職場恋愛のきっかけとは?恋愛に発展する出来事や交際の注意点を解説 – 婚活あるある

職場恋愛のきっかけとは?恋愛に発展する出来事や交際の注意点を解説

2021.12.21

「職場恋愛はどんなきっかけで始まる?」
「職場の気になる人にどうアプローチすればいいか分からない」
「職場恋愛はどうやって行えばいい?」
このような思いを抱えていないでしょうか。

職場恋愛を行っている割合は非常に多く、結婚に発展することもあります。

ただ、これまでに職場恋愛をしたことがないと、どんなきっかけで始まるのか・どうアプローチすればいいのかなど、疑問に感じます。

そこでこの記事では、職場恋愛が始まるきっかけやアプローチ方法について紹介します。

職場恋愛をしたいと考えている人は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

職場恋愛のきっかけは?恋愛に発展する些細な出来事5つ

職場恋愛をしたことがない人は、どうやって交際に発展するものなのか、疑問に感じやすいです。

人によって異なりますが、職場恋愛は以下のきっかけで始まることが多いです。

  1. 一緒に仕事をする機会があった
  2. デスクが近い
  3. 職場の飲み会で話す
  4. 少しの変化に気づいてくれた
  5. 仕事のトラブルをフォローしてくれた

順番に見ていきましょう。

1. 一緒に仕事をする機会があった

職場で一緒に仕事をする機会が、後の恋愛につながることも多いです。

具体的には同じプロジェクトをこなす、同じ部署の同僚や直属の上司であった場合です。

一緒に仕事をしていれば業務内容について相談したり、会話をしたりする機会も増えます。

プライベートのことを話し機会も増えれば、自ずと親密度が深まっていくのです。

また、自分の悩み相談にのってもらうことも、好意につながる可能性があります。

2. デスクが近い

職場で仕事をするデスクが近いと、仕事の様子が自然と目に入ります。

懸命に仕事に励む姿を見ていると、相手に好感を抱くこともあります。

また、デスクが近いと話す機会も増えて、仲良くなりやすいです。

学校で席が近い人とは仲良くなることが多かったのではないでしょうか?それと同じことが職場恋愛にも当てはまるのです。

人はよく顔を合わせる相手には、好感を抱きやすいです。最初は挨拶程度でも徐々に話すようになり、親密度も深まっていきます。

3. 職場の飲み会で話す

職場の飲み会で、普段関わりがない人とも席が近くなることがあります。

お酒が入ると会話もしやすいので、ほとんど話したことがない人でも仲良くなりやすいです。

また、職場の飲み会とはいえ仕事から離れた場なので、プライベートについての話題になることも多いです。

飲み会での会話からお互いを知れ、親密度を深めるきっかけにもつながります。

4. 少しの変化に気づいてくれた

相手の少しの変化に気づくことが、職場恋愛につながることもあります。

変化とは、服や髪型といった外見だけではありません。体調がすぐれない、気分が落ち込んでいるという普段と違う様子も含まれます。

普段と違うことを察して声をかける、気遣ってもらえると、嬉しく感じるものです。

また、日頃から自分のことを気にかけてくれていることも感じられるので、職場恋愛のきっかけになりえるでしょう。

5. 仕事のトラブルをフォローしてくれた

社内の業務やクライアントとのやりとりなど、 仕事のトラブルをフォローしてくれたことが職場恋愛のきっかけになります。

困っているときに助けてもらえると、非常に心強く感じるもの。
相手が優しくフォローしてくれると、その態度にキュンとする人もいるのです。

また一緒にトラブルを解決したという体験が、距離を縮めるきっかけになることも多いです。

職場恋愛の脈アリサイン5選!相手の好意を図る基準とは

職場恋愛に限りませんが、相手が自分に好意を持っているのかわからず迷うこともあるでしょう。

相手が自分に好意を持っているか迷う際は、以下5つを脈ありサインとして基準にするのならおすすめです。

  1. 一緒に食事に行く
  2. よく話しかけてくれる
  3. 目が合うことが多い
  4. 過去の恋愛などプライベートな質問をされる
  5. 仕事の手伝いにこころよく応じる

順番に見ていきましょう。

1. 一緒に食事に行く

仕事の付き合いとは関係なく、プライベートで食事や飲み会に誘うといった行為です。

仕事とは別に異性を誘う場合、ある程度好意を持っていることが伺います。

一緒に食事をすると、自ずとプライベートの話もしていきます。

2人だけの時間を過ごすことで、お互いの距離を縮められます。

これは職場外での恋愛との共通することで、きっかけは社内でのものとは限らないのです。

また、相手を誘いづらいと感じているなら、仕事の相談と言う建前を使う場合もあります。

2. よく話しかけてくれる

好意を持ってくれている場合、いつも笑顔で話しかけてくれる・よく声をかけてくれるといった様子が見受けられます。

このようなことが多いのであれば、好意を持っている可能性が高いといえます。

相手がよく話しかけてくれるのであれば、こちらも笑顔で接することを心がけましょう。また自分から話しかけることで、相手との関係が発展する可能性が高まります。

3. 目が合うことが多い

男女問わず、気になる相手の事はよく目で追ってしまうものです。

そのため、相手とよく目が合うのであれば自分のことを見ている可能性が高いです。

なかなかないことですが、相手と目があったときに笑いかけてくれるなら、自分に好意を持っていることが期待できます。

ただ目があるというのは、偶然であった可能性もあります。

そのため、脈ありだと断定せず、判断材料のひとつにしましょう。

4. 過去の恋愛などプライベートな質問をされる

過去の恋愛などプライベートな質問をされる場合が、あなたへの好意を持っている可能性が高いです。

具体的には過去に付き合った人や好みのタイプ、現在の恋人の有無などです。

好意を持った相手については恋愛経験、好みのタイプを聞き出したくなるもの。

特に過去の恋愛について質問される場合は、脈ありの可能性が高いといえます。

5. 仕事の手伝いに心よく応じてくれる

仕事の手伝いに快く応じてくれるなら、好意を持っている可能性があります。

具体的には、嫌な顔をせず残業手伝ってくれる・率先して仕事を手伝ってくれるといった態度です。

1〜2回位なら、ただの親切心のかもしれません。

しかし、頻繁に、仕事を手伝ってくれるのであれば、あなたへの好意からの行動である可能性が高いです。

恋愛対象として意識するなら、手伝ってもらったお礼という口実で食事に誘ってみるのも有効です。

職場恋愛をする際に注意すべきこと3つ

職場恋愛を行うのであれば、以下3つのことに注意が必要です。

  1. 他の異性と話していても気にしない
  2. 仕事を疎かにしない
  3. 仕事とプライベートは切り分ける

上記3点は職場恋愛に発展させるのはもちろんのこと、交際し始めてからも重要となります。

順番に見ていきましょう。

1. 他の異性と話していても気にしない

社内で相手が、他の異性と話していることを目にすることもあるでしょう。

そのような様子を見ると、つい嫉妬してしまうものです。

しかしそれで落ち込んだり、態度を変えていたりしては、職場恋愛がうまくいかなくなります。

そのため他の異性と話をしていても、あまり気にしないようにしましょう。

もっとも、異性と話すから好意を持っているとは限りません。思い込みで相手の態度を変えたり、恋愛を諦めたりしないことが大切です。

2. 仕事を疎かにしない

職場恋愛においては、仕事を疎かにしないことが重要です。

恋愛にのめり込むあまり、仕事を疎かにしてしまっては本末転倒です。

また、相手からの印象が悪くなる恐れがあるので、結局恋愛がうまくいかなくなります。

職場恋愛を 成功させたいなら、仕事を全力でこなしましょう。

そのほうが結果的に、職場恋愛もうまくいきやすいです。

3. 仕事とプライベートは切り分ける

相手と恋愛関係に発展していても、仕事とプライベートを混同してはいけません。

付き合っていたとしても、仕事は仕事です。

職場では恋人ではなく仕事仲間として接するようにしましょう。これは交際が社内で知られていても同じです。

事前に2人で話しあって、仕事中の言葉遣いや振る舞いについて決めておくことをおすすめします。

まとめ

職場恋愛といっても特別なことはなく、きっかけはプライベートでの出会いと共通するものがあります。

ただ、あくまで仕事の関係なので、お互いのプライベートを職場に持ち込まないように注意が必要です。

仕事とプライベートは切り分けつつ、気になる相手との職場恋愛を楽しんでみてください!

SNSでシェアする