オーネットで婚活中に気に入らない相手を傷つけないような断り方とは? – 婚活あるある

オーネットで婚活中に気に入らない相手を傷つけないような断り方とは?

2021.02.03

オーネットで出会える異性は千差万別ですが、やっとの思いで出会った人が気に入らないという理由で断りたいという人もいるのではないでしょうか。せっかく出会えたんだから断るのはもったいないと思うかもしれませんが、そのまま付き合って後悔するよりも断った方が良いでしょう。

しかし、適切な断り方でないと相手を怒らせてしまうので、今後の活動に支障を出さないためにも相手を怒らせない断り方を知る必要性があります。それでは、オーネットで気に入らない相手を断る方法についてご説明しましょう。

オーネットで婚活中に断りたくなっても大丈夫?

オーネットで婚活中に断りたくなったとしても、本当に断って大丈夫なのか気になるところですよね。お互いにせっかく出会えたチャンスを無駄にするのは心苦しいかもしれませんが、後悔するよりかはマシだと言えるのではないでしょうか。

それでは、オーネットで婚活中に断りたくなっても大丈夫なのかご説明しましょう。

トラブルを回避するためにはタイミングが重要

婚活中に断ると言っても、今すぐに断るなどタイミングを無視して断ろうとするとトラブルになりかねません。相手も結婚したい気持ちで婚活しているので、一方的に断ってしまうと相手を怒らせてしまいます。

したがって、トラブルを回避するためにはタイミングを見計らって断ることが大切です。ただ、断るといっても第一印象だけで断ろうとするのはおすすめできません。第一印象はもちろん大切ですが、何回か一緒に過ごしてみないと分からない部分もあります。

最も断るタイミングとして最適だとされているのが、1回目か2回目のデートです。1回か2回のデートを重ねることでフィーリングが合わなければそのまま断っても構いませんし、フィーリングが合って一緒にいて楽しいと感じられるようであればそのまま交際に発展しても問題ないでしょう。

いきなり会って断るのではなく、とりあえず一緒に過ごしてみて合わないと感じた時が断るタイミングだと言えます。

婚活で断るのは全然OK

そもそも婚活中に断ること自体は本当に大丈夫なのか気になるところですが、断るのは全く問題ありません。断ることが悪いことだと思っている人も多くいますが、婚活の最中に断ったり断られたりすることは珍しくありません。

気に入らないけど断るのは悪いと思ってその気がないのにズルズルとした関係を続けていては相手に失礼なので、断りたいと思ったら適切な対応で断りましょう。誠意をもって断れば相手も納得して次の出会いに気持ちを切り替えられるため、まずは適切な断り方を知ることが大切です。

相手を傷つけない断り方

婚活中に断りたいと思ったら。相手を傷つけないように断る必要性があります。断るということは相手もまた次の出会いを見つけなければならないので、そのやる気を削ぐようなことを言ってはいけません。

それでは、婚活中に相手を傷つけない断り方についてご説明しましょう。

早めに断る

婚活中に相手を傷つけないように断るためには、何よりも早く断るようにしましょう。断るとこの人に悪いからといってズルズルと関係を続けてしまうと、それこそ相手の気持ちを傷つけてしまう上に大事な時間を奪ってしまうことになります。

婚活はお互いに結婚したい真剣な気持ちがあるからこそ活動しているので、早めに断ることが大切です。ただ、それでも本当に断るべきなのか迷う人もいるでしょう。その場合は、すぐに断らずに他の人とお見合いしてからでも遅くはありません。

同時進行させる場合はどちらか良い人に絞り、もう片方に断りの話をすぐに入れることを忘れないようにしてくださいね。

相手を勘違いさせない

婚活中に断る場合は相手を勘違いさせないように注意しましょう。特にありがちなのが、相手に悪いと思いつつも曖昧に断ってしまうケースです。曖昧な断り方だと相手が脈ありだと思って勘違いさせることになってしまいます。

脈ありだと思わせておきながら結局断ってしまうと、相手を余計に傷つけてしまう上に時間も奪ってしまいます。これでは余計に良い結果を生まないので、断る時は勘違いさせないようにハッキリと断りましょう。

相手を否定しない

婚活中に断る場合、相手はほぼ確実になんで断られることになったのか気になります。その時に理由を話す必要性がありますが、ここで相手を否定するような言葉を言ってはいけません。

否定された相手は強いショックを受けてしまうことになるので、相手を立てるようにしながら断りましょう。

相手に感謝の気持ちを伝える

婚活中に断るということは、相手の貴重な時間を奪ってしまったことになります。自分はともかく、相手はすぐにでも結婚したいと思っていて切羽詰まっている状況になっているかもしれません。

そんな状況下で断られるほど無駄なことはないので、せめて断る際に相手の貴重な時間を使わせてもらったことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。もちろんここで思わせぶりなことを言って相手に勘違いされてしまうのもダメですが、誠意をもって感謝の気持ちを伝えれば相手もきっと納得してくれます。

相手を立てることで、相手も断られたとしてもスッキリして次の出会いに集中することができるでしょう。

気持ちをハッキリと伝える

婚活中に断る話をする場合、相手に勘違いされないように金問いをハッキリと伝えましょう。断る理由については相手を否定しないように注意しながら、

「結婚観が合わないと感じました。こちらの考えが未熟だったばかりに貴重なお時間を取らせてしまう、大変申し訳なく思っております。今回はご縁がなかったということでご連絡させていただきました」というような形でハッキリと断りましょう。

嘘をつかない

婚活の断りを入れる時に嘘をつくのだけは絶対にやってはいけません。嘘をつかれることほど相手にショックを与えることはありません。相手に誠意をもって断るからこそ円満に解決するのであって、嘘をついてまで断るというのは相手をバカにしているのと同じだと思って良いでしょう。

絶対にやってはいけない断り方

婚活中に断る話を持ちかける時は相手を否定せずに気持ちをハッキリと伝え、相手に感謝することが大切です。しかし、中には相手を傷つけてしまう絶対にやってはいけない断り方があります。

婚活はお互いに大事な時間を使う大切なことなので、相手が傷つく断り方をしてしまうと相手の今後の活動に支障が出てしまいます。それでは、婚活中に絶対にやってはいけない断り方についてご説明しましょう。

相手の悪いところを指摘すること

婚活中に絶対にやってはいけないのが、断る理由を話す時に相手の悪いところを指摘することです。わざわざ相手の悪いところを指摘しても相手を傷つけるだけですし、相手のためになると思って指摘したことでも価値観の押し付けになってしまいます。

今後関わるわけでもないのに悪いところを指摘するなんて余計なお世話です。悪いところを指摘された本人にとっては強いショックを受ける可能性が高いですし、今後の活動に大きな支障が出てしまうことも考えられます。

相手の悪いところは絶対に指摘しないようにしましょう。

相手を否定する

「生理的に受け付けない」「自分と釣り合うはずがない」などと相手を否定するように言うのもNGです。ある意味では否定的な言葉を言うよりも相手を傷つけてしまうことになるので、否定する断り方は絶対にやめましょう。

自分も相手に同じことを言われたら嫌な気分になりますよね。それと同じで、わざわざ相手が傷つくようなことをいう必要性は全くありません。自分も相手も婚活で忙しいからこそ、余計な一言で相手の活動を邪魔してはいけません。

すぐにバレる嘘をつく

断るし相手にすぐにバレる嘘をつくのももってのほかです。特に婚活中は嘘をついていたことがバレてしまう可能性が高いので、下手な嘘をつかれた相手にとっては強いショックを受けることになりますし、逆に激昂してとんでもないトラブルになるかもしれません。

いずれにしても相手を傷つけてしまうことになるので、嘘をついた方が早く断れるからといって嘘をつくのはやめましょう。

まとめ

婚活中に生理的に受け付けない、付き合えないなどといった理由で相手と付き合うのを断りたいと思う人もいるでしょう。しかし、そこで早く断りたい、貴重な時間を使ったと思ってイライラして嘘をついたり相手を否定したり傷つけるような断り方をするのは絶対にNGです。

相手が傷つくような断り方だと相手の今後の活動に支障が出てしまうので、ここは相手が勘違いしないようにハッキリと断る意思を伝え、感謝の気持ちを伝えつつ早めに断るようにしましょう。

SNSでシェアする