職場恋愛で女性からさりげなくアプローチする3つの方法 – 婚活あるある

職場恋愛で女性からさりげなくアプローチする3つの方法

「気になる人が職場にいるが、どのようにアプローチすればいいのだろう」「アプローチしたいけどバレないか心配……」と考えている方もいるでしょう。とくに気になる相手が上司や先輩であれば、相手の立場を考えてなかなか行動できないかもしれません。

この記事では、職場恋愛でバレないようにさりげなくアプローチする方法や注意点、考えられる失敗のリスクを解説します。

職場恋愛でのアプローチは、さりげなくが成功に秘訣。理由も含めて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

職場恋愛は周囲にバレないようにが掟


職場恋愛を成功させる要因は、周囲にバレないことです。アプローチするのは積極的に行っても問題ありませんが、相手のことを考えて行動しなければ失敗どころか、仕事にも影響が出る可能性があります。好きな人ができてアプローチしたいがために、自分勝手に行動しないよう、下記はルールとして徹底しましょう。

噂やからかわれる可能性がある

アプローチする際、周囲の思い込みなどにより変に噂される可能性があります。自分は承知の上でアプローチしているかもしれませんが、相手も巻き込まれる可能性があり、それが広がってしまうと迷惑に思われるでしょう。

とくに、相手にその気がないのに「付き合っている」なんて噂が広まってしまうと、よく思われない可能性があります。

恥ずかしがり屋の人やプライドが高い人のなかには「からかわれるのが嫌」と思う人が多い傾向にあります。

相手の立場を考える

アプローチする際は、相手の立場になって考えて行動しましょう。相手が上司の場合、会社の上司としての立場がある可能性があります。社員の責任を負う上司は、あまりイメージを崩されたくないでしょう。

後輩や部下だと、他の社員にひいきされていると思われる可能性もあります。とくに社内では周囲はもちろん、相手の立場も考慮してさりげなくアプローチする必要があります。

職場は仕事をする場所

そもそも、職場は恋愛や出会いの場ではありません。恋愛は自由なので職場恋愛自体は悪いことではありませんが、あくまで「職場」でありますので仕事に支障がないように注意しましょう。

過度なアプローチをすることで、職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。周囲が気を遣うようになることもありますので、できるだけバレないように心がけましょう。

職場恋愛でさりげなくアプローチする3つの方法

さりげなくアプローチする方法を解説する前に、社内恋愛から付き合うことになったきっかけを知っておきましょう。

こちらは、転職キャリアガイドが行った「社内恋愛に関するアンケート調査」の結果です。

引用:PR TIMES
とくに多いのが「なんとなく・流れで」となっており、その後に飲み会や食事を通じて、とあります。「同じ仕事をしていて」は全体の6%ほどになっています。つまり、「職場ではなく職場以外がきっかけになり付き合っている人が多い」ということです。その点を踏まえた上で、どうアプローチしていくか下記で紹介します。

仕事でアピールする

一番バレずに、さりげなくアプローチする方法は、「仕事を一生懸命行う姿をアピールする」「仕事で成果を出す」ことです。世間的には、家庭的な女性が好まれる傾向にありますが、働き方が変化する現代では、仕事ができる女性が好きな男性が増えてきました。

その理由としては、結婚後の生活に困らなさそう、頼れる、一生懸命な姿が男性に良いイメージを与えるからです。仕事で成果を出すと、相手からだけでなく会社からの評価も上がり、成長にもつながります。まずは相手から良く思ってもらえるよう、目の前の仕事から頑張りましょう。

飲み会でさりげなく近づく


付き合うきっかけとしても多く挙げられていた「飲み会や食事」の場は、アプローチするのに適している場所と言えるでしょう。飲み会であれば、仕事だけでなくプライベートの話しも遠慮なくできるので、気になる人の生活を知ることや自分の趣味などをアピールできる場所になります。2人きりで話しても周囲から変に思われることもあまりないので、積極的に近づいて会話できるように動きましょう。

相手の色の好みや好きなレストランなどをリサーチして、後日ランチに誘ってみてくださいね!

会ったら挨拶をする

アプローチとしては地味ではありますが、まずは「認知してもらう」ために挨拶をすることが大事です。職場では当たり前かと思いますが、+aで笑顔で挨拶したり声のトーンを上げて挨拶したりするのもアプローチとして効果的でしょう。

元気に笑顔で挨拶されて気持ち良くない人は、あまりいないでしょう。「あ、あの人いいな」と好印象をもってもらえるチャンスです。かと言って、気になる人だけに挨拶するのはかえってバレる可能性が高くなりますし、周囲からの印象もよくありませんので気をつけましょう。

職場恋愛でアプローチする時の注意点

職場恋愛で相手にアプローチする際、失敗につながりやすいNGな方法を紹介します。

ボディタッチや下の名前では呼ばない

ボディタッチは相手に意識してもらいやすくなる方法として効果的ではありますが、序盤や過度なボディタッチは「気持ち悪い」と思う人もいるので注意しましょう。下の名前で呼ぶのも、良く思わない人もいるかもしれません。マナーがない人と思われる可能性があります。

ボディタッチや下の名前で呼ぶのは、しっかりお互いの関係性ができてからが効果的でしょう。職場ではなく、プライベートで会っている時などがおすすめです。ただし、どんなに仲良くプライベートでも会う機会が多くても、上司には避けるようにしましょう。

忙しい時にアプローチしない

仕事が忙しい時期にアプローチしても、仕事が忙しいのでそれどころではありません。むしろ、空気が読めない人だと思われて、煩わしく思われる可能性があります。

とはいえ、仕事が忙しい時期に全くアプローチできないわけではありません。相手が仕事に忙しそうにしている時は、さりげなくフォローしたり気遣いのある言葉をかけてあげたりすると好感度が高まるかもしれません。

職場恋愛に失敗した時のリスク


職場恋愛でどれだけアプローチしても失敗に終わる可能性はあります。その後も職場で顔を合わせたり、一緒に仕事をしたりするケースがあるかもしれません。

ここでは、アプローチに失敗した時に考えられるリスクを解説し、できるだけリスクを減らすためにできることをお伝えします。

気まずくなる

アプローチが失敗した後、会社で会う時にきまずくなることが考えられます。いくら仕事でのかかわりとはいえ、気になって仕方がないでしょう。それは自分だけでなく、相手も気まずくてそれどころではないかもしれません。アプローチをする際に、上手くいかなくても良い関係性ができていないと、会社にいること自体が嫌になるかもしれません。

気まずくならないようにするためには、アプローチの引き際を押さえることです。関係性が悪い方向にいかないように、感情や行動をコントロールしましょう。

退職につながるケースも

最悪の場合、退職につながるケースもあります。気まずくなり、お互い顔も見たくないほどの関係性になってしまうと集中して仕事ができませんし、次の恋愛に進むことができなくなる可能性があります。

そうなると最悪退職につながってしまうことも考えられるでしょう。前項の記載のとおり、関係性が悪くならないよう常識あるアプローチでお互いの関係性を良好に保つことが重要です。

職場恋愛のアプローチは“さりげなく”が鉄則

職場恋愛におけるアプローチの成功は、バレないように・さりげなくが鉄則です。さらに、アプローチに余裕を感じさせるのもポイント。大人の女性として相手の立場をわきまえ、常識ある行動でアプローチすることを心がけてくださいね!

SNSでシェアする