結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 入会してもできるとは限らない?結婚相談所の現実と成婚のポイント

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

入会してもできるとは限らない?結婚相談所の現実と成婚のポイント


これから結婚相談所を利用しようとしている人の中には、結婚相談所に入会すればすぐにでも結婚できると思っている人がいます。しかし、実際にはそれほど甘くはありません。結婚相談所に入会したからといって、必ずしもすべての人が結婚相手を見つけられているわけではないというのが現実です。実際の結婚相談所における成婚率はどのくらいなのか、入会後にどんな現実が待っているのか、上手に利用するにはどうしたらいいのかについて解説します。

実は多くない?結婚相談所を利用して結婚した人の割合

まず、結婚相談所を利用した人の中で結婚した人の割合はどのくらいなのか、知りたい人も多いでしょう。「ブライダル総研」のデータによれば、2015年に結婚相談所を利用した人の中で結婚した人の割合は17.0%となっています。高い入会費や月会費などの料金を支払って受けるサービスとしては、この数値はあまり高くありません。結婚相談所を利用してパートナーを見つけた人の数は年々上昇してはいるものの、実際に結婚できた人の割合は決して高くないといえます。

他方で、結婚相談所をはじめとする婚活サービスを利用している人は、合コンなどに参加しただけの人よりも結婚できた人が多いというデータもあります。恋愛結婚などを含む全体としては結婚相談所を利用して結婚した人は少なめといえますが、結婚相手を見つける手段としては、結婚相談所などの婚活サービスは効果が高いといえるでしょう。結婚相談所をもっとうまく活用することができれば、良い相手に巡り会って結婚できる割合ももっと高くなるのかもしれません。しかし、低めに留まっているのには、結婚相談所のいくつかの課題があるからです。

結婚相談所の現実1.男女ともに年齢で条件が合わない

結婚相談所でパートナーを見つけて結婚する人があまり多くないのには、いくつか理由があります。まず、男女ともに年齢で条件が合わないことが多いという現実があります。結婚相手の年齢を気にする人は多いですが、結婚相談所では相手に求める年齢的条件が男女でマッチしないケースが少なくありません。

たとえば、男性は若い女性を求める傾向が高いです。30代、40代といった年齢が高めの男性でも、同年代ではなく20代の女性を希望することが多くあります。子どもを持つことを希望する男性は、若い女性をどうしても望みがちです。相手女性の年齢を何歳までと決めている男性も中にはいます。

一方で、女性には年齢差の少ない男性を求める傾向があり、20代、30代の女性なら同年代か5歳くらい上までの男性を求めることが多くなっています。趣味や考え方、話が合いやすい人を希望する女性は、できるだけ年齢が近い男性を望む傾向があります。つまり、20代の女性は男性に人気が高いけれども、10歳以上も年齢の離れた男性を希望するケースは多くないため、結婚相談所でマッチングすることができません。そもそも人数が限られている20代の女性に男性の人気が集まり、さらにお互いの年齢的な希望が合わないのですから、望む相手を見つけることは困難だといえるでしょう。

結婚相談所の現実2.年収の高い男性は人気も高い

また、結婚相談所の現実として、年収の高い男性に人気が集中しやすいという点があげられます。女性は男性に経済力を求める傾向が強いので、年収の高い男性は常に人気があります。女性が結婚する相手に求める条件として、年収600万円以上というのはよく聞かれる話です。しかし、あるデータによれば、一般男性の平均年収は年齢43.3歳、勤続13.5年で335万5000円となっています。世の中には平均年収400万円程度の男性が最も多く、年収600万円の年収の男性は決して多くはありません。ましてや年収600万円以上の男性はさらに少なくなります。

このように人数的に少ない男性を多くの女性が希望するわけですから、当然競争率が高くなってしまいます。女性の人気が特定の男性にばかり集中しやすくなり、男性と女性の数のバランスが取れなくなります。こうした現実も、結婚相談所に入会しても成婚に至りにくい理由の一つです。

結婚相談所の現実3.コミュニケーション能力の低い男性が多い

もう一つ、入会している男性にコミュニケーション能力の低い男性が多いというのも結婚相談所の現実としてあげられます。結婚相談所に登録する男性には、人によってそれぞれさまざまな事情があります。実家や仕事の都合などで結婚相手を探す機会がなかなかなく、やむを得ず結婚相談所に登録している人も中にはいます。一方で、コミュニケーション能力が低くて交際経験が少ないので結婚相談所に登録して相手を捜したいという男性も少なくありません。

忙しくて相手を探す時間がなく、やむを得ず結婚相談所に登録しているという人であれば、積極的に女性と出会って交際を順調に進めて行くこともできるかもしれません。しかし、女性とのお付き合いが苦手な男性の場合は、話下手だったりコミュニケーション能力が低かったりして、せっかく良い相手を紹介してもらっても、なかなかお付き合いが進まないケースがあります。せっかく興味を持ってくれた女性がいてお見合いまで進んでも、その先の真剣交際まで進展しないことも少なくありません。結婚相談所に登録しても結婚に至る率が低い理由には、このように結婚相談所での出会いをうまく活かせない男性の存在もあるといえるでしょう。

結婚相談所の現実4.条件を細かくつけすぎて出会いがない

この他にも、結婚相談所に登録はしたものの成婚に至らない理由はいろいろあります。たとえば、相手に希望条件を細かくつけすぎて、なかなか良い人に出会えないという人もいます。相手に求める条件が高すぎて、希望に沿う人をそもそも見つけられないのです。たとえば、男性の場合は若くて美人な女性、家庭的な人といった条件や、家事や子育てはすべて任せたいがパートはしてほしいといったような細かい条件をつける人がいます。女性の場合は、高身長・高年収の男性、安定している職業の人、ハンサムで優しい人、家事育児は分担制で、などといった条件をつける人が少なくありません。当然のことながら、条件の数が多ければ多いほど該当する候補者の数は減っていきますから、探すのはどんどん難しくなります。

結婚相手は一生寄り添うパートナーですから、条件にこだわることが悪いとは必ずしもいえません。ただし、あまり相手に求める条件が細かすぎると、実在しない異性をいつまでも求め続けることにもなりかねないので注意が必要です。結婚相談所に登録している人はあくまで生身の人間ですから、あまり高い理想を追い求めるのは考えものです。理想から相手を判断するのではなく、実際に登録している目の前の男性・女性を見て、自分にふさわしい相手を探していくという考え方をすることが大事です。

結婚相談所の上手な利用方法1.不安なことはコンシェルジュに相談を

結婚相談所での成婚率があまり高くないことに不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、結婚相談所は上手に利用すれば、よい相手に巡り会うことができます。結婚相談所にはコンシェルジュという力強い味方がいるので、何か不安なことがあれば、まずはコンシェルジュに相談するのがおすすめです。多くの結婚相談所では担当制をとっており、登録者それぞれに担当のコンシェルジュがいます。このコンシェルジュといろいろ相談しながら婚活を進めていくのが、結婚相談所の上手な利用方法です。

たとえば、データ分析で相性の良い相手を紹介してもらったけれど、相手の嫌なところが見えてもうお付き合いは終わりにしたいと思う場合があります。そのようなときでも、せっかくデータ分析で相性が良いとされた相手なわけですから、すぐに切ってしまうのはもったいない話です。そんなときにはコンシェルジュに連絡をして、この先相手との関係をどう進めていけばいいのかを相談するようにしましょう。コンシェルジュが豊富な経験の中からきっと最適な答えを見つけてくれることでしょう。また、希望条件が多すぎてなかなか良い相手に巡り会えないという場合も、これだけは絶対に譲れないという条件をコンシェルジュと一緒に決めることで、良い出会いを実現することが可能です。

結婚相談所の上手な利用方法2.自らのスペックを上げる努力を

結婚相談所を上手に利用して良い相手を見つけるには、自らのスペックを上げる努力を自分自身ですることも必要です。結婚相談所では、相手の条件や第一印象などがとてもシビアに見られています。もちろん学歴や職歴などは今から変えようもありませんが、そうしたこと以外にも自分の努力次第で変えられる部分はいくらでもあります。

たとえば、身だしなみに気をつけて清潔感のある装いをしたり、こぎれいでセンスの良いファッションを心がけてみたりしましょう。爽やかでさりげないおしゃれができる人はとても魅力的です。ていねいな言葉遣いをしたり、優しい物腰で話すなどすれば、誠実で上品な人柄をアピールすることもできます。行動範囲を広げたり本をたくさん読んだりすれば、話題の豊富な人という印象を与えることができるかもしれません。こうしたことは日頃の心がけ次第で、いくらでも実践し、身につけることができるものです。良い相手と巡り会うためには、自分でできる努力を惜しまずにしていくという姿勢が大切です。努力して、今の自分よりももっと異性にアピールできる自分を目指しましょう。

自分では何をどうしたらいいのか全くわからないという場合は、コンシェルジュに相談することをおすすめします。コンシェルジュは客観的な立場から、その人の魅力を最大限に引き出すアドバイスもしてくれます。コンシェルジュの力を借りることで、自分では気づかなかった素晴らしい魅力を見つけることもできるかもしれません。

入会しただけで結婚できるわけではない!

結婚相談所は、ただ入会しただけでは必ずしも結婚できるとは限りません。コンシェルジュとうまく連携を図りながら、自分の長所を伸ばしたりセンスを磨いたりして、できる範囲で自分のスペックを上げていく努力をすることが重要です。

相手に厳しい条件を求めるよりも、自分のスペックを上げることでよい相手に巡り会う確率も高まるでしょう。常に自分自身を高めながら、自分にふさわしい素晴らしい相手を探していくことをおすすめします。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 入会してもできるとは限らない?結婚相談所の現実と成婚のポイント