結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 子どもがいてもOK!シングルマザーが結婚相談所を利用するメリット3つ

結婚相談所のすゝめ

2018年8月

子どもがいてもOK!シングルマザーが結婚相談所を利用するメリット3つ


離婚などの理由でシングルマザーになると、「収入」「育児」などの面で不安が生まれがちです。そんな中で再婚を考えているものの、忙しくて婚活できていないシングルマザーは少なくありません。また、「子持ちで再婚できるだろうか」との疑問も出てきます。シングルマザーの婚活であればこそ結婚相談所が向いているので、積極的に利用してみましょう。この記事では、再婚への悩みがあるシングルマザーを対象に、結婚相談所を利用するメリットを解説していきます。

シングルマザーが抱きがちな再婚に対する不安とは?

一人で家計を支え、子供のケアもしていかなくてはいけないシングルマザーの負担は小さくありません。その忙しい毎日の中でシングルマザーが婚活に踏み切れないのは、多くの不安があるからです。

まず、「再婚相手と子供の関係」です。相手が子どもを大切にしてくれるかどうかが大きな問題になりますし、最初はかわいがってくれていても、いざ結婚してみると自分の子どもとして接してくれない男性もいます。シングルマザーの再婚では、男性に「父親としての資質」も求めなくてはいけないのです。

また、シングルマザーゆえのコンプレックスを抱いている女性も少なくありません。「子持ちだから敬遠されるのではないか」「重い女性だと思われそう」といった心配がふくらんでしまうと、婚活にも集中できなくなってしまいます。

「婚活の時間を確保できない」と思っているシングルマザーもたくさんいます。確かに、育児や仕事で忙しいと、結婚を前提に交際できる男性が見つかりにくいのは事実でしょう。また、仮に交際相手とめぐり会えても、2人だけの時間を作って関係を育んでいけるかどうかに不安が残ります。こうした問題を考慮した結果、婚活をあきらめてしまうシングルマザーは後を絶たないのです。

結婚相談所を利用するメリット1.シングルマザーOKの男性を見つけやすい

多くのシングルマザーが、素敵な男性と出会えたときに子供の存在を隠してしまいます。そして、交際が進んでから告白し、相手を驚かせるケースが少なくありません。原因として、「シングルマザーは男性から結婚相手として敬遠される」と思い込んでいることが挙げられるでしょう。シングルマザーである事実に不安を抱いているなら、結婚相談所を利用してみると払拭できます。結婚相談所のメリットは、「シングルマザーOKの男性を見つけやすい」点にあるからです。

結婚相談所では男女それぞれの理想像や希望を聞いたうえで、相性の良い相手を紹介してくれるのが特徴です。そして、登録の段階で男性側に「シングルマザーでも問題ないか」という質問はしているため、シングルマザーにとって理想の相手を見つけやすいといえます。スタッフが「シングルマザーでも大丈夫」と答えた男性だけを対象に、検索をかけてくれるからです。交際が始まってからシングルマザーであることを打ち明け、相手を怖気づかせてしまうという問題が起こる可能性は低いのです。むしろ、出会ったときからシングルマザーに協力的な姿勢でいてくれる男性が紹介される可能性が非常に高いのです。結婚相談所であれば、自然恋愛で相手を探すよりも自分に合った相手と出会える可能性が高まるでしょう。

結婚相談所を利用するメリット2.シングルマザー特有の悩みも相談できる

そもそも、婚活には悩みや不安がつきものです。なかなか理想の相手と出会えなかったり、せっかくマッチングしてもらった相手と連絡が途切れてしまったり、ネガティブな感情にとらわれる瞬間も訪れます。「自分は本当に結婚できるだろうか」と焦りだす人もいるでしょう。ましてやシングルマザーは子どもがいる点で、再婚や婚活に対する悩みが多くなりやすい傾向にあります。自力で婚活を行っていると、誰にも悩みを打ち明けられないままストレスがたまり、精神状態が悪化してしまう恐れすらあるでしょう。

シングルマザー特有の悩みを相談できる点も、結婚相談所で婚活することのメリットの一つです。シングルマザーが抱える不安は、他者と共有しにくい内容が少なくありませんが、プロの相談所スタッフにはシングルマザーの実状についても知識が備わっています。たとえば、「婚活と育児が両立しにくくなっている」「男性会員がシングルマザーを避けているように思える」などの悩みが生まれたら、率直にスタッフへと打ち明けてみましょう。スタッフのコンシェルジュとしての経験に基づいた深いアドバイスを聞くことができます。結婚相談所を利用すれば、婚活中も心を軽くしたり不安を解消したりして、前向きな気持ちを保てます。

結婚相談所を利用するメリット3.相手が見つかってからもサポートがある

婚活では「相手が見つかったら成功」とは限りません。むしろ、相手とマッチングされてからが重要です。いざ会ってみると微妙に話が合わなかったり、相手の本音がつかめなかったりすることもあります。何度かデートはしても、「なんとなく」距離を置くようになり、関係が自然消滅するパターンは少なくないのです。どうしてこうした問題が起こるのかというと、自力に任せた婚活では「仲介者」がいないからです。本人たち以外に、結婚への道筋をサポートしてくれる人物がいないため、トラブルに遭遇しても上手に対処できなくなります。

結婚相談所を利用するメリットとして、「相手が見つかってからもサポートがある点」が挙げられます。結婚相談所では、良い相手が見つかってからもスタッフに相談ができます。相手と真剣交際をし、成婚へと進んでいく過程で、さまざまなアドバイスを受けられるでしょう。そして、結婚相談所はどちらか一方だけでなく、男女会員両方とつながっています。シングルマザーの会員が感じている悩みを踏まえ、男性側に上手く伝えてくれるなどのフォローも徹底されています。たとえば、相手との距離をうまく縮められないとシングルマザーが感じている場合、結婚相談所のコンシェルジュが男性に「もっと積極的なアプローチをしてもいいと思います」などの話をしてくれるのです。その結果、問題を乗り越えられる可能性も高くなるでしょう。

幸せな再婚のための秘訣1.子どもの年齢も考慮して婚活を

シングルマザーの婚活では、独特の注意点があります。結婚相談所のアドバイスを求めつつ、相手を探すときには常に意識しておきましょう。まず、幸せな再婚のための秘訣として、「子供の年齢も考慮して婚活すること」が大事です。シングルマザーの再婚は、自分だけが男性と家庭を築くわけではありません。子供も一緒に再婚相手と新しい家族になります。どんなに女性と男性が良好な関係を構築できていたとしても、子供の存在を無視してしまうと失敗する可能性が出てくるでしょう。

仮に、子どもが乳幼児ならまだ精神的に成熟していないため、新しい父親も受け入れやすい傾向にあります。しかし、小学生になっていたり、思春期を迎えていたりする場合、新しい父親をすぐには受け入れられない恐れがあります。特に、前の父親との記憶がはっきりしている子供だと、「自分の父親は別にいる」という意識を持ってしまい、新しい父親と一緒に暮らすことさえ拒絶しがちです。とはいえ、無理やり子供に「再婚相手を受け入れてほしい」と言い聞かせても、余計に反発を招くでしょう。思春期の子供相手には、新しい父親と少しずつ距離を縮めていくようにするのが得策です。また、「本当の父親を否定する」など、子供を刺激するような発言も控えましょう。

幸せな再婚のための秘訣2.元夫を悪く言うのはNG

シングルマザーが犯しがちな失敗として、「元夫の悪口」があります。どうして新しい男性の前で元夫を悪く言いたがるのかというと、「目の前の男性がより好きである」と伝えたいからだということでしょう。そのほか、「元夫への鬱憤がたまっていて、心を開いた相手に聞いてほしい」というケースもあります。ただし、幸せな再婚を目指すのであれば、どんな理由であれ元夫を悪く言うのは控えましょう。ともすれば、「元夫を褒める」のと同じか、それ以上に相手を不愉快にさせる恐れもあるのです。

たとえ、元夫にひどい離婚理由があっても、悪口を聞かされるのは大きなストレスになります。しかも、話しているうちに内容がエスカレートすれば「性格がきつい人なのではないか」との疑いも持たれてしまいます。高い確率で、相手に良い印象を与えないでしょう。自分から元夫の話を持ち出さないのが得策です。しかし、シングルマザーである以上は「どうして離婚したのですか」という質問も避けにくいものです。もしも離婚理由を聞かれたら、あった事実をそのまま話すのがベストでしょう。なるべく感情を入れずに淡々と話すようにしましょう。「それはひどいご主人だったんですね」と返ってきたとしても、過剰に同調はしない方が好印象を保てます。

幸せな再婚のための秘訣3.相手に父親の役割を求めすぎない

シングルマザーが再婚相手に「父親」を求めるのは仕方のないことです。そして、結婚相談所を通してマッチングされた男性なら、本人にもある程度は「父親になる覚悟」が備わっているでしょう。しかし、幸せな再婚のための秘訣として、相手に父親の役割を求めすぎないようにしましょう。相手も子持ちならまだしも、初婚の場合は特に要注意です。どんなに「自分は父親になる」と思っていたとしても、その経験がない人の場合、想像と現実では大きな差があります。しかも、普通の父親が何年もかけて芽生えさせていく自覚を、すぐに抱くのは至難の業です。子供が思春期などの複雑な年代であればなおさらのこと、いきなり父親にはなれません。最初から相手に父親の役割を求めるのではなく、少しずつ慣れてもらうようにしましょう。

また、シングルマザーとの再婚では男性側に「後ろめたさ」「気まずさ」が生まれがちです。血のつながりのない子供と一緒に暮らしている状況、自分が本当の父親ではない事実を気に病むようになる男性もいます。シングルマザーが再婚する際には、男性側のケアもしっかり行ってあげましょう。そして、自分一人では抱えきれない問題については、結婚相談所のスタッフに話してみると解決策を得られることもあります。

心強い味方になる!結婚相談所で幸せな再婚を

シングルマザーの婚活では「男性側の協力」「相手と子供の関係」など、考えるべきポイントがたくさん出てきます。また、「シングルマザーの自分が結婚相手として見てもらえるだろうか」といったコンプレックスを抱いてしまう女性も多いでしょう。

結婚相談所であれば再婚に関する不安を相談できるほか、自分の希望を聞いたうえで相性のよい相手を見つけてくれます。シングルマザーにとってメリットが大きいので、ぜひ利用を検討してみましょう。

無料個別相談

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが責任をもってサポートします。ご来店お待ちしております。

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > >結婚相談所のすゝめ > 2018年の記事 > 子どもがいてもOK!シングルマザーが結婚相談所を利用するメリット3つ