結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の登録人数は多いほうがいい?何人とお見合いできる?

結婚相談所のすゝめ

2018年10月

結婚相談所の登録人数は多いほうがいい?何人とお見合いできる?


結婚相談所というと、登録人数が多いほどたくさん出会えると考えがちです。確かに、登録人数が多ければ年齢や住んでいる地域など、自分が希望する条件と合う相手が見つかる可能性は高くなります。しかし、実際のところ登録人数が多ければ、成婚する可能性も高くなるものなのでしょうか。今回は、結婚相談所は登録人数が多いほうがよいのか、お見合いは何人くらいとできるのか、まとめてみました。また、登録人数の多い結婚相談所と少ない結婚相談所のメリット、デメリットも紹介するので参考にしてみてください。

結婚相談所の登録人数はどのくらいなの?

全国には約4000社もの結婚相談所があり、結婚を望む多くの方が利用しています。結婚相談所に登録している人数は、少ないところでは数人程度、多いところだと5万人以上とさまざまです。ただし、登録人数以外にもチェックしたほうがよいポイントがあります。それは、男女比や成婚率です。男女比は結婚相談所によって違うため、異性の比率が多いところを選んだほうが出会いのチャンスは広がります。また、成婚率が高めの結婚相談所を選べば、自分も成婚へとつながる可能性が高くなるのです。
結婚相手を見つけるという目的は一緒ですが、結婚相談所には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは担当のスタッフが相手を探して、お見合いや交際などをサポートしてくれるタイプです。もう1つのタイプでは、自分でプロフィールや希望条件を登録し、マッチングした相手が見つかった場合にメッセージを送ります。もちろん、こちらのタイプにもサポートをしてくれるスタッフはいますが、自主的に相手を探すのが基本です。そのため、登録人数が多いからといって実働人数も多いとは限りません。登録人数が多くても自分が希望する異性と出会えるとは限らないことを意識しておきましょう。

結婚相談所は登録人数で選ぶべき?出会いは多いほうがいい?

登録人数が多ければ成婚率も高いかというと、必ずしも比例しません。なぜなら、登録人数が多ければ結婚まで考えられるような相手との出会いが増える、というわけではないからです。特に、担当のスタッフが探してくれるタイプの場合、結婚相談所によって紹介してもらえる人数が異なります。毎月1名ずつのところや、年間で100名程度紹介してくれるところなど、まちまちです。毎月1人ずつ紹介される場合は1人の人とじっくり向き合うことができますが、結婚まで考えられる人とはスムーズに出会えない可能性があります。一方、紹介してもらえる人数が多い場合は、1人とじっくり向き合えないだけでなく、人数が多すぎてうまく対応しきれなくなる事態も考えられるのです。
また、自分で相手を探すタイプの場合は、登録人数が多いほどたくさんの相手から選べるため、厳しい条件を設定しがちです。ところが、設定する条件が細かくなると、対象となる方は減ってしまいます。そのため、登録人数が多いほうが結婚相手を見つけられるというわけではないのです。人数だけにとらわれず、理想の相手を見つけやすいシステムやサービスも重要なポイントといえます。

登録人数が多い結婚相談所のメリットとデメリット

登録人数が多い結婚相談所のメリットは「出会いが多い」「相手の職業や年代が幅広い」「条件に合う人が見つかる可能性が高い」ことです。登録人数が多ければ、必然的に出会いのチャンスは広がります。ただし、条件を絞りすぎないよう気をつけなければいけません。条件が細かすぎるほどマッチングする相手は減る傾向があるので、まずは譲れない条件を優先して探してみましょう。登録している人数が多いほど多種多様な職業の人がいますし、年代も幅広くなります。それ以外にも、共通の珍しい趣味を持つ人や地元が一緒という人が見つかる可能性もあります。そのため、条件に合う人が見つかる可能性も高くなるのです。
一方、「ライバルが多くなる」「対象となる人が多すぎて迷ってしまう」という部分がデメリットといえます。登録している男女比に違いはあるものの極端な差があるわけではないので、異性が多いということは同性もそれなりに登録しているということです。つまり、自分と同じような条件の異性を探しているライバルがいる可能性があります。特に、人気の高い職業や年代を条件として登録している人は、ライバルが多いことを意識しておいたほうがよいでしょう。また、条件をゆるくすると対象となる人が多すぎて、絞り込むのが難しくなります。

登録人数が少ない結婚相談所のメリットとデメリット

登録人数が少ないと出会いのチャンスも減ると考える人が少なくありません。確かに、人数が多いところのように次々出会えるわけではないのですが、人数が少ないからこそのメリットがあります。たとえば、「相手が多すぎて迷うことがない」という部分です。条件に合う人が多すぎると、そのなかから誰を選ぶか迷ってしまいますが、ある程度の人数に絞られていると選びやすくなります。とはいえ、人数が少ないと自分の希望する条件や住まいの人がいないのではないかと考えてしまうでしょう。しかし、結婚相談所によっては、条件や住まいが限定されていることがあります。はじめから限定されている結婚相談所に登録すれば、逆に、理想の相手を見つけやすくなるのです。また、あえて登録人数を制限して万全のサポート体制をとっている結婚相談所もあり、より丁寧なフォローをしてもらえます。
デメリットは「幅広い職業や年代から選べない」「理想の相手と出会うまで時間がかかる可能性がある」ことです。登録している人数が少なければ希望の職業や年代の相手がいるとは限らなくなります。さらに、登録した時点で理想の相手が見つからなければ、理想の相手が見つかるまで待たなければならい可能性があるのです。

登録人数が多いのに紹介件数が少ないこともある!

登録人数が多いところは、コンピューターによる管理や自分で相手を探すタイプの結婚相談所が多い傾向があります。また、スタッフが紹介するタイプでも、会員1人に対するスタッフの人数が少なくなり、アフターフォローが手薄になることも考えられるので注意が必要です。そうなると、紹介してもらった人と進展しなかった場合、次の人をなかなか紹介してもらえない可能性が考えられます。そのため、登録人数だけでなく、サービスのきめ細やかさも考慮しなければいけません。
ちなみに、登録人数が少なめの小規模な結婚相談所同士が、それぞれの会員を相互紹介するシステムに加入しているところもあります。その場合は、自分が登録している結婚相談所自体の人数が少ないからといって、紹介件数も少ないなど心配する必要はないのです。

結婚相談所で紹介件数を増やすためのコツ

登録人数が多くても少なくても、紹介人数を増やすコツを知っておく必要があります。まずは、プロフィール写真をプロに撮ってもらうことです。自分で撮影するよりもプロに撮影してもらったほうが、自分のよさが引き立ちます。プロフィール写真によって第一印象が左右されるため、よりよい印象の写真を使用しましょう。また、自己紹介文を充実させることも大切です。生年月日や出身地など、基本的な情報のみのプロフィールでは、異性の興味を引くことがなかなかできません。自分の人柄やアピールポイント、どんな相手を求めているかを知ってもらうためにも、自己PRや希望条件などをきちんと記入します。親近感を感じてもらえるよう、ところどころユーモアを交えるのも手です。
そして、希望する条件には一致しなくても会ってみることも大切です。プロフィールを見ただけでは分からないこともあります。実際に会ってみたらフィーリングが合った、雰囲気がよかったというケースが少なくありません。少しでも条件と違う部分があるからといって会わないのは、もったいないことです。それから、スムーズに理想の人が見つからないからと諦めてはいけません。出会いにはタイミングも関係するので、その時点では理想の人がいなくても、どこかのタイミングでマッチングする可能性があるのです。年収や年代など、幅を持たせてもよいと思える条件があれば、変更することで紹介件数が増える可能性もあります。

理想的な相手と出会える結婚相談所とは?

結婚相談所を選ぶポイントは「条件に合う会員が登録している」「充実したサポート体制」「会員の身元確認がしっかりされている」の3つです。結婚相談所のなかには、登録する前に自分の条件に合う会員がどのくらいいるか調べられるところが増えています。職業や年齢、住まいなど、自分の希望に合う人がなるべく多く登録しているところを選びましょう。また、どうしても譲れない条件がある場合は、職業や趣味が限定されているところを選ぶという方法があります。
理想の人と出会うためのサポートはもちろん、紹介されたあともきちんとフォローしてくれるかという部分も大きなポイントです。たとえば、仕事が忙しいなどの理由で時間に限りがある人は、お見合いの日程を合わせるのが大変です。それでも、うまく調整をしてお見合いをセッティングしてもらえれば、出会いのチャンスは広がります。そして、お見合いが成功したあとでも随時相談にのってくれるなど、アフターフォローが万全なところなら、成婚の可能性も高くなるでしょう。
それから、意外と見落としがちなのが、会員の身元確認をしっかり行っているかどうかです。ほとんどの結婚相談所ではきちんと行っていますが、なかにはそこまで厳しくないところもあります。身元確認がおろそかだと、職業や住まい、結婚していることなどを偽って登録できてしまいます。そうなると、実は遊び感覚で登録した人だったなど、トラブルが発生する可能性があるのです。男女どちらも身分証明書などの提示をしっかり行っている結婚相談所を選ぶことが大切です。

結婚相談所は登録人数だけでなくサービスの質も重視!

登録人数が多い結婚相談所であれば、理想の人が見つかる可能性は高いといえます。とはいえ、結婚相談所を選ぶ際に大切なのは、登録人数だけではありません。出会いから成婚までの万全なサポート体制や、会員の身元確認を行っているかもポイントです。会員の身元がしっかりしていて、困ったときにきちんとフォローやアドバイスをしてくれるところなら、安心して婚活ができるでしょう。また、登録できる人を限定している結婚相談所なら、登録人数が少なくても理想の人と出会える可能性は上がります。さまざまな視点から見比べてみることが、自分にピッタリの結婚相談所を見つけるコツです。

結婚相談所で素敵な伴侶を見つけましょう!

結婚相談所を選ぶ際は登録人数だけでなく、サービスやサポート体制も考慮します。登録人数が多いからといって、理想通りの人と出会えるとは限らないのです。また、なかなか出会うチャンスがないと感じている人は、プロフィール写真の変更や、自己紹介文を充実させることを意識してみてください。ほんのちょっとの工夫で、紹介件数がグッと増える可能性があります。
出会いがないからと結婚を諦める前に、信頼できる結婚相談所を見つけて、素敵な伴侶を探しましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所の登録人数は多いほうがいい?何人とお見合いできる?