結婚相談所のすゝめ

2018年10月

結婚相談所へ住民票の提出が必要な理由とは?


結婚相談所では、住民票の提出を求められることがあります。運転免許証やパスポートはさまざまな手続きの際に提出を求められることが多いため、多くの人は本人確認のためにそれらが必要であることには納得できても、どうして住民票が必要になるのか、不思議に思っているのではないでしょうか。この記事では、そのような疑問を持つ人に向けて、結婚相談所への登録に住民票の提出が必要な理由を説明します。一見面倒に見えても、実は住民票を求められる結婚相談所のほうが安心なのです。

結婚相談所で住民票の提出が求められるワケ

結婚相談所では、住民票の提出を求めることがあります。これは、登録する人の身元を確認することが目的です。結婚相談所を利用することのメリットの1つとして、登録者の情報への信用度が高いことが挙げられます。プロフィールに掲載されている情報が本当のものかわからなければ、会いたいという気持ちは起こらないでしょう。そのため、結婚相談所では、信用度を保つために住民票などの証明書類が必要になります。
住民票を見れば住んでいる場所がわかりますし、家族構成も記載されているので、その人が本当に独身かどうかを確かめることができます。それにより、結婚詐欺などの犯罪を抑制する効果があるのです。本当は結婚している人が不正に結婚相談所を利用していた場合、同じくその結婚相談所を利用している多くの人に迷惑がかかるだけではなく、結婚相談所自体の信用度が低くなってしまいます。そのような事態を防ぐために、結婚相談所は登録者が独身であるということを確認する必要があるのです。その方法の1つとして、住民票は用いられています。

住民票の提出が不要な結婚相談所もある!

多くの結婚相談所では住民票の提出を求められますが、これは法律などで義務づけられているものではありません。そのため、結婚相談所によっては提出が不要な場合もあります。しかし、改ざんのできない住民票とは違い、本人の申告によるプロフィール登録の場合は、嘘が含まれている可能性を否定できません。例えば、実際の住所とは異なるにもかかわらず、東京や大阪などの都会を住所として登録し、婚活を有利に進めようとする場合などが考えられます。
そのような事態を防ぎ、登録者の正確な情報を知るためには、住民票の提出を求められる結婚相談所のほうが安心だといえるでしょう。住民票が必要な結婚相談所に登録している人はすべて、証明書類により身元がはっきりとした人なので、トラブルに巻き込まれる可能性が低いといえます。

住民票は世帯全員分必要なのか

住民票には、個人の情報だけ記載されているものと、世帯全員分が記載されているものの2種類があります。住民票を取得する際には、まずどちらの種類にするのかを選ぶようになっています。結婚相談所に提出する住民票の場合は、基本的に世帯全員分が記載されているものが必要です。
個人の情報だけ記載されている住民票の場合、登録する本人の住んでいる場所や年齢などの正確な情報を得ることはできますが、家族構成についての情報を知ることはできません。結婚相談所にとっては、登録者が本当に独身かどうかを確認する必要があるため、世帯全員分が記載されているものを提出しましょう。住民票には世帯主との続柄が記載されており、家族構成が明確になるので、結婚相談所に対して独身であるということを証明できます。

住民票は役所の窓口か郵送で取得しよう!

住民票は、住所登録されている市区町村で取得できます。市民課や戸籍課などの窓口に、住民票の写しの請求書と本人確認書類を提出します。請求書は窓口で受け取ることができるほか、役場のホームページでダウンロードし、あらかじめ記入してから窓口へ持ちこむことも可能です。また、本人確認書類は、本人の顔写真のある、運転免許証やパスポートが一般的です。わからないことがあれば窓口の人に尋ねることができるので、取得方法について不安がある人は役所の窓口に行きましょう。その一方で、土日は窓口が閉まっており、平日でも受付時間が限られることや、住民票を現在の住所に移していない場合、遠距離の移動が必要になるなどのデメリットもあります。その場合は、郵送で取得するのがおすすめです。
住民票の写しの請求書、身分証明書のコピー、手数料、返信用封筒を住所登録している市区町村の役所に送ると、住民票を郵送してもらえます。このとき、役所によっては通常の請求書と郵送用の請求書を分けている場合があるので、ホームページでよく確認しましょう。また、手数料は定額小為替や現金書留を利用し、現金をそのまま同封しないように注意してください。この方法であれば、仕事が土日休みで、窓口に行くのが難しい人でも簡単に取得できます。ただし、返送されて家に届くまでに時間がかかることや、あらかじめ請求書に記載しなければならないので、不安な点を質問できないなどのデメリットもあります。わからない点は事前に電話などで質問しておくと良いでしょう。
なお、役場によっては、平日のうちに電話で予約をしておけば、土日でも住民票を受け取れるところがあります。上記で述べた事柄についても、細かな点は市区町村により違いがあるので、電話やホームページで取得方法を確認してみましょう。

住民票の提出でどんなことがわかるの?

住民票には、基本的に、氏名・住所・生年月日・性別の4つの項目が記載されています。住民票の提出により、本人の正確な住所や氏名がわかるようになっているのです。また、これら以外に、本籍・筆頭者、続柄・世帯主、国籍・地域世帯主などの項目があり、これらは住民票取得の際に記載するかしないか選択するようになっています。結婚相談所に提出する場合、独身であることを証明することが目的なので、これらの項目のうち、続柄・世帯主については記載しておいたほうが良いでしょう。これにより、家族構成や世帯主の名前なども証明できます。
なお、住民票に記載される項目は個人情報なので、必要になる項目のみを記載し、不要な情報は記載しないよう注意が必要です。もし具体的に必要な記載事項がわからなければ、提出先である結婚相談所に問い合わせてみましょう。

住民票以外で提出が必要な書類は?

結婚相談所では、住民票以外にもいくつかの書類が必要になる場合があります。例えば、独身証明書。名前の通り、独身であることを証明するもので、本籍地の市区町村で取得できます。住民票とは違い、住所登録している役所ではないので注意が必要です。
また、職業や収入、学歴などを証明するために、在籍証明書や収入証明書、卒業証明書などを求められる場合があります。在籍証明書は会社に、卒業証明書は学校に申請し、取得しなければなりません。収入証明書とは、会社員の場合は源泉徴収票や給与明細書が、会社員ではない人の場合は確定申告書がそれにあたります。さらに職業関連では、弁護士や医師など、国家資格が必要な職業についている人の場合、資格証明書を提出しておくと良いでしょう。役所の法務局に申請し、手続きを行えば取得可能です。義務ではないことが多いですが、提出しておいたほうが信用度が増します。
このほか、結婚相談所に登録するのが本人であることを確かめるために、写真付き証明書や身分証明書も提出が義務づけられていることが多くあります。運転免許証、あるいはパスポートを提出するのが一般的です。

安心して婚活できる結婚相談所とは?

安心して婚活できる結婚相談所には、共通していくつかのポイントがあるのが特徴です。まずは、ここまで述べてきたように、利用者の登録情報を住民票や収入証明書などで確認していることです。このような方法で登録情報が確認されていれば、虚偽の情報が含まれていることがないので、安心して相手のことを信用できるでしょう。
また、これだけではなく、サポート体制が整っていることも重要です。専任のカウンセラーがいると、婚活を上手に進めるための個人的なアドバイスがもらえたり、婚活について悩んでいることの相談にのってもらえたりできます。自分では気づかないような、客観的な目線から意見を言ってもらえる、貴重な存在です。親身なサポートがあれば、それだけ婚活がうまくいく可能性が高いので、結婚相談所を選ぶときにはサポート体制についてもチェックすることをおすすめします。
さらに、入会金や月会費などが明確に決められているかどうかも大切な基準です。これらの金額が不明瞭だと、登録したあとに追加料金を請求されるなどの詐欺に遭う可能性があります。結婚相談所には、パートナー探しから婚約まで、長い期間登録するのが普通です。余計なお金を払ってしまわないように、結婚相談所は入会金や月会費などがはっきりしているところを選びましょう。

住民票の提出は信頼できる結婚相談所の目安?

住民票の提出は、信頼できる結婚相談所を選ぶ1つの目安となります。それだけ、結婚相談所側が登録者の情報に責任を持ち、その正確性を保証しているということです。一方、きちんと公的書類を確認しない結婚相談所には注意が必要だといえます。住民票などの根拠がなければ、どんなに条件の良い人が登録されていても、その条件が嘘である可能性があるからです。
婚活が一般的なものになってから、結婚相談所に登録する人の数は年々増加しています。これだけ世間に広まっているからこそ、それにつけこんで悪用しようとする人もいるのです。そのため、結婚相談所を選ぶときは、信頼できるかどうか、安全であるかどうかが重要な基準となってきています。結婚するまで嘘に気づかなかった、という最悪の事態を防ぐためにも、結婚相談所は住民票の提出が必要なところを選ぶと安心でしょう。

お互いを信じるために住民票は必要

結婚相談所では、登録情報が真実であることを証明するために住民票の提出が求められます。これにより、結婚相談所を通じたトラブルが減り、安心して利用できるようになっているのです。住民票を取得するのは少し面倒に感じる人もいるでしょうが、そのひと手間で自らの登録情報の信用度を高めることができます。同時に、登録するときの書類が多ければ多いほど、それをクリアしたほかの登録者への信用度も高まるでしょう。
結婚相談所において、住民票などの証明書は、自分を信じてもらうためにも、相手を信じるためにも必要なものなのです。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP