興奮が止まらない!彼氏とのセックスを盛り上げる基本マニュアル – 婚活あるある

興奮が止まらない!彼氏とのセックスを盛り上げる基本マニュアル

2020.04.23

恋人同士のセックスは、お互いに愛情を伝え合うための行為です。
しかし、時にはマンネリになったり気分が乗らなかったりと、セックスへの意欲が減ってしまうこともあります。

 

恋人とのセックスの頻度や質を高めるためには、より相手を興奮させられるかがポイントです!
ここではセックス時に彼氏を興奮させる方法について、さまざまな視点からアドバイスをお届けします。

セックスで彼氏を興奮させる基礎知識

人間は基本的に気持ちの良いことが好きですし、自分に気持ちの良いことをしてくれる他人も好きです。
まして大好きな恋人とするセックスは、2人同時に気持ち良さを感じる最高の行為だと言えます。

 

しかし、中にはセックスに苦手意識を抱えている女性や、相手が望むセックスができていないのではとお悩みの女性もいることでしょう。
そこでここでは、まず彼氏が興奮するセックスの基本テクニックをご紹介します。
セックスの基本テクを学び、実践して恋人との時間をより濃密なものにしましょう。

五感を使って気分を盛り上げる

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の感覚器官を五感と呼びます。
日常生活を過ごす上でさまざまな情報を脳に伝える大事な器官は、より彼氏を興奮させるセックスのテクニックにも応用可能です。

 

セックス中に興奮度を高めるには、五感の機能を刺激してあげること。
例えば目隠しをして、視覚情報を遮断したとします。
すると視覚の情報を補おうと聴覚や触覚など他の器官が研ぎ澄まされ、感覚がより敏感になっていくのです。

マンネリ解決には新鮮さを大切に

いくら好きな人とでも同じ内容のセックスの繰り返しはつまらないですし、最悪セックス自体に魅力を感じなくなってしまいます。
長年付き合っているパートナーとのセックスに魅力を感じなくなったら、ぜひ新たなセックスにチャレンジしてみてください。

 

新たなセックスの種類や内容に制限はありません、ただ2人が「いつもとは違う」と感じれば良いのです。
いくら気持ちの良いセックスでも同じことの繰り返しはマンネリの元ですから、毎回少しの工夫を付け加えてセックスレスを回避しましょう。

気持ち良いテクニックも勉強すべき

セックスで相手を興奮させたいのなら、教本やネットの情報を元に勉強をすることも大切です。
テクニック習得は実践が一番と思いきや、セックス時って「ムードを壊したくない」と考えると、相手に指摘したり嫌と言えなかったりします。

 

そのため相手が気持ち良いと思ってやっていたテクが実は正反対で、相手はすごく痛がっていた…なんてことも起こりうるのです。
男性と女性では体のつくりが違うものですから、感じる部分や興奮する触り方も異なります。

 

今は検索窓にキーワードを入力すれば簡単に情報が検索できる時代ですから、セックスで相手を気持ちよくする方法やテクニックを調べて覚え、その後実践して相手の反応をよく観察してみてください。

体位に合う表情でセックスの興奮度アップ!

今より性にオープンだった日本の江戸時代に開発された「四十八手」をはじめ、セックス時の体位は興奮度を高めるものとして愛されてきました。
セックス時に体位を変えることは通常時の体位とは違った快感を楽しめますし、視覚を刺激できるおすすめのテクニックです。

 

ここではセックスをより興奮させる、体位に合わせた表情づくりのコツを解説。
体位に合わせた表情を見せつけて、彼氏のボルテージを上げちゃいましょう!

正常位で相手の顔を見つめる

セックスで最も定番の体位と言えば「正常位」でしょう。
恋人と向い合わせになる正常位は、行為中の恋人の表情を見られるベストな体位です。

 

正常位の時はつい快感で目を閉じてしまう人もいますが、相手の顔を見える正常位だからこそジッと恋人の顔を見つめてみましょう
きっと相手は「見られている」という恥ずかしさを感じて、興奮度が上がっていくはずです。

 

ただし真顔で見つめられると一種の恐怖を感じてしまうので、見つめる際は笑顔だったり気持ちよさそうに顔を歪めたりと、相手が喜ぶ表情にしてくださいね。

バックで苦しそうな表情をする

女性は四つん這いになり、男性は女性に覆いかぶさる体位がバックです。
動物的な体位として男性に好まれやすい体位ですが、お互いの表情があまり見えない点がネックです。

 

しかし、バックなどの顔の見えない体位って、急に振り向かれた時ふとした時に見える横顔に興奮を感じます。
男性に征服感を与えるバックの体位時には、わざと苦しそうな表情をチラッと見せて彼氏のSっ気を刺激してください。

 

苦しそうな表情を見せることで、好きな女性を意のままにしているんだと彼氏に優越感を与え、より興奮するセックスができるはずです。

騎乗位では小悪魔になる

寝そべった男性の上に女性が跨る体位の騎乗位は、男性が優位になりやすい体位の中でも珍しく女性優位の体位です。
騎乗位では男性は女性の姿を見上げるだけしかできず、体を押さえつけられているような状態ですから、気持ちよくなるには女性の協力が必須となります。

 

女性が主導権を握る騎乗位では、意地悪な笑みを浮かべて小悪魔的な表情に挑戦してみてください。
通常のセックスでは受け身になることが多い、女性の挑発的な姿に興奮してくれるかもしれません。

セックスするシチュエーションで興奮させる

セックスで彼氏を興奮させるには、テクニックを磨くだけでなくセックスを行う場所を変えることもおすすめします。
セックスのシチュエーションをガラリと変えることで、いつもとセックスの手順や体位でも、どこか特別感を味わうことができるのです。

そこでここでは、いつもより興奮するセックスができるシチュエーションをピックアップしてみました。
普段からセックスはお互いの部屋が多いというカップルは、ぜひお休みに訪れてみてくださいね。

貸し切り露天風呂でスリルを味わうセックス

お正月やお盆休みなど、長期休暇には少し足を伸ばして温泉旅館に泊まってみるのはいかが?
最近は客室に露天風呂が付いた豪華な部屋や、時間ごとの貸切露天風呂サービスを行う旅館が増えています。

 

貸切ですから当然他のお客さんが利用することはありませんが「もしかしたら…」というスリル感で、興奮度は高まるはずです。

 

ただし、不特定多数の人が使う貸切露天風呂では、旅館の従業員や他の入浴者の迷惑になることがあります。
くれぐれも興奮しすぎて羽目を外しすぎないように注意してくださいね。

和室&布団で日本の浴衣セックス

個室の露天風呂セックスはモラルの問題がありますが、旅館の客室でのセックスなら気兼ねなくチャレンジできるはず。
現代の日本はフローリングやベッドなど西洋文化の部屋が増えてきたため、日本古来の和室や布団が新鮮になってきました。

 

い草の香りがする畳に程良く固い触感の布団で行うセックスは、ベッドで行うセックスとは少し違った雰囲気を味わえます。
またチラリズムがセクシーな浴衣を着れば、視覚を刺激した興奮するセックスができておすすめです。

おもしろラブホテルで異世界セックス

今ではカップルだけでなく女子会にも使用されるようになったラブホテル。
リゾート地のように豪華でおしゃれな内装の部屋も増えていますが、中にはトンデモな世界観のラブホテルが存在しています。

 

遊園地のような雰囲気や教室、電車などのシチュエーションを楽しめるラブホテルは、普段では味わえないセックスができる空間です。
変態的な趣味はないというカップルでも部屋に入ればムードに流され、いつもより興奮したセックスに目覚めちゃうかもしれません!

セックスの興奮度を高めるアイテムプレイ

簡単に恋人とのセックスの興奮度を高めたいなら、ラブグッズとして販売されているセックス用のアイテムを使ってみては?
通販でもラブグッズは手に入るので、気になったアイテムがあればどんどん使ってみましょう。

目隠しや拘束具でSMプレイ

目隠しや拘束具などを使ったSMプレイのセックスは、五感を刺激して興奮度を高めるのでおすすめです。
手錠や革の拘束具などハードなアイテムでなくても、ネクタイやタオルでも代用できるのでプレイの難易度も高くありません。

コスプレでごっこプレイ

ラブホテルなどでも貸出されているコスプレ衣装を着て、大人のごっこプレイをしてみるのも楽しいかもしれません。
事前に彼氏の好きな衣装を聞いておけば、彼氏の興奮度もより高まるはずです。

ローション&アダルトグッズでおもちゃプレイ

ぬるぬるとした触感が特徴的なローションとアダルトグッズを使って、いつもとは違うおもちゃプレイを楽しむのもアリです。
男性用のイメージが強かったアダルトグッズですが、今では女性が受け入れやすい見た目や女性向けのグッズも増え、カップルで楽しく使用できます。

 

人の手とは異なるおもちゃの不思議な感覚に、新たな快感の扉を開いてしまうかもしれません。

興奮度の高いセックスでカップル仲を維持!

興奮度の高まるセックスは、カップルの仲を深めるスパイスのようなものです。
今まで惰性的に行っていたセックスも、見方を変えればより素晴らしい行為になることでしょう。

 

時には趣向を凝らしたセックスをし、付き合い立ての頃のような興奮を思い出せば、マンネリやレスなどの問題も防げるはずですよ。

SNSでシェアする

めあり

アパレルショップ店長を退き、現在はWEBライターとして女性向け中心の記事を書いています。婚活中のアラサーインドア。