毎日の豆乳で美容&ダイエット!料理にも使える豆乳を手作りしよう – 婚活あるある

毎日の豆乳で美容&ダイエット!料理にも使える豆乳を手作りしよう

2021.06.24

健康に良い飲み物として、近年人気が高まっている「豆乳」。しかし、実際に豆乳にどのような効果があるか知らないまま飲んでいませんか?

 

豆乳は健康だけでなく、女性に嬉しい美容成分やダイエット成分が含まれています!

 

そこで今回は、知られざる豆乳の基礎知識と驚きの効果、簡単に豆乳を手作りする方法をお教えします。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

豆乳とは?基本知識を解説

粉砕した大豆と水を入れて火にかけ、ゆで上がった大豆の汁が豆乳と呼ばれています。

 

日本では戦後から飲まれるようになった豆乳は、1970年代に大豆特有の青臭さを消す方法が確立されて商品化。

 

その後、世の中の健康ブームと共に、ヘルシーで栄養満点な飲みものとして、豆乳の人気が広まっていきました。

豆乳の主な栄養成分

豆乳に含まれる主な成分は、以下のとおりです。

大豆たんぱく質

大豆の33%は、大豆たんぱく質でできています。植物性のたんぱく質は、人間の体をつくるうえで欠かせない栄養成分です。

大豆イソフラボン

大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種。女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしています。

サポニン

脂肪や脂肪と結びつき、悪玉コレステロールの元となる活性酸素を除去。動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の発生リスクを抑えます。

オリゴ糖

腸内のビフィズス菌や乳酸菌の栄養源になります。

 

ほかにも、カリウムやマグネシウム、ビタミンB群やビタミンEなど、豊富な栄養分が豆乳に含まれています。

調整豆乳と無調整豆乳の違い

スーパーなどで販売されている豆乳のパッケージをよく見ると「調整豆乳」と「無調整豆乳」の2種類があることに気付きます。

 

2種類の違いは、JAS規格(日本農林規格)によって区分され、大豆固形分を含む割合が異なります。

 

・無調整豆乳:大豆固形分8%以上(大豆たんぱく質換算3.8%以上)
・調整豆乳:大豆固形分6%以上(大豆たんぱく質換算3.0%以上)

 

大豆と水のみで作られた無調整豆乳は、大豆固形分が高く大豆の味や臭いがあります。対して調整豆乳では、飲みやすさを意識して砂糖やカルシウムなどを入れて作られています。

 

100gあたりのカロリーは、無調整豆乳で約46キロカロリー(※)、砂糖の入っている調整豆乳は64キロカロリー(※)です。

 

最近コンビニなどでも見かけるようになった味付きの豆乳は、調整豆乳に果汁などを入れた「豆乳飲料」と呼ばれるものです。

 

豆乳飲料に含まれる大豆固形分は2~4%と少ないため、栄養分を多く摂りたい方には無調整豆乳または調整豆乳がおすすめです。

 

※)文部科学省「五訂増補日本食品標準成分表(本表) 豆類」参考

女性に最適!豆乳の嬉しい効果とは

ヘルシーで栄養分いっぱいの豆乳は、飲み続けることで以下の効果が期待できます。

ダイエット

豆乳に含まれるサポニンには、血中のコレステロールや中性脂肪の酸化を防止する活性酸素を除去するため、肥満防止効果が期待できます。

 

また、豆乳に含まれる大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質よりも低カロリー。たんぱく質を摂取して筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がって脂肪が燃焼しやすい体になりますよ。

 

大豆たんぱく質は体内での吸収や分解に時間がかかるため、食事の前に豆乳を飲むことで、食べすぎを予防。ただし、寝る前に飲んでしまった場合、本来休んでいるはずの内臓が消化のために起きてしまい、ダイエットには逆効果です。

便秘解消

豆乳に含まれるオリゴ糖は、腸内環境を整える善玉菌のエサです。エサによって善玉菌が増えると腸壁が刺激されるため、便秘の解消に効果的

 

便秘解消によって栄養分が腸に吸収されやすくなれば、代謝が上がってダイエット効果も期待できます。

 

また、便秘が原因のぽっこりお腹も解消されるため、見た目的にもスッキリとした印象になりますよ。

アンチエイジング

豆乳に含まれるサポニンやビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素による体の酸化を防ぎます

 

活性酸素は加齢やストレス、紫外線などさまざまな要因で増え、老化や肌のシミ、しわなどの原因になります。

 

抗酸化作用を含む豆乳を飲むことで、年齢よりも若々しくシミやしわを防ぐため、アンチエイジングにも効果的です。

ホルモンバランスの乱れを改善

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整えるはたらきをします。

 

そのため、ホルモンバランスの乱れによる生理不順の改善や生理痛の痛みやPMS(月経前症候群)を緩和する効果も期待できます。

 

また、エストロゲンの増加が原因の一つといわれる乳がん、エストロゲン不足による骨粗鬆症の予防にもおすすめです。

 

ただし、大豆イソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンのバランスが乱れる可能性があります。1日の摂取量を守り、飲み過ぎは避けましょう。

1日の摂取量目安

豆乳の一日の摂取量目安は、コップ1杯程度がベストです。健康のために飲みたい気持ちもありますが、飲みすぎには注意してくださいね。

大豆と水を入れるだけ?おうちで手作り豆乳を作ろう!

健康や美容、ダイエットなどにもうれしい大豆の効果。

 

豆乳はそのまま飲むだけでなく、牛乳代わりとして料理やお菓子作りにも活用できておすすめです!

 

「毎日新鮮な豆乳を飲みたい」という方は、手作り豆乳にチャレンジしてみませんか?

15分で完成!手作りマシン付きの「豆乳くらぶ」

豆乳を手作りするといっても、大豆をミキサーで細かく刻んでお鍋に入れて加熱し、ふきんでこすまでを考えると、工程が多く面倒に感じてしまうはず。

 

そこでおすすめしたいのが「豆乳くらぶ」の定期お届け便です。豆乳くらぶとは、毎月豆乳用に厳選した国産大豆を自宅まで届けてくれるサービス

 

定期便を頼んだ方は全員、手作り豆乳マシン「小さな豆乳工場」を無料でレンタル可能です。マシンは故障や破損のサポートもあるため、もしもの時も高額な修理費を支払う必要がありません。

 

水と大豆をマシンに入れるだけで、最短15分で豆乳のできあがり

 

朝の忙しい時間でも、大豆と水をセットするだけなので簡単。新鮮な豆乳を手軽に毎日飲めちゃいますよ。

国産大豆を毎月お届け!

豆乳くらぶの定期お届け便は、国産大豆3種類を使用したお好きなコースを選べます

 

豆乳くらぶでお届けしてくれる国産大豆は、以下の3種類です。

滋賀県産「錦白大豆」

豆乳くらぶオリジナルの大豆で、粒が大きく素朴な風味とおいしさが特徴。品種改良品ではなく、在来品種を使用しています。

奈良県産「青大豆あやみどり」

長野県や奈良県で作られてきた大豆の品種から、良質なものを選別して改良した青大豆。甘味と香りが特徴で、きれいな緑色の大豆です。

兵庫産「丹波黒大豆」

兵庫県丹波地方発祥の極大粒な高級黒大豆。色や見た目からぶどう豆とも呼ばれており、モッチリとした口当たりのいい食感とおいしさが特徴。表面についている白い粉はロウと呼ばれ、りんごやぶどうと同じ成分です。

 

滋賀県産「錦白大豆」と奈良県産「青大豆あやみどり」は「おこのみ」の単品コースでも選べますが、兵庫産「丹波黒大豆」は3種類の大豆を同時に味わえる「きき豆セット」のみ注文可能です。

ダイエットに最適な「おから」も作れる!

豆乳くらぶの手作り豆乳マシンでは、豆乳を絞った後の大豆「おから」も同時に作れます!

 

低カロリーで腹持ちのいいおからは、ハンバーグやクッキーなどダイエットメニューにも大活躍の食材です

 

大豆を丸ごと食べられる「豆乳くらぶ」で、毎日の健康と美容を維持しませんか?

 



福農産業株式会社 新鮮な豆乳のある生活をあなたに【豆乳くらぶ】

手作り豆乳で毎日の食事に健康と美容をプラス

美容やダイエットにもおすすめな豆乳は、料理にも活用できる人気の飲み物です。

 

幅広い世代で親しまれてている豆乳は、家族皆の健康を考える方にもおすすめですよ!

 

くれぐれも飲みすぎには注意して、毎日の健康や美容のために豆乳を活用してくださいね。



SNSでシェアする

めあり

アパレルショップ店長を退き、現在はWEBライターとして女性向け中心の記事を書いています。婚活中のアラサーインドア。