結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で失敗した人は多い?後悔をしないためにできることを紹介

結婚相談所のすゝめ

2018年12月

結婚相談所で失敗した人は多い?後悔をしないためにできることを紹介


現代の婚活を大まかに分類すると、「婚活パーティ」「結婚相談所」の2つです。自分自身の力で相手を決める必要がある婚活パーティに対し、結婚相談所は本気度も専門性も高く、プロフィールや希望条件でマッチングした相手とお見合いをします。そのため、結婚相談所は成婚率が高いのですが、肝心の満足度についてはどうなのでしょうか。中には結婚はできたものの失敗だったと感じ、後悔している人もいるかもしれません。ここでは、結婚相談所を通じた結婚をして後悔している人は実際いるのか、そして結婚を後悔しないための結婚相談所の選び方をご紹介します。

結婚相談所で結婚をした人は後悔をしている?

結婚相談所はあらゆる婚活サービスの中で最も成婚率が高くなっています。多くの婚活サービスは出会いのきっかけを与えてはくれますが、気になる人へのアプローチや交際を継続させる努力などは、すべて自分がやらなければなりません。
その点、結婚相談所は古くからのお見合いに関するノウハウを持っており万全なサポート体制があるため、成婚にいたりやすいのでしょう。その分、利用料金が高いのがネックではありますが、それだけに遊びではなく本気で結婚したい人だけが登録してきます。さらに、登録時には身分証明書の提示も求められるので、マッチング相手は身元のしっかりした人ばかりです。そのような安心感があるので、より婚活がスムーズに進みやすいということがあるでしょう。
実際成婚にいたった利用者のほとんどは、その結婚に後悔せずに満足しています。結婚後に恋愛をして幸せな家庭を築くことが多い傾向のため、離婚率も低いのです。しかし、中には結婚相談所を利用した結婚に後悔しているという人も見られます。ただ、そのようなケースは結婚相談所に問題があったというよりは、婚活をしている本人が何かしらの問題を抱えていることが多いものです。
例えば、親に結婚を急かされたり、周りの友人がどんどん結婚していったりすることで、焦ってしまっている場合があります。焦るあまりに相手の嫌な部分、好きになれない部分に気づいても妥協してしまい、結婚後に後悔してしまうパターンです。 また、そのような焦りがないにも関わらず失敗してしまう人の多くは、相手とのコミュニケーションにおいてうまくいっていない部分を解消しないまま、結婚を決めてしまいます。結局のところ、そのときに解消できなかったことが、結婚後に何かしらのトラブルとして表出してしまうようです。

幸せな結婚をするために!結婚後に後悔をする人の特徴を知ろう

結婚相談所で出会った相手と結婚したのに、その結婚に後悔している人にはいくつかの共通点が見られます。一体どのような特徴があるかをご紹介しましょう。まず、結婚相談所での婚活の流れにおいては交際期間が限られており、「交際期間終了後に結婚するかどうか」を決断することになります。ところが、その限られた期間内で相手の性格や価値観を納得するまで見抜けないのが、後悔する人の特徴の一つです。まだ、相手のことがよくわからないにも関わらず、断ったり交際期間を延長したりせず、そのまま結婚してしまいます。つまり、そのような人には「その場の雰囲気や周囲の人に流される」「面倒なことを先送りにして放置する」というような傾向があるのでしょう。
周囲からのアドバイスに流される人も同じです。例えば、「自分が相手を好きになれるか自信がない」とうっすら感じている場合があったとします。それにも関わらず、誰かに「すごくいい相手だからこの縁を逃す手はない」などとアドバイスをされると、「それもそうだな」と流されてしまうのです。要するに、自分自身の感覚を大切にしておらず、自分のことなのに自分で決めきれないところが問題といえるでしょう。
次に、相手のペースに合わせてしまい、言いたいことを言えずに我慢してしまうタイプの人も、結婚に後悔する可能性が高くなります。なぜなら、自分が納得していないにも関わらず、ズルズルと結婚してしまうからです。一生のパートナーを探しているわけですから、そこで妥協するべきではありません。あらためてコミュニケーションをよく取れる相手であるか、素直に自分の気持ちを伝えられる相手であるかを考える必要があるでしょう。小さなことでもモヤモヤしている部分は解決しておかないと、結婚後にトラブルを起こすことになってしまいます。

結婚相談所選びで大切なこと!良い相手と出会えるためのサービスはある?

結婚相談所は日本全国にたくさんにあり、「どこを利用するのかを決めるのが悩ましい」と感じてしまうかもしれません。結婚に失敗をしないためには、多くの結婚相談所の中から良質な結婚相談所を選定して利用するのが何よりも近道です。では、良質な結婚相談所の特徴には何が挙げられるでしょうか。
まず、口コミでの評価がざっくりとした判断材料になります。一つの口コミだけですべてを判断することは難しいですが、多くの口コミを読み込むことで、ある程度のサービスの質は判断できるでしょう。
次に、登録している会員数が多いことです。単に多ければいいのではなく、質の良い会員が多いことが大切です。会員の質について知りたければ、各業者の入会基準をチェックするのがいいでしょう。入会するために証明書の取得や審査が必要となると、軽い気持ちの人ならそれだけでモチベーションが下がります。つまり、本気で婚活に取り組む意欲がなければ会員になれないといえるのです。
また、成婚率もチェックしたいポイントです。成婚率とは、それぞれの相談所において、どれくらいの会員が成婚にいたったかを算出したものです。成婚率の高い相談所を選ぶことで、婚活が成功する可能性が上がることは言うまでもありません。ただし、成婚の定義と算出方法が各業者で違っているので注意しましょう。成婚を「正式な交際の開始」と定義している業者と、「婚約の成立」と定義している業者がいます。成婚の定義が違ううえに、各社がそれぞれの方法で成婚率を算出していますので、単純に比較のできる数字ではありません。それでも、どこの結婚相談所が良質なのかを判断する有力な材料となるでしょう。
紹介人数が何名なのかも重要なポイントです。1週間、あるいは1カ月に紹介してくれる人数は、それぞれの結婚相談所の用意しているプランで決まっていることが多いでしょう。少しでも多くの人を次々に紹介してもらえれば、婚活のスピードは大きく変わります。自分の納得の行く人数を紹介してくれるプランを選択しましょう。
ただし、自分が相手に求める条件が厳しすぎるために、「結婚相談所側が紹介できる人が少ない」ということも起こりえます。そんなときは条件の見直しなどが必要になりますが、そのことを適切に助言してくれるアドバイザーを選ぶことも大切です。

結婚相談所選びで大切なこと!利用するための費用が明確にされているか

結婚相談所を選ぶときには、料金体系も大きなファクターとなります。大切なのは料金とそのサービスが釣り合っているかということです。もちろん、料金が高い方がサービスの質も高いのが一般的な傾向です。しかし、1社1社を細かく比較してみると、「A社は料金が安くてサービスが多い」「B社は料金が高いのにサービスは少ない」という場合もあります。自分にとって必要なサービス内容のある相談所は、一度しっかり比較してみるといいでしょう。
困るのは悪質なサービスを選んでしまうことです。それを避けるためには、「払う料金が何の費用なのか」を明解にしてくれている業者を選びましょう。成婚料や退会費については重要なことなので、入会するときにきちんと説明してくれるのが一般的です。そのため、業者にとって不都合な事項について一切触れない場合、悪質な業者である可能性が高いと判断できるでしょう。
同様に、悪質な業者を見分けるポイントをいくつか挙げてみます。「料金体系やクーリングオフ制度の詳細が伏せられている」「複雑でわかりにくくはっきりしない」「オプションサービスをやたらとすすめてくる」などです。このような業者を選んでしまうと、退会したいといっても退会させてくれなかったり、突然びっくりするような高額を請求されたりするというようなトラブルに発展しやすくなります。

結婚相談所選びで大切なこと!コンシェルジュとの相性

結婚相談所で婚活をスムーズに進めるための大きなファクターには、婚活コンシェルジュや仲人との相性や信頼関係があります。評判が良く信頼性の高い結婚相談所を選んだとしても、残念ながら自分とは相性の悪いコンシェルジュや仲人が担当になってしまう場合もあるかもしれません。不思議なことに、相性のいい担当がいてくれると婚活はうまく進むものですが、担当との相性が悪いだけで婚活も滞ることもあります。
相性が悪いと感じるポイントにはいろいろありますが、いくつか例を挙げてみましょう。「連絡すると言いながらなかなか連絡をくれない」「アドバイスが上から目線で、親身になってくれているとはとても思えない口調で話す」などです。このような担当者とは、とても大切な話をする気にはなれませんね。逆に、なぜかやたらと持ち上げてきて、適切なアドバイスをもらえないのも困ります。「忙しくてお見合い相手をなかなか紹介してくれない」といった対応も、自分が軽んじられているようにしか思えなくなるでしょう。
人生のパートナー選びを協力してくれるはずの人なのに、いちいち見下される、安く扱われている、と感じる態度を取られるのでは、婚活に対するモチベーションが下がってしまいます。もちろん、信頼関係を築けるわけがありません。また、決して悪い人ではなくても「年齢が離れすぎているせいか話がよくわからない」「どうもうまく話が噛み合わない」というのも典型的な相性の悪さだといえます。
せっかく高い料金を払って結婚相談所に入会しているのは、誰のためでしょうか。このように相性が悪く信頼関係も築けそうにない担当者には、言いにくいとは思いますが、正直にそのことを伝えるべきです。本人に言えなければ、他のスタッフに伝えてもいいでしょう。担当者の変更はよくあることですから、我慢せずに伝えるようにしてください。

後悔をしない結婚をするために!慎重に結婚相談所を選ぼう

誰しも結婚に後悔などしたくはありませんから、婚活をはじめると決めたら信頼できて高い専門性を持った優良な結婚相談所を選びたいものです。焦って妥協してしまわず、いろいろな業者を比べて慎重に選ぶようにしてください。
一例として、成婚率No.1の結婚相談所・パートナーエージェントをご紹介しましょう。パートナーエージェントでは、婚活のサポートをするにあたって、婚活のプロでありコーチングスキルを備えた専任コンシェルジュを中心に婚活チームを組んでくれます。はじめに行うのはカウンセリングです。婚活をはじめてみたいものの、まだ自分のアピールポイントや理想のパートナー像がはっきりしていないという人は意外と多く、それを自覚していないことさえよくあります。そんな人も最初にカウンセリングを行うことで、理想的な結婚の形を明確にすることができます。理想の結婚の形を最初にはっきりイメージすることで目指すべき目標が見えてくるため、婚活を成功させるためにはなくてはならないプロセスなのです。
コースには、コンシェルジュがしっかりサポートするチームサポートコースと、自分のペースで婚活を進められるソロサポートコースとの2つがあります。コースの選択により、それぞれの人に合った方法で婚活を進めることが可能です。料金体系はもちろん明解で、よくわからないお金を請求されるようなことは一切ありません。さらに、3カ月出会いがなければ次の3カ月間は月会費が減額になる出会い保証制度も用意されています。はじめに説明を聞いてみるだけなら無料で利用できるので、興味のある方は見学ついでに相談へ出向いてみてはいかがでしょうか。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で失敗した人は多い?後悔をしないためにできることを紹介