会員紹介

  • 会員紹介
  • 成婚ストーリー
  • 体験談〜HAPPY REPORT〜
  • 成婚MOVIE

成婚ストーリー

第80話

「熱い思い、温かい思い」

プロフィール

美帆さん(仮名)

あどけない印象とは反対にしっかりした女性。誠実なお相手を求めて…。

30歳 東京都在住。趣味は、クラシックバレエ、ヨガ・ホットヨガ、手芸...
続きを読む +

あどけない印象とは反対にしっかりした女性。誠実なお相手を求めて…。

30歳 東京都在住。趣味は、クラシックバレエ、ヨガ・ホットヨガ、手芸・編物・アクセサリー制作、国内旅行、ライブ・コンサート鑑賞など。笑顔が可愛らしく、一見するとあどけなく感じられるが、しっかりした芯のある女性。薬剤師という仕事にやりがいを感じており自立心がある。

閉じる -

卓哉さん(仮名)

熱い恋愛感情を重視。容姿の好みと20代の年齢を希望条件としていたが…。

38歳 東京都在住 趣味は、散歩、食べ歩き、マンガ、映画鑑賞、お笑い鑑賞など...
続きを読む +

熱い恋愛感情を重視。容姿の好みと20代の年齢を希望条件としていたが…。

38歳 東京都在住 趣味は、散歩、食べ歩き、マンガ、映画鑑賞、お笑い鑑賞など。容姿も学歴も年収も羨まれるほどのものを持っているが、自信がなくマニュアルに頼りがちな恋愛で失敗して来た。他社サービスも利用したがうまくいかず、コンシェルジュのサポートに魅力を感じてパートナーエージェントに入会。紹介数270名。コンタクト率8. 9%。入会から14ヶ月で成婚退会へ。

閉じる -

ストーリー

「熱い思い、温かい思い」

熱く燃え上がる恋愛しか知らなかった男性が、じんわりと温かい愛情に気付く。変化をサポートしたコンシェルジュのアドバイスとは。

内面よりも外見が気になっていた入会時
卓哉は、大方の女性が「カッコイイ」と思うであろう恵まれた容姿を持っていた。学歴も年収も申し分なく、スマートな対応や話し方にも誠実さが感じられる。しかし、コンシェルジュの松本には気になることがあった。それだけ恵まれたものを持っているのにも関わらず、卓哉はすぐに「自分なんて」と口にする。この自信のなさが、婚活がうまくいかないひとつの要因だと思われた。自信がないからマニュアルに頼ってしまう。女性はこういうものと決めつけてしまう。それと違うことがあるとうまく対応できない。そんな悪循環があるようだった。また、「20代を希望。外見が好みかどうかも気になる」という考え方も、高いハードルになっていた。決して卓哉と釣り合わない希望ではないが、もっと内面にも目を向けていってほしいと松本は感じていた。
経験やアドバイスを通じて変化した考え
活動当初、松本は卓哉の希望通りの女性を紹介した。しかし、一回り以上も歳の離れた相手では話が合わないということに卓哉自身が気付いていった。また、小さな失敗でも相手にされなくなるのではないかという緊張感に気疲れしてしまうというのも、卓哉が活動を通じて気付いたことだった。意中の女性との交際がうまくいかず、「何が悪かったのでしょうか?」と落ち込む卓哉に、松本は言った。
「何も悪いことはしていないし、正解なんてないんですよ。少しお相手に気を遣い過ぎではないですか?結婚したらずっと一緒にいるんです。自分らしく、自然体でいられることが大切ではないですか?」
自分が経験したあとだけに、松本のアドバイスは沁みた。卓哉は、一つひとつの出会いや松本とのやり取りを通じて、自分の考え方が少しずつ変わっていくのを感じていた。
これまでに抱いたことのない感情
美帆から「お会いしたい」というリクエストがあったのは、卓哉が入会してから1年が経った頃だった。年齢は30歳。美人というより可愛いタイプの美帆。入会当初の卓哉だったら、会わずにお断りしていたかもしれなかった。しかし、薬剤師という仕事にやりがいを感じ自立しているところや、ホッとするような笑顔の可愛らしさに魅かれ、卓哉は会ってみることを決めた。そして、これまでにない感情を抱くことになった。その感情を、卓哉はこう表現した。
「じんわりと温かい気持ち」
これまでに会った女性に対しては、熱く燃え上がるような気持ちを抱いたことはあっても、こんな気持ちになったことはなかった。
「松本さん、これまでにない感情で、すごく戸惑っています」
「それが、恋愛ではなく結婚につながる愛情なのではないですか?そういう気持ちになる理由はなんだと感じますか?」
「話していて、価値観が合う。共通点が多くて、会って間もないのに考え方を理解できるんです。一緒にいてすごく…安心する感じです」
それはまさに、外見重視の条件だけに当てはめて、会う・会わないを決めていたら、気付くことのできなかった感情だった。
マニュアルに頼らない素直な告白
嬉しいことに、美帆もまた卓哉と同じような感情を抱いていた。2人の気持ちが結婚に向かうのに時間はかからず、週に2度のデートを重ね、出会ってから1ヶ月で成婚退会を決めた。成婚退会の申し出は卓哉から。美帆の誕生日も近いクリスマスイブに、美帆の大好きなテーマパークに誘い、マニュアルにも頼らず、正解かどうかなど考えず、卓哉の美帆に対する素直な気持ちを告げた。
前向きに、逞しくなった彼
後日、2人で成婚退会の報告に来たときの卓哉を見て、松本は見違えるほど逞しくなったと感じた。
「守るべきお相手ができると、こんなにも逞しくなるんですね」
そう声をかけた松本に対し、卓哉は「自分なんて」とも「そんなことないです」とも言わなかった。
「本当に、美帆さんに出会えて良かったです。考え方を変えられたのは、松本さんのおかげでもあります。ありがとうございました」
入会当初のネガティブさはもうない。美帆の存在に自信を得て、2人で前向きに進んでいこうとする姿が松本にはとても嬉しかった。
成婚につながる活動術専任の成婚コンシェルジュからのアドバイス

活動スタート時の条件にとらわれず、変えられる条件は変える柔軟性も大切です。

卓哉さんが、容姿と年齢が譲れなかったように、婚活をスタートするときに大切にしたい条件というのはあると思います。けれども、条件だけに捉われていると出会いの幅を狭め、運命の人に出会うチャンスを逃してしまうことにもつながりかねません。ぜひ、活動をしながら、「これはこだわらなくてもいいな」と思った条件はどんどん変えていく柔軟性を大切にしていただきたいと思います。このままでいいのか、変えるべきなのか、どう変わるべきなのかなど悩むこともあるでしょう。そんなときは、私たちコンシェルジュに悩みをぶつけてください。考えを整理するためのアドバイスをすることはもちろん、対話を通じて会員様がご自身で進むべき道に気付けるようにサポートしていきます。無駄な経験などひとつもありません。一つひとつの出会いを大切に、目の前にいるお相手としっかり向き合っていけば、条件に捉われていては見えなかった大切なものがきっと見えてきますよ。

成婚コンシェルジュ

松本 Matsumoto

会員様一人ひとりのお気持ちをしっかり聞き、言葉や行動の背景にある考え方を理解することを大切にしている。

他のカップルのストーリーを見る

すべての記事を見る

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP