結婚相談所のすゝめ

2018年11月

パイロットと出会いたい!結婚相談所なら叶う?

パイロットは婚活をしている女性から人気のある職業です。しかし、出会うチャンスが限られるので、パイロットと結婚したいのであれば戦略的に婚活をすることが必要です。そこで、今回はパイロットと結婚したいと考えている女性のために、 パイロットという職業についての基礎知識や年収相場、パイロットとの出会い方について解説します。合わせてパイロットの妻に向いているタイプや妻としての心がけなども解説しますので、この機会にしっかり考えてみましょう。

パイロットの年収はどれくらい?

パイロットと結婚するとどんな生活になるかを想像するうえで欠かせない年収について、まず解説しましょう。パイロットの年収は国内大手航空会社で勤務する場合、一般的に30代の副操縦士で1500万円前後、40代機長なら2500万円前後といわれています。 また、厚生労働省が公表している賃金基本統計調査(2015年)をみると、パイロット(航空機操縦士)の平均年収は1531万5200円となっています。 この平均年収は、賃金基本統計調査の「職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業別)男女計」に掲載されている航空機操縦士の「きまって支給する現金給与額」を12倍し、「年間賞与その他特別賞与額」と合計した値です。 ただし、企業規模別にみると大きな開きがあるようです。1000人以上の企業では1721万900円ですが、100~999人の企業では1090万1900円です。このデータの平均年齢は44.0歳、 平均勤続年数が17.3年なので、この点も考慮に入れておきましょう。より年収の高いパイロットと結婚したいのであれば、なるべく規模の大きい航空会社に勤めるパイロットを探すことが必要です。 そのため、婚活でパイロットと出会ったらさりげなく、相手の航空会社もチェックしましょう。

パイロットの仕事はフライトが基本

パイロットとの結婚を考えているなら、まずはパイロットという職業について知るべきでしょう。あるボーイング777の副操縦士の例を挙げると、月間で7本(往復)のフライトがあります。 国内線であれば1日のうちに往復することが多いですが、国際線であれば4時間程度のフライトで到着できる目的地でも、現地で宿泊することが多いです。 国際線で乗務するときの1日の例(成田上海間)を挙げると、1日目の18時10分に成田を発ち、21時15分に上海に到着し、1日目・2日目ともに上海で宿泊します。 そして3日目の10時15分に上海を出発し、14時15分に成田に戻るというスケジュールです。目的地がシカゴのときはこの工程が4日間にわたります。言うまでもなく、初日と最終日以外の日は家をあけることになります。 休日については週の決まった日に休むという形ではなく、フライトの都合によるので変則的になります。パイロットという職業は激務というイメージをもっている人もいるかもしれませんが、航空法という法律によって月間の乗務時間は65歳未満なら1カ月で100時間、 3カ月で270時間、1年で1000時間を超えてはいけないと定められているので、決し て休みを取れないということではありません。 また、フライトの予定がないときに「スタンバイ」という日が設けられています。これは、フライトの予定だった操縦士に体調不良など万が一のことがあった場合に、その操縦士に変わって操縦を行うための仕組みです。 スタンバイは空港内にある控室で待機する場合と自宅で待機する場合がありますが、代わりのパイロットが必要になると自宅待機のパイロットから順に呼び出されるので、スタンバイの日は自宅にいても自由に行動することはできません。 なお、自宅で待機するパイロットを優先的に呼ぶ理由は、空港内のパイロットならすぐに対応できるので、緊急度の高いときのために残しておくからです。 パイロットの仕事はもちろんフライトがメインですが、それ以外の仕事をしている人もいます。後輩パイロットの訓練を担当することもありますし、セミナー講師としての業務を通じて間接的に運行品質の維持に努める役割を担っていることもあります。 フライトの仕事は責任が重くストレスになりやすいと考えられるので、こうした陸上の仕事でバランスを取り、リフレッシュしているのかもしれません。

パイロットの妻に向いているタイプ

パイロットの妻になるなら必ず知っておく必要があるのが、パイロットに義務付けられている身体検査の厳しさです。パイロットは航空法によって、年に2回の航空身体検査が義務付けられています。 内科・眼科・耳鼻咽喉科・精神神経科の4科について多くの項目を各専門医が検査し、不合格になると乗務ができません。そのため、パイロットの男性が婚活をするなら、少なくとも自身の健康管理について積極的に協力してくれる人や、 健康を損なわずに美味しく食べられる料理を作ってくれる人を求める可能性が高いのではないでしょうか。 パイロットは自宅に戻れない日が多くある点についてはすでに触れましたが、家を開けている間に浮気をされないか心配になることもあるでしょう。 そのため、浮気をしないと信じてもらえる女性であることが、隠れた条件の1つといえるかもしれません。また、家に夫がいないと寂しいというタイプの人は、パイロットの妻になることは向いていないといえます。 人によっては夫が適度に家をあけてくれるほうが、バランスが取れて良いということもあるでしょうが、乗務中に携帯電話で連絡をとることはもちろんできませんので、寂しがりやの自覚があるなら他の職業の人を探したほうが良いでしょう。 家をあけることが多いので、家事が得意だったり、金銭管理や子育てについてしっかりした考えをもっていたりするなら婚活のときにアピールポイントになると考えられます。 パイロットは年収が高いので、共働きでないと生活ができないという可能性は低いです。お金の問題ではなく仕事がしたいというなら別ですが、生活費の不足を補うためにパートに出るといったことよりも、家の管理を安心して任せられる人のほうが好まれると考えておくほうが良いでしょう。 また、航空機の事故は命にかかわることもあります。もちろん、これはパイロットに限った話ではありませんが、いざというときに落ち着いて行動できる精神力もパイロットの妻には求められるでしょう。

パイロットと出会う方法はある?

パイロットの数そのものは多くなく、その中から未婚の人となるとさらに限られてきます。飛行機に乗客として乗るときもパイロットと顔を合わせることはありませんので、 普通に生活しているだけならパイロットと出会う機会はあまりないでしょう。そのため、パイロットと出会いたければ何らかの工夫をすることが必要です。以下ではパイロットと出会う方法について紹介します。

空港または航空会社に就職する

あなたがまだ就職前の学生で、パイロットとの結婚を夢見ているのであれば、航空会社で働くのが最も有利です。客室乗務員を始めとしてグランドスタッフや航空整備士、ディスパッチャーなど航空会社特有の仕事だけでなく、 どこの会社にもいる一般的な総務・経理などの職種があります。客室乗務員が最も有利ではないかと思うかもしれませんが、現実はドラマと違ってそうでもないようなので、客室乗務員以外のスタッフでもチャンスはあるでしょう。 そのため、客室乗務員になるのは難しいと考えているなら他の職種を検討するのがおすすめです。新卒でなくても中途採用を募集していることもあるので、興味があるなら募集している航空会社を探してみてください。 航空会社勤務の友人に紹介してもらう 航空会社に勤務する友人がいるなら、その人から紹介してもらうというのも1つの方法です。ただ、航空会社にパイロットの知り合いがいて、さらに紹介してもらうとなるとかなりハードルが高いので、あまり現実的な方法であるとはいえないでしょう。

パイロットも出会いは少ない?

先述のとおり、パイロットは乗務時間について航空法の制約を受けます。そのため、不規則ではあるものの、休日が一般的な職業と比べて少ないということはありません。 ただし、多くの人の命を預かる責任の重い仕事であることから、体調管理は一般の人よりもかなり重視しています。フライト前日には飲酒を控えたり、遅くまで外出して睡眠不足になったりすることを控える人が多いです。 そういう意味では休日であっても活動の制限を受けるため婚活をしている時間が限られ、出会いのチャンスが少なくなる可能性があります。 また、航空会社は女性の多い職場かもしれませんが、価値観の合う人がいなかったり、条件が合わないなどの理由で恋愛がうまくいかないこともあり得るでしょう。 そのため、航空会社で勤務していないとパイロットと結婚するチャンスがないと決めつけてしまうのはもったいないです。あきらめてしまえばパイロットと結婚できるチャンスはなくなってしまうので、可能性のある対策を考えましょう。

結婚相談所で出会いを期待しよう

パイロットという職業は颯爽としていてモテるイメージがあるため、結婚相談所で婚活している人なんていないのではないかと思うかもしれません。 しかし、結婚相手に専業主婦を希望するなど、条件を求める人も多くいます。結婚相談所であれば、相手の女性があらかじめ条件に合っているかどうかを知ることができるので効率的に婚活ができます。 恋愛だと、付き合いが進んでからその相手が条件に合っていないとわかっても簡単に関係を解消できないので、結婚相談所を利用した婚活には恋愛にないメリットがあるわけです。 そのため、パイロットでも結婚相談所を利用する可能性は十分にあるといえるでしょう。

数少ないチャンスを逃さないように!-

パイロットと結婚するのは、他の職業の人と結婚するのに比べればやや難易度は高いかもしれません。 婚活市場では年収が高い男性は人気があるので、パイロットでなくてもよいという人もライバルになるからです。 数少ないチャンスを活かすのであれば、パイロットという職業についての知識を仕込んでおくことは必須です。パイロットの男性とマッチングしたとき、会話にパイロットについての知識を盛り込んで気遣いを見せれば、 印象はグッと良くなるはずです。準備はしっかりしておき、チャンスが来たときに活かせるようにしておきましょう。

結婚はお互いの人生を共有すること

結婚を目指すのであれば、その本質を把握することが欠かせません。恋愛との大きな違いは、今後の人生を共有できるかどうかということです。 結婚後はお互いの人生におけるあらゆることを夫婦のイベントや問題として捉えていくことになります。多くの喜びを分かち合える一方でつらいこともあるので、助け合って乗り越えていける関係を築くことが必要です。 出会いをそのような関係にまで導くには、楽しく前向きに付き合える努力をしなければなりません。否定や依存をするような状況になっていると、努力が足りているとはいえないです。 明るい未来をイメージして相手を尊重するなど、人生を一緒に歩んでいきたいと感じてもらえるように頑張りましょう。 結婚に導くノウハウを押さえておこう!

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > パイロットと出会いたい!結婚相談所なら叶う?