知人に紹介してもらい異性と出会う

知人からの紹介。

イメージ 一昔前は知り合いや親族・親戚がお見合い相手を紹介してくれましたが、最近はお見合いほど堅い印象ではなく友人や同僚から異性を紹介されるケースの方が一般的かもしれません。自分についてよく知っている人からの紹介であれば、好みや条件についてマッチした人である可能性も高くなります。紹介を依頼するのは友人や知人、同僚、親族など身近な存在の方になると思いますが、紹介された相手と合わなくてうまくいかなかった場合でも紹介者に迷惑がかからないように注意する必要があります。事前にお相手に対する希望条件などを共有しておくとより良い紹介に繋がるきっかけになるかもしれません。

紹介してもらうにあたってのマナー。

お相手を紹介された際は、紹介者の気持ちを知っておいたほうがよいでしょう。個人差はあるでしょうが、紹介するという行為は双方にメリットがあると判断できない限り、なかなかできないと考えられます。多くの場合、紹介者はあなたに好意を抱いているため、お相手への気配りや配慮が重要です。相手の気分を害すようなことをしてしまった場合、自分だけでなく、紹介者の印象も悪くなってしまう点を忘れないようにしましょう。紹介者は双方にとって良い結果を望んでいると考えられますので、お相手についてきちんと考えた上で、お付き合いするか判断し、どのような結果になっても紹介者にきちんと報告するようにしましょう。

もし気が乗らなかったら。

あなたのことを知った上で紹介者は相手を紹介してくれます。しかし、紹介者は良いお相手だと思っていても、どこかしっくりいかないケースもあるかもしれません。その場合は紹介者に気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。また、希望条件にこだわりすぎず、折角の機会ですので会ってみるというスタンスも重要かもしれません。お互い共通の知り合いがいることで、円滑なコミュニケーションからお付き合いに発展する可能性も十分に考えられます。なかなか良いお相手を紹介してもらえないと考えている方は、お相手の希望条件やその優先順位などを明確にし、紹介者に伝えておくことで良いお相手を紹介してもらえるかもしれません。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP