結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所だと同時進行での交際が認められている

結婚相談所のすゝめ

2018年9月

結婚相談所だと同時進行での交際が認められている

普通の恋愛において、複数の異性と同時に付き合うことは浮気であり、相手や周りの人の信頼を損なう不誠実な行動だと考える人が多いかもしれません。 しかし、結婚相談所を利用して婚活をする場合は、複数の相手と並行してお見合いしたり交際したりすることが認められています。 しかし、そういわれても、なかなか抵抗感をぬぐえない人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は、 どうして結婚相談所における婚活では同時進行で複数の異性と交際しても良いことになっているのかについて、メリットや注意点などをお伝えします。

複数の異性と交際することのメリット

普通の恋愛において、複数の異性と同時に付き合うことは浮気であり、相手や周りの人の信頼を損なう不誠実な行動だと考える人が多いかもしれません。 しかし、結婚相談所を利用して婚活をする場合は、複数の相手と並行してお見合いしたり交際したりすることが認められています。 しかし、そういわれても、なかなか抵抗感をぬぐえない人もいるのではないでしょうか。 そこで、今回は、どうして結婚相談所における婚活では同時進行で複数の異性と交際しても良いことになっているのかについて、メリットや注意点などをお伝えします。

1.交際の同時進行は結婚相談所も認めている

まず、「結婚相談所が複数の異性と同時に交際することを認めているのはなぜか」について考えてみてください。人と人の相性とは年齢や職業、趣味といった外的条件だけで決定できるものではないことを、 多くのご縁をつないできた結婚相談所スタッフは知っています。だからこそ、実際に会ってみたり、お付き合いしてみたりすることが重要なのです。しかし、1対1の交際の場合は相手との感情的距離を保つことが難しくなるケースが多く、 相手のペースに引き込まれて主体的な判断が難しくなることもあります。逆に、相手に気兼ねして適度な距離を保てなかったりすることもあるかもしれません。 そういった問題を解決できることが、複数の人と同時に交際するメリットです。つまり、複数の相手を比較しながら並行して交際することによって、相手の人柄や自分との相性を客観的に判断しやすくなります。 また、「複数の相手と交際している」ことを相手にそれとなく伝えることによって、お互いにのめりこみ過ぎずに適度な距離感を保ちながら交際することが可能になるのです。

2.仮の交際期間だと考える

しかし、婚活においても、複数の相手といつまでもだらだらと交際するのはルール違反とされています。婚活をしている人は男性であっても女性であっても、結婚したい時期までに残された時間が限られていることが多いです。 そのため、結婚する意思もないのに相手の貴重な時間と労力、お金などを消費させるのは相手の婚活を遅延させることになるのです。多くの結婚相談所では、 複数の相手と交際できる期間を、あらかじめルールとして定めています。そして、「仮の交際期間」は結婚相談所によって異なりますが、3~6カ月くらいである場合が多い傾向です。 一般的には、結婚にいたらない相手に時間や労力を使いたくないと思うのではないでしょうか。逆に、結婚にいたらない相手を束縛するのも申し訳ないと思うこともよくあります。 そのような悩みを解決するために結婚相談所が定めたルールが「仮の交際期間」ですから、気軽に複数の異性と交際して出会いの幅と質を向上させてみてください。

3.複数の相手を比較するからこそ本命にたどり着きやすい

結婚相談所では男女双方が結婚相手に求める条件を提示してマッチングを行います。そのため、条件に合った相手と出会う機会が複数あるのですが、良い結婚生活を送れる相手かどうかが決まる要素は、 条件に一致するかどうかの他にもあります。すなわち、希望条件をかなり満たしていて「好みのタイプだ」と感じる相手がいたとしても、その人だけを見て結婚相手にふさわしいかどうか判断するのは性急ということです。 複数の相手と同時に交際して比較すれば、1人ひとりが違った個性を持っており、同じような状況においても異なる反応をすることがわかります。 ひとつひとつは小さな違いかもしれませんが、その集積が「長い結婚生活を一緒に歩んだとき、お互いに快適な相手かどうか」を左右するのです。 そのため、実際にお付き合いしてみて感じることは大切な要素だと考えるべきですし、複数の相手と比較してみないと見えてこないことも多いといえます。

同時交際は就活と似たような捉え方をしてみる

複数の異性と同時に交際することにどうしてもためらいを感じてしまう人は、「婚活は就職活動と同じようなものだ」と考えてみてはいかがでしょうか。 婚活と就活はどちらも自分の能力を発揮して人生計画を実現するための活動であり、成功させるためのハウツーも驚くほどよく似ているものです。それでは、婚活と就活に共通することを3つ取り上げて説明していきます。

1.大事なことだからこそ複数の可能性を探る

まず、婚活と就活がいかに似ているかを理解してもらうためのたとえ話をします。自分が就職活動を行ったときのことを、よく思い出してみてください。 まず、自己分析をして自分の能力や適性、仕事において実現したいことなどを検討し、条件を絞り込んだのではないでしょうか。その次の段階では企業についてリサーチし、応募する企業を複数選んでエントリーしたはずです。 そして、就活において同時に複数企業に応募することはごく普通のことでしょう。なぜなら、自分がいくらその企業で働きたいと願ったとしても必ず採用してもらえるとは限りません。 それに、数回の試験や面接を実際に経験してみないと、応募企業の本質がわからない場合もあるからです。また、複数企業との面接を経験するうちに、自分の能力や適性、心から希望している職種や職場が、よりはっきりと見えてくることもあります。 就職は人生を左右する大事なことですから、「複数の企業について知る機会」「複数の企業に自分をよく知ってもらう機会」を求め、じっくりと比較検討するのは当然でしょう。 一方、求人を行う企業のほうも、採用枠より多い人数に入社試験や面接を行います。なぜなら、採用枠や求人にかけることができるコストには限りがあり、できるだけ効率的に、より良い人材を選びたいと考えているからです。 婚活においても、まったく同じことがいえます。違うところは、男性と女性の両方が応募者でもあり人事担当者であることです。結婚は仕事以上に生活と人生に大きな影響を及ぼす最重要事項ですから、就活と同じくらい、 あるいは就活以上に複数の相手との可能性を探る必要があります。すなわち、複数の相手と交際することによって結婚観がより明確になり、お互いにふさわしい相手を選ぶことができるようになるのです。

2.同時交際を逆手にとって相手の心を揺さぶる

就活の面接において、担当者から「他にも受けている会社はありますか」と質問されることはよくあります。その場合は、「他にも受験していますが、御社が第一志望です」と答えるでしょう。 そして、担当者が採用するかどうか迷ったときに「早く内定を出さないと他の会社に取られてしまうかもしれない」と考える可能性があります。つまり、「他社と掛け持ちをしている」と伝えることは、内定を獲得するためのテクニックのひとつといえます。 これらは婚活においても同じです。「自分が早く決断して意思表示しないと、他の相手に取られてしまうかもしれない」というプレッシャーを感じれば、優柔不断に交際を長引かせることもできないでしょう。 もちろん、自分自身も相手との相性を真剣に考えることが必要です。しかし、相手にも自分との相性について集中して考えてもらうためには、「他の人とも交際している」と知らせたほうがいい場合もあります。 つまり、結婚するかどうか決断するきっかけを相手に提供する作戦です。ただし、相手との距離感や伝え方にはじゅうぶん配慮したほうが良いでしょう。相手のプライドを傷つけないように気をつけてください。

3.きちんとマナーを守って複数の相手と付き合う

婚活において複数の相手とお付き合いする場合は、お互いに不愉快な思いをしないためにも、結婚相談所のルールや社会人としてのマナーをしっかりと守る必要があります。 まず、複数の人と付き合う目的が「より良い結婚相手を見つけるための比較の方法」であることを忘れてはなりません。恋愛を楽しむための交際が目的ではないので、複数の異性と付き合うことによってモテる気分を味わうなど、 あまり調子に乗らないように気をつけましょう。最終的には1人しか選ぶことができないのですから、複数の相手との交際中は相手に大きすぎる負担をかけないように配慮することも大切です。 それは、デート代やプレゼント代などの金銭的負担だけでなく、電話やメールなどの精神的・時間的な負担も含みます。最後に、相談所が定めた「仮の交際期間」などのルールは、きちんと守る必要があります。 なぜなら、複数の相手との交際にけじめをつけることが難しくなり、「良い結婚相手を見つけて結婚する」という目的から外れていくからです。

なかなか1人に決められないときの対処法

結婚相談所で紹介された複数の相手と交際を始めた場合、「この中でどの人を結婚相手に選ぶべきか」を迷ってしまい、なかなか1人に決められないこともあるかもしれません。 しかし、定められた期限までに、1人に決めなければならないのです。そんなときは結婚相談所の担当者に相談するのも良いですが、自分で考えて選ぶための基準もいくつかあります。 こちらでは、複数の相手からたった1人の結婚相手を選ぶときに目安となることを3つ、紹介します。

1.自分のこと以上に大きく喜んでくれる

複数の相手と交際して、どの人とも特にトラブルなく順調に付き合えている場合、どの人も自分にとって相性が良い人だと思えることがあるでしょう。それで迷って選べないときは、このように考えてみてください。 まず、「もしも自分にとって喜ばしいことがあったら、自分のこと以上に喜んでくれる人か」が想像してみましょう。 または、逆に、「もしも自分にとってつらいことが起きたら、その気持ちをしっかり受け止めて自分のことのように悲しんでくれる人か」を予想してみてください。 つまり、どんなときでも自分に思いやりや共感を示してくれる人かどうかが、結婚相手を選ぶときに大切な基準となります。 なぜなら、長い結婚生活では毎日の生活の中で支え合っていくだけでなく、家庭の内外で起きるさまざまなトラブルにも一緒に立ち向かう必要があるからです。 つまり、ともに生きることでうれしいことは2倍に、苦しいことは半分にできる相手であるかどうかで選ぶと良いでしょう。

2.結婚後のイメージを膨らませてみる

次に、相手との結婚生活のイメージを、1人1人、思い描いてみるという方法もあります。より具体的な強いイメージを描ける相手のほうが、お互いの価値基準や生活上の感覚、好みが似ていて、結婚相手として相性が良いことが多いです。 どのエリアのどんな家に住むのか、親との同居や子どもの数、家計や家事の分担方法や余暇の過ごし方など、できるだけ具体的なイメージが湧くかどうかを考えてみてください。 できれば、書きだして見比べたほうが、どの相手との結婚イメージを最も描きやすいのかを比較しやすいです。

3.相手にとって自分が合うかも考えてみる

最後に、自分にとってその人が理想的な結婚相手かどうかだけでなく、相手にとっての自分はどうなのかについても、正確に把握して考える必要があります。 なぜなら、結婚は自分と相手の2人がいて初めて成り立つものですから、片方にとってだけ都合が良いだけの関係では長期にわたって安定した関係を保つことが難しいからです。 相手のライフスタイルや人生設計、金銭感覚や価値観、結婚に求めるものなどをよく知り、自分がそれに合うのかどうかを考えてみましょう。 そして、自分と結婚することによって相手の人生が充実し幸せにしてあげられるという確信を持つことができれば、それは結婚を決断する大きな決め手となります。

自分に合った最適な人を見つけられる

結婚相談所で紹介された複数の異性と交際すれば、その中から自分に最も合った良い結婚相手を見つけることができます。婚活においては、複数の相手と並行して交際してから1人に絞り込むやり方は、だれでもしていることです。

1.前向きに捉えることが大切

結婚相談所に登録してから間もない人は、複数の異性と並行してお付き合いすることに後ろめたさを感じてしまうこともあるかもしれません。 しかし、結婚相談所では同時に複数の人とお付き合いするパターンはよくあることです。というのも、婚活をしている人は、男性も女性も、幸せな結婚生活ができそうな相手を真剣に探しています。 そして、同時交際は目的を達成するための手段ですから、前向きな気持ちで考えていくことが大切です。

2.可能性をできるだけ広げることが重要

結婚相談所に登録し複数の相手とマッチングしたからといって、すぐに結婚できるほど、結婚というものは単純ではありません。ですから、結婚にいたる確率を上げるためには、出会いの幅を広げることが大切といえます。 そのための1つの方法として、結婚相談所が推奨しているのが、複数の異性と並行して交際することなのです。つまり、日常生活の中での出会いや知人の紹介による出会いなどでは許されないことが、 結婚相談所という場においてはOKとされています。ですから、積極的に複数の相手と仮の交際をして出会いの可能性を広げていきましょう。

結婚相談所だけの特殊ルール!複数の異性と同時交際は当たり前!

今回は結婚相談所が複数の相手との同時交際を推奨していることやそのメリットを紹介しました。就活と同様に婚活も、複数と比較して選ぶ必要があります。 しかし、複数の相手と交際してもどの人を選ぶべきか迷うこともあるかもしれません。その場合は、喜びや悩みなどの感情を共有できる相手か、具体的な結婚生活のイメージを描ける相手か、などを基準にすると良いです。 それから、相手にとって自分がふさわしい相手かどうかも、基準になります。 複数の異性と同時交際して結婚相手を選べるシステムがあることは結婚相談所ならではのメリットです。より良い結婚相手を見つけるための手段ですから、前向きに受け止めて、出会いの幅を広げてください。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 結婚相談所だと同時進行での交際が認められている