結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 結婚相手には自分らしくいられる相手が良い?結婚相手にすると良い条件とは

結婚相談所のすゝめ

2020年2月

結婚相手には自分らしくいられる相手が良い?結婚相手にすると良い条件とは


一度は「結婚相手と付き合う相手は別」という言葉を聞いたことがあるでしょう。結婚相手とは添い遂げることを誓う相手なので、これから一緒に暮らしていけるかどうか見極めなければなりません。選択する際の条件として重要なのは、自分らしくいられるということです。今回はその理由を説明し、自分らしくいられる相手の特徴や大切な条件についても紹介します。

1.なぜ自分らしくいられる相手を選ぶと良いのか

結婚するからには、相手に合わせて自分を変えなければならないと思っていませんか。必ずしもその必要はなく、自分らしく居られる相手を選ぶことには多くのメリットがあるのです。ここでは具体的なメリットについて詳しく解説していきます。

1-1.自然体でいられる

結婚生活において、いつも自然体でいられることは大きなメリットです。相手に合わせてばかりいると、長く一緒にいられる関係を築くのは難しくなります。上品に見せるために猫をかぶる女性や、頼られたいからといって背伸びをする男性は少なくありません。しかし、無理をする頻度が多ければ、演じ続けることに疲れてしまうので要注意です。自然体でいられる人が相手なら、そのようなリスクを抱えずに済みます。悩みや愚痴も素直に話せるなど、何でも打ち明けられる素晴らしいパートナーになってくれるのです。

それを実現するには、自分の素の姿を見せても受け入れてくれる相手と付き合う必要があります。話題を選ぶことなく、いつも気軽に楽しくコミュニケーションをとれることが大事です。気心の知れた友人のような感覚で、一緒にいても落ち着いていられる関係が理想と言えます。その関係こそが、円満な結婚生活を長続きさせる秘訣だからです。

1-2.ストレスが少ない

自分らしくいられない相手と結婚生活を送っていると、さまざまな面でストレスが溜まっていきます。考え方や価値観が合わなくて、不快に感じたりケンカしたりすることが多いからです。一方、自分らしくいられる相手とは考え方や価値観が似ているため、一緒にいると落ち着いた気分になれます。意見のすれ違いが生じにくいので、ストレスの発生を減らせることが大きなメリットです。

とはいえ、結婚相手とは育った環境が違うため、一般的には考え方などに違いがあります。違いが多いと小さなストレスが積もっていき、大きな衝突につながる場合もあるので注意しなければなりません。したがって、自分のやりたいように行動したときに、不満を感じずに受け入れてくれる存在はとても貴重です。そのような自分らしくいられる相手と結婚すれば、我慢を強いられる場面もあまりないので、互いにストレスを与えることなく平穏に暮らしていけます。

1-3.弱みをさらけ出せる

パートナーと一緒にいるときに、自分の弱みを気づかれないように振る舞う人は少なくありません。かっこいい姿やかわいい姿だけを見てもらいたいと考えて、内心とは異なり強がる態度をとりがちです。好きな相手だからこそ、印象を悪くしないために、嫌な過去などの言いづらいことを内緒にするのは不思議なことではありません。しかし、自分らしくいられる相手と結婚すれば、強がる必要はなくなり、言いづらいことも含めて何でも素直に話せる関係を築けます。その結果、心の底から信頼できる存在として、どんなときでも味方になってもらえるのです。

一生の心強い味方を得ることで、自分だけでは解決が難しい出来事があっても協力して乗り越えていけます。人間である以上、日常生活において機嫌が悪くなることやいじけることは皆無ではありません。そのような弱い一面も受け入れてくれる相手となら、心を許して支え合える円満な夫婦になれるでしょう。

2.自分らしくいられる相手の特徴

自分らしくいられる相手がパートナーに適している理由はわかっても、そのような相手であることを見極めることが難しいと感じる人もいます。また、結婚後の生活をイメージするために、もっと特徴を知っておきたい場合もあるでしょう。いずれのケースでも参考になるように、以下に代表的な特徴を詳しく紹介していきます。

2-1.好みが似ている

趣味をはじめとして好きな物事が似ているという特徴があります。出かける場所を決めるときなども、一方が我慢をして相手に合わせるようなケースは多くありません。たとえば、2人とも本が好きなら、デートをする場所として図書館や書店を選んでも不満を持つことはないでしょう。それどころか、いつも一緒に楽しい場所に行けるので、充実した日々を続けていける可能性が高いです。好きな物事が大きく違っていれば、合わせるほうも不満が溜まりますし、合わせてもらうほうも気遣いが必要で疲れます。自分らしくいられる相手と一緒なら、そのような精神的な負担はほとんど生じません。

結婚すると、家庭内でも互いの好みの影響はいろいろと表れてきます。料理の好きな味付けが違っていても、遠慮して言い出せない人もいるでしょう。好みが共通していれば、食事だけでなくテレビなども一緒にストレスフリーの状態で楽しめます。

2-2.時間の流れ方が似ている

いつも慌ただしくしている人もいれば、どんな場合もゆっくりしている人もいます。つまり、行動や会話のペースなど時間の流れには個人差があるのです。自分らしくいられる相手の特徴として、そのような時間の流れ方が似ているという点が挙げられます。時間の流れ方が極端に違えば、多くの場面で相手に合わせなければなりません。たとえば、自分がゆっくり食べるタイプでも、相手がすぐに完食するタイプなら、焦りながらの食事になるおそれがあります。このような負担が毎日続くと大変なので、結婚において時間の流れ方が似ていることは非常に重要です。

自分らしくいられることは、会話において特に大切なポイントとなります。早口の人はゆっくり話す人に対して、もっとペースを上げてほしいと思いがちです。反対に、ゆっくり話す人は、早口の人にペースを下げてほしいと思うことがあります。発声のスピードや口調が似ていれば、そのような状態にはならず、自然体で安心して話を続けられるでしょう。

2-3.足りない部分を補える

似ている部分が多いと落ち着いた関係を築きやすいですが、異なる点があることも必ずしもマイナスに作用するとは限りません。相手にはない長所を持っていれば、短所を補い合えるパートナーになれるからです。人は完ぺきではなく、多かれ少なかれ欠点を持っています。基本的にこちらの欠点を気にせず、気になる場合でもサポートする優しさがある相手とは一緒に過ごしやすいです。反対の立場でも同様であり、相手の欠点に対してそのように対応したいと思えるなら、不満を募らせずに暮らしていけます。

このように、相手の足りない部分や嫌な部分も、ストレスの発生源にならない状態こそ、自分らしくいられる関係ということです。同居が始まれば、自分が難しいと感じることを簡単にこなしてくれる相手を見て、結婚前より尊敬することもあるでしょう。頼れるパートナーができたことで安心感を持てるようになります。

2-4.無言でも平気でいられる

仲の良い夫婦だからといって、いつも会話をしているわけではありません。自分らしくいられる相手となら、無言でも気まずくならずに時間を共有できます。家族や友だち、恋人など、会話をしなくても苦痛ではない相手がいるなら、一緒にいるときの自分をイメージすると感覚をつかみやすいです。リラックスした状態で安心感に包まれていることが多いでしょう。会話が途切れた際、違和感のある雰囲気になり、話題を絞りださざるを得ない状況に追い込まれるのはつらいことです。そのような相手を選んで結婚すると、常に緊張感に包まれた状態になりかねないので注意しなければなりません。

自分らしくいられる相手と結婚すれば、こちらが苦労して話題を出さなくても、会話は自然と弾みます。沈黙も気まずいものではなく、穏やかな時間を共にする大切なシチュエーションだと感じられるでしょう。

3.他に結婚相手に選ぶと良い条件は?

結婚相手を選ぶ際の条件として重要なのは、自分らしくいられることだけではありません。どのような人と結婚すると幸せになれるのかよく考えましょう。以下に紹介する2点も非常に大切な条件です。

3-1.価値観が似ている

円満な結婚生活を望むなら、価値観が似ていることは重要な条件となります。たとえば、一緒に暮らしていくうえで、金銭感覚が違っていることは大きな問題です。自分が努力して節約に励んでいるのに、相手が湯水のようにお金を趣味などに使っていれば、穏やかな心境ではいられないでしょう。価値観の異なる相手を選んだ場合、無理に合わせているとストレスが溜まります。怒りや違和感がいろいろな場面で沸き起こり、激しい衝突につながるケースもあるので注意が必要です。

そのようなリスクを減らしたいなら、育てられた家庭環境もチェックすると良いでしょう。家庭によって教育や食事などのスタンスはさまざまだからです。家庭環境が似ている相手を選べば、結婚後のスタンスに関する両者の違いは小さくて済みます。相手との違いを受け入れやすくなることで、結婚生活をスムーズに送れるようになるのです。

3-2.尊敬できる

結婚相手を選ぶときにルックスを気にする人も多いでしょう。しかし、いくらルックスが好みでも、ほかの面に関して不満が大きいと一緒に生活していくのは困難です。生涯を共にするパートナーを求めるなら、心から尊敬できる面を持っていることが大切な条件となります。その条件を満たす相手に対しては、愛情や絆を保ち続けられる可能性が高いです。前述のように、足りない部分を補い合える夫婦になり、自分にはない長所を持つ相手に尊敬と感謝の念を抱けると、順調な結婚生活を送りやすくなります。

もちろん、長い人生において、苦難が2人の前に立ちはだかることもあります。しかし、尊敬できる相手が一緒であれば、どのような状況も克服できる自信と勇気が湧いてくるでしょう。苦難を乗り越えるたびに愛情と絆が深まり、生涯を共にできるという確信が強くなっていきます。

この人と結婚してよかったと思える相手と結婚しよう

ルックスやステータスは人の一面に過ぎません。それらを重視しすぎて結婚相手を選ぶと、背伸びをした生活を強いられることになり、離婚に発展するケースもあるので要注意です。衝突を招くストレスを減らすには、内面もしっかりチェックして、価値観や考え方が合う人を選ぶ必要があります。そのような自分らしくいられる相手と結婚しましょう。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

「最後の独身友達が結婚」「年齢的にもそろそろ」「親からのプレッシャーが…」等々、
様々なきっかけで始めた婚活も、現実にはすぐに結果を出すことは難しいもの。
婚活中の方もこれからの方も、様々なお悩みを感じながら結婚に向き合っています。

結婚はしたいけど… 婚活はしてるけど…

数あるお悩みの中でも、理想の相手にめぐり会えないの声が最多!

運任せの婚活では、時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えないことも。
より結婚の可能性を高める方法として今、結婚相談所を利用する人が増えています。

  • 資料請求
  • 来店予約
  • オンライン面談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2020年の記事 > 結婚相手には自分らしくいられる相手が良い?結婚相手にすると良い条件とは