ではなくなります。 結婚相談所で婚活するためには、会員登録が不可欠です。結婚相談所の利用には、いろいろな費用などが必要ですが、料金体系は結婚相談所によって異なることを知っておきましょう。自分が納得して入会することで、精神的な負担も少ないからです。もちろん、在籍する会員の年齢層、会員登録から成婚までの期間なども見逃せません。結婚相談所探しをするときは、いろいろな角度から情報収集を行いましょう。

自分の仕事に理解のあるパートナーを

結婚相談所を利用する大きなメリットは、結婚を真剣に考える人と出会えることです。特に、結婚相談所スタッフのサポートによるお見合いでは、事前に相手の情報を知ることができます。また、お見合い相手も自分の希望などを理解していることが大前提です。そのため、結婚後もピアノ講師を続けることをわかってくれる相手に出会いやすいといえます。結婚を機に、これまでの仕事を辞める方法もあるでしょう。しかし、結婚後も同じ仕事を続けるためには、仕事に理解があり、協力を惜しまないパートナーとの出会いが理想的ではないでしょうか。

ピアノ講師の仕事をあきらめないで!結婚相談所を利用してステキな出会いを

ピアノ講師の仕事は仕事時間の関係もあり、異性と出会う機会が少ない傾向があります。その理由として、人相手の仕事で時間が固定されているため、プライベートの時間が取りにくいことが考えられます。また、結婚後に大きく環境が変わる場合は、ピアノ講師の仕事を続けるのが難しいかもしれませんね。 そのような悩みを抱える人は、結婚相談所に会員登録して婚活する方法があります。結婚相談所で出会う相手は、それぞれが求める条件を知っているため、成婚の可能性も高くなります。ピアノ講師の仕事をあきらめないで、結婚相談所を利用してステキな出会いを求めましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > ピアノ講師は出会いが少ない?婚活を考えるなら結婚相談所へ