• 婚活EQ診断テスト
  • 来店予約
  • 資料請求

QOM総研

vol.112

どこからが婚活セクハラ?
男性の3人に1人、基準が分からず婚活で不安に
~男性19.1%、女性35.9%が「婚活セクハラ」の被害経験アリ~

成婚にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、 25~44歳の男女2,300人に対して「婚活セクハラ」に関するアンケート調査を実施いたしました。

<調査背景>
最近何かと話題になっているセクハラ問題。#MeToo運動など、近ごろはセクシャルハラスメントに関する報道をよく見掛けます。男女がパートナーを探す場である婚活のシーンでも、セクハラは起こっているのでしょうか。
また、「もしかしたら自分がセクハラ加害者になってしまうのではないか」という不安を持っている男性は、決して少なくありません。婚活の場ではなおのこと。気になる女性にアプローチしようとしても何がセクハラに当たるのか分からず、その不安は男性を萎縮させてしまいます。
今回は婚活経験者を対象に、「婚活セクハラ」の実態調査を実施しました。さらに、「婚活の場でこんなことをするとセクハラになってしまう」もしくは「このくらいのことならセクハラにはならない」など、そのガイドラインについて男女2,300人にジャッジしてもらいました。

男性の19.1%、女性の35.9%が婚活中に「セクハラされた」ことがある

Q.婚活中、あなた自身に以下のような経験はありますか?(n=240) ※ 必須回答
婚活中にお相手からセクハラをされることがある人はどのくらいいるのでしょうか。今までに婚活をしたことがあると回答した25~44歳の男女240人に対し、「セクハラをされて不快に感じた」ことがあるかどうか聞いてみました。
男性の19.1%、女性の35.9%が「セクハラをされて不快に感じた」ことが「ある」か「どちらかといえばある」と回答しました。男性の5人に1人、女性の3人に1人が「婚活セクハラ」の被害に遭っていることになります。

グラフ1

男性もセクハラに遭っている
「主夫になりたいんだろと言われた」「経験人数を聞かれた」

Q.婚活中のセクハラについて、あなた自身の体験や意見を教えてください。(n=240)
婚活中に遭ったセクハラの体験談や意見について自由に回答してもらったところ、男性からの被害体験も多く報告されました。男性からの報告では、被害に遭った経験や自分が加害してしまった経験に加え、自分の行為がセクハラになってしまうのではないかと不安を感じたなど、いろいろな回答が寄せられたところが特徴的でした。


【男性】

・まずは外見で判断され、対応の差が激しい(44歳・男性)
・相手の女性から「写真とだいぶ顔が違うね」と言われ、とても不愉快に思った(31歳・男性)
・年収を言った途端に態度を変えられた(28歳・男性)
・経験人数は何人か聞かれた(37歳・男性)
・離婚の理由をしつこく聞かれた(31歳・男性)
・専業主婦になりたいので、家族を養ってくれる人が良いと言われた(26歳・男性)
・「主夫になりたいんだろ」と言われた(28歳・男性)
・相手との距離をうまく取れてないのに、性的な接触をしてしまった(40歳・男性)
・胸のあたりをつい見てしまう(38歳・男性)
・こっちが相手に対し、発言などでセクハラにならないか心配することが多くありました。気にし過ぎてしまいました(26歳・男性)
・セクハラをされたという記憶は無いが、自分の行動がいつセクハラになるか分からないという恐怖感は常にあった。頭をぽんぽんしたときも、ほぼ交際直前まで行ってからだった(39歳・男性)

【女性】

・勝手に手を繋がれた(34歳・女性)
・「君、胸大きいね!その服わざとアピールしてるの?」と言われた(37歳・女性)
・机の下で太ももを触られた(30歳・女性)
・抱き寄せようとして腰に手を回された(33歳・女性)
・まだ出会って日も浅く付き合ってもなかった人に食事の席で頭をポンポンとされて不快に感じた。これまで交際した人数を聞かれてはぐらかしていたのに、何度もしつこく聞かれて嫌だった(42歳・女性)
・自分が付き合いたいとまで思えない人からの強烈なアプローチは困る。急に抱きついてくるとか、なかなか断れない(34歳・女性)
・下ネタに苦笑いしたらウケたと思われたらしく、延々と下ネタを話された(37歳・女性)
・終電で帰ろうとしているのに無理やり引き止められ、本気で怒りを伝えた(29歳・女性)
・メールのやり取りで体の関係を求められた(26歳・女性)
・食事に誘われて相手の車に乗ったら家に来ないかとしつこく誘われ、断るとメールで何度も「家に来て欲しい」と送られてきて怖かった(38歳・女性)
・婚活に来てるのに、彼氏いるでしょと言われた(36歳・女性)
・人前で、赤ちゃんができる体なのか聞かれた(32歳・女性)
・子供が欲しいので若い人限定と言われた(38歳・女性)
・お見合い相手に結婚しても働いて、年収は今と同じくらい稼いで欲しい。家事も全て完璧にして欲しい。子育ては手伝えないけど子供は最低2人は欲しいなど一方的に相手の希望ばかり押しつけられた(43歳・女性)
・君は20代だから構ってもらえてるだけ。子どもが欲しいが、高齢出産は障害児が生まれるリスクが高まるから、はやく結婚して子どもをつくったほうがいい。と初めて会った人に言われたときは気分が悪かった(29歳・女性)

セクハラされても、半数以上が「笑って流した」

Q.セクハラされた際、どう対応しましたか?(n=66) ※ 必須回答・複数回答可
レポート冒頭の調査にて、婚活中に「セクハラをされて不快に感じた」と回答した66人に、どう対応したかについて聞きました。「笑って流した」(51.5%)、「黙って我慢した」(37.9%)、「席を立ってさりげなく逃げた」(22.7%)と、上位3位は相手に特に意思表示をしない対応でした。「やめて欲しいとはっきり伝えた」のは13.6%でした。
グラフ2
このように男女が対等にパートナーを探すための婚活の場でも、セクシャルハラスメントは起こっています。また、男女共に被害を受ける可能性があり、さらに加害者になってしまう可能性もあるようです。もはやセクハラは、「女性が被害に遭って嫌な思いをする」だけのものではないのでしょう。
男女双方が嫌な思いをするハラスメント行為は看過されるべきではありません。婚活をしていく中で不安に感じるようであれば、もしものときに相談できる体制の整った結婚相談所などのサービスを利用して、アドバイスを求めながら活動するのもひとつの手かもしれません。


<コンシェルジュ コメント>

「婚活セクハラをされた場合、どう対応するべきか」 

婚活の場でのセクハラについて、当事者同士での解決はなかなか難しいことです。もちろん、お相手に「やめて欲しい」とはっきり伝えることができればいいのかもしれません。しかし、実際には「言いにくい」、「お相手を不快にしたくない」、「怖い」などといった気持ちから、アンケート結果にもありますように、笑って流したり、黙って我慢したりと、多くの人がその場をやり過ごしてしまうのではないでしょうか。
そんなときは、担当者によるサポート体制の整ったサービスを利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

弊社サービスをご利用になられている会員様より、「初対面、もしくは二度目のデートの際にお相手から最寄り駅を聞かれることが度々あり、不安を感じている」とご相談いただいたことがあります。
その際には担当コンシェルジュが会員様より詳しくお話しをお伺いし、そのようにお考えになられた経緯や事情を把握した上で、ご紹介予定だったお相手の方には予め「初対面で最寄り駅を聞くことは控えて欲しい」とお伝えさせていただきました。結果、お相手の方にもご協力をいただき、双方の会員様が不快な思いをせずにお見合いすることができました。

このように、信頼できる担当者に相談すること、サポートしてもらうことが最善ではないかと思われます。

パートナーエージェント コンシェルジュブロック長 宮地 智子

男性の32.5%は「何がセクハラになるか分からなくて怖い」

Q.婚活中、あなた自身に以下のような経験はありますか?(n=240)※ 必須回答
婚活経験のある男女240人に絞って、婚活中に「何がセクハラになるのか分からず、不安で萎縮してしまった」ことはあるか聞いてみました。
男性の32.5%、女性の15.9%が「ある」と回答しています。女性に比べて男性は、自分の行動がセクハラになっているのではないかとより強く不安を感じているようです。
グラフ3

「いきなり年齢を聞く」のはOKでも、「年齢を聞いて態度を変える」のはNG

それではどんなことがセクハラに当たるのでしょうか。婚活経験があるないにかかわらず、男女2,300人に、婚活中のさまざまな行為がセクハラになるか、ならないか、それぞれ判断してもらいました。
まず、男性が思っているほどには、女性にとってセクハラではない行為を紹介していきましょう。例えば、「『おきれいですね』『イケメンですね』など顔についてコメントする」ことについて、「セクハラとは思わない」と回答したのは男性が58.1%、女性は71.4%と、その差は13.3ポイントでした。顔の見た目について褒めることは、男性が思っているほど女性にとってセクハラとはならないようです。
グラフ4
続いて「相手の過去の交際状況について聞く」ことはどうでしょうか。「セクハラとは思わない」割合は男性が30.8%、女性が34.2%で、女性の方が3.4ポイント多い結果となっています。こちらも、男性より女性の方がセクハラと感じにくいようですが、「セクハラとは思わない」女性と同じくらい「セクハラだと思う」(34.4%)女性がいることに注意が必要でしょう。
グラフ5
同様に、「いきなり年齢を聞く」ことについても、「セクハラとは思わない」と答えたのは男性で33.3%、女性で44.1%。女性の方が10.8ポイント多くなっています。
こうした会話の内容については、男性が思っているほどには女性はセクハラと感じていないことが分かりました。男性側もそこまで気にしすぎる必要はないのかもしれません。
グラフ6
ただし、「年齢を聞いて態度を変える」ことについては、49.5%の女性が「セクハラだと思う」と回答しています。年齢を聞くことはOKでも、年齢によって態度を変えるのはNGになります。
グラフ7

髪や体を触るのはアウト。男女共に6割超がセクハラと認識

Q.婚活をしている場で以下のケースはセクハラに当たると思いますか?(n=2,300) ※ 必須回答
続いては、男女共にセクハラと感じるような行為を取り上げていきましょう。
「『短いスカートが似合ってますね』『そういう胸元があいてる服好きなんです』など服装についてコメントする」ことを「セクハラだと思う」男性は53.9%、女性は62.6%でした。男性、女性のいずれもセクハラだと感じるようです。
グラフ8
「『ぽっちゃり系ですよね』『足がきれいですね』など体型についてコメントする」ことについても、男性の49.2%、女性の47.8%が「セクハラだと思う」と答えています。先ほどの服装についてもそうですが、相手の体型にかかわる会話は、婚活の場では避けた方が無難なようです。
グラフ9
「相手の髪や頭に触れる」ことは、男性で64.4%、女性は62.6%が「セクハラだと思う」と判断しました。
グラフ10
同じく「相手の肩や手など身体に触れる」ことも、男性の63.0%、女性の63.3%が「セクハラだと思う」と答えました。男女共に、相手の身体に触れる行為はセクハラに当たると認識しているようです。
グラフ11

男性の13.1%が、付き合っていないのに性的なお誘いをするのは
「セクハラではない」と思っている

女性の多くがセクハラと感じているにも関わらず、一部の男性にとっては「セクハラだとは思わない」行為もあります。
「自宅に誘う」ことについて「セクハラだと思う」と答えた女性は56.8%でしたが、「セクハラとは思わない」と答えた男性が21.4%いました。知り合ってまだ間もない婚活のお相手を自宅に誘うことは、セクハラ行為となるようです。
グラフ12
「終電が気になる深夜の時間帯までデートを引っ張る」ことについても同じく、「セクハラとは思わない」と答えた男性が19.5%いました。
グラフ13
「まだ付き合っていないけれど恋人のようにふるまう」行為を「セクハラだと思う」女性は62.8%でしたが、17.6%の男性は「セクハラとは思わない」と答えています。
グラフ14
「まだ付き合っていないけれど性的なお誘いをする」ことは、女性だけでなく6割以上の男性もセクハラだと感じています。しかし、13.1%の男性は「セクハラとは思わない」と答えました。
グラフ15
婚活は交際や結婚を前提に出会いを探す場です。過度にセクハラを恐れて萎縮する必要はありませんが、未来のパートナーとなるかもしれない相手を尊重することは、最低限のマナーなのではないでしょうか。


<コンシェルジュ コメント>

「こんなことも婚活セクハラにあたります」 

先ほどのコメント内でも触れておりますが、弊社会員様で「初対面、もしくは二度目のデートでお相手から自宅の最寄り駅を聞かれることが不安」とお悩みの方がいらっしゃいました。
友人や知人同士、勤務先など、日常的なコミュニティ内の会話でしたら、最寄り駅を聞くことは決して失礼なことではありません。よくある会話のひとつです。
しかしながら婚活で出会うお相手は、お友達でも同僚でもありません。先々の関係が継続するかどうかは、2~3度のデートではわからないため、個人情報を教えることに不安を感じることは、決して過剰なことではないと言えるでしょう。
この会員様も珍しい名字であること、またそれほどメジャーではない最寄り駅にお住まいだったことから、名前や最寄り駅を初対面でお答えすることに抵抗があったようです。
また、最寄り駅を聞いた側にも決して悪意があったわけではありません。デートで帰りが遅くなってしまった場合に送ってさし上げたい、次のデートプランを考える際に参考にしたいなど、むしろ気遣いから最寄り駅を尋ねる場合もあります。

全ての方が個人情報を聞かれることに抵抗を感じるわけではありません。むしろ好意的に受け取り、そのまま会話が弾むケースもあります。こちらのアンケート結果によると、男女共におよそ3割が「セクハラだと思う」または「セクハラとは思わない」と答えています。
このように、婚活セクハラと判断するには難しいケースもたくさんございます。全てはお相手の心情で、その方が「どう思うか」ということに尽きます。良かれと思っての言葉や行為でも、お相手が不快に思ってしまうとそれがセクハラと受け取られてしまうということもあります。

質問をしたのに反応がないようであれば、それはお相手が答えなくない領域のことと考えて即座に話題転換をする、またはお相手の顔色が変わった場合は素直に「失礼しました」と言うことができれば、よりスマートな対応となるのではないでしょうか。

パートナーエージェント コンシェルジュブロック長 宮地 智子

グラフ16

関連記事

TOP