結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で知り合った相手とのスマートな別れ方とは?

結婚相談所のすゝめ

2018年10月

結婚相談所で知り合った相手とのスマートな別れ方とは?


出会いがあれば、別れもあります。結婚相談所を利用して婚活する場合も例外ではありません。お互いの条件を確認したうえで出会った人とはいえ、結婚相談所で知り合った相手と別れることもあります。別れは悲しいものではありますが、別れを恐れていてはよい出会いにも恵まれにくくなりますから、前向きに考えていくことが大切です。この記事では、別れを迎えるときの心構えや、結婚相談所で知り合った相手との別れ方について紹介します。

結婚相談所で知り合った相手と別れることもある

結婚相談所では、多くの人との出会いがある一方で、別れもあります。なぜなら、多くの人の中から自分にふさわしい相手はたった一人しか選べないからです。たくさんの人に会えば会うほど、それだけ別れの数も多くなるということになります。つらいことではありますが、よい人に出会うためには仕方のないことでもあります。
別れの場面が訪れるシーンは、人によってさまざまです。お見合いの段階で断ったり断られたりすることもありますし、交際がスタートしてから別れるケースも珍しくありません。おつきあいが進んでいたのに別れることになった場合は、気持ちも落ち込みやすくなります。しかし、別れも婚活の一つと考えることが大切です。次にもっとよい相手が待っているはずだと考えて、婚活を継続していくことが重要です。

交際を継続するのが難しいと感じる瞬間

交際を継続するのが難しいと感じる瞬間はいろいろあります。プロフィールを見た段階ではよい人だと思ったけれど、実際にお見合いで会って話をしてみたら、話が合わなかったということはよくあります。プロフィールはあくまでその人のデータでしかないので、実際に会ったら思ったような人ではなかったということは少なくないのです。もしこの段階でご縁を諦めることになったとしても、あまりがっかりしないようにしましょう。むしろ、どんな人なのか分かってよかったと考えるべきです。
おつきあいが進んでいくうちに、最初のイメージとは違うと感じてしまうこともあるでしょう。誰でも最初の頃は、あまり素の自分を出しません。だんだん打ち解けていくうちに、少しずつ本当の人柄が出ていくものです。少しおつきあいしてみたからこそ、合うか合わないかが分かったということなので、おつきあいしたことを後悔する必要はありません。
おつきあいしてみたら、会う時間があまり取れなくて、だんだん疎遠になってしまうということもあります。お互いに気持ちが冷めてしまったようなら、きちんと別れて新しい相手を探すように仕切り直しましょう。

価値観の合わない相手とは長続きしない

結婚生活をするうえで、お互いの価値観は大事です。もちろん夫婦とはいっても価値観がまったく同じということはありえません。しかし、価値観がまったく違う人とは長続きしないのも事実です。結婚前にお見合いやおつきあいをしてみるのは、お互いの価値観の方向性が同じかどうかを見極めるためでもあるのです。
どんな価値観を持っているのかは、ひと言で言い表せるものではありません。話をしたり、一緒に行動したりしているうちに、だんだん感じ取っていくものです。おつきあいしているときの言動で、何となく価値観が合わなそうだと気づいたら、別れるという選択を考えましょう。無理に相手に合わせておつきあいしていっても、うまくいかないケースが多くなります。別れることになったとしても、価値観の違いに早く気がつけてよかったと思いましょう。結婚してから価値観のズレに気づくのでは遅すぎます。一つ屋根の下で一緒に家族を作っていけるような人でなければ、結婚相手としてはふさわしくありません。

交際しているうちに相手の印象が変わってくることも

おつきあいが進んでから、別れるパターンも少なくありません。なぜなら、最初の頃はお互いに自分をなかなか出せないでいるので、最初に感じた印象が変わってくることがあるからです。たとえば、最初の頃は控えめで大人しい人だと思って好印象を抱いていたのに、おつきあいが進んだらだんだん勝ち気になってきたというケースもあるでしょう。初めて会うときはお互いに手探り状態なので、本当の姿はなかなか見えないものです。交際しているうちに本性が見えてきて、あまりにも印象が変わり過ぎて合わないと感じた場合は、早めに別れを告げることをおすすめします。
せっかくおつきあいを始めたのにとがっかりすることはありません。相手のことがよくわかってよかったと考えて、新しい出会いを求めましょう。結婚相談所では、いろいろな人とマッチングしてもらうのが一般的ですから、別れることは珍しいことではありません。早く別れることで、相手にとっても新しい出会いを探すチャンスが生まれます。こちらの態度が煮え切らないほうが失礼にあたることもあるので、結論は早めに出すように心がけましょう。

ほかにも交際している相手がいた

結婚相談所では、複数の相手と同時に交際することもありますから、相手が自分のほかに誰かとおつきあいしているケースは少なくありません。ただし、交際期間が長いのに、ほかの相手と別れる気配がない場合は要注意です。そのような態度を取る人は、結婚を真剣に考えていない可能性もあります。
結婚相談所に入会している人には、結婚を急いでいない人もいますし、単に交際のきっかけがほしい人という人も中にはいます。結婚に対する真剣度も人によってまちまちなので、成婚になかなか至らない人も出てきます。よい相手を見つけて早く結婚したいと真剣に考えているなら、同じように真剣に婚活している相手を見極めておつきあいすることが重要です。遊び半分で婚活しているような人とは早めに別れるようにしましょう。限られた時間で婚活しなければならないので、そういった人といつまでもおつきあいしていると、結婚が遠のいてしまうかもしれません。

どの段階で断るかによって別れ方も違う

別れも当然あるのが婚活ですが、相手があることなので、別れ方にはくれぐれも配慮が必要です。自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちもきちんと考えて別れないと、相手を大きく傷つけることにもなりかねません。おつきあいをすること以上に、別れるときには心配りが必要になります。
交際のごく初期段階なら、気軽に交際を断ることも可能です。たくさんの人に会ってみるのが結婚相談所での婚活でもあるので、相手もそれほど重く受け止めずに、受け入れてくれるはずです。しかし、交際が長くなってから別れる場合には、別れを告げるタイミングや相手の気持ちを考えて伝える必要が出てきます。結婚相談所では特に、単なるおつきあいではなく結婚を前提にしたおつきあいです。ですから、交際が長くなればなるほど、相手の結婚への期待も高まっていくのが普通です。その期待に応えないで別れるわけですから、相手もそれなりにショックを受けるかもしれません。別れをどう切り出すのかタイミングも大事ですし、相手が納得できる理由を伝えることが必要にあるケースもあるでしょう。相手が納得して受け入れやすいような別れをすることが、これまでご縁をいただいた相手への最後の心遣いです。

相手の気持ちに配慮した別れ方をしよう!

結婚相談所から紹介された相手でも、別れることは当然あります。ただし、相手の気持ちを傷つけないような心配りをして別れるのが大人としてのマナーです。何回も断っているうちに慣れてしまい、いい加減な別れ方をする人が中にはいますが、相手は初めて断られるのかもしれませんし、繊細で傷つきやすい人かもしれません。こちらは別れるつもりでも、相手はずっとおつきあいしたいと思っている場合もあります。ですから、別れるときは自分のことよりも相手のことをきちんと考えて伝えることが大事です。
相手の気持ちに配慮した別れ方をするためには、次のような点に気をつけます。まず、別れたいのに、いつまでも付き合うことは避けましょう。こちらにはもうその気がないのにいつまでも交際しているのは、相手がよい人を探すチャンスを奪うことにもなります。その気がなくなったら、早く別れを告げることが相手への思いやりです。 別れるときは、相手を傷つけるようなことは言わないようにしましょう。何か気に入らないことがあって別れるとしても、相手の欠点や弱点を指摘するようなことをしてはいけません。ただ自分にはご縁がなかった相手というだけで、その人のすべてが否定されるわけではないので、プライドや気持ちを傷つけるようなことを言って別れるのはルール違反です。
別れたいと思ったら、きちんと別れを告げることも重要です。突然連絡を絶つようなことをしてはいけません。相手にとっては、どうしたらよいのか分からなくなります。きちんと別れる旨を告げて、相手が気兼ねなく新しい相手を探せるようにするのがマナーです。

別れも良い経験!前向きな気持ちで婚活を続けよう!

婚活していれば、たくさんの人に会うので別れも当然経験します。交際していた相手と別れることはつらいことではありますが、別れを経験することで合わない相手を見極めていくことができるというメリットもあります。別れにはマイナスなイメージがありますが、婚活においては悪いものとはいいきれません。別れは、本当によい相手に巡り会うための良い経験ともいえるのです。
別れを糧にしてよい相手に巡り会うためには、別れをネガティブに考えすぎないことが大事です。落ち込んだり、クヨクヨ悩んだり、別れをきっかけに婚活に消極的になってしまったりしては、よい結婚から遠ざかってしまいます。合わない相手と別れることで、自分にふさわしい相手に一歩近づけたと考えましょう。前向きな気持ちで婚活を続けていれば、きっと理想の相手が見つかるはずです。

別れも経験する中でよい相手に巡り会っていこう

別れはつらいものですが、多くの人に会いながらたった一人の結婚相手を探していくためには、別れも当然経験しなければなりません。別れもよい相手に巡り会うために必要な試練だと考えて、落ち込んだりクヨクヨしたりしないように心がけましょう。
自分に合わない人が一人見つかったというくらいの気持ちでいれば、次によい人に巡り会える可能性が高まります。別れを経験したからといって消極的にならず、次の出会いに向けて積極的に取り組んでいく姿勢がよい人をきっと引き寄せるでしょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所で知り合った相手とのスマートな別れ方とは?